援交掲示板で援交やりたい!そんな方におすすめの援交できる出会い系サイトまとめ

エッチな出会い

 ↑画像をクリックするとサイト内のおすすめの援交サイトへ移動します↑ 

援交サイトで出会った相手が、必ずしも自分の理想とは限らないわけです。
もちろん、相手のプロフィールやメールのやり取りで、ある程度条件にマッチしているかどうかは分かるでしょうが、本当に理想の相手かどうかは会ってみないと分からないわけです。

さて、もし相手が理想でなかった場合、一体どのような行動を取るのでしょうか?
もちろん、それっきりで別れて新しい相手を探すというのも、1つの方法だと言えます。

ただ、短期間で何人とも出会えるような、とても運が良くて人望のある人ならそれでもいいかもしれません。
しかし、大半の人は援交サイトで1人出会うだけでも、かなりの苦労を要するわけです。

もしまた新しい相手を探そうと思ったら、どれぐらいの時間を費やすか分かりません。
もしかしたら、次に相手と出会えるのは半年後や1年後になるかもしれないわけです。

それを考えたら、理想と違っていたからと言って、すぐに別れてしまうのはあまりに勿体無いことだと言えます。
せっかく出会うことができたのですから、その後も何度か出会ってみればいいと思います。

最初は理想と違っていても、何度か出会うことで相手に対する見方が変わってくるかもしれません。
日常生活でも、最初は特に意識していなかった異性を、一緒に過ごすうちに恋愛感情を抱くこともあるわけです。

ですから、もし相手と出会うことができたのであれば、しばらくの間付き合ってみて、それでも理想とは程遠いと感じるのであれば、その時に別れることを考えればいいかと思います。
数少ないチャンスを、みすみす手放す手はないでしょう。

おすすめ!即会い可能でエッチな出会いサイト!


※18歳未満の方は利用できません。

管理人アイコン01
管理人

サクラなし!色々な出会いができるのが特徴の出会い系アプリです。ワクワクメールでは、出会いのために雑誌広告、サンプリング広告、WEB広告などの宣伝活動を行っているため、毎日1,600人以上の新規会員登録者数がいます。だからサクラなどに頼らず本物の出会いができるのです。

ワクワクメールの基本情報
運営会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ
会員数 750万人
運営年数 2001年開始(17年間)
料金体系 ポイント制
料金目安 3,000円(銀行振込で400 pt)
登録料 無料
女性料金 無料
退会 退会の際は必ず各種設定の退会より手続きを行ってください

ワクワクメールおすすめの料金プラン

銀行振込10,000円pプラン(1,500 pt)がオススメ!


女性会員の目的

1.大人の恋愛・エッチな出会いを探している人
2.遊ぶ相手を探している人
3.彼女・彼氏を探している人


ワクワクメールはこんな人にオススメ

・エッチな出会いを探している人
・様々な検索方法で相手を探したい人
・悪質な書き込みの被害にあいたくない人
・ただ使うだけじゃなく遊びやコミュニケーションにもこだわりたい人

\ 出会い系サイト・アプリ /
料金とプランを比較
ワクワクメールのサービス利用料金





サービス 消費ポイント/1 pt=10円
掲示板メッセージを見る 1 pt
掲示板メッセージを書く 0 pt
掲示板メッセージ最新に掲載 5 pt
掲示画像を見る 2 pt
掲示動画を見る 3 pt
\ GooglePlayで集めた /
ワクワクメールのユーザーレビュー

青州星海

★★★★★ 2019年7月26日 09:57:33
ワクワクメールのアプリを使いました!即エッチできて最高です!

ken********さん

★★★★★ 2019年7月28日 21:23:33
すぐにエッチできる人を探していたらワクワクメールですぐに出会えました

rin********さん

★★★★★ 2019年8月4日 18:10:16
今日エッチがしたーい!そう思って色々調べてワクワクメールにたどり着きました
かわいくてエッチな女の子と出会えて最高です

CHECK!
konnsyesyu
多彩なインターフェイスで、待ち時間でもひまつぶしゲームや占い、アバターコーディネート等のコンテンツが楽しめます。登録して趣味を選ぶだけ。お互いに興味を持ってマッチングしたらメッセージのやり取りができます。困った時は24時間いつでも有人でサポートしてくれるので、操作に困っても安心です。また悪質な書き込みができないようにシステムの対応、悪質なユーザーに対してのペナルティ制度などを採用することにより、サクラや業者などを事前に防ぐ仕組みで運営しております。もちろん女性は完全無料でご利用いただけます。

Jメール


援交相手の探し方は出会い系サイトを中心にいろいろと併用するべき

男女間の関係において援交が行われていることがあります。援交とは男性が女性に対してお金を払うことによって、性的な関係を持つ交際です。出会い系サイトやSNS、出会い系アプリ、ナンパなどで募集していることが多いですので、援交がしたいということであれば、こういうツールを使って探してみるのがいいでしょう。今回はいろいろな手段を使った援交相手の探し方と、探すうえでの注意点について解説していきます。

出会い系サイトでの探し方はメールを駆使する

援交相手を探すということであれば、一般的に出会い系サイトを利用することになるのではないでしょうか。多くの男女が登録していますので、何らかの出会いを求めるのにふさわしいと言えます。ピュアな出会いを求める人から援交のような出会いを求める人まで対象になっています。援交目的の人はアダルトな出会いになりますので、アダルト掲示板を使いながら探し方を模索していくことになるということです。

出会い系サイトの場合は何よりも女性を確保しないといけないということもあり、女性に関しては無料で全ての機能が利用できることが多いです。しかし、男性の場合は有料で利用することになります。そのため、ある程度経済力が必要になります。無料の出会い系サイトもありますが、無料のものは業者やサクラが多いので、あまりいい女性はいない可能性が高いです。無料の出会い系サイトに登録するのはいいですが、参加人数が多いのは有料の出会い系サイトになるはずです。

出会い系サイトで援交探しは年齢確認があるから安心

大手の出会い系サイトの場合は年齢確認をきちんとすることになっています。身分証明書の写メを提出することによって、年齢をしっかりと確認することになります。1年齢確認をしっかりしていない出会い系サイトは利用しないほうがいいです。

18歳未満の女性と援交することになると、場合によっては警察沙汰になることもあります。そのため、女性の年齢をしっかりと確認しないといけないということです。年齢が分からない状態で女性と付き合うよりは、あらかじめ分かった状態で付き合うのとでは雲泥の差です。19歳以上だということが分かれば少しは安心できるでしょう。

アダルトカテゴリの掲示板は援交が前提

どの出会い系サイトでもメインコンテンツは掲示板になります。掲示板の中でもアダルトコンテンツということになれば、援交が前提になっていることは間違いありません。掲示板でも「今すぐ会いたい」ということは即エッチということになります。援交が前提となっているわけですが、直接的に援交とか援助交際というワードを使ったらいけませんので、多少ぼかした表現になっています。

援交相手を探したいのであれば、アダルトカテゴリの掲示板をサッと見てみたらいいです。掲示板を見ると女性がたくさん募集をかけているなということが十分に分かります。そういう女性の多くは援交募集ですので、メールで条件を確認してから応じるのかどうかが決まります。

援交はメールのやり取りをして決まる

プロフィールや掲示板の投稿で気に入った女性がいるならば、その人とメールでのやり取りを行います。メールでのやり取りがうまい人がやはり出会って援交までこぎつけることが可能です。メールでのやり取りで失敗してしまうと、なかなか出会うまで行き着かないということになります。メールでのコミュニケーションはナンパでのコミュニケーションとは全く違ったものになるので、難しいところになるでしょう。

メールのやり取りにて多くの競合する男性に勝たないとなかなか援交にまで至りませんので、女性のことを十分に配慮した上で相手に勝つ必要があります。メールが送られた時には必ず男性のプロフィールはチェックしますので、好感度の良さを与えておくべきです。

SNSで援交相手の探し方はSNSの特徴を活かす

出会い系サイトに登録すること無く、SNSを利用することで援交相手を探すことができます。SNSはtwitterやFacebook、インスタグラム、mixi、LINEなどのコミュニケーションツールのことを言い、こういうツールを活用して援交相手を探すということです。出会い系サイトであれば男性は有料ですので、SNSをうまく活用することによって無料で女性を探すことが可能です。

若い人はtwitter、大人はFacebookの活用が多い

援交に利用しようと思っているのであれば、あらゆるSNSサイトを有効活用したほうがいいというのは言うまでもありません。ただ、傾向として若い人は比較的自由に発信することができるtwitter、大人は実名でアクセスすることが求められるFacebookを活用している人が多いです。写真を中心に投稿したい人はインスタグラムを活用しています。SNSにはそれぞれ特徴がありますので、その特徴を活かした形で援交相手の探し方を考える必要があります。

twitterやFacebookでの出会い方については下記でも詳しく掲載しています
フェイスブックを使った援交相手の探し方は友人同士のつながりから探すのが基本
twitterを使った援交相手の探し方はハッシュタグをたどっていけ!

SNSは無料で利用することができるのが援交探しに最適!

