Pocket

神待ちや援助交際というと、東京や大阪といった大都市でするものだと思っていませんか。
しかし、地方でも出来るチャンスはあり、そして沖縄でもたくさんチャンスはあるのです。
とはいえ、実際に出来るようになるには情報も必要です。沖縄で成功させるためには、ここでは知るべき情報やポイントを見ていきましょう。

沖縄で神待ちする女の子の特徴とは

沖縄と聞くと、南国ののんびりしたイメージありませんか。確かにうちなータイムという言葉があるように、かなり時間にも緩く、時間にもせかせかしないようです。
女の子も神待ちはすぐに会える人を望みますが、待ち合わせに遅れるなんて普通にあります。
なお、女の子の方が男性よりも積極的に行動的だったりしますし、思いきりもあります。だから神待ちをすると決めたら、結構エッチにも積極的だったりします。口や手だけより、最後までもOKという思いきりのよさがあります。ただし、しっかりと援助やお泊まりの対応をしてくれないと、拗ねたり機嫌がわるくなるなど、ちゃっかりしています。

女の子を誘うときにはストレートに誘おう

沖縄の女の子は、積極的でもありますが回りくどいのが面倒くさがります。ましては、神待ちや援交だと、切羽詰まることも多いため、即いい決断を見せないと嫌われてしまいます。
なので、誘うときには最初からすぐにラブホテルや自宅などに連れていくことやさらに、お金の金額もはっきりと提示しましょう。
沖縄は那覇市内はモノレールがありますが、それ以外だと車での移動です。やはり車を持っていた方が、移動もしやすくて、女の子も不便でないからと誘いに乗りやすいです。なので、車があった方が何かと便利です。
あと、援助交際や神だと条件が良ければ誰でもと思い勝ちですが、メッセージや会った時に明るく接しないと、嫌がられることもあります。初めてでも、明るくハキハキと接しましょう。緊張してぎこちなくしていたら、やっぱりいいやと切られるかもしれません。

沖縄で神待ち・援交の相場はいくらなのか?

神待ちや援助交際をするときには、どうしても気になることに、金額がいくらかがあります。相場もしっておかないと、ぼったくられるなんてことにもなります。中には、神待ちや援助交際と偽って、風俗嬢が紛れ込むことがあります。なので、知っておくべきです。
相場では、まずエッチをしたい場合には、15,000円から25,000円となります。これとは別に、ホテル代や食事代は男性が払わないといけません。ホテルによっては、ショートタイムで3,000円以内となります。それより長くしたい場合には、数千円はホテル代として用意しないといけません。
手コキやフェラ、性感マッサージ、クンニ、シックスナインまでだと、3,000円から10,000円以内となります。ただし、これを払ってから気が変わって最後までしたいとなると、先にあげた金額をさらに追加して、払わないといけません。
なので、最初からここまでとはっきりと決めないと、余計にお金がかかるので注意しましょう。

神待ち・援交の待ち合わせするときにはこの場所で

神待ちサイトや出会い系サイトでも沖縄で検索すると、たくさん見つかります。そうした女の子が多く待ち合わせで使う地域は、那覇市です。
那覇市もまずは、国際通りがあります。
なぜなら、繁華街とだけあって、居酒屋も多くあり、その前で待ち合わせしてそのまま、食事できることもあります。また、ネットカフェやカラオケ、ファーストフードが多いです。女の子としても待ちやすく、場所も分かりやすいので、初めてのお店でも待ち合わせしやすいです。さらにカプセルホテルもあるので、そこで待ち合わせなんて女の子もいます。
あと、沖縄県庁前広場やパレット久茂地前の広場、タイムスビル前などはバス停からも近いので、そちらも待ち合わせしやすいです。

そして、最近では那覇市新都心があります。新都心もおもろまちサンエー前が人通りも多く待ち合わせしやすいです。
また県立博物館やTSUTAYA、ファミレスが集まっていて、目立つため会いやすいです。

ホテル選びはここで決まり

沖縄でも、ラブホテルの集まっている地域があります。沖縄中部にある沖縄市の高原のラブホテル街も一番有名でしょう。しかし、神待ちや援助交際では、那覇市で待ち合わせして行くには少し時間がかかります。神待ちや援助交際にうってつけといえば、那覇市若狭のホテル街です。その中でも、ホテルクレストがオススメです。
建物も11階まであって、沖縄にしては高層ホテルです。最上階の部屋から、海も見れます。また、各階の1のつく部屋は、他よりも広いですし、作りも豪華です。それでいて、ショートの2時間ならば3,000円以下でも利用できます。
特別なアメニティや設備はなく、シンプルですがそれでも、ゆったりとくつろげたり、また他のホテルよりもキレイですからオススメです。一泊しても手頃ですので財布にも優しく、沖縄ではトップクラスの知名度のホテルです。きっと、女の子も満足してくれます。

女の子に早めのアプローチだ!

さて相場や待ち合わせ場所、ホテルなど情報を知っておけば、女の子と会ってからもスムーズにことが進められるでしょう。あとはいかに会うかだけです。

神待ちや援助交際の女の子を探す時には、サイト利用が一番です。神待ち専門のサイトもいくつもあり、沖縄で検索すれば見つかるはずです。
探すタイミングとしては、金曜日から日曜日までの週末です。沖縄だと終電を逃したら神待ちなんなケースは少ないです。最初から週末帰りたくない、遊びたい、お金が必要だからといって、早い時間から神待ちケースもあります。まずは週末です。
そして、夏休みや年末年始、春休みといった時期も狙い目です。高校生といった女の子から、今だと大学生でも休みに神待ちや援助交際を始めるケースも多いからです。若い女の子や大学生を狙いたいならば、休みシーズンをチェックしましょう。

そして、神待ちや出会い系のサイトでいいなと思う女の子がいれば、即アプローチしましょう。というのも早い者勝ちというのが基本です。それは沖縄でも同じです。なのでまずは、メッセージを送ること、その中でもすぐに条件を提示しましょう。お金を用意してても、ダラダラとメッセージしてたら、他の男性のところへ行ってしまいます。即金額と内容、したいことを提示しましょう。援交になれている女の子は、そうしても嫌がりません。その方が、やり取りの手間が省けて助かるという女の子も多いです。
普段からこまめに、プロフィールや神募集の書き込みをチェックしてください。

アプリを使う方がいい!?

あと、最近ではなんといってもアプリです。人気のサイトはアプリを出しています。若い女の子だと、アプリを使いたがる傾向にあります。なので、アプリのダウンロードもオススメです。アプリだと、近くの女の子も探せたり、検索条件もいいので、より自分のタイプも探しやすいでしょう。検索では、なるべくご近所の女の子にアプローチするのもコツです。

沖縄だと神待ちは少ないと思われがちですが、盛んになっており、年齢の幅も広がっています。援助交際もこれまでどおり、盛んです。
沖縄でも、誰でも会えるチャンスはありますから探してみてください。