Pocket

援交を行う時に男性の自宅で行うということもあるでしょうし、女性の自宅で行うということもあるでしょう。どちらにしても自宅で援交をやるということはメリットもある反面、デメリットもありますので、もしそういう計画を立てているのであれば、十分に理解しておくことをおすすめします。自宅で援交をやるメリットとデメリットについて紹介しながら、具体的な相場についても紹介していきます。

男性の自宅で行うメリットは

男性の自宅で援交を行うということも考えられます。どうしても自宅がいいというのであれば、女性に同意を取ったうえで行うようにしてください。女性としては唐突に男性の自宅に行こうという気にはなりませんので、どういう風にして自宅に誘うのかということを考える必要があります。男性側としてはメリットがあるわけですが、それは女性側にとってもいいことなのかということを検討してみる価値はあるでしょう。

ホテル代の節約になる

女性と援交をするのであれば、ラブホテルで行うということになりますが、ラブホテルに行くならば男性が宿泊代や休憩代などを支払う必要があります。そういう代金を支払うのに何のためらいもないのであれば、ホテルを使ったものでも構わないわけですが、そこでためらうということであれば男性の自宅に連れていくということが手っ取り早いです。

自宅であれば、せいぜい女性に対して車を出したり、交通費を出したりするだけでいいので、節約にもつながります。節約してまで女性と援交がしたいということであれば、男性の自宅に誘うということもいいのではないでしょうか。

移動の手間を省く

女性と付き合うという場合にはあれこれとデートをしてからセックスをするというのが王道パターンになりますが、デートに至る部分もすべてカットをしたいのであれば、車などで自宅に移動しながらあれこれと話した後、自宅でセックスをするということも可能です。何よりも移動の手間を省きたいということで自宅で援交をするということです。

都会であれば、近距離にホテルやらデートスポットやらレストランなどがありますので、それほど移動に時間を要さないということがあります。しかし、田舎になると車が無いとそういうスポットに行くことはできませんし、こういう場所に行くために距離が相当離れていたりします。遠距離を移動するくらいなら、自宅に誘ったほうが手っ取り早いということで、自宅に連れ込むということも十分にあり得ることです。

男性のペースで援交をすることが可能

自宅というのは自分のテリトリーに女性を連れ込んだということになりますので、どう考えても男性のペースで援交に至ることになります。男性のペースでやることができると、自信を持ってプレイをすることができ、女性を満足させることにもつながるということです。男性が自信を持ってやることができれば、女性としても頼もしいと感じることがあります。

自分のペースで何よりも援交をやっていきたいということであれば、自宅に誘うという考え方もあるでしょう。どのようにして女性を気持ちよくさせるのかということに至るまで自分で決めたいということであれば、他の場所よりは自分で主導権が握れる自宅というのもアリです。

男性の自宅で行うデメリットは

男性の自宅で行うメリットは以上の通りですが、デメリットも同様にあるということを把握する必要があります。場合によっては男女間のトラブルが起こりやすいということも言えますので、本当に自宅に招いていいのかどうかということを良く考えるようにしてください。

交通費を含めなければいけない

ホテル代の節約のために男性の自宅で援交を行うという名目がありますが、男性の自宅に行くわけですからそのための交通費を出してあげる必要が出てきます。交通費をもらわずにわざわざ男性のテリトリーに入りたいという風には思わないはずです。援交として行うプレイに加えて、交通費についても出してあげなければいけませんので、もしかするとホテルに行ったほうが安上がりになる可能性すらあります。

交通費を支払うとはいっても、実費を支払うということは少ないでしょう。実際に470円かかったから、そのまま実費として470円を交通費として支払うということは無いはずです。どの周辺に住んでいるのかということから、実費よりももっと多くの金額を男性として出すのではないでしょうか。470円しかかからないにしても、実際には2,000円前後は出しているケースは多いでしょう。

交通費を支払いたくないということであれば、男性側が女性側に対して車で送り迎えをしないといけなくなります。車で送り迎えをしてくれるのであれば、せいぜいかかったとしてもガソリン代ぐらいになりますので、実際に交通費を支払うよりも安上がりになる可能性は高いです。ただし、車を持っていない人にとっては難しいことになります。

男性の個人情報がばれる恐れがある

男性の自宅に女性を連れていくということですので、住所がどのあたりなのかということが分かるということでもありますし、何らかの書類があったならば住所だけでなく氏名までもばれるということもあります。個人情報を悪用される恐れの女性をうっかり家に入れてしまうと、まずいという状況に陥ることがあるので、そこのところは注意してください。

男性の個人情報がばれる恐れがあるということは、決していいことではありません。お互いが多少仲良くなったのであればいいですが、まだそこまでの関係ではないという場合には、女性が悪さをするという可能性も捨てきれませんので、性に溺れることなく冷静な判断が必要になってきます。何らかのトラブルに遭いたくないならば、まだ女性の素性が分からないうちは家に入れないほうがいいです。

女性が応じてくれない可能性がある

女性は男性の家に行くということについて警戒心を持っています。男性の家に行って襲われるというリスクを抱える状態になりますので、安易にその手を使ってしまうと援交が失敗するということになります。援交に応じてもらえないのであれば、それはまずいことになりますので、応じてもらえるまで付き合い続けた方がいいです。