どのSNSにおいても無料で利用をすることができますので、男性であってもわざわざお金を出す必要が無いというのがいいところです。SNSで援交相手を探すのであれば、どういうところで募集をしているのかということを把握しなければいけません。キーワード検索しながらどういう風にすれば援交相手が探せるのかということについて理解していく必要があります。

・女性の年齢の区別がつかないのでそこは注意する

SNSは出会い系サイトに比べると年齢の詐称が十分に可能になります。実名を使うFacebookは別ですが、他のSNSであればいろいろとアカウントを取得することができますので、その中で年齢の詐称を行って援交をしようとする人も中にはいます。年齢の不安があるうちは付き合わないほうがいいです。

SNSは出会い系サイトと並行して利用するのがいい

SNS単独で援交相手を探すというのは非常に難しいところがあります。確かに無料で利用できますが、出会いのための機能を有していませんのでそのために援交相手を探すという用途で使いにくいところがあります。出会い系サイトと並行してSNSも使うというのが一番いいです。

出会い系サイトで女性とやり取りをすると、やり取りの度にお金を消費しますので男性としてはつらいところです。何度もメールでのやり取りをしているタイミングで、SNSに切り替えることでお金の節約になります。メッセージのやり取りが無料になりますので男性としてはいいことです。

出会い系アプリでの探し方は援交ができそうかで見極める

最近ではスマホでも楽に利用することができる出会い系アプリがあります。出会い系サイトはパソコンでもスマホでも利用することができますが、出会い系アプリはスマホでの利用が前提となっています。出会いを果たすことができるアプリがいろいろと登場してきていますが、援交を行うことはできるのでしょうか。

アダルトに対応した出会い系アプリが少ない

出会い系アプリの場合は純粋にピュアな出会いを求める人が利用するべきものが多いです。それはなぜかというと、iPhoneのAppStoreやAndroidのGooglePlayストアでアダルトに該当するものを置いてはいけないからです。アダルトに対応することができませんので、援交をするのはとても難しいと言えます。

援交サイトTOPに戻る

出会い系アプリの場合、男性はお金を使用することになる

出会い系アプリの場合も出会い系サイトと同様に女性は無料ですが、男性は有料になります。気に入った女性に対してアプローチをして、メールのやり取りを行うことによって出会いを果たすことになります。その出会いというのは必ずしも援交というわけではありませんので、セックスや何らかのプレイが伴わない可能性があるということです。

援交を前提として出会いではありませんので、女性の様子を見て援交相手を探さないといけないということです。そこにはいろいろな出会いが混じっていますので、援交相手をピックアップしていかなければいけません。援交相手をピックアップするのが難しいということです。

ナンパでの援交相手の探し方は数を当たるべき

ナンパはインターネットが発展する前までであれば、一番真っ先に行われてきた手法です。男性が女性に対してお金を交渉して援交をするということも普通に行われてきた方法になります。ただ、ナンパよりも出会い系サイトなどのほうが援交を行いやすいということもあって、最近は下火になってきています。

援交に応じてくれる確率はかなり低い

突然見知らぬ男性から声を掛けられて援交に応じるのかというと、なかなか確率が低いのではないでしょうか。よっぽどのコミュニケーションスキルとルックスの良さが無い限りナンパで援交相手を探すというのは至難の業です。自分では無理だなと思っているのであれば、出会い系サイトなどネットを使ったほうが確率は上がります。

ナンパをして援交に応じてくれるということであれば、かなり自信を持ってもいいでしょう。男性側も当然ルックスのいい女性を選んでいるでしょうから、好みの人ともしかしてセックスを行うことができればいいと言えます。基本的には失敗するのが当たり前の世界ですので、失敗しても落ち込まずに何度も成功に向かってアタックし続けた方がいいです。

ただし、ナンパに成功したら即セックスに持ち込むことができる

ナンパに成功したということであれば、当日のうちに女性もお金をもらいたいと思いますから、即セックスに持ち込むことができるというのはプラスな点です。即決即断で一挙にセックスにまで行くことができるというのはナンパでないと味わえないかもしれません。

何十人何百人に声をかけて断られたとしても、たった1人だけ援交に応じてくれたのであれば、それは成功です。1人でもいいからナンパに成功することができれば、それは成功の部類に十分に入ります。1人でもいいからセックスにまで持ち込んだのであれば大収穫です。セミプロや業者ではなく、大抵の場合は素人女性ですので、それはうれしいことになります。

街中だけでなく、出会い居酒屋や合コンバー、街コンなどを活用しよう

ナンパということで言えば、繁華街を男性が女性に対して声をかけるということが一般的ですが、街中でうまく行かないのであれば、出会い居酒屋や合コンバー、街コン、クラブイベントなどをうまく利用して行うということでも構いません。

街コンであれば街で歩いている好みの女性を手当たり次第声をかけるのが普通ではありますが、出会い居酒屋や合コンバー、街コン、クラブイベントであればある程度計画性を持って援交相手を誘ってみて方がいいです。こういうものであれば、さすがに男女の出会いを求めている人が多いでしょうから、うまい具合にコミュニケーションを取りながら援交に持ち込むようにしてください。

相手女性には真摯に振る舞おう

援交を探すうえでは、トラブルが起こるということも十分にあり得ますので、注意しながら異性を探すことが求められます。トラブルが起きてしまうと、お互いが残念な気持ちになってしまいます。

メールのやり取りから実際に出会った時、プレイをしている時などいずれの時にも、女性に対しては十分に配慮するようにしてください。男性を怖いと思っている人も少なくありませんので、男性の方がから不安を払拭するような行動をとるべきです。不安感を払拭することができれば、もしかすると男性の要求にも応えてくれる可能性が出てきますし、いい関係になります。

イケメンである必要はありませんが必要最低限の服装で、怖い印象を与えないようにしましょう。女性に暴力をふるったり、変態行為をしたり、やり逃げをしたりすることはNGです。そういう行為をするのは最低の行為になりますので絶対に止めてください。男性は女性と居る時には恋人同士でいるのと同じように、紳士的な態度で振る舞います。

援交の約束を守るというのは必要最低限の行為になります。援交において条件があらかじめ決まっているのであれば、それを基本的に守るようにするべきです。実際にプレイをする前などにオプションとして追加の要求をするのは別に構いませんが、その場合でもきちんとお金を払うことを忘れてはいけません。

援交サイトの情報は選別することが大事

援交サイトを探す時には、いろんな情報を参考にすることになるでしょう。
初めて利用する人からすれば、どのサイトがいいのか全く分からないでしょうから、情報収集は必要不可欠なのです。

もちろん、過去に援交サイトの利用経験がある人でも、次々と新しいサイトが登場しているわけですから、やはり情報を集めることは必須だと言えます。

さて、援交サイトの情報を集める時に注意しないといけないのが、全ての情報が正しいとは限らないので、しっかりと選別しないといけないのです。
もちろん、これは援交サイトだけに限らず言えることですが、あらゆる情報を鵜呑みにしてはいけないのです。

例えば、掲示板や口コミなどを参考にする時でも、悪質サイトをオススメしている書き込みや、出会えないサイトを優良サイトという評価をしていることもあるのです。

これは、宣伝やステルスマーケティング、あるいは業者が自社のサイトをPRする目的で、こういった場所に潜り込んで書き込みをしているのです。

また、比較サイトやランキングサイトを利用する場合でも、本当にきちんと評価しているサイトもあれば、単にアフィリエイト目的で運営しているサイトもあるので、後者のパターンだと適当な評価をしている可能性が高いのです。

他にも、ブログであったりSNSなどを参考に援交サイトを探す人もいるでしょうが、やはりこちらも絶対に信用できるとは限りませんから、安易に信じ込んではいけないのです。

役立つ情報とそうでない情報を、しっかりと選別することによって優良な援交サイトを見つけることができるのです。

援交サイトや援交掲示板でいきなり出会うことに抵抗があるなら

援交サイトや援交掲示板では、全く顔も声も姿も分からない人とやり取りすることになります。
したがって、どうしても不安はあるでしょうし、そういった場所でいきなり出会うことに、抵抗を持つ人も少なくないでしょう。

ただ、必ずしもいきなり援交相手からスタートする必要はなく、最初は仲の良い友達から始めることもできるのです。
現に、最初はメル友であったり趣味仲間の関係からスタートして、最終的に援交相手になったというケースは非常に多いのです。

恋愛関係には抵抗があっても、気軽な友達関係なら不安なく付き合うことができると思います。
楽しくお喋りをしたり、お互いの趣味について語り合ったり、ちょっとした悩み相談をしたりして、少しずつお互いの関係を深めていくのです。

もちろん、機会があればリアルで出会ってもいいでしょうが、その際もあくまでも友達と遊ぶような感覚で出会えばいいのです。
一緒にカラオケやゲームセンターで遊んだり、ショッピングやドライブを満喫したり、いろんな方法で楽しめばいいでしょう。

そういった関係を続けることで、いずれはお互いのことを意識するようになり、最終的には友達以上の感情を持つ可能性が高いのです。
そうなれば、機会を見計らって援交を始めていけばいいわけです。

もしも、仮に援交相手になることができなかったとしても、素敵な友達を1人作ることができたわけですから、それはそれで立派な財産になるのです。
つまり、友達関係からスタートすれば、どういった結果になってもマイナスになることはないのです。

少し時間はかかるかもしれませんが、結果的にはこちらの方が早く援交相手になれる可能性もあるので、是非とも検討してみるといいでしょう。

悪徳な援交サイトはいろんな手口で騙してくる

援交サイトの人気に乗じて、悪巧みを考える輩も増えてしまったのです。
簡単に言えば、悪徳な援助交際サイトを運営して、そこで会員からお金を巻き上げようと考えるわけです。

悪徳な援助交際サイトは、いろんな手口で騙してきます。
その代表例とも言えるのがサクラを使った手口であり、会員に自らお金を使わせることで、不正に利益を得ようとするのです。
サクラに女性を演じさせて、会員とメールのやり取りをさせることで、有料ポイントを次々と消費させるのです。

