出会い系サイトを利用した経験がある男性ならば、アダルト掲示板が設置されている所ならば援デリ業者の被害に遭った経験があるはずです。なぜなら、援デリ業者は一般女性のフリをして男性心理と性欲を巧みに操り待ち合わせ約束をすることに長けているからです。では、援デリ業者に騙されないためにはどのようにして援デリ業者を見分ければ良いのでしょうか。

セフレが欲しいと思って援助交際女性を避けていたら、何度も援デリ業者に騙されてしまいました。なぜ一般素人女性に出会えずにセフレが出来ないのでしょうか?やはりイケメンでなければセフレは持てないのだとしたら悲しいです。
管理人
賢者モードになった状態で出会い系サイトを使ってみれば、援デリ業者に騙されることはそもそも無いと思いますよ。援デリ業者は意図的に男性の性欲を刺激した上で、他の男性が誘いに乗った過去の成功体験に基づく手法を駆使して男性との待ち合わせ約束を行います。一度ホテルに入ってさえしまえば、男性を射精させてすぐに帰ってしまっても良いとさえ考えています。そもそもセフレにならない商売女性を相手にすること自体が失敗の基です。

敵を知れば見分け方が分かる!援デリ業者の分業体制を最初に知っておこう

迷惑な存在である援デリ業者を見分けるためには、組織的に動いている分業体制の中身を知っておくことが重要です。個人営業を行っている援助交際女性とは異なり、援デリ業者はなぜ当たり前のようにメッセージ交換内で行った約束を反故にするのでしょうか。

援デリ業者と一括にしても援助交際女性と見た目が分からないことがあり、ついうっかり待ち合わせ場所に現れた女性とホテルへ行った時点で騙されたと判明することが珍しくありません。特に約束していた内容を完全に無視して勝手に帰られてしまったことも多いのですが、援デリ業者はなぜ話が通じない女性ばかりなのでしょうか。
管理人
メッセージ交換した女性会員に扮している人物と、実際に待ち合わせ場所に現れる女性が別人だからこそ話が噛み合わないことを知らなかったのですか?援デリ業者は完全に分業体制を敷いているので、援助交際よりも更に質が悪いサービスしか受けられません。
誰と真剣にメッセージ交換していたのか分からないなんて怖いですね。
管理人
まずは援デリ業者の分業体制がどうなっているのか把握すれば、ホテルへ行く前に援デリ業者を見分けられるようになりますよ。

店長及び管理者が全体の指揮を行っている

援デリ業者は各エリアに拠点となる店舗をマンションの一室を利用して確保しています。全体を統括する幹部と各店を管理する店長が、援デリ業者として営業を行っている範囲内で全体の指揮を行っていることになるわけです。店長はメッセージ交換担当者と男性客に派遣される違法風俗嬢の両方を面接から採用・指導まで行い精算業務も担当します。また、トラブル発生時の対処については、店長が直接的には対処を行うだけでなく、更に上位の統括幹部へ支持を仰ぐことも少なくありません。実際に東京では山手線の各駅に対応した店舗を用意していて、店舗ごとに管轄区域が分かれています。一部の援デリ業者では、男性客が待ち合わせ場所をどうしても変更したいと考えた時には、互いに各店舗の店長同士で風俗嬢の貸し借りを行うこともあるくらいです。一方、援デリ業者は管理売春組織となっているため、警察の摘発を受けることがあるので店長が全体像を把握していて、一般スタッフは自分の業務範囲内以外のことは一切知らされていない現状があります。本部の幹部組織全体が摘発対象とならないように防波堤となっているわけです。このため、援デリ業者として営業を行うために必要な資機材については、店長の名義で契約されていることが多く、統括幹部にまで捜査範囲が及ばないようになっています。

男性を誘いメッセージ交換を行う担当が打ち子

実際に援デリ業者が女性会員のフリをして男性会員を顧客として勧誘する行為は、打ち子と呼ばれるメッセージ交換を専門に行う集客部隊となっています。大手出会い系サイトは共通してポイント制を採用しているならば男性会員のみが課金対象であって、女性会員は完全無料にて登録可能です。既に本人確認と年齢確認が済んでいるDN認証済みと呼ばれる出会い系サイトのIDを複数用意すれば、ブラウザーに付いているシークレットウィンドウにした上でログインすれば同一人物が複数アカウントを使用していると分かりません。GoogleChromeならば、「Ctrl+Shift+N」のショートカットキーにて切り替え可能です。

