援交において何らかのプレイをするのであれば、ラブホテルなどの密室で行われることが多いです。二人っきりの空間でお互いにプレイを交わすのが楽しいでしょうから、そういう空間で行うことが多いと言ってもいいです。ただ、密室では飽き足らずに野外で何らかのプレイをするという性癖を持つ人もまれにいます。野外プレイを行う際にどういうことに注意をしたほうがいいのかということと、援交として行われる際の相場について詳しく解説いたします。

野外プレイに応じてくれる人はそんなに多くない

援交において野外プレイをしたいと思っている人はかなりアブノーマルと言ってもいいでしょう。そう簡単にそういう性癖がある人が見つけることは難しいです。偶然そういう女性を見つけることができたとしても、相手として選ばれなかったりすることもあります。そこまで至るのに相当ハードルが高い可能性がありますので、我慢強く相手を見つける必要が出てきます。

見ず知らずの男性と女性がアブノーマルなプレイをするということになると、予想以上に警戒心が強いのは無理もありません。お互いに変態願望を満たすためには、男性の信頼感がどうしても欠かせません。信頼感があるということをメールなどのやり取りにおいて示していかなければ、野外プレイに至ることは無いです。

野外プレイに応じてくれる女性を探す

援交において多くの人に見られる可能性があることについて、恥ずかしいと思う人が多いです。ただ、まれに多くの人に見られるシチュエーションに興奮したりする人もいます。実際にはそういう女性はレアになりますので、なかなか応じてくれる女性は少ないと言ってもいいです。都会にいる人であれば遠征することもできるでしょうから、探そうと思えば探すことができますが、それでも数は少ないでしょう。

数人の女性に対して、多くの男性が殺到することが予想されますので、掲示板のチェックは欠かせないです。そういう女性が現れた時にはもう相手が決まっていて、すでに遅いということもあり得ます。どういうタイミングで知り合うのかということもとても重要になってきます。運と言いますかタイミングがとてもカギになるということです。

多くの男性との競合に勝つ

出会い系サイトの場合は少ない女性に対して多くの男性が競合する側面がありますが、野外プレイを行いたい人にとっても競合することは変わりません。ただ、そういうプレイをしたいと思っている女性は少ないはずですので、余計に多くの男性との競合に勝つことが求められます。多くの男性に勝つことで初めて野外プレイをすることが許されるということです。

競合に勝つためには、メールでのコミュニケーションや自己紹介文、画像(写メ)、タイミング、社会的スペックなどが必要になります。女性のほうが選択権がありますので、どういう男性を選ぶのかということを決めることが可能です。女性に選ばれないといつまでたってもそういうプレイにありつけることはできません。

女性に選ばれることが大切

多くの男性の中から選ばれることによって、やっと野外プレイに応じてくれる可能性が出てきます。実際に出会った時に即そういうプレイを行うということでは無く、初回は単なる顔合わせになることも多いです。いきなりそういうプレイにこぎつけることでは無く、実際に出会って相性などを確かめてから、どういうプレイをするのかということを話し合うという流れになります。

男性の立場としては、女性に何よりも選ばれるということが大事になってきます。選ばれないことには何も始まらないと言ってもいいです。選ばれるように何とか頑張ってみるということが重要になりますので、1回フラれたからと言ってあきらめている暇はありません。何度もアタックしてみて何とか勝ち切るということです。

野外プレイをしてくれるように交渉する

最初から野外プレイに応じてくれるような女性ははっきり言ってそういるものではありません。最初からそういう要望を持っている人というのはいないと言ってもいいですが、交渉次第によっては応じてくれる可能性がゼロではないです。野外で行うプレイがどういうものであるのか想像できないので、最初からそういう要望が無いという可能性が高いです。

未知なものに対する不安は誰にもありますが、男性がそこのところを女性にどう説得するのかというのがポイントになってきます。女性にメリットを伝えることができれば、十分に応じてくれる可能性はあります。何回かプレイを重ねていくことによって、次は野外でもやってみるかという風に思わせればいいです。

何よりも見られない安心な場所だと念を押す

野外プレイをやったことが無い女性にとっては、他人から見られる可能性が高いということで敬遠するわけですから、何よりも他人に見られる可能性が低く安心な場所だよということを念押ししてください。場所を決める時には男性が事前に下見をしておくと、もっと確実にいい場所なんだよということをプッシュしやすいです。

野外で行うのであれば、公衆トイレや非常階段、マンションの屋上、墓地、公園で他人の目につかない場所などで行うことをおすすめします。女性側に対して安心してプレイをしてもらえるような場所にするべきです。安心してプレイしてもらえそうな場所であれば、説得に応じてくれる可能性がありますので、そういうところにしたほうがいいです。

逆にNGになりやすいところというのは、廃墟や郊外への連れ出しなどです。完全に人気が無いような場所というのは怖い可能性がありますので、もし何かあった時に逃げ場所が無くなります。逃げ場所が無いという場合は女性にとって怖いと感じやすいですので、結果的にNGになるケースがあります。