また、架空請求でお金を払わせようとする悪質業者も非常に多いです。
「裁判を起こす」などと脅すことで、会員の不安を煽ってお金を振り込ませる卑劣な手口なのです。

さらに、ポイントを自動的にマイナスにして、後払いで料金を請求するようなサイトも少なくありません。
本来、こういったシステムは前払いが鉄則であり、勝手に後払いにするのは違法なのですが、初心者だとそれを知らず騙されてしまうことも多いのです。

他にも、「1万円払えば永久無料会員になれます」、「大抽選会で商品券10万円に当選しましたが、受け取りには手数料として5000円を支払っていただく必要があります」などと、大きな餌を巻いてお金を払わせようとする手口も多いです。

もちろん、お金を払ったところでそれらの特典を受けることはできず、むしろまた難癖をつけてお金を払わせたりするのです。
こういった甘い罠には、絶対に引っかかってはいけないのです。

上記の手口は、少しでも援交サイトのことを知っていれば、すぐに詐欺であることが分かりますから、事前に下調べをすることが必要不可欠なのです。

サクラだらけの援交サイト・援交掲示板を見極める方法

援交サイトにも、サクラしかいないような悪質サイトも多数存在しています。
当然ですが、そのようなサイトを利用しても絶対に出会えませんし、それどころか金銭被害を受けてしまう可能性もあるのです。

では、どうすればサクラだらけのサイトを見極めることができるのでしょうか。
実は、援交サイトに登録をするだけでも、100%とはいきませんが、ある程度サクラだらけのサイトを見極めることができるのです。

サクラを使っているサイトの大半は、登録者に対してどんどんメールを送信するのです。
ユーザーにお金を使わせるために、サクラに積極的にメールを送らせるわけです。

ただ、援交サイトで女性がメールをどんどん送ることは、まずあり得ないことだと言えます。
ごく稀に女性からメールが届くことはあるでしょうが、本当にそれは低確率なのです。

にも関わらず、登録してすぐにたくさんのメールが届くなんて、どう考えてもおかしいわけです。
こういったことは、サクラばかりのサイトだらこそ起こることなのです。

したがって、とりあえずフリーメールで援交サイトに登録をしてみて、メールが届くかどうかを確認してみるといいでしょう。
もしも、すぐに女性からメールが届いたのであれば、その時点でサクラだらけのサイトだと判断しても構いません。

また、登録してしばらくしてからメールが届く場合もあるので、最低でも2日は様子を見るようにしたいところです。
それでもメールが届かないようであれば、とりあえずは利用してみてもいいでしょう。

もちろん、それでも絶対に安全とは言い切れませんから、常に注意を払いながら利用していくようにしましょう。

援助交際をしている女性の特徴は?

援助交際をしている女性の特徴は?と聞かれると、答えは難しいかもしれません。
ギャル系のノリが軽く、気軽にセックスをしてくれそうな子だけが援助交際をしているわけではありません。
真面目な優等生だって、日頃のうっぷんを晴らすために、援助交際をしているかもしれません。
何不自由なく育てられ、お小遣いをたくさんもらっているお嬢様だって援助交際をしているかもしれません。
ごく普通のそこら辺にいる女子高生も援助交際をしています。
つまり、あまりにいろんなタイプの子が援助交際をしているので、特徴を挙げる事が出来ないのです。

以前であれば、それでも若い子と答える事が出来ました。
援助交際は若い女の子とセックスをしたいという男性が集まるため若い子でなければ需要がなかったのです。
ですが、最近はその傾向が変わりつつあります、
人妻がパートの代わりに援助交際をする時代なのです。
若い子じゃなくてもいいの?そう思うかもしれません。
ですが、若い子だとあまりに年齢差がありすぎて、何を考えているのか分からない、癒されないという問題があります。
その点人妻の方が気遣いが出来て、セックステクニックもあります。
それに若さという点に拘るのなら、最近は見た目が若い女性が増えましたよね。

これは芸能人に限った話ではなく、一般の人妻であっても娘と服を共通するなど、まるで姉妹のような若々しい人妻がいます。
なので、女子高生に拘らない人が増えてきました。
人妻以外にも派遣社員などの非正規社員でWワークとして援助交際をする女性もいるので、年齢層の幅が広がってきたと言えるでしょう。
ただ援助交際をしている女性の立場としては貧困化、格差社会が進み、援助交際をしなければ生活がなりたたない現状は非常によくない事です。

騙された人が騙すようになる

援助交際では、トラブルも多発しています。
トラブルの中で多いのは、報酬金額を支払わないというケースです。
メールのやり取りの段階では報酬金額は3万円と言っていたから条件を飲んだのに、セックスをしても報酬金額を支払ってくれない。

そうなると、体格も腕力も叶わない女性は、どうする事も出来ません。
その場では泣き寝入りするしかありませんし、援助交際をしたのに報酬金額を支払ってくれないと警察に訴えるわけにもいきません。
援助交際がトラブルが多い一因はそこにあります。
トラブルが発生しても、警察が関与しないため、成功率が高いのです。

ですが、援助交際で騙された場合、今度は自分が騙す側になる傾向が高いのです。
前回援助交際で報酬金額を支払ってもらえなかった。あんなオジサンにタダでセックスをさせるはめになったから、取り返さないとと考えるようになるわけです。そして次の援助交際の時には、男性に先にシャワーを勧めて、その間に財布の中から3万円を盗って、ホテルから逃げるというわけです。

シャワーから出てきた男性は、部屋に女性がいなくて、しかも財布からお金が盗まれている事に気づきます。
ですが、すでに部屋はもぬけの殻ですから、取り返しようがありません。
すると、援助交際でお金を盗まれ、セックスが出来なかったという欲求がどす黒く心の中に留まります。

それを次回の援助交際で、報酬金額を支払わないという形になって現れるわけです。
やられた相手に直接やりかえすのではなく、援助交際をしている男性相手に、援助交際をしている女性相手に対して攻撃するため、被害者は続出し、騙された人が今度は騙すようになり、援助交際のトラブルはどんどん増えるというわけです。
本来は自分がやられて嫌だった事は、人にやってはいけません。ですが、それが通用しない世界なのです。

援助交際から脱出しよう

すぐにでも援助交際はやめるべきです!
もし今援助交際をしている女性がいるなら、すぐにでもやめるべきです。
今は平気でも、いつ大きな危険が襲って来るか分からないので、手遅れになる前に援助交際から脱出するようにしましょう。

そもそも、全く知らない男性とセックスをするという行為は、非常に危険なことなのです。
二人きりでホテルという密室した空間で過ごすわけですから、何をされるか分からないのです。

こういっては何ですが、援助交際に手を出すような男性は、決して信用することはできないのです。
暴力を振るったり監禁をしたり、どんな犯罪を行っても不思議ではありません。

もちろんそれ以外にも色々なリスクがあります。
男性が性病にかかっていれば、それを移されてしまう危険性もあるでしょう。
また、こちらがお金をもらうはずなのに、逆に財布からお金を抜き取られて逃げられてしまうケースもあったりします。

そして何よりも、自分の大事な体を不特定多数の男性に捧げるという行為が、自分の価値をどんどん落とす事になるのです。
それによって、大人になってから満足にセックスができなくなってしまい、10年後や20年後に大きな影響を与えかねないのです。

だからこそ、まだ間に合ううちに援助交際をやめるべきなのです。
もちろん、本当なら援助交際をしないのが理想的ではありますが、やってしまったものは仕方がありません。

もしも、家庭の事情や金銭面の問題などで、仕方がなくやっているのであれば、他にも生活保護などの選択肢はあるので、無理に続けることはないのです。

もしかしたら、次の援助交際で命の危機に陥るかもしれませんし、次の1回が自分の人生を大きく左右する可能性もあるのです。
でも、今ここで断ち切ることができれば、それを以前に防ぐことができるわけです。

若いから無鉄砲な事が出来る

例えば若い頃援助交際をしていた人が、大人になってあの頃を振り返ったら、よく無事でいられたな。
どうしてあんな無鉄砲な事を平気で出来たんだろう、そんなふうな感想を持つのではないでしょうか?

