Pocket

京都の神待ち娘の特徴とは?

京都で神待ち娘を探す場合ももちろん同様です。
京都は日本を代表する文化があり、近年「インバウンド」という言葉で表されるような海外からの旅行客が大挙して日本を訪れるようになる以前から、多くの外国人観光客を魅了していました。
日本文化の代表的な場所でありながらそれとはまた一線を画す「京文化」が特徴的で、京都の人々は自分たちの文化が一番だと考えている節があります。
また舞妓や芸妓といった話す「京ことば」は優雅で華やか、それでいて女性らしいと受け止められていますが、京都の女性は日常生活で話す言葉は多少異なります。
話の内容は本音と建前を使い分けるので、慣れないうちは本心を掴むのがなかなか困難でしょう。
おしとやかに見えてクール、そして本心がわかりづらい京都の女性を落とすのは結構難しいかもしれません。

ただし最近ではこのような昔ながらの「京都人」の数も減っていますし、別の点から神待ちがしやすい状況になりつつあるようです。
というのが、京都府の児童虐待数が年々増え続けているという点です。
つまり児童虐待を受けた子供たちが思春期になって家から逃れるため家出をするのですが、お金もなく生活に困って神待ちに頼るという状況があるというわけです。
この状況の良し悪しは別として、家出少女の割合の高い神待ち娘が多いという点は成功率が高くなることにつながるでしょう。

京都で神待ち娘や援交女性を探すならどこ?

文化財や古刹の多い京都ですが、神待ち娘を探せるスポットは案外たくさんあります。
というのも京都は観光スポットが多く、観光客もたくさんいます。
その中には一人旅の女性も少なくないので、神待ち娘がひとりウロウロしていてもまったく目立たないからです。

京都駅前の地下街ポルタや市内中心部の四条通りやそれにつながる寺町京極商店街などは修学旅行生のメッカともいえる場所なので、平日の昼間に未成年の女の子が歩いていても違和感もありません。
この辺りには飲食店も多く、ちょっとお茶を誘うにはもってこいの場所です。
前述したように修学旅行生も多いので、ちょっと食べ歩きができるような軽食やスナックも売っています。
お腹を空かした神待ち少女に、これらを奢ってあげればすぐに話のきっかけを作ることもできるでしょう。

京都の援交の「相場」はいくら?

京都の援助交際の相場は「程度」によりいろいろです。
ゴムなし本番なら20,000円から、ゴムありなら10,000~15,000円、ゴムなし中出しなら30,000円から要交渉、これらをもとにさまざまオプションによって金額が加算されます。
また女性の年齢によっても異なり、19歳までなら15,000~25,000円、20代なら15,000円から、30歳以上は10,000円~15,000円東京いった具合です。
ただこれはあくまでも「相場」ですから、実際には女性との交渉次第となります。

京都で神待ち娘や援交女性と待ち合わせするならどこがおすすめ?

神待ち娘や援交女性と待ち合わせをする際におすすめの場所はいくつかあります。
まずひとつ目が、京都駅構内にある「時の灯(ときのあかり)」です。
新幹線中央口改札を出てすぐ右へ行って階段を上ると見えてくるタワー型の時計で、京都駅での待ち合わせスポットの定番です。
次に、誰でも簡単にわかるのが「京都タワー」です。
京都の人なら誰でも知っていますし、よそから来た人でも高い建物のない京都ではすぐに見つけることができます。

京都駅からもすぐですし、比較的人も少ないので、展望室で待ち合わせをすれば簡単に相手を見つけられるでしょう。
京都駅ビル内には、室町小路広場も待ち合わせ場所として多くの人が利用しています。
多少人が多くごちゃごちゃしているかもしれませんが、携帯でのやりとりが可能ならここは人目を気にする人にはいいかもしれません。
また、京都で待ち合わせ場所といえば「マルイ百貨店前の地球のレリーフ前」も欠かせません。
ここは何十年も前から京都人の待ち合わせとして利用されてきた定番中の定番ともいえるところです。
繁華街のど真ん中なので交通の便もよくお店もたくさんあり、何かと好都合な場所です。

京都で神待ち、援交で利用するおすすめのラブホとは?

神待ち娘や援交女性と待ち合わせに成功したなら、行き着くところはやはりラブホテルでしょう。
支出を抑えるために自宅マンションやアパートで…、という人もいますが、同居人がいる人や自宅を知られたくない人も少なくないはずです。
また、女性としてもはじめて会った男性の自宅に行くよりちょっとおしゃれなラブホテルのほうが安心できるというメリットもあります。

京都も他の都道府県と同様にインターチェンジ付近に多くのラブホテルがありますが、クルマのない人や待ち合わせ場所によってはクルマで迎えに行けないということもあるでしょう。
待ち合わせ場所としてよく用いられる京都駅周辺は、シティホテルやビジネスホテルはたくさんありますが、ラブホテルの数はさほどではありません。
ラブホテルを利用するなら、京都有数の観光地でもある東山区の祇園界隈がおすすめです。
この地域はいわゆる京都の中心部の繁華街ですし、近くには観光スポットが点在しているので立地条件としては最高です。

祇園界隈でおすすめのラブホテルというと「ホテル リバージュ」があります。
駐車場はないのでクルマでの利用はできませんが、八坂神社まで徒歩4分という好立地です。
休憩は日曜から木曜の18時から24時の間なら最大3時間の使用でも4,000円均一、週末や祝日前なら2時間4,000円、宿泊でも日曜から木曜で21時から翌12時の間で最大15時間で7,500円から8,500円、週末は21時から翌11時の最大14時間で9,000円から10,000円というリーズナブルな料金が魅力です。
外観は派手派手しくはないけれどもコテージ風のちょっとおしゃれで女の子も気に入ってくれることでしょう。
もちろんいろいろなサービスは充実していますし、宿泊なら外出可能なのでチェックインしてから繁華街へ遊びに行くなんてこともOKです。

こんな特徴も念頭に援交相手を探そう

京都で援助交際の相手を探すには、やはりインターネットを活用するのがおすすめです。
特に学生を相手にしたいという人に、京都はおすすめです。
というのも、京都は学生の街としても知られているほど学生が多いからです。
学生はあまりお金を持っていませんが、時間はたくさんありますしいろいろと楽しみたいという年代です。
またマンションで一人暮らしをしている割合も高いです。
したがって、ちょっとしたお小遣い稼ぎとして援交をしている率も決して低くないのです。

援交サイトは人妻専用や熟女専用などなど、カテゴリーごとに分かれたサイトもたくさんありますが、京都は学生専用、いわゆるJDサイトの充実度が他の都道府県より高い傾向にあります。
18歳以下と関係を持つと青少年育成保護条例に違反して面倒な事にもなりかねませんが、大学生なら大丈夫です。
また、OLや人妻とは違う若さがありますし、またそこまでこなれていないセックスも魅力です。
京都なら繁華街の飲み屋で学生がコンパをしている場面に遭遇することも珍しくなく、きっかけを作って仲良くなり、そのまま援交相手にしてしまうということも不可能ではないともいえます。
おしとやかでおとなしく清楚、そんなイメージのある京都の女性ですが、1ヵ月のセックスの回数が全国でも多いほうというデーターもあるほどなのですよ。