打ち子担当者は男性が多い傾向にある

出会い系サイト内で女性会員として男性会員を誘う役割を果たす打ち子は、店長にノウハウを教わりながらオリジナリティーを加えて誘います。最初は上手く行かなくても先輩からの指導が入るので、数週間以内には援デリ業者の打ち子として男性客を引き入れられるようになるはずです。打ち子として長く継続するためには、完全歩合制なために男性心理を突いたメッセージ交換が出来なければなりません。自分がどのように誘われたら応じてしまうのかという点は、女性よりも男性の方が性欲に正直になれば理解しやすいので、必然的に男性の打ち子が多くなります。求人広告にはメール担当者・顧客対応といった形で募集されて、面接時に実はこういった業種だという説明を受けて絞り込まれるわけです。打ち子はマンションの1室に集められて、店長や先輩の指導を受けながら養成されることから、一人前になるまで残る打ち子も男性が多くなります。

可愛い女性だと思ってメッセージ交換していた相手が実は男性だったなんてガッカリです。気持ち悪いとさえ思ってしまいますね。男性心理を分かっているからこそ、魅力的なメールが返ってきたわけですか。
管理人
打ち子は完全歩合制だからこそ、時には強引な誘いが行われることもありますが、性欲が高まっている男性会員は気づかずに引っ掛かってしまうことが多いです。

待ち合わせ場所に現れる女性が違法風俗嬢

出会い系サイトで誘った相手女性と待ち合わせをした時に、プロフィール写真とは別人が現れたら援デリ業者に引っ掛かった可能性を疑うことが望ましいです。なぜなら、打ち子が集客した男性客を別途待機させていた違法風俗嬢へ順次充てがうことになるので、同じプロフィール女性であっても順番に空いた風俗嬢が担当として派遣されるからです。打ち子からメール連絡を受けた女性は、待ち合わせ場所へ向かい相手男性の特徴をチェックして自ら声をかけます。ポイントとなるのは、男性客から声をかけさせないという点です。なぜなら、違法風俗嬢は男性客にこっそり写真撮影されることを嫌い、過去に相手をしたことがある男性が待ち合わせ場所にいたら別の風俗嬢へチェンジさせることになっているからです。毎回異なるプロフィール写真で男性客を釣りますが、何度も援デリ業者に引っかかる男性がいるからこそ同じ男性を別人として誘ってしまうことが珍しくありません。会った瞬間に前回の悪質かつ短時間で帰宅してしまった時短サービスを行ったことが分かれば、今後の営業に支障が出てしまいます。

打ち子と違法風俗嬢は面識すら無いこともある

男性客の立場からは分からないこととして、援デリ業者のプロフィール写真は基本的に会ってみたいと思わせるタイプの女性が使われています。一部を加工して完全に本人では無いと断言させないことを狙っているので、口元や顔半分を隠すよう加工されていることが多いわけです。また、打ち子と違法風俗嬢の待機場所は必ずしも同じとは限らず、面識すら無いといったことが珍しくありません。打ち子は店長と共に管理売春組織の一員とみなされて摘発されることがあるだけでなく、派遣される風俗嬢のイメージを固定させないために敢えて打ち子と風俗嬢を会わせないといった運用を行っている所があるわけです。おとり捜査が行われた時には、違法風俗嬢が尾行された場合に打ち子と同じ部屋に戻ってしまったら、全ての証拠を押さえられてしまいます。店長以外が誰も知らなければ、少なくとも打ち子と違法風俗嬢の間では面識が無く番組の演出作業をしていたと打ち子に言われてしまえば重い罪に問えなくなります。

利益の取り分は1対1対2

出会い系サイトに多いホテル代別2万円という金額設定は、利益の取り分の割合が関係しています。援デリ業者により多少の誤差があるものの、目安として次のようになります。

店舗 5,000円
打ち子 5,000円
風俗嬢 10,000円

値引きに対する金額交渉に応じない理由は、値引いた分はそっくり打ち子の取り分から差し引かれるからです。ホテル代別2万円を18,000にした場合には、打ち子の取り分が5,000円から3,000円に減額されるからこそ、絶対に値引きには応じません。一方、ホテル代別3万円といった単価アップについては、利益の取り分1対1対2がそのまま適用されます。店舗の取り分の中からマンション維持費や通信回線維持費だけでなく、違法風俗嬢との間で連絡するための携帯電話の手配料金と援デリ業者組織本部への上納金を賄うわけです。このため、打ち子の数が少ない場合には店長自ら打ち子としての業務を並行して行うことになっています。

