Pocket

男性はお金を払ってでも女子高生や若い子とセックスをしたいと考えています。
そして援助交際はそんな男性の希望を叶えてくれるわけですから、男性にとって援助交際とは非常に楽しいものです。
では援助交際をしている女性にとっては、援助交際は楽しいのでしょうか?

これに関しては、楽しいと思っている女性もいれば、そうではない女性もいます。
まずセックスは気持ちがいいし、何よりもお金をたくさん稼ぐ事が出来る。
稼いだお金で欲しいものが買えたり、行きたい場所に遊びに行けるから楽しい。
そんなふうに、楽しみながら援助交際をしている女性もいるでしょう。

この手のタイプの女性は要領がよく、大人になると援助交際の引き際もよく、その後は普通に結婚して普通の幸せを手に入れるタイプです。そのためにあの頃は若かったと懐かしむ事はあっても、援助交際をした事に対して後悔もしていないでしょう。

対して援助交際をしいているのは、友達もみんなしているから自分だけしていないと仲間ハズレにされてしまうから。
ハゲていたり、太っていたり、加齢臭のするオジサンとセックスをするのは苦痛。
そして苦痛の代償としてお金を稼ぐ事は出来るけれど、急に持ち物とかが高級なブランド品ばかりになったら、親が不信に思うはず。
だから援助交際で稼いだお金は使わずに貯金をしている。
そして大人になって援助交際を止め、本当に好きな人が出来た時に、汚れてしまった自分に対して援助交際をした事を後悔するタイプです。援助交際をしていた事が好きな相手にバレてしまったら嫌われてしまうから、バレないように墓場まで持っていく秘密として、持っていて秘密を抱えている事に対して罪悪感をずっと感じながら生きていくわけです。

他にも家族の借金の返済のため、生活苦で生活費を稼ぐため、そんな理由で嫌々援助交際をしている女性は、楽しめるはずがありません。

援助交際はみんながしているから大丈夫

援助交際をしている女子高生が援助交際をする理由の1位は「友達が援助交際をしているから」です。
友達がみんな援助交際をしているのに、自分だけしていないと、いい子ちゃんだと思われてしまう。
友達はみんな援助交際をしていて遊ぶお金がたくさんあるのに、自分だけしていないとお金がなくて仲間に入れない。
そんなふうに女子高生は友達から仲間はずれにされる事が何よりも怖いのです。

援助交際は犯罪行為です。そして見知らぬ男性とセックスをしてお金をもらう行為です。
いくら友達がしているからといって、そんな事が出来るの?
そう大人は驚くでしょう。

ですが、万引きだって同じような心理で行われているはずです。
一人だけ良い子ちゃんぶってやらないと、仲間はずれにされてしまうためやっているのです。

赤信号みんなで渡れば怖くないという言葉がありますが、援助交際が行われるのは密室です。
つまり個々で行われるため、もし援助交際の相手が危ない人だった場合、友達は助けてくれるわけではありません。
それに援助交際が万が一バレてしまったら、妊娠してしまったら、性病に感染してしまったら?
友達は親身になって助けてくれるのか?というと微妙なところです。

妊娠ぐらいなら、みんなでカンパして中絶費用を用意してくれるかもしれません。
ですが、学校にバレてしまった場合、退学になる恐れがあります。
自分達も同じように援助交際をしていて同罪だから、退学にはさせないで欲しいなんて学校側に訴える事はまずありえません。

それどころか友達だと思われたら、自分達も援助交際をしているという目で見られてしまうから近づかないようにしよう。
そもそも退学になったら、もう同じクラスメイトでもないし、友達ではない、そんな認識なのかもしれません。
みんなしているから大丈夫という絆は非常に弱いのに、そんな絆を守るために援助交際をしているのです。

援助交際の3割は親にやらされている?

援助交際と言えば、女子高生が遊ぶお金のため、ブランド品を購入するためにしている。
そんなイメージがあるかもしれません。
もちろん、そのイメージは間違いではなく、援助交際をしている7割の女性は、自分のために援助交際をしています。

しかし、残りの3割は親に援助交際をやらされている状態なのです。
普通援助交際は親に隠れてする行為で、親にバレたら、怒られるものなんじゃないの?
そう思いますよね。

もちろん、子どもの事を大切に育ててる普通の親であれば、自分の子供が援助交際をしていたら、もっと自分を大切にしろと怒りますし、またすぐに援助交際を止めさせるでしょう。

ですが、家族だからといって仲がいい、お互いを思いやっている家族ばかりではありません。
例えば親子関係は最悪で、いつも喧嘩をしてばかり、こんな家にはもう一秒だっていたくない。
そんなふうに家出をする子も少なくありません。

ですが、貯めていたお小遣いだけでは、すぐに使い果たしてしまい、家出を続ける事が出来ません。
そんな時に、神待ちサイトを利用して、食事や寝る場所を提供してくれる男性を探すわけです。
この場合は厳密には金銭的なやり取りは発生しませんが、食事代、ベッド代を代わりに支払ってもらっているという意味では一種の援助交際だと言えるでしょう。

他にも、親が多額の借金を抱えていて、その返済を子供にさせたり、親が自分では働かずに、生活費を子供に稼がせるケースも存在します。風俗で働かせるという方法もありますが、18歳未満の場合は風俗では法律に違反するため働かせてもらえません。
また風俗では風俗の取り分があります。取り分なしに全部自分のものにしたい。
そんな理由から、風俗ではなく援助交際でお金を稼ぐというわけです。