援交を行いたいのであれば、男性が女性に対してお金の交渉を行う必要があります。お金の交渉とは言っても相場から外れてしまうと、お金をより出さなければいけないことにもなります。できるのであれば相場よりも出したくないのであれば、相場を踏まえた上で交渉をしていくことが求められます。援交の交渉において安くなる方法について解説していきますので、ぜひとも男性の皆さんは参考にしてみてはいかがでしょうか。

相場を把握しながら交渉をする

交渉をしようと思っていても男性も無尽蔵にお金があるというわけではありませんので、女性にどのくらいまでであれば出せるのかということを把握しておかないといけません。このレベルならばどのくらいなら出せるのかということを相場を踏まえて決めておいて、最終的に安くする方法を模索していく必要があります。

年齢に応じてだんだん下がることを理解しよう

年齢ということで言えば、20代前半の女性が一番セックスをしていて気持ちいい可能性がありますし、肌が初々しいということもありますので、相場が高いです。20代後半や30代、40代というように年齢を重ねていくにつれて相場が下がっていくということを理解しましょう。相場が下がってくるということはそれだけ交渉によって安くなる余地があるということです。

相場が下がるということは、30代で相場よりも相当高い値段を吹っ掛けられたとしても、出来る限り安くなるように交渉をすればいいということです。交渉に応じてくれないのであれば、よっぽどいい女性でない限り断ったほうがいいということが言えます。交渉に応じてくれるのであれば、出来る限る安くなるように頑張ってみましょう。交渉で安くしてもらうことができるのであれば、ラッキーだということです。

相場の目安はを知っておくといい

交渉をする時には相場がどのくらいなのかということを把握しておいて、そこから女性のランクやルックスレベルに応じて変えていくということが重要です。一度これで成約した値段というのは下回ったり、逃げたらいけません。プレイの最中に追加でプレイを要求するのは構いませんが、それ以外で変更をするのはやってはいけないことです。

20代女性で本番アリということであれば、15,000円から20,000円というのが相場になります。あとは地域性やルックスレベルなどによって大きく変わってきます。20代前半ということになると20,000円に近い値になり、20代後半になると15,000円に近くなるということです。

プチ援交を求める20代女性で言えば、手コキではせいぜい5,000円ぐらいで、フェラではせいぜい7,000円から10,000円ぐらいになります。これらのプレイは別にハードというわけではありませんので、10,000円を上回るということは絶対にありません。

年齢にサバを読んでくることがあるので注意しよう

男性側としてはできるだけ若い女性に対してお金を出したいと思っています。そのため、20代女性のほうが相場としては高い傾向にあり、年齢が高くなるにつれて下がるというのは言うまでもないことです。20代のほうが相場が高くなるのかというと、1人の女性に対して複数の男性が取り合うことになるので、高い値段でないと援交にまでありつけないからです。競争力が高いので、20代女性は激戦にならざるを得ません。

女性もそういう事情については十分に分かっていますので、本当は35歳だけれども、28歳というようにサバを読んでくることもあります。28歳と35歳であれば相場は変わる可能性がありますので、援交をしたとしてもより高いお金がもらえる可能性があるということです。ルックスレベルが高いのであれば、別に35歳であっても相場以上のお金がもらえることはありますが、ルックスがそれ相応であれば交渉で安くなることもあります。

断るということも考えるべき

援交相手を探したいという下心を持つのはまだいいですが、下心を持ちすぎているのであれば、まともな交渉ができない可能性があります。交渉してみてこれは高すぎるなと思うのであれば、断るということも覚えた方がいいです。高い値段を払うととてももったいないと感じるのではないでしょうか。高いお金を払ってもその女性と性交渉がしたいならまだ分かりますが、そうでないならばお金がもったいないでしょう。

お金がもったいないので、相場よりも相当超えているということであれば断る勇気を持ちましょう。断ることで別の女性を改めて探せばよく、そういう女性はたくさんいるという風に思うと楽です。男性が断ったらこれはまずいということで、女性の方から値を下げることもありますので、そこで交渉を改めて行うというのも可能です。断るという選択肢を捨てないほうがいい交渉ができます。

交渉することは当たり前だと思え!

女性としては援交をお願いするのであれば、高い値段にしてほしいと思っているのに対して、男性としてはできる限り安くしたいという風に思っています。利益が相反することになりますので、交渉によってお互いが納得する値段にしないといけません。そういう意味においては交渉することは当たり前だと思っておいてください。

サッサと決めたいという風に思いがちですが、それに負けてはいけません。女性の言い値で決定してしまうと、相場よりも高い値段になりがちになり、損をしてしまうということにもなりかねません。男性の方も安くする方法について考えているのであれば、交渉をしないわけにはいかないです。

女性に条件を確認する

援交を行うのであれば、お金という条件が普通に付きまといます。お金によって契約を結ぶのかどうかが決まりますので、お金の多寡というのはとても大事なことです。お金の話をする時にいきなり男性から言うのはあまり好ましいことではありません。男性から提示すると値を下げられなくなるので、どんどん女性の希望が上がる可能性があります。そうなると断らざるを得なくなるか、高値で成約するかのどちらかになります。

