Pocket

インターネット上でヴァーチャルセックスをして、何が楽しいのと疑問を持っている方も、未だに沢山いらっしゃいます。
この意見も当然といえば、当然の感覚なんです。
だって、ヴァーチャルセックスは、あくまでもヴァーチャルセックスなのですから。
生身の人間同士で行うとはいえ、目の前にいるわけではないし、触れることすらも出来ない状況。
その上で、顔出しNGなんて女性だって存在しているのです。
顔も見ることが出来ない相手と、しかも妄想の中でセックスして、何が楽しいのか。
興奮なんて出来るはずがないし、冷静になって考えてみたら、恥ずかしいなんて考えは、本当に分かります。
しかしながら、こういった方にこそ、本気で試して欲しいのがエロイプです。
エロイプならではの興奮と楽しさがそこにはあります。
特にオススメなのは、リアルな生活でナンパなどが出来ないような男性。
こういったものを使い、女性とコミュニケーションを取ることによって、免疫が出来てきます。
つまりは、リアルな生活の中でも、女性と堂々と渡り合えるスキルが身につくことでしょう。
ある意味でリハーサルのように使うことも出来るんです。
実際にナンパをしろと言われると、抵抗感がありますよね。
それはどうしてかというと、周囲の視線が気になるからではないですか。
「いい年して、若い子をナンパかよ。」
「あいつ必死だな…」
「声かけても、話すら聞いてもらえないなんてダサくない?」
こういった周囲の侮蔑の視線が気になって、どうしても声を掛けることが出来ない。
インターネット上なら、少なくても、そのやり取りが第三者に見られることはありません。
また、普段は女性に向かって、恥ずかしくて言えないような顔から火が出るような恥ずかしいセリフも口にすることが出来るんです。
これは、リア充になるための非常に貴重な体験とはいえないでしょうか。
他にもヴァーチャルセックスだってなんでもアリです。
自分が先生になり、相手を生徒にして、放課後の教室で禁断のセックスなんてシチュエーションも行えます。
野外プレイだって、お互いの想像力次第でなんとでもなりますね。
その上で、最初の内は、顔出しNGという状態だったとしても、こちらの持って行き方次第では、顔を見せてくれることだってあるわけです。
顔を見せなければ、脱いでもいいという女の子は意外と多いのですが、盛り上げて乗せてあげれば、顔だって見せてくれる。
それをさせたという征服感は、かなり高いものといえるでしょう。

エロイプならではの興奮を感じるために

スカイプなどを使ったヴァーチャルセックスを楽しむためには、やはり同じ目的の男女が行い、ある程度に気遣いを持って行う必要が出てきます。
ヴァーチャルセックスではあるものの、やはりスマホやパソコン画面の向こう側には、確実に生身の異性が存在しているということを忘れてはいけません。
ヴァーチャルセックスが下手くそな方の多くは、自己中心的なプレイに終始しているという共通点があるものです。
エロイプの特徴としては、声と音でのコミュニケーションになるということですから、全身を使って表現をすることは出来ませんし、刺激を与えることも出来ません。
この特徴を前提に盛り上げるためのコツを考えていきましょう。
■一番心地よい響きの言葉
ある心理学のデータでは、人間が一生の内で一番耳にする言葉というものが、一番心が安らげる言葉であったり、心地よく響く言葉と発表しています。
一番耳にする言葉は、何だと思いますか。
それは、自分自身の名前なんです。
ですから、ヴァーチャルセックスのシーンにおいても、お互いの名前を意識して呼び合うということだけでも、十分に興奮度が高まりますし、心地良いヴァーチャルセックスが出来るはずです。
これはヴァーチャルセックスのみならず、リアルなセックスのシーンでも使うことが出来ます。
「気持ちいい?」と聞くよりも、「気持ちいい?○○?」と名前を入れるだけでも、興奮度は違ってきます。
そもそも音や喘ぎ声だけでは、アダルト動画を見ているのとさほど変わりません。
エロイプだからこその醍醐味を感じるためにも、名前を意識して呼び合いましょう。