援デリ業者は行動パターンから見分けられる

出会い系サイトを利用する上で、セフレが欲しいと考えているならば、少なくとも援デリ業者を見分ける術を身につけておくことが必須です。営利目的で管理売春を行っている組織だからこそ、柔軟性に欠けるという点を把握していれば、ある程度行動パターンから援デリ業者を見分けることが出来ます。

援デリ業者の見分け方を御存知でしたら御教授頂けませんか?今まで何度も騙されて困っています。
管理人
そうですね~どのようなタイミングで見分けるのかという点があるので、一般的な行動パターンからお伝えしましょう。

一般素人女性なら避ける目立つ行動を行うのが援デリ業者

出会い系サイトを利用している一般素人女性は、知人や友人に出会い系サイトを利用していることがバレないように身内バレを防ぐ細心の注意を払います。援デリ業者は一般素人女性と真逆の行動を行い目立つことが男性客を確保する方法となっているので、一般素人女性目線が避けたい行動を行う女性会員が援デリ業者だと判断可能です。最もよくある例として、次のような行動を一般素人女性は行いません。

・アダルト掲示板への書き込み
・本人だと分かるプロフィール写真の掲載
・直接連絡先交換を女性側から提案すること

上記の3つのうちどれかに当てはまれば、援デリ業者である可能性が一気に高まります。一般素人女性ならば掲示板への書き込みを頻繁に行うことは有り得ず、プロフィール写真すら掲載しません。出会い系サイト内で仲良くなった男性側から直接連絡先交換を提案されて、好感を持てた相手とのみ連絡先交換を行う程度です。

待ち合わせ時に食事デートを提案すると音信不通になる

大人の関係での出会いであっても、待ち合わせ直後にすぐホテルへ向かうという行動は一般素人女性ならば避けたいものです。男性側から会った時にカフェデートや食事に誘われたら、一旦気持ちを落ち着かせるために応じてくれることは女性心理を考えれば明らかなことだと考えられます。しかし、援デリ業者にとっては1時間に2人の男性とホテルへ入り2回転させて効率よく稼ぎたいと考えるからこそ、時間が掛かる食事デートの誘いを行う男性客は即座に対象外認定して音信不通になります。待ち合わせ時に食事デートまたは時間的な余裕が無ければカフェデートを提案してみるだけでも援デリ業者避けとなるはずです。

女性会員側から積極的に出会い系アプリ外の連絡手段を提案する

援デリ業者にとっては出会い系サイトのアカウントIDを凍結されてしまうと商売に響くので、なるべく援デリ業者であることを隠すためにサイト外の連絡を希望します。女性会員側から積極的に出会い系アプリ外の連絡手段を聞かれた場合には、金額提示を含めた援デリ業者の営業行為を出会い系アプリ側に証拠として押さえられないようにしたいという思惑があるわけです。出会い系サイト内で金銭授受の約束をしていない限りは、男性会員が運営会社へ通報しても出会い系サイト側としては証拠が無いためにアカウント凍結出来ません。

援デリ業者は日記を書かない

一般素人女性はプロフィール検索から男性会員が誘ってくれるのを待つために、暇な時には自分のことを知ってもらうために日記を書く傾向があります。自分からは気になる男性会員にアプローチしなくても、男性会員側から毎日アプローチメールが届くからこそ日記で愚痴を書くことも珍しくありません。一方、援デリ業者は効率重視で男性客を誘うために、いつアカウント凍結となるか分からない状態で日記を書くことはしないわけです。収益に直結しない出会い系サイトの機能を使わない女性会員ほど、援デリ業者である可能性が高くなります。

セフレにしやすい一般素人女性は、援デリ業者と真逆の行動パターンをするということですね。
管理人
真逆だからこそ今まで援デリ業者に引っ掛かってばかりいたなら、意図的に逆パターンの誘い方をチャレンジすれば良いだけです。

