Pocket

SNSの中でも活発にやり取りが行われているのがtwitterではないでしょうか。特に若い人を中心としていろいろなメッセージのやり取りが行われています。メッセージのやり取りの中でも男女の出会いを求めるものもありますので、もしかすると援交相手を探すという用途でも利用できる可能性は十分にあるでしょう。ここではどのようにしてtwitterを使った援交相手の探し方やその注意点などについて説明していきます。

援交募集をしていることが明確に分かる

出会い系サイトでは露骨に援交募集と書くことができませんので、多少ぼかした形で書いてあったり、隠語を使って表したりすることになります。しかし、twitterはコミュニケーションツールになりますので、特定のワードについてツイート禁止ということは一切ありません。援助交際や援交などのキーワードを使ってめぼしい異性を探すことが容易にできます。

ハッシュタグを検索すると相手が見つかりやすい

twitter上で援交募集をしているということであれば、大抵の場合ハッシュタグをつけて#援交募集や#援助募集などというキーワードを付けています。ハッシュタグをつけてキーワードを付けることによって、そのリンクをたどればキーワードを付けている人が一覧表示されます。例えば、#援交募集のリンクをたどれば、そういうキーワードを付けた人が一覧表示されますので、その中から条件に合いそうな人に対して、DMを送ればいいということです。

直接的に記載をしていれば分かりやすいのでいいですが、その他にも出会い系サイトで見られる隠語を使っているケースもあります。#円とか#縁というのは援助交際の「援」を別の文字に置き換えた隠語です。#縁募集や#円募集という形で記載されることもあるでしょう。その他には#サポートみたいな形の隠語を使っている女性もいます。これはお金をサポートしてほしいという意味で充てられているワードでしょう。

ハッシュタグ自体に援交の条件を記載する女性も中にはいます。条件が書かれてあったとしてもtwitterでは140字という制限がありますので、簡潔にしか書けないということになります。ハッシュタグで住んでいる地域をキーワードをして付けたりする人もいるでしょうし、簡単な条件やNGな条件などを書いてあることもあります。

男性が援交相手を募集することもできる

援交相手を探すと言えば男性だけでなく、女性であっても別に構わないです。男性がtwitter上で援交を募集するということでも利用しています。援交相手を募集するのであれば、いろいろな異性に検索してもらわなければいけませんので、ハッシュタグをつけて検索されやすいようにすることも忘れないようにしてください。

男性の方から仕掛けることができるというのは使い勝手がいいでしょう。今から援交相手の女性を募集する時にtwitterで素早く投稿をすれば、すぐに相手からDMが来たり、RTされたりしますので、そこで条件をすり合わせて成立するのであれば、すぐに出会うことができます。素早く出会いを求める際にtwitterは十分な効果があります。

対象者をきちんと探す必要がある

確かに#援交募集などのハッシュタグをたどれば多くの人が募集をしていることは十分に分かりますが、男性も同様に投稿していたりもしますので、異性をフィルタリングする必要があります。女性を探したいのであれば、女性をしっかりと探すようにしてください。援交にいち早く結び付けたいでしょうから、きちんと対象者を見つけましょう。

裏垢を作ったほうがいい

twitterを利用する時には1つのアカウントを使っているでしょう。1つのアカウントで十分足りるわけですが、援交をしていることをばれたくないのであれば、裏垢と言って別のアカウントを作ることをおすすめします。裏垢を作ることによって別のアカウントで援交を行うことができます。アカウントを切り替える手間が増えますが、複数のアカウントを使い分けることで、本アカウントに影響なく援交を行えるのはメリットです。

裏垢を作るのは難しくない

裏垢を作るのであれば、メインのアカウントをいったんログアウトして、新規にアカウントを作成します。まずは電話番号認証を行った後で、メールアドレスを入力してください。メールアドレスはメインのアカウントに登録したものとは別のものにする必要があります。メールアドレスが足りないならgmailのようなフリーメールを利用してください。

名前については後からでも変更することができますので、とりあえず何らかの名前を入力したらそれで裏垢を作ることができます。以上見てきたように電話番号とメールアドレス、名前さえ入力すれば作れますので、援交用に1つ裏垢を作ってみてはいかがでしょうか。ただし、裏垢が1つでは足りないという場合には、複数作ることができますが、その分だけ新しいメールアドレスを用意することが求められます。

本垢と裏垢は結び付けられないようにしたい

せっかく援交用のアカウントである裏垢を作成したわけですから、裏垢は裏垢だけで閉じておくということが重要になります。本垢と関連付けるようなことは決してしないほうがいいです。本垢と結びついて人たちに対して怪しまれる結果になりかねないです。裏でこんなことをしていたんだという感じで引かれる可能性がありますので、注意はしたほうがいいでしょう。

アカウントの切り替えをする必要がある

twitterを利用するのであれば、現在どのアカウントで利用しているのかということを区別しておかなければいけません。間違えて本垢で援交募集をしてしまうと、投稿はずっと残ってまずいなということにもなりかねませんので、どのアカウントを利用しているのかはっきりさせましょう。