男性からこういう条件でどうかという風に提示をするのではなく、女性から条件を提示してもらうようにするべきです。女性が条件を提示してもらってから、徐々に安くするなどの交渉をすればいいです。交渉に乗ってくれるのであればそれでいいですが、交渉に応じてくれないのであれば男性はあきらめるかそれで乗るのかを決めるしかなくなります。

女性にあらかじめ条件を尋ねるのは、どういう条件を提示してくれるのかという確認をするためです。女性が援交がしたいという旨の投稿をすると、男性はその投稿を見て応募をする形になりますが、応募の際に女性に対してどういう条件があるのかを尋ねてください。相手に尋ねたら何らかの返信が返ってきますので、それを見て交渉するのかどうかを決めればいいです。

深夜早朝などライバルが少ない時間帯が狙い目

援交相手を探すとなると夜の7時から12時というのがゴールデンタイムになります。このころは女性も活発に募集をかけているわけですし、男性も職場や学校から帰ってくる頃ですので、女性の募集を見ることができる時間帯です。何らかの書き込みに対してリアクションが取りやすい時間帯に該当します。

しかし、深夜12時以降になっても女性の書き込みはありますが、男性のリアクションは落ちてきます。男性のリアクションが落ちてくる日曜日から木曜日の深夜や早朝に関しては、女性もいち早く制約したいと思っていますので、交渉にも乗ってきやすいです。男性のリアクションが落ちてくるということは、男性の競争率が下がるということを意味しています。競争率が下がるので、援交の成功にも繋がりやすくなります。

車での送り迎えで節約する

都会であれば車を持っていない人が多いので、電車などの公共交通機関を利用するというのが一般的になりますが、田舎であれば公共交通機関を使ってもすぐに終電になりますので、車での移動がメインになります。車を利用することによって、深夜や早朝での援交にも応じることが可能です。

車で送迎までしてくれるということになると、場合によってはちょっとした個室になりますので、車の中でプレイをすることも可能です。せっかく送り迎えをしてくれたから多少安くしておこうという気にもなるので、値引き交渉にも利用することが可能になります。車を持っているのであれば、うまい具合に活用するといいのではないでしょうか。

男性側が優位に立つようにする

交渉をする時に女性が優位になってしまうと、安くする交渉は当然できなくなります。安くする方法を模索するのであれば、やはり男性側が優位に立つようにすることしかありません。常に男性側が余裕を持った状態で交渉を進めていくということです。交渉をする時にはお互いがWin-Winになるようにすればいいですので、それを達成するにはどうすればいいのかという視点で考えてください。

お金の支払いに追われている女性を狙う

援交において交渉をする時に安くする方法として挙げるならば、お金の支払いに困っている女性を狙うというのがいいです。スマホ料金やクレジットカードの返済などで困っていて、援交することで返済をしていくということであれば、援交することに優先度が高くなるために、値下げ交渉にも応じてもらいやすいでしょう。

遊ぶためにお金を稼ごうと思うのであれば、別に切迫していませんので、値下げ交渉に応じてもらえない可能性が少なく、そのまま破談することになりやすいです。しかし、切迫している女性であれば、何よりも援交を成立することに注力していますので、多少の値下げ交渉があったとしても成立する可能性は高くなります。

お金で釣るということもアリ

男性のほうが主導権を握って、お金の支払いに追われている女性と援交に持ち込んだのであれば、プレイをもっと過激にしてお金で釣るということが有効です。男性は何とかして女性とセックスまで持ち込みたいという願望がありますので、その中でもっとマニアックなプレイをしてほしいという風に思うわけです。

マニアックなプレイをお願いしたいのであれば、お金で釣るということが一番手っ取り早いです。支払いに切迫しているということは、お金を何よりも手に入れたいという風に思うわけですから、多少マニアックなプレイをしたとしても多少金額がアップするのであれば、応じる可能性は高いです。男性も過激なプレイに応じてくれたということで嬉しいですし、女性も多少金額がアップできて嬉しいはずです。

定期契約を結ぶのもいい

1回きりの関係であっても別に構わないわけですが、お互いの相性が合っているということであれば、定期的に援交相手になるということも可能です。定期的に援交に応じると、男性は相性が合う女性とセックスをしますのでエクスタシーを感じやすいですし、女性は定期的にお小遣いという形で収入を得ることができます。両方ともWin-Winの関係になりますので、出来ればそういう関係を結んだほうがいいです。

2度目以降が安くなる

定期契約を結ぶとなると、1回目に比べて2回目以降はお互いのことを知っているということもあって、多少安くしてくれることがあります。2回目以降は値下げ交渉に応じてくれる可能性が高くなりますので、2回目以降も同じように交渉をするようにしてください。

女性側の心理として1回目から相場よりも低くしてしまうと、変な男性が寄ってくる可能性がありますので、そういうレベルが低い男性をフィルタリングするために、最初は高値で契約をしてもらおうとしています。レベルの高い男性とそうでない男性とでは全然違いますので、女性側としてもレベルの高い男性を求めているということです。

1回目である程度男性がまともだなという場合には、2回目以降は定期契約を結ぶために1回目よりも安くなることがあります。定期契約を結ぶことでお互いにメリットがあるのであれば、2回目以降も同じように援交を行います。