援助交際でトラブルに遭遇しなかった事は、ただ運がよかったからです。
それぐらい、援助交際はトラブルに溢れていて、泣き寝入りするためあまりニュースにはなりませんが、トラブルにあっている女性は少なくありません。
例えば援助交際で報酬金額は3万円と事前に約束をしていたのに、セックスをしたら、セックスの相性が悪く気持ちよくなれなかったからお金は払わない。そんなふうにセックスをした後に態度を急変する男性もいるでしょう。
またセックスではゴムを使用すると言っていたのに、実際には女子高生とセックス出来る事に興奮し、ゴムをつけ忘れてセックスをしてしまう男性もいるでしょう。まだ興奮をして付け忘れるというのは良心的な方かもしれません。
実際には、最初からゴムをつける気はゼロの口約束な男性もいるでしょう。

もっと悪質なケースもあります。
ホテルにビデオを仕掛けておいて、セックス動画を撮り、それをネットで販売するわけです。
援助交際でセックスをする事は了解していても、自分の裸の動画やましてはセックスの動画を流出してもOKなんて女性はいません。

一度流出してしまったら、その動画を全て回収する事など不可能になります。
数年後に就職の際に、それが原因で内定をもらえなかったり、婚約者に見られて婚約を破棄されてしまうなど、将来のトラブルに発展する可能性もゼロではありません。

他にも、援助交際の相手が殺人犯で、ホテルの密室でセックスをしながら殺害されてしまうなんて小説の中のような事件が自分の身に起こらない保証はどこにもありません。なぜならネットで知り合ったよく知らない相手とセックスをするという事はそういうリスクも含まれているからです。

援助交際はメリットだけではない

援助交際をする際に、短時間で高収入を得られるとメリットしか考えていないかもしれません。
ですが、援助交際にはデメリットもあるという事をちゃんと理解しておきましょう。
例えばそのデメリットは、下手すれば命を失う結果になるかもしれません。

そんな援助交際の相手が実は殺人犯でホテルで殺されてしまうなんて可能性は非常に少ないでしょ。
そんなの外に出たら交通事故にあうから外出したらダメと言っているのと同じようなものだ。
そう言って笑い話にしてしまうかもしれません。
ですが、命を失うとは何も殺人犯に遭遇する以外にも可能性はいろいろあるのです。

援助交際では不特定多数の相手とセックスをします。
相手の男性も援助交際を通じて不特定多数の相手とセックスをしているはずです。
不特定多数の相手とセックスをしている同士がセックスをしたらどうなるのか?というと、性病に感染するリスクが高まります。

性病の中にはエイズのように感染し、命を落とす病気だってあるのです。
エイズなんて日本では感染しないよとここでも笑って否定するかもしれません。
ですが、日本は先進国の中で唯一エイズ感染者が年々増加している国なのです。決して他人事として考えてはいけません。

また自分自身ではなく、自分のお腹の中で赤ちゃんの命が失われる可能性もあります。
それは妊娠をして高校生では育てる事が出来ないからと中絶をした場合、中絶の手術が原因で大人になり出産を望んでも妊娠できない身体になる可能性があります。また性病などが原因で妊娠しにくい身体になる事もあります。

本当に好きな相手と結婚し、子どもを望んだ時に、子どもを産む事が出来ない。
これも命が失われたといっても決して大袈裟ではありませんよね。
こんなデメリットを知った後も、あなたはまだ援助交際をしたいと思いますか?

援助交際のハッピーエンドとバッドエンド

援助交際はずっと続けられるものではありません。
若い女性という需要が圧倒的に強いため、若くなくなると稼ぐ事が難しくなるからです。
女子高生の多くは、援助交際は女子高生ブランドがあるうちが花という事をよく理解しています。
そのため高校卒業と同時に、援助交際も卒業をする子も少なくありません。
そして援助交際の終わり方でハッピーエンドという言葉は、おかしいかもしれませんが、それが一番最善の終わり方だと言えるのではないでしょうか?

では援助交際の終わりでバッドエンドとは、どのような終わり方が待っているのでしょうか?
それはトラブルに巻き込まれるケースと、援助交際をしている事が親や学校、警察にバレてしまうケースです。
援助交際のトラブルとは挙げるとキリがありませんが、いくつか紹介します。

例えば援助交際をする男性が必ずしも紳士的な男性とは限りません。
むしろ、援助交際が犯罪行為であるのにも関わらず、平気で援助交際をする人達です。
モラルという点では一般の人よりも緩いのかもしれません。
そしてその中でもセックス中の動画を撮影して、それを恐喝のネタに使ってきたり、監禁されてしまうという事もあります。
妊娠したり、性病に感染するのも、援助交際のリスクの1つと言えるでしょう。
そんなトラブルに合ってしまうと、さすがに心身ともに傷つき、これ以上援助交際を続けようとは思わないはずです。

それから、ある日いきなり援助交際をしている事が周囲にバレてしまうかもしれません。
ニュースの報道を見ると、未成年の場合は匿名報道をされます。
しかし、噂にはなるので、誰が援助交際をしていたのか近所や学校では噂が広まってしまい、男性のように逮捕され全てを失う事はなくても女子高生側も、今まで通りの生活を送る事は無理そうです。

援助交際で得るものと失うもの

援助交際をすると得るものと失うものがあります。
まず得られるものはお金とセックス経験です。
では失うものは何だと思いますか?

よく援助交際をする人の中には、「減るモノでもないし、自分の身体を売る事の何が悪いの?」という人がいます。
確かに、セックスをしたからといって、身体が何かを失う事はありません。
セックスをするたびに、身体が何かを失ってしまったら、恋人間や夫婦間でセックスをしている人が大変です。

ですが、援助交際をする事で、男性不信になる人はいるでしょう。
やる事しか考えていない、お金さえ支払えばまるでモノを扱うようなセックスをする。
援助交際でするセックスとは、愛情が一切ないセックスで、自分本位なセックスの場合が非常に多いのです。
しかもお金を払っているお客様という立場にいるため、傲慢な男性も少なくありません。

男性のイヤな本質の部分を見てしまうと言えるでしょう。
また相手の男性が自分の父親と同じぐらいの年齢の場合は、いつも偉そうな事を言っているけど、娘ぐらいの年齢の女の子とセックスをしたいなんて最低。そんなふうに父親に対しても不信感を持ってしまうかもしれません。

男性のイヤな本質の部分は、恋人や夫婦では見せない部分だとも言えます。
そんな部分を知ってしまうのは、今後の恋愛関係に置いて、非常に影響を与えるのではないでしょうか?
つまり援助交際で失うものとは、男性に対する信頼感だったり、男性を好きになる気持ちと言えるのかもしれません。
もちろん、男性の全てがそうではないとはいえ、援助交際をする男性の多くは性欲のためなら平気で犯罪をする男性です。

モラルという意味では多少かけた部分がある人と、多感な時期に接する事は決して精神的にいい影響を与えるとは思えません。
失うものはお金では買えないものですから、実は援助交際では得られるものよりも失うものの方が大きいのかもしれません。

援助交際で家庭は壊れる?

援助交際は不倫とは大きく異なります。
基本的に1度限りのワリキリの関係が多く、その後連絡をする事もないので、援助交際をしている事が周囲にはバレずらいのです。

不倫で恋愛感情が発生すると、泥沼な状態になってしまいますが、援助交際はただの男性のスケベ心です。
若い子とセックスをしたい、そんな欲求を満たすだけなので、当然離婚を考えている事はありませんし、家族が一番大切だと言えるでしょう。しかし、そんな援助交際でも家庭が壊れてしまう事があるのです。

どんな場合かというと、援助交際をしている事が警察にバレてしまった場合です。
でも、人目の少ないラブホに車で入り、誰とも顔を合わせずにラブホの部屋に入り、女子高生とセックスをする。
そして金銭的なやり取りは部屋の中で行われるため、密室で誰かに見られる心配はありません。
終わったらそのまま車でラブホを去ります。
どこに警察に見つかる要素があるのか?と思いますよね。

ですが、援助交際は万引きのように現行犯ではないと捕まえる事が出来ないという事ではありません。
例えば、援助交際をしている女子高生が援助交際で稼いだお金で夜な夜な友達と豪遊していたとしましょう。
そうすると、遊び方が派手だという事と、未成年が夜遅くまで遊んでいるという事で、警察に補導されてしまう可能性があります。

補導されるとお金の出どこを調べられ、援助交際をしている事が明るみに出てしまいます。
そうすると、援助交際をしている相手の事も調べられるので、芋づる式であなたの事もバレてしまいます。

当然援助交際で非があるのは、大人であり、お金でセックスを買った男性側にあります。
性犯罪での逮捕という事になるため、社会的立場、家庭など全て失ってしまう事になるでしょう。
援助交際の事を気軽に楽しんでいるという人は、援助交際で家庭が壊れるリスクがある事を理解しておきましょう。

大人になったら援助交際をしていた過去を後悔する

女子高生のうちは、自分の身体を売って何が悪いの?
自分の身体を売って稼いだお金で、自分の好きなモノを買うのは当然の権利。
友達もみんなしているし、援助交際なんて誰でもしているでしょ。
そんなふうに強気でいられるかもしれません。

ですが、いつまでもそんな強気でいられるのか?というとそんな事はありません。
例えば女子高生もやがて大人となります。
社会のルールも分かってくるでしょう。

その時になって、援助交際を振り返ると、よくあんなリスクがある事を平気でしていたな、よく自分は無事だったなと自分の無鉄砲ぶりに恐ろしくなるでしょう。援助交際にはさまざまなリスクがあります。
運よくリスクを背負う事もなく、何事もなかったからいいんじゃないの?とはもう思えないでしょう。

もし、自分に子供が生まれて、その子供が女の子だったら?
この子が将来援助交際をするなんて事は絶対に避けたい事ですよね。
それと同時に、自分が過去に援助交際をしていた事実を夫や子供には絶対に知られたくないと家族に秘密を持つ事になります。

過去を後悔しても、過去を変える事は出来ません。
タイムマシーンがあって、過去に戻れるとしても、過去の自分に将来後悔する事になるから援助交際は絶対にしたらいけないと説得しようとしても、過去の自分は、何でそんな事言われないといけないの?自分の身体を売って何が悪いの?
そんなふうに反論し、聞く耳をもたないでしょう。

それでも後悔だけで、結婚し、子どもも生まれ幸せに暮らしている人はいいのです。
もっと問題なのは援助交際が原因で男性不信になってしまい結婚も出来ない人、援助交際が原因で妊娠できない身体になってしまった人など未来に大きな支障が出てしまっている人です。こうなると後悔どころの騒ぎではありません。

援助交際と病気のリスク

援助交際でお金を払ってセックスをするのと、風俗でお金を払ってセックスをするのとでは、支払う金額に大差はありません。
ですが、風俗店はお店を運営する以上、風俗嬢が性病もちなんて噂が流れてしまうと、売上に大きく響いてしまいます。

そのため風俗嬢には定期的に性病の検査を受けさせているはずです。
また風俗嬢も仕事としてセックスをしている以上、プロ意識が高く、性病に関する知識も持ち合わせているでしょう。
なので、質が悪い激安風俗店だと話は別ですが、一般的な風俗店であれば、風俗に行ったからといって性病に感染するという事はあまりありません。

ですが、援助交際の場合はどうでしょうか?
女子高生に限定した場合、女子高生は性病に関する知識はほぼゼロに等しいと言えるでしょう。
あそこが急にむず痒くなった、排尿をする際に痛みを伴うけど何で?