いくつもアカウントを持っているといちいち切り替える必要がありますので、面倒くさいというのはデメリットになります。本垢が一番利用する時間が多いでしょうから、これをスマホで利用することにして、裏垢については援交する時しか使わないということであれば、パソコンでしか利用しないという風に使い分けをすることをおすすめします。

無料で援交相手が探せる

twitterのシステムを使って援交相手を探すことができますので、何よりも無料で検索ができますし、DMやRTができるわけですですから、何よりもありがたいと言えます。男女とも無料で利用することができますので、出会い系サイトでお金を使うよりもまだ利用価値が高いと言えます。出会いに特化したシステムではありませんが、twitter上で活発にメッセージのやり取りが行われていますので、うまく使えば援交相手が見つけるでしょう。

1人の女性が援交募集を出したのであれば、複数人の男性がその人に向けてDMを送ってくるということが良くあります。出会い系サイトに比べるとはるかにユーザー数が多いわけですから、twitterを監視していれば募集している女性が意外といることに気づくのではないでしょうか。

出会い系サイトの規制が強まっている

出会い系サイトを使って見ると意外と規制が強いということが分かるのではないかと思います。援交募集が直接的にできなかったり、年齢認証が必要になったりするなど、どんどん規制が強まっているなという印象を受けます。規制が強まっているとだんだん出会い系サイトよりも、無料で使えるtwitterを利用しようという気にもなります。

twitterで援交募集は意外と簡単にできますので、若い人を中心に出会い系サイトからtwitterに移行している傾向があるので、twitterを駆使した探し方を模索していく必要があります。twitterの使い方に熟知していくことが求められてくるでしょう。使い方を熟知していったほうが効率よく援交相手を見つけることに繋がってくるからです。

レスポンスが何よりも早い

twitterがどのSNSに比べて優れているところというのは、自由なところもありますが、それだけでなくレスポンスが何よりも早いというところにあります。レスポンスが早いと援交相手を探してから数時間後にセックスをすることができるということを示します。twitterのやり取りは長文である必要がありませんので、すぐに投稿できますし、すぐに返信を送ることも可能です。

援交募集のハッシュタグを検索してみれば、すぐに募集している人を見つけることができますから、気に入った人に対してすぐにレスポンスを返すことができます。DMのやり取りを何回かしていけば、実際に会おうということになりやすいですので、早速援交を楽しむことができるということです。すぐに援交を楽しみたいのであれば、twitterはおすすめな方法です。

無料で探せるのが男性はありがたい

出会い系サイト出れば、メッセージを女性に送るだけでもお金がかかりますので、たくさん活動をしようと思えばそれだけお金がかかるということになります。お金のことを気にしながら利用をしていかなければいけないです。それに対して、twitterであればお金のことを考えずとも、援交相手を探すことができるのでそういう点では安心できる状況です。

援交相手を即効探そうと思っていても、お金のことを気にせずとも気兼ねなく探すことができるので、即効性が合って無料というのは男性にとってはありがたいでしょう。男性であればtwitterを有効活用して無料で相手を探せばいいです。お金を出したからと言って援交相手が見つけるとも限りません。お金を出さずとも多くの女性が援交相手を募集しているので、twitterを有効活用したほうが無料で探せていいでしょう。

規制が強まってきているので注意をしたい

twitterは自由に援交相手を探すことができるという意味でSNSの中であれば一番有効です。しかし、近年ではtwitterにまつわるトラブルなども起こってきていますので、自由であるが故に慎重に使って行かなければいけなくなっています。ここではどういう点に注意しなければいけないのかについて解説していきます。

身バレに十分注意したい

twitter上で援交募集をしているわけですが、公開している情報については誰でも閲覧することができます。援交相手を探すのであれば、男性が女性の情報を見ることもできますし、その逆の女性が男性の情報を見ることができます。公開されている情報を見てちょっと怪しそうだなということであれば、拒否することができるわけです。

公開されている情報から検索をすることができますので、そこから裏垢と本垢の関連が見つかったりすることもあります。特に写真を出しているならば、そういう関連が見つかりやすいので十分に気を付ける必要があります。公開されている情報から個人情報がばらされるということもありますので、注意を要します。

警察にも公開されている

twitterというのは非公開設定にしていない限り、不特定多数が情報を閲覧することができます。不特定多数というのは援交相手ということもあり得ますし、悪さをしようとしている業者だけでなく、警察も含まれます。警察がパトロールの一環でtwitterのツイートをチェックしているということも十分にありますが、それは未然に犯罪を防ぐためでもあるということです。

アカウント凍結の可能性がある

twitterの運営では最近援助交際に関するツイートに関して取り締まりを行っています。援助交際に関わっているということが分かれば、運営からアカウント凍結が行われることがあります。アカウントが凍結されたら、そのアカウントは使用出来なくなり、解除することもできなくなるということです。

アカウント凍結を受ければ、再び新しいアカウントを取得する必要があり、面倒くさいことになるでしょう。凍結したアカウントを解除してほしければ運営に対して解除申請を行う必要があります。解除申請をするのも同じように面倒くさい手続きが必要になります。