援交でお金をもらいたいと思っている女性であっても、男性の家に行くこと自体がNGと思っている人がいます。そういう女性に当たった場合は、自宅という選択肢を消してホテルなどで援交をやるということを考えましょう。女性に自宅に行ってもいいという風に思わせるようにしてからでも遅くありません。

お互いが仲良くなってから家に連れて行くのはいい

初回に出会ってすぐの状態で男性が家に連れていくというのはあまり好ましいことではありません。男性としてはとても楽だから自分のテリトリー内で済ませようとするかもしれませんが、女性としてはそれが決していいことではないということです。まだお互いのことを知らない状態で家に行くということはあり得ないということになります。まだ関係が浅い状態で家に行くことについてはいろいろと問題があるので、男性としても簡単に済ませるべきではありません。

女性が男性の家に行くことに抵抗が無い状態にするべき

お互いのことが知らない状態では男性の家に行きたいという風には思わないでしょうから、男性側が女性側に対して襲う可能性が無いということを言動で証明していかなければいけません。男性が危なくないよということを行動で示す必要があるということです。女性も男性がこれだけ言うのだから、信用してもいいのかなという風に思わせなければいけないです。女性側の信用が勝ち取れて初めて、自宅に招くということが可能になります。

女性を信用できるかどうか見極める

女性が別に男性の自宅に来てもいいと思っていても、その女性が信用できるのかどうかを見極めなければいけません。信用できない女性をうっかり家に招いてしまうと、個人情報を悪用されたり、必要以上に男性を利用したり、金品を盗まれたりするということにもなりかねないです。男性も自分の身を自分で守らなければいけませんので、怪しい女性に警戒することが求められます。

女性が男性を自宅に招くこともある

援交の場所として女性の方から自分の自宅に指定することもあります。度々そういう指定の仕方を目にすることがありますので、女性の自宅に行けるということでラッキーに感じるかもしれませんが、男性としては一概にラッキーというわけではありません。女性がどういう理由で自宅に招くのかということを知っておかないとトラブルが起きることもあるので注意を要します。

ドタキャンされても別に構わないから

女性がなぜ男性を自宅に招くのかというと、初対面の人を入れたとしても別に構わないという風に思うからです。援交をする時にもしかするとドタキャンされる可能性がありますが、女性が自宅で待ち合わせをしているのならば、自宅でスマホなどをして待っていればいいですし、いつまでも男性が来ないのであれば別に何かをしながら待っていてもいいからです。

女性が街中で待ち合わせをすると時間を潰すのに退屈な思いをすることがありますが、自宅で待っている分においては退屈な思いをせずにしみます。女性が時間を有効利用するために、自宅で待ち合わせをするということがあります。

ハニートラップに注意せよ

普通であれば女性が自ら自宅に男性を招き入れるということは無いと言ってもいいでしょう。しかし、女性が自宅に招きいれようとするということは怪しいと思っておかなければいけません。場合によってはハニートラップにかかるという可能性すらあると言ってもいいです。ハニートラップにかかるとなると下心を持ちすぎている人という印象がありますが、自分から罠にかかるのはみっともないことですので、注意をしたいところです。

ハニートラップで一番怖いのが美人局というものになります。美人局とは女性の自宅に入ったら別の部屋に強面の男が出てきて、金品をゆすってくる行為のことを言います。その女性と強面の男がグルとなって、男性を襲って金品をゆするということです。強面の男から襲われる可能性があれば、金品を思わず渡してしまうのも分かるところです。

ハニートラップを受ける可能性がありそうだなと思うのであれば、進んで女性の自宅にはいかないことが何よりも重要になってきます。怖い思いをしたくないのであれば、女性をしっかりと見極めることがポイントです。

自宅で行う際はプレイにかかる費用だけで済む

本番行為をホテルで行うのであれば、本番行為に対してかかる費用だけでなくホテル代についても負担する必要があります。しかし、自宅で本番行為を行うのであれば、本番行為に対してかかる費用だけでいいということになります。ホテルに行くよりもお金はかからないという特徴がありますので、多少お金を渡すということもできるでしょう。一般的な相場よりも多少高いということもあり得ます。

男性の自宅に行くなら女性に交通費を弾む必要がある

仮に男性の自宅に行くことが決まったのであれば、女性に交通費を支払う必要が出てきます。女性に交通費を支払ってまでも自宅でやりたいのかということについて考える必要がありますので、自宅でやるのが適切なのか見極めるべきです。交通費の支払いでどのくらいなのかによって、ホテルに行ったほうがまだましなのかどうかが決まります。

女性としては値切られる可能性が薄い

女性にとって援交をするということはセックスの後にお金がもらえるということになります。本番行為を行うのであれば一般的には20,000円前後が相場としてあるわけですが、ホテルに行くとなるとその代金のこともあって値切られる可能性が無いとは言えません。しかし、女性の自宅であればホテル代も交通費もかかりませんので、相場よりも値切られることが少なくなります。値切られなければもらえる額は当然増えていきますので、それはうれしいことに該当します。