そんな身体の異変を感じて、慌てて病院へ駆け込み、その症状の原因が性病だと知るわけです。
当然性病に関する予防や検査も一切行っていません。
そのため、援助交際でお金を払って女子高生とセックスをしたら、性病にかかってしまったなんて人もいるわけです。

中には、性病に感染しないように、ちゃんとゴムを使用している。
そんな人もいるかもしれません。ですが、性病の中にはゴムを使用していても感染を防げない性病も存在します。
例えばフェラやクンニをする事で性病に感染する場合もあります。

援助交際をしても特に身体に支障はない、自分は大丈夫だったと思っている人でも、実は感染している可能性はゼロではありません。
なぜかというと、性病の中には、潜伏期間が異様に長い性病も存在するからです。
その代表格はエイズですが、エイズの場合は感染してから発病するまでに数年の潜伏期間がある事も珍しくありません。

援交は1回限りの単発の関係が多いので危険

援助交際は1回限りの関係が多いのです。
そのため男性は、相手の女性に対して何の責任を持つ事もありません。
お金を払っている分好き放題するという感じです。

例えば男性としては、ゴムをつけるよりも生でセックスをした方が気持ちがいいのです。
そのため生でセックスをしたいけれど、ゴムをつけないという事は避妊をしないという事でもあります。
結婚をして、子どもも望んでいる場合であれば、避妊をしなくても問題はありませんが、恋人とのセックスでは、恋人を大事に思っているからこそ男性はキチンと避妊をします。

ですが先ほども言いましたが、援助交際の場合は1回限りの関係で、その後はもう二度と会う事もない相手です。
しかも、妊娠をしたとしても援助交際で不特定多数の相手とセックスをしているわけですから、誰の子を妊娠したのか特定も出来ないはずです。そのため自分が責任を取る必要がなく、生でしてもいいだろうなんて思ってしまう訳です。

一応、相手への言い訳としては、中出しはしないで、射精をする時は外に出すから大丈夫。
そんなふうに言っているのかもしれません。

ですが、男性なら分かると思いますが、中出ししないと思っていても、やっている時はイク事しか考えていません。
そのためちょっと中で出してしまって、途中から外で出したり、そもそも挿入行為をしている最中には射精を耐えている時にも我慢汁が出ています。これだって精液みたいなものですから、我慢汁でも妊娠する可能性はあるのです。
つまり中出ししないから大丈夫という男性の言葉は全然大丈夫ではないという事を援助交際をする女性は知らなければいけません。

そもそもゴムは避妊のためだめの道具ではなく、性病予防のための道具でもあります。なので、不特定多数の相手とセックする援助交際ほどゴムは絶対に使用する必要があるのです。

援交で妊娠したらどうなる?

援助交際では女子高生は、避妊に対して非常に無頓着です。
妊娠に知識に関しては、避妊具であるコンドームを使わなかったら妊娠をする可能性がある事ぐらい小学生でも知っている事です。

女子高生で妊娠しても、当然出産なんて出来ませんし、そもそも恋人でもない1回限りのセックスの相手の援助交際の男性の子なんて産みたいなんて思うわけがありません。
妊娠したら困る事ぐらい分かっているのに、どうしてキチンと避妊をしない女子高生がこんなにたくさん存在するのでしょうか?

それは生でしても大丈夫だったという経験があるからです。
妊娠は排卵日にセックスをしなければ妊娠しません。
つまり、妊娠する可能性は月に数日しかないのです。

それ以外の日は生でセックスをしても妊娠はしません。
ですが別に基礎体温をつけて、いつが安全日でいつが危険日なのか把握しているわけではありません。

生でして大丈夫だったから、これからも大丈夫だろう、と根拠のない自信があるだけです。
ですが、危険日に生ですれば妊娠をする可能性は十分にあります。
生理がこなくなり、おかしい、どうしようと思っている間にどんどん時間は経過してしまいます。
ある女子高生は、全く産む予定はないのに、妊娠し、だけど産婦人科に行くのが怖いからと行くのを先延ばしした結果、中絶出来ない時期にまで突入してしまいました。また中絶する場合にも相手の署名が必要ですし、未成年なら保護者の承諾も必要となります。

それらが揃えられないという人もいるかもしれません。
中絶の手術は以前と比べると安全性は高くなりましたが、100%安全な手術ではありません。
中絶が原因で、妊娠しずらい身体になる可能性もあります。
援助交際をする事を勧めるわけではありませんが、もし援助交際をする場合には、絶対に避妊をするようにして下さい。

援交でヤバい人と出会ってしまったら

出会い系サイトでは基本的にネットの出会いが主流になるでしょう。
女性は男性を選ぶ時に、なるべく紳士的で常識があり、優し人を選びたい。
そんなふうに思うかもしれません。
ですが、援助交際の場合はメールのやり取りも必要最低限のやり取りしかしません。
それだけで、相手がどんな人なのか、この人とセックスをしても安全なのか判断するのは極めて難しいと言えるでしょう。

そもそも犯罪者が捕まると、近所の人はインタビューで、挨拶もろくにしないし、陰鬱で何か犯罪を犯すと思っていたと答えるケースもありますが、多くは、あの人が犯罪を犯すなんて信じられないと答えるケースも多いですよね。
犯罪者がいかにも犯罪を犯しそうなら分かりやすくていいですが、善良な市民のフリが上手な犯罪者もたくさんいます。
人には表の顔と裏の顔があり、全くの別人というケースも少なくありません。

では、この人なら大丈夫、そう思って出会った人がヤバい人だと分かった場合、どうすればいいのでしょうか?
とにかく、逃げる事が先決です。

報酬金額をもらっていないとか、逃げて警察に駆け込んだら、援助交際をしている事実がバレてしまうとかそんなのはどうでもいいのです。とにかく、まずは自分の命の安全性を確保する事が何よりも最優先するべき事だからです。
女子高生の場合は援助交際をした場合でも、警察に逮捕される事はありません。

学校に関しては、校則が厳しい学校の場合は退学になる可能性はありますが、それでも学校を退学したからといって人生が終わるわけではありません。高卒認定の資格を取れば、大学受験にチャレンジする事は可能ですし、近所で援助交際が噂になってしまったら、大学進学を機に上京する事だって可能です。まだまだ全然人生をやり直す事は可能ですから、援助交際でヤバい人と出会ったら、とにかく全力で逃げる事を考えて下さい。

神待ちサイトでセックスをしない男性は本当にいい人?

神待ちサイトとは、家出少女が食べるモノや寝る場所を求めて利用するサイトの事です。
いつの時代も親や社会に反発し、家出をする少女は存在します。
そして今の時代は神待ちサイトにより、お金がなくても助けてくれる男性を探し、家出が長期化する傾向があります。

この場合、セフレとは異なり、家出少女は決してセックスをしたい訳ではありません。
ですが、食事代やホテル代を確保するために、自分の身体を差し出すというわけです。

つまりギブアンドテイクな関係だと言えますが、ではこの男性が食事や寝る場所を与えてくれてセックスを要求してこなかったらどう思いますか?無償で助けてくれるなんて本当に神様のような男性も存在するんだ、下心なしで神待ちサイトを利用する男性もいるんだと驚くでしょう。

確かに、食事や寝る場所は与えてくれるけど、セックスはしなくていいよと言われたら、家出少女としては負担なく欲しいものが与えられる状態で嬉しいと感じるでしょう。
ではそこに、こんな条件が加わるとどうでしょうか?
でも泊まる代わりに、家の事をしてね。

この場合、男性は1人暮らしで、家の事とは、食事を作ったり、掃除をしたりする事です。
まぁ、それでもセックスをするよりは、家の事をする方がいいとその条件を飲む家出少女も少なくありません。
ですが、それって家政婦のような事をやらされているわけです。

それで得られるのが食事と寝る場所だとしたら、これも一種のギブアンドテイクな関係だと言えるでしょう。
一見親切に見える男性ですが、実はこの男性の方が強かなのかもしれません。
下心なんてないと見せかけて、ちゃっかり家事をさせ、親しくなった頃に、美味しく身体も頂くつもりでしょう。
そうでなきゃ、神待ちサイトを利用するわけがありませんよね。

援交サイトですぐに出会えることはまずないと考えるべき

援交サイトは、確かに出会いのチャンスがたくさんありますし、そういう意味では凄く魅力的な場所だと言えます。
ただ、ここで1つ勘違いしてはいけないのが、決してすぐにでも出会えるというわけではないことです。

基本的に援交サイト内では、誰もが他人同士なわけですから、全く相手のことを知らない状態なわけです。
その状況から出会いにまで繋げるためには、かなりの信頼関係を築かないといけないのです。

