Pocket

人によってはフェイスブックを利用して援交相手を探している人もいるのではないでしょうか。ファイスブックを日頃から利用している人がいるならば、そこから探したいと思う人もいるはずです。そういう相手を探す時にはファイスブックの特徴を活かした探し方をしないといけませんし、特徴に応じた注意点も存在します。今回はどのようにして探せばいいのかということとその注意点について十分に紹介していきます。

相手がどういう人か何よりも分かりやすい

出会い系サイトや他のSNSに比べて、フェイスブックの場合は実名で登録をすることが求められますので、相手がどういう人なのかということが何よりも分かりやすいです。自分も実名で登録しているわけですが、こちらにアクセスしようとする人においても実名になりますので、実名同士で何よりも信頼できるということです。

実名での登録になりますので、信頼感を求めるのであれば、何よりもいいということになります。どういう人なのかが嘘偽りなくわかるというのが何よりもいいです。どういう人なのかというのが嘘偽りなく、どういう生活を送っているのかが手に取るようにわかるということは、相手と付き合う上でうまく行くのかどうかチェックしやすいです。

顔写真を確認することができる

ファイスブックは実名で登録をすることが求められているために、プロフィール写真や投稿しているもので顔写真が掲載されていることが多いでしょう。外見よりも中身という人もいるかもしれませんが、必要最低限でルックスが良ければいいなと感じることもあるでしょう。自分も当然ルックスのチェックが行われているわけですが、相手を品定めをすることも当然できるわけです。

その日とのページをチェックしていれば普通にプロフィールをチェックすることができますので、相手のルックスをチェックできないということはありません。どういう人なのか分からないということがありませんので、ルックスも含めてわかるというのがいいところです。これは自分を偽ることができないフェイスブックならではのいいところになります。

業者だと警戒する必要がない

ファイスブック上でやり取りを行うのであれば、間違いなく出会い系サイトを利用した時に悩まされる業者を気にしなくても構いません。業者がいないためにサクラのことを心配することもありませんので、純粋に女性からアクセスした場合には、自分に合っているのかなどをチェックしてから援交に応じるのかどうか決めればいいでしょう。

業者のことを気にしなくて済むということは、純粋に男女の出会いについて考えるだけでいいのでそういう意味では有難いです。男女の出会いに集中することができますので、いい女性をどうやって物色するのかということだけに注意を払えばいいでしょう。

人間模様が垣間見れる

フェイスブックをやっている人というのは実名で行うということもあって、意識高い系の男女が登録している可能性が高いです。その人のページを見てみると、どういう生活をしているということが十分に分かるのではないでしょうか。その人の人間模様が垣間見ることができますので、どういう投稿をしているのかによって相性が合うのかどうかが分かります。

投稿している内容に関して相性が合うのかどうかで判断しても構わないでしょう。投稿を読んでみて相性が合うと思うのであれば、援交などに応じても構いませんが、相性が全然合わないなと思えば、絶対に応じないほうがいいでしょう。お金だけで割り切れるのであれば別ですが、それだけで割り切ることができないのであれば投稿内容をチェックしてみて相性が合うのかどうかで判断してみてください。

すべてをさらけ出すのは遠慮したほうがいい

フェイスブックはいい意味でも悪い意味でも実名でアクセスできるということですので、いい意味だけではないという点に注意する必要があります。悪い意味であれば、実名だからこそすべてのことについてさらすことに繋がるということです。不特定多数の人があなたのことについてアクセスすることができるわけですので、場合によっては悪用されるということも十分にあり得ます。

フェイスブックで公開している情報はとても多いですので、そのことが影響することも捨てきれないです。もし援交相手を探しているということがさらされるということであれば、そこから繋がっている友人たちもあまりいい気がしないということになります。情報公開が逆にリスクにさらされるという可能性がありますので、援交をする時には十分にそういうリスクについても考慮したほうがいいです。

露骨に援交探しをするべきではない

仕事などでもフェイスブックを使っているのであれば、露骨に援交探しをしていると仕事の取引先に影響が出る可能性があります。仕事での信用を失ったりする可能性がゼロとは言い切れませんので、露骨に援交探しをするというのは止めた方がいいでしょう。特に公になっているページにおいて援交を匂わせるようなことをすると、さらけ出す必要が無いにもかかわらず、必要以上にさらけ出す結果になり不都合が起きたりします。

自分のことをしっかりと守りたいということであれば、必要以上にフェイスブックを利用するのではなく、他のSNSを活用したり出会い系サイトを利用したりすることをおすすめします。フェイスブックを効果的に使うことによって、自分の身をしっかりと守ることができますし、逃げ場も多少なりとも残すことができますので、援交をする上ではすべてをさらけ出す必要はなく、他のツールも効果的に使用するのが望ましいです。

気になる女性がいれば個別にメッセージを送る

アクセスしたい女性がいたのであれば、コメント上で連絡を取るとみんなにばれてしまいますので、そういう女性がいたら個別にメッセージを送るようにしてください。個別にメッセージを送ることにより、その女性にだけ読んでもらえるようになります。初回のメッセージはとても大切になりますので、気を引き締めて記入するようにしてください。

