Pocket

援交掲示板などで見てみるとフェラのみという条件が示されていたりします。フェラとは女性が男性の性器を咥えるプレイです。このプレイ自体は手コキ夜はハードになりますが、本番行為は行っていないため、プレイの相場としては真ん中ぐらいと言ったところです。今回はフェラにおけるプレイの楽しさや注意点を含めた全体的な事情について解説した後で、金銭的な相場について言及していきます。

フェラをやる人はどういう女性が多いのか?

フェラは性的なプレイの中では真ん中に位置するものになり、男性としては積極的にやりたがるものではなく、女性がフェラを要求するからそれに応じるということが多いのではないでしょうか。そこでなぜ女性はフェラを要求するのでしょうか。

本番行為は絶対に嫌であるから

なぜ女性がフェラを求めるのかというと、絶対に本番行為に応じたくないからです。本番行為に応じることができないのであれば、その分だけ援交をしたとしてもお金を稼ぐことはできなくなります。手コキではそれほど稼げるわけではありませんので、手コキよりは相場が多少高くなるフェラまでであればまだいいのではないかということで、応じてしまうという背景があります。

本番行為を伴わない援交のことをプチ援交と言ったりしますが、プリ援交に留まってもいいという場合は、フェラまでということになります。プチ援交というキーワードが出てきたら、おそらく本番行為にまでは応じてもらえないという可能性が高いです。しつこく本番行為のことを言ってくると、フェラすらできなくなる可能性があるので注意を要します。

本番行為をどうしてもしたくないという女性に関してはあまりしつこく要求しないほうがいいです。要求したが故に交渉が決裂するということも十分にあります。本番行為を要求するのもいいですが、応じてもらえ無さそうだなという場合には、素直にフェラを楽しんだほうがお互いに楽しくなるでしょう。

女性側のオプションとして本番行為も入っている

最初はフェラをするつもりでお互い行くわけですが、フェラをし終わった後に女性側がオプションとして本番行為について交渉してくることがあります。フェラでは物足りなそうな男性の顔を見て、本番行為を要求してくることがあります。一回してもらった後ですから、男性側としても冷静な判断ができないだろうということで、本番行為をお願いされることがあるということです。

女性側があと10,000円追加してくれたら、本番行為に応じるという要求をしてきたときに、男性は本番行為がしたいでしょうから、思わず応じてしまうということになるでしょう。ここで男性側が拒否するとは思えませんので、そういう男性側の心理を付いた交渉術を見せる女性がいます。こういう交渉術を見せる女性はいわば援助交際のプロとしてお金を稼いでいるに違いありません。

事前に条件を詰めておいたほうがいい

フェラに対するイメージは男女で違いがあります。男性の場合は風俗店でやるフェラをイメージして、相手の女性に要求することがありますが、女性は風俗店に行くことがありませんので、どういう感じでやるのかということがいまいちイメージできていないことがあります。男女間で満足いくプレイを行うためにも、お互いに条件を詰めておくことをおすすめします。

コンドームの有無を確認する

男性の場合はフェラと言ったら、生でやるというイメージになりますが、女性が思い描くフェラは生ではなくコンドーム付きであることが多いです。女性がいきなり生でやると言われた時に抵抗を示すことも考えられるので、コンドームの有無を確認したほうがいいでしょう。トラブル防止のために男性側から積極的に女性に尋ねることです。

コンドームの有無というのは当然援交の相場にも関わってきます。コンドーム無しであれば、有りに比べて女性に負担感がありますので、多少はお金を弾んでも構わないと言えます。男性にとってはお金の支払いにも関わってきますので、コンドームの有無は必ず確認しておくポイントです。

女性の体に触れるのはOKなのか確認する

フェラは男性器を女性に咥えてもらうというプレイになりますので、女性がプレイにおいて気持ちよくさせられるのかというのがポイントになります。気持ちよくなりたいからと言って、安易に女性のおっぱいなどに触れるということは嫌われたりします。女性によってはどの部位は触ってもいいですが、どの部位は触ってはいけないというのが決まっていることが多いです。それを確認しておかなければいけないです。

触れてほしくないところについては一切触れないというのが望ましいことになります。気持ちよくなるために、女性のどこかに触れたいという気持ちがあるのは確かなことです。どの部分ならば触ってもいいのかということについて確認した方がより気持ちよくなってきます。

オプションのために多少はお金を持って行く

実際にフェラだけを行うような援交の契約であっても、追加オプションをお願いされたり、逆にお願いしたりするということも十分にあり得ます。ファラだけの契約額しか持って行かないとなると、追加で楽しむことができるオプションを実行できなくなりますので、気持ちよくなるチャンスを失うことになるということです。本番行為ができるチャンスを逃がすことになればもったいないことです。

事前に決まっていないことをプレイとして追加をするのであれば、実際にその場で交渉をする必要が出てきます。交渉をしようと思った時にお金が無いとなると盛り上がりに欠けます。盛り上がったままプレイをしたいと思っていますので、盛り上がったままのノリで交渉をしたいのに、その時にお金が無いのはもったいないことです。