まして、ネット上でのやり取りでは、相手の顔も声も一切分からないわけですから、より出会いに対する不安も大きいわけです。
そうなれば、ますます信頼関係を築くには時間がかかりますし、相当なコミュニケーションを取らないといけないのです。

したがって、相手にアプローチをして反応があったからといって、すぐに出会えるわけではないのです。
そこで出会いを求めてもほぼ確実に断られるので、失敗に終わるのがオチなのです。

人によっては、1年以上の時間を費やして、ようやく出会えたという人もいるのです。
仮に信頼関係を築けたとしても、100%絶対に出会えるとも限りませんし、自分がそう思っているだけで相手もそう思っているとは限らないのです。

ですから、何度も何度も失敗をして、ようやく出会いのチャンスを手にしたという人はたくさんいるのです。
むしろ、ほんの一二ヶ月で出会えたという人の方が稀であり、大多数の人はそれなりの時間を費やしているのです。

援交サイトだからと言って、そう自分の都合よくいくわけではありませんし、成功したいなら努力をしなければならないのです。

常に援交サイトで相手を探しておくことが重要

もし援交サイトで女性と出会えれば、そこで援交サイトの役目は終わりと考える人もいるかもしれません。
しかし、もし相手と出会うことができたとしても、援交サイトはまだまだ活用すべきだと言えます。

もし女性と出会えても、自分の好みではない可能性もありますし、理想とはまるで違うというパターンもあるわけです。
そうなれば、また新しい相手を探すことになるわけですから、引き続き援交サイトにはお世話になるわけです。

さて、ここで重要になってくるのは、最初に出会った女性と別れてから、新しく相手を探し始めるようでは、あまりに非効率的だと言えます。
次の相手とは、もしかしたら半年や1年以上出会えない可能性もあるわけですから、それを繰り返すようではいくら時間があっても足りないのです。

したがって、もし1人の女性と出会うことができたとしても、引き続き別の相手を探す作業も並行して行わないといけないのです。
そうすることで、もしその女性と別れることになったとしても、すぐに別の女性と出会うことが可能になるのです。

場合によっては、一度に複数の女性とやり取りをしたり、ほぼ同時に2人の女性と出会うといったことも必要になるでしょう。
少し浮気をしているような気分になるので、罪悪感を持ってしまうかもしれませんが、気にすることはありません。
少なくとも、正式に恋愛関係を結ぶまでは、何人の女性とやり取りしようが付き合おうが構わないわけですから、常にチャンスは作っておくべきなのです。

それに、相手の女性もいろんな男性とやり取りをしているはずですから、お互い様だと言えるわけです。

援交サイトでメッセージの返信をもらっても自分が本命とは限らない

もし援交サイトで女性から返信をもらえたら、とても嬉しい気分になると思います。
ただ、ここで油断してはいけないのが、返信をもらったからと言って必ずしも自分が本命とは限らないのです。

女性によっては、ファーストメールをくれた男性を最初から1人に絞るのではなく、何人かに返信をすることも多いのです。
中には、全ての男性にとりあえず返信をする女性もおり、そこから少しずつ絞り込んでいくのです。

つまり、返信をもらえて浮かれていると、すぐに候補から外されてしまうかもしれないのです。
なので、ここからが本当の勝負だと気を引き締めて、最後の1人になれるように努めていくようにしましょう。

では、一体どうすれば女性の最有力候補になれるのでしょうか。
まず、最も大事なことは他のライバル男性から一歩抜け出すことです。

そのためには、他の男性以上に女性としっかりとメールのやり取りをして、中身の濃いメールを書くことが大事なのです。
ありきたりな無難なメールではなく、面白味を感じられるようなメールを書くことによって、女性の関心を自分に惹きつけることができるのです。

大抵の男性は、女性に嫌われたくない思いから、どうしても無難で形式化したメールを送ってしまいがちなのです。
しかし、それでは女性の印象を良くすることはできず、最終的には候補から脱落してしまうことになるのです。

それだったら、失敗しても構いませんから、自分なりに工夫をしたオリジナリティ溢れるメールを書いた方がいいのです。
それでダメだったら、また次を目指せばいいわけですし、消極的になってしまってはダメなのです。

援交掲示板や援交サイトの写メの可愛いは信用出来ない

援助交際をする際にプロフィールの写メを見て、相手を選ぶという男性も少なくないでしょう。
19歳で凄く可愛い写メの女性がいて、1週間のメールのやり取りをした後に会う事になりました。
メールのやり取りの内容も10代らしくキャピキャピとした雰囲気だったそうです。
男性は会う事をとても楽しみにしていて、待ち合わせ場所で、待っていると声をかけられました。
その声も可愛かったので、期待して振り返ると、そこには写メとは全然別人の女性がいました。

写メではくっきりと大きかった二重の目はどこにもなく、どう若く見積もっても10代には見えません。
つまりその女性は、写メで可愛く見えるように加工を施し、さらに年齢を詐称していたのです。

完璧に騙された。こんな子とセックスはしたくない。
男性は内心ではそう思いました。
ですが、男性は気が弱く、女性を前にして、面と向かってセックスは無理だからなんて断る勇気がありません。
結局その女性とホテルへ行き、セックスをして、お金を払う事になりました。

全然自分の好みではない、ブスで若くもない女性を相手にお金を払ってセックスをしている自分がすごく情けなくなりました。
それでもまだセックスのテクニックがあれば、救われたのですが、セックスも全然よくなく、よくこのレベルで援助交際をしているなと思ってしまいました。完全にハズレを引いてしまった感じです。

ですが残念ながらこれが特殊なケースではなく、ネットの世界では出会い系サイトも写メの加工や年齢の詐称はよく行われる事です。
そのため、もし援助交際で騙されたと思うような相手が待ち合わせ場所に来た場合、断る勇気を持ちましょう。
わざわざ待ち合わせの場所まで来たのに、約束が違うなどと女性が不満を口にした場合は、交通費だけ負担をし、そっちこそ顔が全然違っているし、年齢も誤魔化している事を問いただせば、相手はそれ以上の反論は出来ないでしょう。

援交相手の女性が19歳なのは犯罪?それとも違うのか?理解しよう!

援交をする時には未成年者には注意せよということが言われています。未成年者に対して援交をしていることが分かったのであれば、場合によっては警察につかまるということがあります。犯罪行為になりますので逮捕されるということも十分にあります。未成年者とは言っても18歳未満とそれ以外とでは大きく異なることがあるかもしれません。実際にそれ以外に当たる19歳の女性と援交するのは犯罪?なのかどうかについても詳しく解説していきます。

18歳未満の女性の登録を禁止している

援交をする時による利用しているツールとして出会い系サイトがあります。大手の出会い系サイトであれば18歳未満の女性については登録することができない仕様になっています。別の言い方をすれば18歳以上の女性については登録することができますので、そういう女性と援交をするのは別に構わないということです。しかし、18歳以上であっても高校生の場合は登録をすることができません。

高校生を除く18歳以上の女性に関しては、年齢がきちんと18歳以上であるのかどうかを証明しないといけないです。18歳以上であることを証明するために、運転免許証や保険証、パスポート、学生証などの身分証明書を使用します。年齢が証明できる何らかのものを提示しないといけません。

出会い系サイトを使っているから援交は確実というわけでは無い

出会い系サイトを使用しているのであれば、確実に年齢認証ができるのかというとそういう訳ではありません。年齢を証明する身分証明書を年上の家族のものに詐称することも十分にあり得ますので、年齢が怪しい女性と援交をするということであれば、十分に注意する必要があります。

出会い系サイトを利用したとしても、いくらでも年齢における抜け道はあるということです。だから、出会い系サイトを利用したとしても、女性の年齢については十分に注意をしないといけないです。年齢確認をしっかりしないといけないことは代わりがありません。

18歳未満かどうかはSNSを使っていると全然わからない

出会い系サイトであれば疑わしいことはあるかもしれませんが、それでも年齢認証を行っているだけましです。しかし、SNSでtwitterをメインで援交女性を探すのであれば、なんぼでも詐称をすることができるはずです。JCやJKと呼ばれる学生が普通に援交を募集しているケースも普通にあります。SNSを利用して援交相手を探す場合には、18歳未満でないかどうか気を付けるしかありません。

援デリ業者が18歳未満の女性を斡旋している

18歳未満の女性であっても援交をしてお金をゲットしたいと思っていますので、そういう女性に対して援交を斡旋する援デリ業者が狙っているということです。援デリ業者が18歳未満の女性を斡旋することによって、そういう女性であっても援交ができるようにしています。男性との交渉については業者が代行し、18歳未満の女性は待ち合わせ場所にいて援交するだけでいいということです。

18歳未満の女性に援交するのはNG

男性が援交をする時に注意をしないといけないのが18歳未満の女性です。18歳未満の女性と援交を誘う書き込みがあったり、そういう援交を実際にしたりするということになると、場合によっては警察沙汰になることがあります。確かにばれなければいいということではありますが、仮にばれてしまった時には警察に行かなければいけないことになるので、もしかすると生活に支障が出るケースが出てくるでしょう。

援交によって逮捕されるともなるととても恥ずかしい思いをするかもしれませんし、社会的な地位が低下するということにもなりかねません。職場に警察官が来て逮捕されるともなると、会社にもいられなくなり、辞職しないといけない状態に追い込まれます。もし既婚者であれば、奥さんや子供から三行半を突きつけられることもあり得るというわけです。社会的に制裁を受けるということになるので、注意をしないといけません。

