シングルマザーとは離婚などで一人で子育てをしている女性のことを言います。シングルマザーの経済状況はとても厳しく、そういう中で子供を育てないといけないです。経済状況が厳しい中で援交を行っている人もいますが、実際のところは足元を見られて厳しいというのが実情になります。今回はシングルマザーの援交事情について紹介をしながら、おすすめの援交のやり方とその相場についても言及していきます。

シングルマザーはいろいろな理由で生活困窮者になる

援交と言えば若い人がお金目当てにやるというイメージがあり、もらったお金は遊びやファッションなどに使うという人が多いわけですが、最近ではいろいろな層が援交をすることがあります。シングルマザーの場合は遊びに使うというよりは、生活費を捻出するために援交をするというケースが多くなっています。いわば生活費を稼ぐために援交をするということです。

遊びなどであれば、積極的に男性を選ぶことができるということがありますが、シングルマザーの援交の場合は、とにかくお金をゲットしたいという気持ちが強いために、男性を選ぶというよりはお金の多寡によって選ぶかどうか決めるということもあるくらいです。本当はそういうことをしたくないということもあるかもしれませんが、生活費を捻出するために仕方なくやる人も多いでしょう。

シングルマザーは普通の仕事をしても稼げない

シングルマザーの場合は父親がいないことが多いですので、子供を育てるためには自分しか頼るものが無いということが多いです。自分の親に頼ることができればいいでしょうが、そういうこともできないとなると本当に自分一人で育てなければいけないです。こういう家庭で育った子供は不幸にも贅沢をすることができずに、生活にために必死に生きるということになるでしょう。

シングルマザーは子供のために朝と夜を掛け持ちして働くという人もいるかもしれませんが、それでも平均所得を大幅に下回ってしまいます。アルバイトの掛け持ちをしたとしても、時給が低いですから稼ぐことができないという事情があります。小さい子供を抱えているのであれば、なかなか外に行って仕事をすることもできないですので、出来る範囲でやるとなるとなおさら稼げないという負のスパイラルに入ってしまうでしょう。

日中働くのであれば、子供を預けるために認可保育園に入れたいと思っていても、都市部であれば認可保育園に入所すること自体が激戦区になっています。認可保育園に入所することができれば、保育料が安くて済みますが、入所することができないならば、無認可保育園に入所しないといけなくなります。無認可保育園であれば認可保育園に比べてお金がかかりますので、よりお金を稼ぐことが求められるでしょう。

風俗に行っても稼げない

女性がより稼がないといけない時に働くべきところと言えば風俗嬢になります。風俗嬢であればある程度稼げるという風に思っている女性は多く、シングルマザーの場合も同様です。ただ、風俗嬢の場合も稼げる人はそれほど多くなく、大抵の人はそこそこレベルもしくは稼げないということもあります。

風俗で稼げるシングルマザーであれば、わざわざ生活費稼ぎのために援交をするということは無いです。ただ、稼げないレベルのシングルマザーであれば生活費稼ぎのために切迫して援交をしなければいけないということは十分に考えられます。風俗嬢の世界は入り込むことは容易にできますが、そこで稼げるようになるのかどうかはピンキリになります。

特に年齢が高めのシングルマザーであれば、風俗嬢をしたとしても稼げないということも十分にあり得ますので、そういう女性を狙ってアタックすることができれば、相場よりも低い値段で援交に持ち込むことができるでしょう。

元夫の稼ぎがそもそも低い

離婚をした時に元夫が社会人としてちゃんとしているのであれば、子供の養育費のためにある程度のお金がもらえる可能性がありますので、それほど困窮するということもありません。元夫と連絡する手段があれば、お金に困っている場合であってもお金がもらえる可能性が期待できます。

しかし、元夫がフリーターとか学生など稼ぎが少ないという可能性も十分に考えられます。その場合は慰謝料や養育費のためにお金がもらえる可能性は低いと言わざるを得ません。こういうシングルマザーが生活に困窮するパターンになります。元夫の稼ぎがそもそも低い時はお金を自分だけで稼がなければいけませんので、そのために四苦八苦することになるでしょう。

お金が無いから仕方なく援交をする

女性が単独でお金を稼ぐためには弁護士や司法書士などの特殊な資格を持つか、風俗で働くかの2択になります。特別な資格を取得するまでにお金と時間がかかりますので、そう簡単にできることではありません。風俗で働くということが手っ取り早く稼ぐことができるということになりますが、実際にはそれも難しいケースが多いです。

この両方ともできないとなると、生活保護をもらったり援交に応じたりするしかないということになります。何らかの方法で生活費を得る必要がありますが、その方法はとても限られているということです。限られた方法の中で手っ取り早くお金を得ることができればそれは負担感が少なくて済みます。

シングルマザー感を出さず独身女性として振る舞う

出会い系でもSNSでも援助交際の誘いはネット上でたくさんあります。シングルマザーの人であっても独身女性であるのは代わりがありませんので、独身女性として振る舞ったほうが相場が高くなる可能性は高いのでおすすめの方法になります。独身女性として振る舞うことができれば、男性としてもルックスレベルなどによっては相場以上になる可能性が高いです。

