Pocket

車を使って援交を行うというのは、男性のテリトリーで活動を行うことになりますが、女性にとってはそれなりにリスクを生じることになります。男性にとっては大いにメリットがありますが、女性にとってはメリットもあるかもしれませんが、デメリットも同時に生じますので、断られる可能性があるということを知っておいたほうがいいです。車で援交をする時に注意するべきことと援交の相場について詳しく解説をしていきます。

車での援交がどうして成り立つのか?

車で援交をするというのは決して日常空間で行われることでは無いでしょう。ただ、そういう日常空間から離れた形で援交を行うということがいいと思う人もいるはずです。車であれば適度に密室になりやすいけれども、周りからのぞき見される可能性も決してゼロではありません。そういうスリリングな場所でセックスを行うことができるということ自体が面白いと思うこともあります。

ホテル代を節約したい

プチ援交のニーズがある時に、わざわざホテルに入らなくてもいいのではないかと思うはずです。ホテルに入ることが無いのであれば、どこかで密室に近い状態を作ることができればいいですが、それにピッタリな場所として車内があります。車内であれば手コキやフェラなどであれば十分に耐えることができるでしょうから、ちょっとした場所を作るのに適しています。

本番行為をする時であってもわざわざホテルに行かなくてもいいということであれば、どこを選びやすいのかというと車内ということになるでしょう。男性であればホテル代を浮かせることができますし、女性であれば仮にホテル代が浮いたのであれば、その分だけプレイにかけるお金を増やしてほしいと考えるはずです。双方のニーズが合っている時に、車での援交が選ばれやすいです。

自分のテリトリーに持ち込みやすい

男性としてはせっかくお金を出すわけですから、自分のテリトリーを大事にしながら援交をやっていきたいという風に思うのではないでしょうか。特に自分の車であればどういう機能があって、どういう持ち物を備えているのかと言ったことがすぐに分かります。自分の持ち物だからこそ、せっかくなら自分が主導権を持って女性をリードしたいという風に思うわけです。

自分の車で援交をやるということですので、これは自分の庭と言ってもいいです。自分の好きな環境で楽しくセックスをやることができるのであれば、これは気を遣わずに済むということになります。例え女性からドタキャンをされたとしても、車に乗ってそのまま家に帰ればいいだけですので、別に負担になるということはありません。

短時間で終わらせることができる

車で援交をやるとはいっても、車内がそれほど広いというわけではありませんので、ラブホテルなどのように自由気ままにやるということはできないはずです。車内でシャワーなどを浴びることができないですので、衛生的にどうなのか問題はありますが、短時間勝負であれば車内で十分だと言えます。手コキやフェラだけでなく、本番であっても60分以内で完了させることもできるでしょう。

短時間で終わらせることができるというのは、別の人との掛け持ちというのも十分に可能になります。もしかすると別の異性と2回戦や3回戦などということもあり得ます。忙しい時間を効率的に使う上でも車内での援交はアリです。

見えそうで見えないところにスリルを感じる

車を使って援交をするという場合には、なるべく人目に付かないような場所に駐車して行うというのが一般的です。人目に付かない場所を探したとしても、完全に密室になれるというわけではありませんので、もしかすると相手に見られる可能性をゼロにすることはできません。しかし、もしかすると他人に見られるのではないかというスリルを味わいたい性癖を持っている女性も中にはいますので、そういう女性にとってはたまらない刺激です。

露出狂の女性というのもたまにいますが、そういう女性は野外でやるとか、車でやるというようなプレイが好きなことが多いでしょう。そういう女性と交渉をした時に、車で援助交際を行うという選択がしやすいです。男性も車でやりたいという要望があれば、両想いになって車での援交に結びつきやすいでしょう。

女性にとっては車での援交がデメリットに思うことがある

男性にとっては何にしても使い勝手がいい車の中で援交が行えるというのは何よりもいいことだと感じるわけですが、女性の場合は一概に言えないところがあるということです。もしかすると、車での援交に応じてくれないということもあります。男性もなぜ女性が車での援交を好まないのかということについて知っておいたほうがいいです。

誘拐されるリスクがある

車で援交をする時に、男性に誘拐されるという可能性が捨てきれないです。都会から山奥に放り出されるということになると、困ってことにもなりかねません。田舎に放り出された時には何もできないということにもなるでしょう。その時にスマホを持っていれば誰かに来てもらえるということもありますが、スマホまでどこかで捨てられた場合には何もできないです。

女性にとっては男性の車というのはリスクが高いと言えます。完全に男性のテリトリー内で活動を行うわけですので、逃げ場がないということにもなります。誘拐のリスクを抱えたままで男性の車で援交をやるというのはとても怖いと言わざるを得ません。

車のナンバーを確認してから乗り込む

女性が車で援交をやる時に心掛けてほしいのが、相手の車のナンバーを控えておくということです。車のナンバーを控えていれば、もし犯罪まがいなことが起きたとしても、このナンバーを届け出ることができれば、ナンバーから男性が特定出来たりします。女性がリスクヘッジをするために男性の車のナンバーを控えるというのは必要不可欠なことです。

女性は男性の車に乗り込むこと自体を恐れている

援交をする時に車で送り迎えをするということはよくあります。送り迎えをするのはいいですが、男性の車でそういうことをしてくれることについて、女性は恐れている人がいます。特に男性の車でひどい目に遭った女性は特に車での援交をNGとしているケースがあるということです。

車での援交をどうしてもしたいのであれば、女性がどう思うのかということを気遣うようにしてください。怖い思いをしないのかどうか不安感を持っているということを男性がしっかりと把握すれば、どのようにして誘えばいいのかということが分かるのではないでしょうか。

どういう場所で行えばいいのか?