18歳未満の女性でもお金をもらいたい

女性にしても18歳未満であれば援交をしてはいけないということを知っています。ただ、それを知ってか知らずか18歳未満であっても援交募集をしているケースは後を絶ちません。出会い系サイトよりもSNSでそれが活発に行われています。18歳未満の女性の場合は補導の対象になりますが、警察に逮捕されるケースは少ないです。

援交をやると男性からお金がもらえるんだなということが分かっていますので、どうにかして援交をしたいと思っています。どうにかする手段の一つとして年齢詐称をしたり、援デリ業者に登録するということをするわけです。援デリ業者の斡旋によって18歳未満の女性と男性の援交を実現しています。お金をどうしても貰いたいが故に援交に手を染めるということです。

援交は脅しの道具に使われたりする

男性としては18歳未満の女性と援交をすることは法律違反のために逮捕されるということです。実際に18歳未満の女性が警察に駆け込めば、普通に逮捕に至る可能性は高いです。男性の事情もしっかりと聞かれることにはなりますが、女性がいろいろと援交のことについて伝えるのであれば、おそらく女性の意見が採用されることになります。

18歳未満の女性と援交をするということ自体が犯罪に該当しますので、悪い女性であれば男性に対して脅してくる可能性があります。18歳未満の女性と援交をしたこと自体が後ろめたいことですから、そういう女性が脅したとしたら、男性は素直に要求を呑んでしまうことになるでしょう。その時に金銭を要求されたりすれば、もうたまったものではないでしょう。

女性が行うであろう脅迫行為は本来なら警察に被害届を出せば、女性のほうが捕まる可能性があるわけですが、しかし、男性がやっている援交がかなり後ろめたいですので、素直に被害届を出すことはできません。警察に駆け込んで女性が援交の事実を伝えることによって、男性が逮捕される恐れがあるので、そう簡単にはいきません。

援交を誘うやり取りをしただけでもNG

実際に18歳未満の女性と援交をするのはNGだということは知っているかもしれませんが、それ以前の援交を誘うやり取りを男性側がしただけでも実はNGなのです。メールなどのやり取りだけなら大丈夫だろうと思っているかもしれませんが、それもダメだということです。メールのやり取りだけでも十分な証拠になりますので、女性がそれを行ったことを認めれば、逮捕される恐れがあります。

18歳未満の女性と援交をしてもばれる可能性は高い

18歳未満の女性と仮に援交をしたとしてもばれないのではないかと思うかもしれません。お互い後ろめたいことがあるでしょうから、お互いが秘密にするということも十分にあり得ることです。しかし、公開されている情報から援交をしているということがばれる可能性がありますので注意しないといけません。すぐにはばれなくても数週間後や数か月後にばれることも良くあります。

援デリ業者の摘発からばれるということがあり得ます。援デリ業者は未成年者の援交を斡旋している業者で、こういう業者も普通に捕まる可能性がありますので、実際に逮捕されて過去のメールやtwitter、LINEなどのやり取りから男性と18歳未満の女性と援交しているという事実が発覚します。援デリ業者の逮捕をきっかけにして援交がばれるケースがあるということです。

援交に走る18歳未満の女性というのは、学校などであまり馴染めていないケースが多いです。悪い仲間たちとつるんで援交や薬物、タバコ、夜遊び、万引きなどと言ったことをやるので、場合によってはそういうことから警察に補導されることもあります。18歳未満の女性が別のところでトラブルを起こして警察沙汰になったことをきっかけとして、援交に関するやり取りがばれて男性が捕まるということも普通にあります。

「18歳未満だと知らなかった」ことは通用するのか?

援交で捕まる人の多くは18歳未満の女性だと知らなかったという言い訳をよく耳にすることになります。意図して18歳未満の女性と援交をしていたのであればそれはアウトになるのは当然のことです。しかし、19歳の女性だと思っていたけれども、実は17歳のJKだったという場合には、果たして犯罪?なのか気になるところです。

18歳未満だと分からなかった場合は罪に問われない

原則として18歳未満だと分からなかった場合には、警察から事情を聞かれたとしても、不起訴処分もしくは無罪になることが多いです。その際には18歳未満だと分からなかった理由を明確にする必要があります。援交に応じた経緯などをこと細かく話す必要があります。それによって男性側に落ち度がないなという時には、不起訴処分もしくは無罪になる可能性がありますが、そんなに件数は多くないというのがネックになります。

未必の故意があれば罪に問われることもある

援交で問われる罪に関しては故意犯であり、18歳未満であるという認識があったのかどうかというのが、罪に問われるポイントになります。もしかしたら18歳未満かもしれないが、それでもいいという未必の故意についても罪に問われる可能性があります。18歳未満だと直接的に言わなかったとしても、高校の制服を着ているとか見た目から見てどう考えても18歳未満だろうという場合であっても同様に言えます。

実際のところ、18歳未満だと知らなかったということが通用しないことが多いです。大抵の場合は未必の故意がある可能性が高いからです。本当に18歳未満だと知らなかったというのであれば、弁護士に依頼してそこのところを立証してもらうということを行ったほうがいいでしょう。

援交サイトTOPに戻る

19歳は援交をしても犯罪?にならないのか

18歳未満の女性であれば援交をした途端に、男性が捕まるということが十分にあり得るわけです。しかし、18歳以上の女性ということになると援交をした途端に、男性が捕まるということが十分にあり得るのかどうか気になるところです。

禁止の対象ではあるが、処罰はされない

18歳以上の女性と援交をするというのは基本的には禁止されていることです。しかし、それを行っていたからと言って処罰されることはほとんどありません。それはなぜかというと、なんぼでも言い逃れができるからです。18歳未満の女性は法律で守られているからこそ、援交で捕まることが十分にありますが、18歳以上の場合は援交だけで処罰されるということは少ないでしょう。

高校生はNGに該当する

18歳以上であっても高校生と援交をした場合には法律違反に該当しますので、処罰されるということも十分にあります。19歳の高校生というのもたまにいますので、19歳だからと言ってもすべての人がOKというわけでは無い点に注意してください。

年齢確認をしっかりと行う

未成年者の援交を取り巻く環境はとても厳しくなっていますので、男性としては警察沙汰にならないためにも、18歳未満の女性と援交をやるというのは絶対に止めましょう。ばれないからいいというのではなく、絶対に止めておいたほうが自分の身のためです。

17歳なのか18歳なのか19歳なのかということを、見た目だけで簡単に見分けがつくとは思えませんので、ちょっとでも怪しいなという場合には年齢確認をしっかりと行ったほうがいいです。年齢確認をしてから援交をしたのであれば、運悪く18歳未満であってもまだ救いがあるかもしれないからです。

単刀直入に「今何歳?」と尋ねるのもデリカシーが無い行為になるので、聞き方も多少は工夫をしましょう。「18歳未満ではないよね?」という感じで確認するような感じで聞くと女性の方も答えやすくなるのでしょう。20代以上の女性であっても見た目が幼い人もいますので、ちょっと怪しいなと思うような人であれば年齢を尋ねた方が身のためです。19歳と書かれてあったとしても、未成年者ですので年齢確認は怠らないようにします。

援交で一番危険なのが法律違反によって逮捕される恐れがあるからだ

男性が援交を行う上で一番注意をしないといけないことは、18歳未満の女性です。18歳未満の女性と援交をするといくつかの法律を根拠にして逮捕されるということが起こり得ます。援交を行う際には18歳未満(18歳以上の高校生も含む)か18歳以上かによって分水嶺があるという風に思っておいてください。ここでは援交において注意しないと危険になる法律について解説し、逮捕された後にどうなるのかということも併せて解説していきます。

出会い系サイト規制法とは出会い系サイト側と利用者双方に対して規制

出会い系サイト規制法とは、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」の略になります。出会い系サイトに対して規制をすることにより、18歳未満の女性を守るということです。法律の趣旨としては出会い系サイトに対して規制するという意味合いが強いですが、その利用者に対しても規制する内容がありますので、場合によっては出会い系サイト規制法が根拠となって逮捕される可能性もあります。

18歳未満の女性は利用することができない

出会い系サイトとしては法律の規制を受けることになりますので、18歳未満の女性について利用することができないです。18歳未満の女性について利用することができない様に、年齢認証を取り入れています。運転免許証やパスポートなどの身分証明書を使って年齢認証を受けないと登録できないような仕様になっています。別の言い方で、年齢認証が無い出会い系サイトは危険性が高いのと共に、法律違反になるということです。

出会い系サイトでは何かと規制が強まっているということもあって、使い勝手が良くないということもあり、最近では自由にツイートすることができるtwitter上で援交相手を探すということが増えてきています。twitterであれば年齢認証せずに援交相手を探すことができますので、twitterの利用がどんどん増えてきているのが現状です。

18歳未満の女性に援交を誘うことは法律違反

出会い系サイト規制法においては利用者に対しても規制をしています。具体的には男性が18歳未満の女性に対して、援交を誘うようなコメントをすることは禁止です。援交どころの話では無く、性交渉を誘うようなコメントについても禁止です。逆に、18歳以上の女性が男性を同じ様に誘うことも禁止ということになります。これらのことには100万円以下の罰金に科せられ、18歳未満においても同様になります。

こういう禁止事項があるからこそ、18歳未満の女性に限らずどういう人においても直接的に援助交際募集ということはできないです。援交を実際に行ったかどうかを問わず、出会い系サイトでのメッセージに記載したことだけでも罰金に科せられます。