待ち合わせ時に援デリ業者と見抜く方法

打ち子の中には1年以上も継続して勤務している人や店長が自らの収益アップのために男性客を誘うことが珍しくありません。出会い系サイト内でのやり取りだけでは援デリ業者と見抜けなかった場合であっても、待ち合わせ時に援デリ業者だと見分ける方法があると知っていれば慌てる心配がありません。

待ち合わせ場所に男性が先に到着していないと姿を見せない

一般素人女性ならば待ち合わせ場所に時間通り到着する人が一般的ですが、援デリ業者は必ず遅れて来ます。なぜなら、男性客が待ち合わせ場所に着いてから同じ時間帯に手配している打ち子同士で派遣する風俗嬢を向かわせる優先順位が決まるからです。1時間で2回転以上を目標にしているからこそ、待ち合わせ場所に男性が先に到着していない限りは女性が向かうことすらありません。このため、男性客側から女性へ声掛けしたいという要望は確実に却下されてしまいます。この際には、「待ち合わせ時間にいなかったから近くのカフェにいるよ」といった形式でカフェまで来るか、待ち合わせ場所にいてという女性を待機する提案を行うことで援デリ業者か判別可能です。援デリ業者は男性客から面割れを防ぐために必ず後から到着するようにマニュアル化されています。同時に一度過去に相手をしたことがある男性かどうかを風俗嬢自らに確認してもらうといった意味が隠されています。

会った時にその場で互いの出会い系アプリ内やり取りを見せられない

待ち合わせ場所で相手女性が別人だと考えたならば、その場で互いの出会い系アプリ内やり取り画面を見せ合う提案をすれば即座に援デリ業者か判別可能です。援助交際女性ならば自分でやり取りしているからこそ、すぐにその場で互いのスマートフォン画面でやり取りした履歴を出せます。一方、援デリ業者は打ち子が出会い系アプリを捜査しており、約束内容を風俗嬢はメールにて伝えられているだけですからそもそもログイン情報すら知りません。その場で互いのメッセージ交換画面を見せ合う事が出来なければ、即座に援デリ業者という判定をして構いません。

直前に待ち合わせ場所を変更すると対応出来ない

援デリ業者を効率よく避けたいと考えているならば、待ち合わせ場所を直前に変更するといった方法が望ましいです。駅ごと変更してしまうと他店へヘルプ要請されてしまうので意味が無くなることから、同じ最寄駅で別の場所を待ち合わせ場所として指定する方法があります。よくある理由付けとして、迷って場所が分からないから駅前の交番前にいるから声かけて欲しいといった方法ならば、自然に待ち合わせ場所変更を誘導可能です。待ち合わせ場所変更に応じないことが援デリ業者の特徴でもあるので、判別方法としては効果的だと考えられます。なぜなら、援デリ業者はホテルまで徒歩数分以内の場所を待ち合わせ場所とすることで、効率よく回転率を上げられると考えているので、移動時間が長くなる待ち合わせ場所変更には原則として応じないからです。

打ち子のレベルが高い場合であっても、援デリ業者は分業制を採用しているからこそ互いのやり取り画面が出せなければ援デリ業者と見破れるわけですね。
管理人
援デリ業者を避けることを優先するなら、多少ポイント消費は激しくても出会い系サイト内で待ち合わせ完了まではやり取りすることが近道です。

出会い系サイトによって援デリ業者の見分け方に違いがある

出会い系サイトごとにオリジナリティーを出しているからこそ、援デリ業者を見分ける一般的な方法以外にも参考になるポイントが存在します。中でも大手3大出会い系サイトとして知られるPCMAX・ワクワクメール・ハッピーメールには、独自機能や外部有志による支援機能を使うことで援デリ業者を丸裸に出来るわけです。

出会い系サイトを使い慣れいている人ほど、簡単に援デリ業者を見分けているという話を聞いたことがあります。具体的にはどのような機能を使えば良いのか教えて下さい。
管理人
他の出会い系サイトとの差別化を図る部分から、似たシステムを持っていても援デリ業者を見分けるポイントが変わります。中でも3大出会い系サイトについては、最低限次のようなことは知っておいて損はありません。

PCMAXは裏プロフィールと覗き見マル秘データを参考にしよう

アクティブ会員数が多いことで知られるPCMAXでは、裏プロフィールと呼ばれる機能をポイントを使うことにより男性会員限定で閲覧することが出来ます。また、覗き見マル秘データと呼ばれる項目があるので、合わせて確認すれば援デリ業者かどうかの判別に役立つはずです。中でも次の項目については、確実にチェックするだけで援デリ業者の見分けがつきやすくなります。