初めての女性のほうが初々しい反応を示すからいい

野外プレイをやり慣れている女性の場合は、もう快感でたまらないという感じでプレイを行うわけですが、初々しい女性の場合は恥ずかしさが先に立つことが多いようです。ただ、男性側としては多少恥ずかしがりながらプレイに応じてくれることがもうたまらないという感じです。恥ずかしさを感じる事こそがもう初々しいなと思うわけですので、そういう感覚を味わえるのがいいところになります。

野外プレイの初心者に対して、そういうプレイの楽しさについて教え込むことによって、プレイの楽しさについて感じてもらえればいいということです。未知へのプレイにいざなうことができるというのは大きな喜びになります。到底お金では購入することができない楽しさを提供することに繋がりますので、十分楽しいということです。

恥ずかしさが興奮に代わる

普通の人がなぜ野外プレイをやりたがらないのかというと、多くの人にそういう行為をしていることについて恥ずかしいと思うわけです。恥ずかしさが抜けないからそういうプレイに至らないということですし、もしかしたら警察沙汰になるということもあり得ます。恥ずかしさが先に立つので全然やりたがらないということになります。

なぜ野外プレイをしたがるのかというと、見つかるかどうかという興奮状態がエクスタシーに突入したりします。興奮しているからこそ、もっと性的にも刺激が加わって行き、より楽しくなってくるということに繋がっていきます。普通にセックスするのとでは全然スリルが違ってきますので、普通ではもう物足りなくなっていくということです。

特に女性はエロマンガ的な感覚を感じやすい

男性よりも女性のほうが野外プレイに興奮する割合が高いです。女性のほうがエロに対する想像力がたくましいという側面がありますので、勝手にスリリングな状況を楽しんでいるということがあります。野外セックスについてより興奮するのは女性のことが多いですので、男性としてはどれだけ女性を興奮させる状況にするのかというのがポイントです。

援交みたいな割り切りのセックスをする場合であっても、男性がより女性が興奮してくれると燃えるということがあります。疑似演技ではなく本当に興奮しているのであれば何よりもありがたいと思うでしょう。野外だからこそ興奮する状況になる可能性が高いですので、女性をどれだけ興奮させるのかということに注力してあげてください。

野外だからこその注意点がある

野外で何らかの行為をするということにおいて、密室で行う行為に比べると注意をしないといけないことが多少あります。注意をしないと女性ともども不利益を被ることにもなりかねませんので、男性の方から女性に対して注意をしてあげてください。注意を払うことによって満足してくれる可能性が高まります。

虫刺されに十分気を付けよう!

夏場に野外プレイをするというのであれば、虫刺されに十分に気を付ける必要があります。蚊に刺されることによって集中力が持たなくて、全然感じなかったということがあります。虫刺されによって満足度が下がってしまうのであればもったいないことです。

虫よけスプレーを全身に振り掛けてから肝心のプレイを行うということが何よりもいいでしょう。虫よけスプレーを持参して、入念にそこのところは準備周到で居た方がいいです。あとは蚊に刺されないために、アルコールが含まれているウェットティッシュで足の裏などを拭き取るのも効果的だと言われていますので、ぜひともやってみてください。

逮捕される可能性がある

野外で何らかの性的なプレイをしていた場合には、不審者扱いされるという可能性が高いです。周りから見た時に変なことをしているなということであれば、怖いなと思うのではないでしょうか。そういう姿を子供などに見せたくないと思うでしょうから、警察に通報されることに繋がりやすいです。

確かにスリルがあるということが言えなくもありませんが、露骨に見せるというのは決していいことではありません。警察からも不審者扱いされるということもあって、公然わいせつのために逮捕されるということもあります。もし場所を設定するのであれば、相手から見られにくい場所を探してあげることをおすすめします。

野外プレイをするなら多少お金を弾む必要がある

野外プレイをするのは基本的にアブノーマルなプレイになりますので、多少なりともお金を弾む必要が出てくると言ってもいいです。男性がそういうプレイをしたいとは言っても女性がそういうプレイを望むとは言えないからです。女性がそういうプレイを望んで援交をする人と、そういうプレイを望んでいない状態で援交をする人とでは多少考え方を変える必要があります。

女性が望む場合は本番込みで20,000円程度

女性が野外プレイを望んでいる場合というのは、そういう性癖を持つ人がそもそも少ないために、女性の取り合いになる可能性があります。女性の取り合いに勝つことができないと実際のプレイに至らないということです。女性の取り合いに勝利することができてやっと出会うことができるということです。

最初から野外プレイがしたいということになると、本番行為をする場合には20,000円程度は出す必要が出てきます。ただ、ホテルに行く必要が無く、適当な頃合の場所を探すことができればOKということになりますので、もう少し弾んでもいいかもしれません。

女性が望まない時は相場からプラスして2,000円から5,000円を弾む必要がある

女性が最初から望んでいないのであれば、まずは野外プレイをしてくれるように説得する必要があります。野外プレイに応じてくれるのかどうかの決め手はお金ということも十分にあるということです。相場としてお金の交渉をしているでしょうから、野外プレイという分だけ2,000円から5,000円ぐらいは割増しにしてあげることです。

お金で動かないということであれば、野外プレイはいったんあきらめて、別の機会にもう一度交渉してみるということも考えてもいいでしょう。1回の場合は駄目でも相性が合っているのであれば、もしかすると野外プレイに応じてくれることもあるので、その時にチャンスをつかめるようにしてください。