車を使って援交を行うのであれば、どういう場所で行えばいいのかということについて迷うことがあるのではないでしょうか。車ですからどこでも移動することはできるはずですので、移動しながら適当な頃合な場所を探すということになります。車で援交を行うわけですので、ある程度駐車ができるスペースを探すということになるでしょう。

駐車スペースがあったとしても、頻繁に人が通るような場所であれば見られることになり、全然プレイに集中できないということになりますので、目立たない駐車スペースに止めるということがポイントになってきます。車で援交を行うということがあらかじめ決まっているのであれば、夜にどの駐車場であればいいのか下見をしてみてもいいでしょう。

無料で駐車できるスペース

車で駐車するのであれば、無料で止められるところがいいのではないでしょうか。駐車場代がかからないというのは何よりもいいところです。無料で駐車できるスペースというと公園や公共施設の駐車場ということになりますが、あまり人通りが少ないような場所であればよりリアルな感じになるのではないでしょうか。

ただし、公園や公共施設の駐車場は夜になると閉まってしまう可能性がありますので、駐車できないということがあります。無料で駐車できて、援交ができやすい場所というのは意外と少ないと感じるのではないでしょうか。

ショッピングセンターの立体駐車場

ショッピングセンターの中には平面駐車場と共に、立体駐車場があるところもあります。平面駐車場でいざ援交をやろうと思っていても、周りの人にのぞかれる可能性がありますので、さすがにできないのではないでしょうか。平面駐車場ではやれないでしょうから、立体駐車場を利用するのがおすすめです。

立体駐車場であれば、平面駐車場に比べると薄暗くて周りを見渡すことができないので、それほど目立たずに援交を楽しむことが可能です。特に出入り口から離れた奥側に駐車をすればあまり周りにのぞかれるということは少なくなります。

街中のコインパーキング

街中にはコインパーキングがありますので、車を駐車したいということであれば、いつでも利用することができます。24時間利用することができますので、夜中から援交をやるという時であってもコインパーキングを利用すればいいということです。夜中であればコインパーキングでも利用する人が少ないでしょうから、じっくりと時間を使って援交をすることができるでしょう。

コインパーキングを利用する時には、利用時間に応じてお金を支払わなければいけませんが、ホテルやネットカフェ、カラオケボックスなどを利用するよりもはるかに安い値段で使うことができます。費用負担が安価で済みますので、利用価値は高いと言えます。

車を使った援交で注意するべきこと

車を使った援交では注意をしておいたほうがいいことがあります。車を使うからこそ気を付けていかなければいけないことがあるということです。もしかすると知らないことがあるかもしれませんので、事前に知っておいたほうがいいでしょう。

車を汚されないようにしたい

車でやる時に本番行為をやるのであれば、液体が飛び散るということも十分にあり得ることです。液体が飛び散った時にそのまま座席についてしまうというのは、汚れたままになってしまいにおいが充満することにもなります。もし本番行為などを行うならば座席にバスタオルやタオルケットなどを敷いて、もしそれ以上に飛び散った時にはウエットティッシュで拭き取りましょう。

完全に隠すならサンシェードを持参しておく

完全に窓からのぞかれるのを嫌だというのであれば、サンシェードをあらかじめ持参するのがいいです。フロントガラスやドアガラスなどにサンシェードを利用すると周囲から除かれる恐れが少なくなります。完全に密室状態で援交をやることができるということです。

路上駐車による通報には気を付ける

場合によっては路上駐車をしてしまうということもあるかもしれませんが、そのことによって警察に通報されないように十分に気を付けてください。路上駐車をするくらいならば、どこかの駐車場を利用したほうがはるかにましです。

相場は本来のプレイとそれほど変わりが無い

車内で援交によるプレイを行うとはいっても、本来のプレイに応じた値段とそれほど変わりがあるというわけではありません。男性にとっては女性の送り迎えをする必要があるとはいっても、ホテル代がかかりませんので安上がりになる可能性は十分にあります。

車内によるプレイは本番行為だけでなく、プチ援交でも利用することになりますので、プレイによって支払うお金は違うのは当然のことです。車内における援交の相場として、手コキだけであればせいぜい5,000円程度、フェラで5,000円から10,000円程度、本番行為込みであれば15,000円から20,000円程度になります。車内であってもそれほど相場は変わらないということです。

車で援交をやるからと言って特別に高くなったり安くなったりするということは一切ありません。車というシチュエーションが別に特別なものというわけではありませんので、その分での多寡は無いということです。お金がもらえる決め手はプレイ内容に依存するということです。プレイ内容がハードになればなるほどお金を払う必要が出てきます。