登録からの経過日数

新規登録したばかりにも関わらず、掲示板への投稿数が異様に多い場合には、援デリ業者の可能性が高いと判断可能です。とりわけ新規登録初日にも関わらずプロフィール情報が既に記入済みであって、積極的な活動を始めている場合には手慣れた状態が分かります。数日様子見しても日記投稿がされていなければ、援デリ業者の疑いが高い女性会員としてお断りリストに入れても良いと考えられます。

積極/受け身度

一般素人女性ほど受け身度が高い傾向にあり、援デリ業者ほど積極度合いが高くなります。援助交際目的の個人営業を行っている女性についても積極性が高くなるので、他の項目と合わせて判断することが重要です。

メール返信率

メール返信率が70%を超えている時点で一般素人女性である可能性が低く、とりわけ20代前半にも関わらずメール返信率が50%以上の場合には援デリ業者が疑われます。なぜなら、20代前半女性のプロフィールならば毎日黙っていても体型が太いといった事情が無い限り数十通以上はアプローチメールが届きやすいからです。毎日20通以上も返信している女性会員は、援デリ業者か援助交際目的での商用アカウントだと考えられます。

時間別利用状況

時間別利用状況を確認すると、24時間満遍なく利用していればいつ就寝しているのか不明な状態となり、自動足跡つけツールを活用していると考えられます。一般素人女性の中にはその日ごとに使用する時間や生活サイクルがバラバラとなるために時間が不安定と考えられるケースもありますが、一般的に朝6時~9時の時間帯のみアクセスをしていない状態は素人女性では考えにくいです。社会人としての生活をしていない夜型人間ならば可能性はありますが、援デリ業者は営業時間開始1時間よりも前の時点では、残念ながら稼働していないと考えられます。

生年月日変更回数

PCMAXで最も注目しなければならないポイントとして、生年月日変更回数が挙げられます。生年月日変更回数が多いほど、途中でプロフィールを全部作り変えている可能性が高くなるので、人が入れ替わったことを意味するわけです。よくあるパターンとして、援デリ業者の店長が以前使っていて暫く活動休止にしていたアカウントを新人スタッフへ譲ったという例が考えられます。生年月日が変わる個人は普通ならあり得ないことになるので、生年月日変更回数が多い女性会員ほど援デリ業者だと考えられるわけです。

ワクワクメールならワクワクDBを活用して判別出来る

ワクワクメールがヘビーユーザーの男性会員から熱い支持を受けている理由は、特定の条件を満たすと援デリ業者だけでなく援助交際目的女性から地雷判定されている女性まで見抜けるからです。主な方法として、ワクワクDBの利用と、会員ランク制度をプラチナまで上げることにより閲覧可能になる秘匿情報にあります。

ワクワクDBなら有志が参加して情報共有出来る

大手出会い系サイトの中でもワクワクメールだけが、外部の有志により独自にワクワクデータベースとして女性会員に関する情報を蓄積して相互に閲覧出来るようになっています。登録したばかりの新規会員はまだワクワクDBに登録されていないものの、誰かが既にアプローチして撃沈した結果が掲載されているからこそ、アプローチメールを出す前に援デリ業者かどうかの確認が可能です。全ての援デリ業者を防げないものの、既にワクワクDBユーザーの中で被害に遭った人がいれば、先に情報を知ることが出来るメリットがあります。相互扶助により成り立つサービスだからこそ、自分でアプローチした女性会員に関する情報を提供することで、いつでも参照出来る権利を確保しておくと援デリ業者を回避しやすくなるはずです。

会員ランクを上げると秘匿情報が開示される

ワクワクメールでは、過去93日間に課金した金額により5段階の会員ランクが付与されて、ランクがアップするほど秘匿情報を閲覧出来る権利が確保されます。とりわけ注目したいポイントとして、30,000円以上課金した場合のゴールドランクと、100,000円以上課金した場合のプラチナランクならば、援デリ業者かどうかの判断をしやすくなる情報を得やすいです。