男性側が本番行為をお金で釣ることもできる

フェラまでということを最初から決めている女性であれば、本番行為を要求したとしてもそれに乗ってくれる可能性は低いでしょう。しかし、本番行為をしてもいいかなと思っている女性であれば、ダメ元で交渉してみるのもアリです。交渉する時にタダでは難しいので、お金を積んで交渉をしてみるのもいいのではないでしょうか。

もしかするとお金で釣ることによりフェラだけでなく本番行為もしてくれるという可能性があります。お金で釣るのであれば、援交におけるフェラに対する費用にプラスして3,000円から5,000円程度を支払えばいいでしょう。お金で乗って来そうにないのであれば、フェラだけ済ませて関係を続けるのが無難です。嫌々迫っては逆効果になりかねませんので、十分に注意します。

フェラを行う場所は

フェラは1時間以内で済ませることができるということがありますので、わざわざホテルにまで行く必要はありません。ホテルに行くまでもなくいろいろな場所で行うことができます。どこでやるのかということについて男性側がきっちりリードをして決めるといいのではないでしょうか。男性側が主導権を握りたいなら、積極的に場所を決めてください。

車の中で行うことが多い

都会の人同士であれば車を持っていないということもあるのでこの方法がやれないですが、田舎であれば1人1台は車を持っていると言われていますので、十分に車を使ってフェラを行うことが可能です。前方の座席ではいろいろと狭かったりしますので、後方座席を利用してやるのが広く使えていいです。

車でやるということになると、人目がつきにくい無料の駐車場がいいのではないでしょうか。車の中は周りの人から見ると、意外に見えそうで見えない場所だと言えます。無料で行うことができるという意味においては、お得な場所になるのではないでしょうか。女性の送り迎えとしても利用できますので、一石二鳥です。

ネットカフェやカラオケボックスで行う

車であれば無料で済みますが、車が無い場合には野外のどこかにするか、お金を払ってまでも個室になれる場所を探すかという選択になります。野外よりは個室になれる場所を選択するのであれば、ネットカフェやカラオケボックスを選択するということになるでしょう。お金を払わないといけないですが、ホテルに比べると安価で済みますので、そういう点では負担が軽いと言えます。

ネットカフェやカラオケボックスを利用する際には、周りの人の迷惑にならない様に行う必要があり、もし迷惑をかけることになったら退去させられる可能性があります。フェラを行うのであれば、サッと済ませるような感じでやることです。とにかく個室になれるような場所を探すのであればこういうところでも大丈夫ですので、やるならば迷惑にならないようにしてください。

野外の隠れたところで行う

個室になれるような場所でお金を出したくないのであれば、野外の隠れたところを探してフェラをやるしかありません。野外の隠れた場所といえば、ビル影や非常階段、公衆トイレなどになりますが、多くの人に見つかりにくい場所をきちんと選定しないといけないです。女性は野外でやるのかというだけで引いてしまうことになるので、男性のほうがきちんと安心安全な場所だということを示すべきです。

警察や多くの人にばれることなくやることができれば、ホテル代などがいらずに安上がりです。外でフェラをやりますので、興奮度は高いのではないでしょうか。開放的な気持ちでやることができるという意味においては、好ましい場所だと言えます。もしかしたら見られるかもしれないというスリルを味わうこともできますので、そこそこ楽しめるシチュエーションになります。

フェラの相場は5,000円から10,000円程度になる

援交においてフェラを選ぶのであれば、相場としては5,000円から10,000円程度になるのではないでしょうか。本番でも構わないという人に比べるともらえる額は少ないですが、手コキのみに比べるともらえる額は多少多くなるということです。そこそこの負担でそこそこの金額がもらえるというプレイになります。

20代のほうが相場は高い傾向にある

フェラをお願いする人というのは、本番行為をそもそも嫌がっている人が多いです。そのため、フェラであってもそこそこ高い金額を要求することがあります。そこそこ高い金額を要求するとはいっても、10,000円を超えて12,000円以上になるということはまずありません。本番行為とフェラとでは金額に釣り合いが取れないことになるからです。

20代の女性の場合は比較的強気に出ることがありますので、特にルックスレベルが高い子の場合は値切ることは難しいと言わざるを得ません。値切ったところで交渉終了になる可能性すらあるからです。素人のかわいい子やしっかりしている子ほどしっかりしていてルックスレベルが高いですので、フェラだけであっても満足する可能性は高くなります。

20代のそこそこのルックスレベルの女性であれば8,000円から10,000円と言ったところになります。それぐらい出したとしても十分におつりが来ると言ってもいいくらいです。さらに追加するということであれば、もう少し出してあげることによって応じてくれる可能性があります。

30代以上になると20代ほどは金額は出せない

30代以上になるとよっぽどの熟女好きでない限り、20代ほどの金額を出すことは難しいと言わざるを得ません。フェラだけで済ませようとなると男性としても渋る可能性があります。そのため、20台よりも相場は低くなるということになるでしょう。具体的な相場としては5,000円から8,000円と言ったところで、ルックスレベルなどに応じて上下することになります。

30代以上の女性ともなると経験を積んでいるということもあって、フェラであっても十分に気持ちいいでしょう。そういう女性に当たることができれば、フェラだけであっても満足することになります。30代以上になるとオプションでいろいろと要求してみるのも悪くなく、比較的お金を出すと20代に比べると応じてくれる割合は高くなります。