児童売春・児童ポルノ処罰法は実際に援交をした時に問われる法律

出会い系サイト規制法は出会い系サイトを利用した際に事業者や利用者に対して規制をする法律です。この法律では実際に18歳未満の女性と援交をやった時に法律違反に問うことはできません。ここで、18歳未満の女性と援交をした時に罪に問われる法律根拠として、児童売春・児童ポルノ処罰法があります。児童売春・児童ポルノ処罰法は「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」の略です。

18歳未満の女性に対して援交をやってはいけないというのは、児童売春・児童ポルノ処罰法に問われるからです。5年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金になるので、思ったよりも重いということが分かるのではないでしょうか。逮捕や実刑ということになると、社会的な制裁を受けることにもなるので、かなり重い罪だということが言えます。

18歳未満だと知らない場合でも罪に問われる可能性がある

児童売春・児童ポルノ処罰法における児童買春というのは、18歳未満の女性に対してお金を払って性的な行為をした場合に罪に問われるということです。性的な行為にはセックスだけでなく、手コキやフェラ、足コキなどのプレイについても含まれると言えます。お金を実際に支払っていない場合であっても、支払う約束をした場合でも罪に問われます。

この児童買春で一番の論点になるのは18歳未満の女性であるのかどうかです。18歳未満の女性と援交をしたということを男性が認識しているのであれば罪に問えると言えますが、18歳未満の女性だと分からなかった場合が問題で、セーフになる場合もある反面、アウトになることもあるということです。

もしかすると18歳未満ではないかと感じた場合やコスプレではなく実在している高校の制服を着ている場合などについては、アウトになる可能性があり、罪に問われる可能性があります。身分証で18歳以上だと確認したが、実際にはそれは偽造されていたことが分かれば、女性側がだましたことになり罪に問われずにセーフになる可能性が高いです。

初犯であれば罰金刑で済むことが多い

児童買春に問われた時に、有罪になったということであっても、初犯であればおそらく略式起訴による罰金刑で済む可能性があります。初犯で反省している態度を示すことができるのであれば、お金を払うだけで済むということです。身柄を拘束される期間が短くなりますので、お金さえ払えば罪を償ったということに該当します。

しかし、罰金刑は無罪ではありませんので、きちんと前科がつくということになります。罰金刑がついたということでもしかすると社会的な制裁を受けることもあるかもしれません。今後再び援交をやるということであれば、罰金刑では済まず、懲役刑の可能性が出てきますので、気を付けるに越したことはありません。

援交サイトTOPに戻る

相手方と示談が成立していれば不起訴になる可能性がある

男性方が悪いということを認めるということであれば、18歳未満の女性とその両親と示談交渉をするということを考えてもいいでしょう。示談が成立することになれば、相手に対して示談金を支払うことにはなりますが、不起訴になる可能性が高くなりますし、不起訴にならないとしても略式起訴の罰金刑で済みます。

示談がしたいということで相手方と連絡をする手段を持っているのであれば、そのまま交渉を行うのがいいでしょうが、交渉にこぎつけるまでとても難しいです。仮に18歳未満の女性と出会った時に再び援交をするということも可能性としてあるからです。なかなか自分たちだけで示談に持って行くのは難しいですし、警察が素直に相手方の連絡先を教えてくれる訳でも有りません。

示談交渉を行うのであれば、弁護士に依頼するのがいいでしょう。弁護士に依頼するとお金がかかるというデメリットがありますが、それでも解決に向けて前向きな話し合いになる可能性がありますので、弁護士の力を借りた方がいいです。相手方となかなか会えなくても、粘り強く交渉のテーブルについてもらうように反省の気持ちを持ち続けることにより、会ってくれるということも十分にあります。

児童買春には時効がある

児童買春については時効がありますが、刑事と民事とで年数が異なりますので、そこのところは注意してください。時効があるから、いつまでたってもびくびくすることは無くなるということです。児童買春においては被害者はあくまで18歳未満の女性だということは忘れないようにしたほうがいいです。

刑事で言えば、検察官が公訴を提起する期限が時効になり、それは5年間ということです。18歳未満の女性と援交をしてしまったのであれば、少なくとも5年間は逮捕される可能性があるということを意味しています。

民事で言えば、損害賠償請求をする期限が時効に該当し、それは3年間ということです。3年間は18歳未満の女性並びにその両親から損害賠償請求を受ける危険性があるということになるので、注意を要します。

売春防止法は文字通り売春を防ぐための法律

援交をするということは売春をしていることに他ならないために、売春防止法違反に該当します。女性型にしても男性側にしても売春をする側にもされる側にもなってはいけないということです。ただ、実際に大人同士の援交については法律違反になるけれども、見過ごされているグレーゾーンということになります。

違法だが罰則が無いので放置状態になっている

売春防止法第3条で売春の禁止ということを謳っているわけですが、それでも援交が全然止まらないのは売春防止法が罰則規定が無いからです。罰則規定が無いために、未だに援交が行われている理由になります。女性がなぜ売春をするのかというとお金に困っているという側面がありますので、売春する人自体を処罰していません。

売春する人を処罰していないのであれば、その相手である男性についても処罰されないということです。しかし、別の法律で18歳未満の女性との援交については処罰される可能性があるということです。18歳以上の女性と援交をする行為に関してはグレーゾーンに該当しますので、今のところはとがめられることは無いでしょう。

青少年保護育成条例は都道府県によって内容が異なる

青少年保護育成条例により、青少年を保護するという目的で禁止されていることがあります。深夜帯にボーリングや映画館、ネットカフェに行くことを禁止したり、みだらな性交渉をすることも禁止しています。18歳未満の女性との援交については児童売春・児童ポルノ処罰法で禁止されている児童買春に該当しますが、お金のやり取りが無い性行為については児童買春に該当しませんので、処罰規定は一切ありません。

そこで、18歳未満の女性と結婚を前提としない性行為をしているということであれば、青少年保護育成条例により2年以下の懲役または100万円以下の罰金に科せられます。この処罰については東京都の例になりますが、青少年保護育成条例は都道府県によって内容や処罰規定について異なることがありますので、十分に注意する必要があります。

援交サイトTOPに戻る

援交により逮捕された場合にどうなるか

児童売春・児童ポルノ処罰法の児童買春に該当して男性が逮捕されるということがあります。逮捕された後は警察での取り調べを受けて、逮捕から48時間以内に地検に身柄を送検されます。地検に到着したら検察官による取り調べを受けて裁判所に対して勾留請求するのかどうかが決まるということです。勾留決定されるまでは弁護士以外の人との面会はできません。

勾留が決定した後に本格的な取り調べを行うということになり、素直に罪を認めているならばそれほど厳しいこと無く順調に進むと言ってもいいです。しかし、援交をやっていないというように否認するようであれば相当取り調べは厳しいと言ってもいいでしょう。特に否認を求めるのであれば、弁護士の力を借りた方がいいです。弁護士のアドバイスほど助けになるものはありません。

勾留というのは身柄を拘束するということになります。罪を起こしたことが疑われますので、証拠隠滅などの可能性があるために、勾留施設に拘束するということです。勾留は決して自由が効くというわけではありませんので、辛い取り調べを受けながらも、規制を受けながら生活をするということになります。

勾留決定後の取り調べにより、検察官が起訴するか起訴しないのかというのが決まります。起訴するのであれば、これから裁判の日取りが決まり、裁判によって判決が下されます。起訴しないということであれば、不起訴ということで前科がつくということは一切ありません。

裁判を行ったとしても、起訴内容を概ね認めているということであれば、1回または2回の裁判で決着がつきます。そんなに重い罪になるということも少ないでしょう。ただ、裁判で徹底的に争うということであれば、裁判が長引く可能性がありますので、相当時間がかかるということを覚悟しなければいけません。いろいろと制限がかかることにもなりますので、なるべくならば逮捕されないようにしたほうがいいということです。

[記事公開日]2019/07/30

人妻と援交を行うなら女性として接することがおすすめ!相場が若干安いのもメリットだ!

援交サイト

人妻を相手に援交を行う人というのは、一般的には熟女好きの人が多いのではないでしょうか。30代以上の女性を相手にしていることが多いので、20代に比べると相場としては下がりがちにはなりますが、人妻のほうがいいという男性も中に・・・

自宅で行う援交の相場は具体的なプレイ代と交通費だけでいいので比較的安く済ますことが可能

援交サイト

援交を行う時に男性の自宅で行うということもあるでしょうし、女性の自宅で行うということもあるでしょう。どちらにしても自宅で援交をやるということはメリットもある反面、デメリットもありますので、もしそういう計画を立てているので・・・

援交において野外プレイはアブノーマル!プレイの相場はその分だけ若干高くなりがち

援交サイト

援交において何らかのプレイをするのであれば、ラブホテルなどの密室で行われることが多いです。二人っきりの空間でお互いにプレイを交わすのが楽しいでしょうから、そういう空間で行うことが多いと言ってもいいです。ただ、密室では飽き・・・

シングルマザーの援交の相場は安いのか?おすすめは長期的な関係を結んでくれる女性

援交サイト

シングルマザーとは離婚などで一人で子育てをしている女性のことを言います。シングルマザーの経済状況はとても厳しく、そういう中で子供を育てないといけないです。経済状況が厳しい中で援交を行っている人もいますが、実際のところは足・・・

フェイスブックを使った援交相手の探し方は友人同士のつながりから探すのが基本

援交サイト

人によってはフェイスブックを利用して援交相手を探している人もいるのではないでしょうか。ファイスブックを日頃から利用している人がいるならば、そこから探したいと思う人もいるはずです。そういう相手を探す時にはファイスブックの特・・・

ページの先頭へ