ゴールド会員ランク以上

メール送受信人数(過去90日間)・掲示板書き込み数(過去60日間)・男性会員からの被害通報回数の3つが秘匿情報として開示されます。一般素人女性と比較して明らかに援デリ業者ならば多くなるからこそ、ゴールド会員以上を死守しておけば、援デリ業者に引っ掛かりにくくなるわけです。男性会員からの被害通報は一般素人女性ならば確実に0回のはずであって、数回通報されている時点で既に問題だらけの女性会員として回避対象となります。

プラチナ会員ランクで新たに開放される秘匿情報

プラチナ会員ランクになると、ゴールと会員ランクで公開される情報に加えて、次のような援デリ業者だと判定可能な情報の閲覧が可能となります。まず、通報された事案に関する情報を開示してもらえるので、女性会員のプロフィール欄から他の男性とどのようなトラブルになっていたのか知ることが可能です。アプローチメールを出すかどうかの判断を先に行えるからこそ、余計なポイント消費と時間の浪費を付けられます。次に、ワクワクメールでは何度も同じ女性会員にアプローチしてしまわないように、便利機能として女性会員のプロフィールに自分だけのメモを書き残すことが可能です。次回プロフィール閲覧した際に過去のメモがヒントになって、同じ相手に騙される心配を無くせます。女性会員の中にはトラブルになるごとにニックネームを変更する人がいるからこそ、次回同じ相手にアプローチメールを出してしまうことがあるわけです。プラチナ会員ランクになると、他の男性会員が残したメモを覗き見出来るようになるので、女性会員に対する他の男性会員が残したメモをヒントにして援デリ業者を回避しやすくなります。

ハッピーメールなら通話機能を活用してみよう

ハッピーメールの女性会員は幅広い年齢層が多いので、その日の気分で好みに合わせた女性会員へアプローチしやすいです。しかし、援デリ業者にとってもハッピーメールは男性会員を誘いやすい出会い系サイトとして知られていて、他の大手出会い系サイトよりも多少強引な誘い方をしてもアカウント凍結されにくいと考えられています。また、男性会員にとって明確にデータから援デリ業者を判別可能な秘匿情報の開示は行われていないので、公平に利用できる出会い系サイトとして知られています。しかし、ハッピーメールを利用する際には、ハッピーメールを通してポイント消費することにより行える通話機能があることを忘れてはなりません。なぜなら、実際に待ち合わせ約束を行う前に通話機能により突発的な抜き打ちチェックが出来るからです。援デリ業者は分業制を採用しているために、打ち子の多くが男性となっていることから通話機能により話すことは声質の兼ね合いで出来ません。逆に考えれば、通話機能に応じてくれる女性会員ならば援デリ業者である可能性が低く、打ち子が女性であった場合には待ち合わせ場所に現れた女性と声質が違う点を利用して別人だと判断したら即座に断れるメリットがあります。誘い方としては、「ネカマが多いので今から1分間だけで構わないから通話してもらえる?」という問い合わせをすれば、ある程度援デリ業者かどうかの判断が可能です。女性会員としても初めて会う男性がどのような雰囲気の人なのか、通話によりある程度把握出来るというメリットが考えられます。

大手出会い系サイトだけでも独自の機能により援デリ業者かどうかの判断基準となる情報が得られるのですね。最小限の支出で済ませようと考えすぎて、何よりも重要な一般素人女性かどうかの判断基準を得ることを忘れていました。
管理人
出会い系サイトにとっては継続して課金利用してくれる男性会員が多いほど運営会社として都合が良いので、女性会員には秘密にしたまま秘匿情報の開示をお得意様だけに行う傾向があります。一般的な行動パターンだけでは見分けられないならば、セフレ作りのためにも初期投資としてある程度の金額を使って秘匿情報を得てみると成果に大きな違いが表れると分かるはずです。

援デリ業者の見分け方をパターン化しておけばある程度回避可能となる

援デリ業者の見分け方は、一般的な援デリ業者ならではの分業体制という点を突いた方法でまずは回避することが望ましいです。何度か試して失敗するようならば、大手出会い系サイトごとにこっそり用意されている女性会員に関する秘匿情報が開示される条件に適合するまで課金して、援デリ業者の判定に使用する方法があります。最終的にはアプローチ女性を絞り込むための初期投資として考えれば、最終的に無駄な費用を支払わずに目当ての素敵な一般素人女性との出会いに繋がりやすくなります。