プロフィールを魅力的に演出する

フェイスブックを使って援交を探すということであれば、プロフィールについてはよく参照することになります。プロフィールのページは個性を演出することができますので、効果的に利用することができれば、援交の相手として選ばれる可能性が高くなるでしょう。出会い系サイトにおいてもプロフィールはとても重要と言われている中で、フェイスブックにおいてもプロフィールはもちろん重要ということが言えます。

自分なりのおすすめポイントを強調しながらプロフィールとして仕上げていくことが大切です。多少の誇張であれば全然問題ありませんが、やり過ぎるとかえって相手に引かれるということもありますので、ほどほどで止めておくということが一番望ましいでしょう。

記載する時には全くの嘘であるのはいけません。嘘をついたとしても全体的なページの雰囲気からなんとなく嘘なんじゃないかということが透けて分かります。誇大広告ぐらいならいいですが、嘘は決して得をしません。興味を引く内容で分かりやすくて読んでいて楽しいようなプロフィールにするのが理想的です。

プロフィール写真はこだわろう

人の印象は第一印象によって決まるということが言われていますので、プロフィールにある写真についてはきちんとこだわってほしいところです。せっかく用意するのであれば、いい印象を残せるようなものを選ぶようにしてください。いい印象が残せるまで写真を撮りまくって、その中からいいものを選ぶということを徹底します。

どういう写真がいい印象を残せるのかというと、笑顔が見える写真ではないでしょうか。笑顔で何かをしている時というのは、輝いていると言ってもいいくらいです。記念撮影のように硬い表情を見せるようだと、いい印象を与えることが難しいですので、柔らかく見えるような写真を選択してください。いい表情が見えるようなものをセレクトするのが一番よいです。

プロフィール項目をできるだけ埋める

フェイスブックの場合はプロフィール項目をいろいろと記入することができます。プロフィール項目を記入することによってその人の人となりが分かりますので、きちんと埋めることを心掛けてください。ただ、嘘をつくのはいけませんので、あまり突っ込まれたくない項目については記入しないという選択もアリです。

フェイスブックの場合はプロフィールだけでなく、今までの経歴について書くことができるタイムライン機能があります。タイムライン機能というのはプロフィールの補足として利用することができますので、記入したいことがあればぜひとも活用してみてください。

女性をどのように探せばいいのか?

フェイスブックでプロフィールについてある程度記入したのであれば、今度は女性を探してみてください。気になる女性に対してお友達申請をすることでアクセスすることができたりもしますが、「#セフレ募集」のようなタグを付けて探すことはできませんので、援交目的なのかどうかというのを探すのが非常に難しいところがあります。

直接的に援交を目的として探すことが難しいということであれば、援交相手になってくれるような女性を見つけなければいけません。直接的な表現で物色することが難しいからこそ、自分で何とか女性の探し方を身につけないといけないです。フェイスブックだけでなく、あらゆるツールを使うということがポイントになります。

見知らぬ人に友達申請をしてナンパをする

フェイスブックにおいては見知らぬ人に対して友達申請をしたり、メッセージを送ったりすることができます。こういう行為のことをフェイスブックナンパと言いますが、かなり難易度は高いですので、気を引き締めて行わないといけません。一般的に行われているナンパと同様にかなり確率は低いですので、出来る限り脈があるところにアクセスしたほうが成功率が多少は高まります。

異性に対してアクセスをしたいと思っていても成功率があまり良くない可能性がありますので、同性に対して友達申請をして、自由にグループに入ったところに、友人の異性の友人に対して友達申請をするということも可能です。同性の友人を介してその友達の女性に対してアクセスをするということですが、誠実に対応するということを心掛けます。

友達になっている人の中から選ぶ

友達になってくれている人の中には、その人が持っている友達が別にいるということです。友達の友達は知り合いという言葉があるように、そういう人に対して積極的にアクセスしてみるというのも悪くありません。ただ、健全な付き合いを求めることもありますので、その時に援交希望ということであれば、友達を失う可能性が出てきます。

本当に割り切りの付き合いを求めるのかどうかを見極める必要があります。コミュニティの中に変な噂が立つといけませんので、援交を求めるということを最初は隠していた方がいいでしょう。次第にそういう目的なんだということを伝えるというのもアリです。

1回で決めようと思わないほうがいい

フェイスブックの出会いによって女性を何とか探したということであれば、デートに誘うことになります。デートに誘った時にいつセックスに持ち込むのかということを考える必要があります。ただ、警戒心が強い女性の場合は1回のデートでなかなかこぎつけない可能性があります。1回でこぎつけようという風には思わないほうがいいです。

1回でうまく行かないのであれば、何度もデートをして好意的に見えたというタイミングでセックスに持ち込むということが重要になります。この人とセックスをしてもいいという風に思わせることが大切で、そういう風に思わせなかったのであれば、援交どころの話ではなくデートもうまく行かないでしょう。何とかセックスのタイミングをうかがうことができればいいですが、相手女性の気持ちが何よりも重視しないといけないことです。