女性側もシングルマザーよりは独身ということをアピールしたほうがいいということを分かっていますので、独身女性で押し切ることになります。独身女性なのにシングルマザーだと見破ったとしても、割り切りの交際であればそれほど変わるわけではありません。シングルマザーの人が独身女性だというのは間違いないことですので、それで押し切るのも悪くないでしょう。

お金を得るパターンの一つとして利用する

シングルマザー家庭の年間所得は200万円未満である人が多いです。一人暮らしをしているのであればまだしも、子供が何人もいる中でそのくらいの所得ではなかなか教育までお金が回らないということがあります。お金が無いということを気にしながら生きていかなければいけないです。

お金をゲットする手段としてアルバイトやパートで働くということも可能ですし、副業をするということもできますが、それだけではどうしようもないということです。公的な援助によってお金を得ることもできますが、気が引けるということもあるでしょう。生活保護をもらいながら生活をしている人もいますが、そういう人ですらギリギリの生活を強いられているということです。

ギリギリの生活をしている人で、何らかのお金をもっと得たいということであれば、援交を考えるのも一つの手だということです。援交であれば1回に付き何万円ももらえることがありますので、回数を重ねたりすることによって、ある程度のお金にはなります。子育てをしないといけないので、時間帯は限られますが、きちんと男性とタイミングを計ることにより、回数を重ねることが可能です。

昼間に行うことが可能ならシングルマザー狙いもアリ

今まではずっとシングルマザーの事情について紹介してきましたが、男性がそういう女性の事情について知ることによって、シングルマザーに対してどのようにして交渉をしていけばいいのかが分かってきます。シングルマザーの事情に気配りすることによって、そういう女性に選ばれる可能性が高くなります。

夜に援交をするのは難しい

シングルマザーは夜は子育てをする必要がありますので、夜に援交に持ち込むのはとても難しいでしょう。少なくとも子供を寝かし続けるまでは難しいということが言えます。もし夜に子供が目覚めたのであればいろいろと困ったことになることもあるので、夜に援交をすることはできにくいです。

男性の場合は昼間に仕事をしていることが多いでしょうから、夜に援交をしたいという風に思うわけです。一般的に昼に働く社会人男性とシングルマザーとの間ではなかなか時間帯が合わないということになります。出会い系サイトやSNSでのやり取りは夜でもできるかもしれませんが、実際に会うともなるとなかなか都合がつかないことがあります。特に夜は空いていないことが多いです。

昼間に時間が作れるならばおすすめ

特に平日の昼間に時間を作ることができるのであれば、シングルマザーの人と援交を行うことができやすいです。シングルマザーでも昼間に働いていることがありますので、一概に暇というわけではありませんが、夜に比べると昼のほうが時間が作りやすいです。昼間に時間を作ることができるのであれば、シングルマザーの人も選択肢に十分に入ります。

シングルマザーは本番込みで15,000円程度

シングルマザーというだけで、若干足元を見ることができる可能性があります。そういう女性であっても若くてルックスレベルが高いのであれば、本番込みで20,000円のラインでも十分おつりがくるレベルになりますが、そういう女性はさほど多くないでしょう。シングルマザーというだけで値切っても応じてくれるという可能性があるからです。

シングルマザーの人でも最初は本番込みで20,000円ぐらいを要求したりもしますが、男性が応じないのであれば値を下げてでも何とか援交をしようとしますので、最終的には10,000円から15,000円ぐらいで成立します。成約しなくて0で終わるというよりは、最終的に安くてもお金が入ったほうがいいので、10,000円レベルであっても応じてくれる可能性は十分にあります。

相場よりも安い値段で話をしてみるのがおすすめ

本来の意味での独身女性であれば、相場よりも安いとなると馬鹿にされたと思って援交に応じてくれないということもあり得ることです。そういう女性の場合は自分のルックスなどに自信がありますので、値引きされたと思って断ったとしても、相手になる男性の候補がたくさんいます。たくさんいる候補から零れ落ちるという扱いになるだけです。

ただ、年齢が30代以上のシングルマザーになるとそういう男性の候補がいないことが考えられます。候補がいないのであれば相場よりも安い値段で話をしたとしても、競合相手がいませんのでその値段で応じざるを得ないということです。安く援交を済ませたいと思うのであれば、シングルマザーは意外とおすすめだったりします。

長期的な関係を結ぶのもいい

シングルマザーはお金があまりないというのが正直なところです。1回限りの関係にするのではなく、長期的にセックスをし続けるような関係に持って行くのもいいのではないでしょうか。よっぽど相性が良くないのであれば別ですが、相性が合うのであれば長期的な関係を結んだほうがお金を出す価値は出てきます。同じ人と長期的にやったほうがそれぞれの気持ちよさが分かって良かったりします。

シングルマザーにとっても長期的な関係を結べた方が良かったりします。長期的な関係を結ぶということは定期的に収入が入ってくるということですから、たとえ1回に入ってくるお金は少なかったとしても、10日に1回というように定期的にお金がもらえるのであればそれはありがたいことなのです。

男性にしても、プレイの要求を上げていくということができるはずです。プレイの要求を上げるのであればその分だけお金を弾むことになりますが、より満足したエッチにすることができます。次第に自分が好むようにお金を使って調教していくというのも楽しみの一つではないでしょうか。お金が無いのだからもっと貰えるのであれば、男性の要求に応える価値が出てきます。