Pocket

セフレがフェラしてくれない?

フェラ好きな女性はなかなかいないものです。
しかしその理由を知って対策を考えれば、セフレの意識を変えることができるのです。
それでは、セフレがフェラをしたがらない理由と対策、セフレがフェラしてくれるようになる方法を紹介していきます。
フェラをどうしてもしてほしければ、こちらもしてあげなくてはならない事もあります。
心して読んでみてくださいね。

どうしてフェラしたくないの?

セフレはどうしてフェラしたくないのでしょうか。
女性の中にはフェラNGの方もいれば、してくれるけど苦手という方少なからずいます。
フェラチオはペニスを舐める行為ですので、生理的に無理な女性は多く、不衛生なイメージを抱きやすいものです。
2人でするセックスなのにフェラチオという「してあげている一方的な行為」と感じてしまい、フェラをすることに抵抗感を覚える人もいます。
セフレにフェラを好きになってもらいたいなら、まずはセフレがフェラを嫌いな理由を知らなければなりません。

セフレがフェラを嫌いな理由①嫌な臭いや味がするから

女性がフェラを苦手とする理由の中で、一番多いのは臭いや味の問題です。
男性でもクンニをすることがあるかと思いますが、マンコから嫌な臭いがすると、クンニをするのがかなり苦痛になるのではないでしょうか。
これは女性も同じことで、ペニスから嫌な臭いや味がすると、フェラが苦痛になってしまいます。
臭いや味がするのは、体質的な場合もありますが、男性がペニスを洗っていない事がほとんどです。
洗っていないペニスを舐めさせたいという男性もいますが、これは良くありません普通はやめておきましょう。
セフレがフェラ好きになるどころか、大嫌いになってしまう可能性が高いです。

セフレがフェラを嫌いな理由②包茎だから

包茎が無理という女性は多いです。包茎自体が悪いわけではなく、包茎による不潔感が苦手である場合が多いです。
包茎であると亀頭部分に垢が溜まりやすく不衛生であるので、性病にもかかりやすなどのリスクが増えます。
亀頭部分が日常的に皮で覆われているので、蒸れやすく、臭いや味もしやすいです。
また、こういったイメージがあるため、毎日きれいに洗っていても、女性は包茎のフェラチオをしたがりません。

セフレがフェラを嫌いな理由③そもそも生理的に無理

女性にクンニをするのが苦手な男性は、マンコやアナルに汚いイメージを持っているのではないでしょうか。小やら大やら排泄する器官ですから当然といえば当然です。
女性も同じように、男性のペニスに汚いイメージを持っている場合があります。
又、女性にはないものなので余計に気持ち悪く見えるものかもしれません。
そんな汚くて気持ちの悪いペニスを「舐めて」といわれても、喜んで舐めたい女性は少ないでしょう。
それどころか、汚いものを舐めさせるひどい男性として見られるか、AVの見すぎだと思われる可能性もあります

セフレがフェラを嫌いな理由④吐き気がするから

喉の奥に指を突っ込んだら、「オエッ」となってしまいます。
フェラも同じで、口の中に長いものを咥えるわけですから、えずいてしまうのは当然です。
フェラが苦手な女性は、フェラをすることに慣れておらず、「オエッ」となってしまう事にも慣れていないのです。
AVでは女性の頭を押さえこんでフェラチオをさせていたり、イラマチオのように男性がピストンしていたりします。しかし、このようなプレイをされると、普通の女性は「オエッ」となってしまいます。

セフレがフェラを嫌いな理由⑤テクニックに自信がないから

フェラを嫌いな理由として、テクニックに自信がないという事もあります。
彼は気持ちよくなってくれないかもしれないと、一歩引いてしまう女性も多いものです。
セックスでは女性が受け身になりことが多いですし、フェラはそう簡単に練習をするわけにもいかないので、テクニックに自信がないのは当然の事でしょう。
また、男性は女性のように喘ぎ声を出すことが少ないので、女性は男性が気持ちよくなっているか感じ取ることが難しく、やり方が良いのかどうか判断出来ないことが多いです。
さらに、自分のフェラで、男性がイッたことがないとテクニックに自信がなくなってしまいます。

セフレがフェラを嫌いな理由⑥一体感が無いから

フェラは挿入と違った気持ちよさがあり、フェラでイクのが好きな男性もいるでしょう。
しかし、フェラで1回イってしまうと、挿入する時には元気がなくなってしまうケースも多いです。挿入ができなくなったり、2回目はイクことができなくなったりすれば、女性もしらけてしまいますし、自分の魅力の無さを感じて落ちこむことも考えられます。
セフレがセックスで一体感を感じられるのは、フェラより挿入です。
それなのにフェラでイってしまって、挿入までしてくれないとなったら、セフレはセックスの一体感を感じられませんし満足できなくなってしまいます。
フェラのせいで挿入が満足にできないと思われてしまうと、フェラをする意味がなくなり、セフレはフェラチオが嫌いにならざるを得ないでしょう。

セフレがフェラを嫌いな理由⑧クンニしてくれないから

フェラはさせるけど、クンニはしないという男性は多いです。
クンニは大変ですし、マンコを舐めることに抵抗感がある男性もいるでしょう。
マンコの臭いや味が苦手というのもわかります。
しかし、自分のは舐めさせるのに、相手のは舐めないというのは不公平です。
クンニが嫌だと考えている場合はセフレももしかしたら同じ気持でいる、と想像してみてください。

セフレにフェラしてもらうには?

フェラを嫌いな理由は結構シビアなものもあります。
しかし、あなたの努力次第で、セフレはフェラチオを自ら進んでやってくれるようになるかもしれません。

セフレをフェラ好きにさせる方法①包茎を治療する

先に述べたように、包茎でいいことは一つもありません。
フェラしてもらうのに、清潔なのは必須条件です。
自分のこれからの為にも早めに治してしまうことをおススメします。

セフレをフェラ好きにさせる方法②一緒にお風呂に入る

セックス前に一緒にお風呂に入ることで、ペニスをしっかり洗っているところを自然な流れで見せることになり、不潔感がなくなりやすくなります。
また、セフレがフェラを嫌がったら、すぐにやめさせることも大切です。
フェラが生理的に無理な女性は、長い時間フェラをさせられるとさらに嫌悪感が増してしまいます。
清潔感をアピールして、少しずつ抵抗感を無くしてもらうようにしましょう。

セフレをフェラ好きにさせる方法③少しずつなれてもらう

フェラの時に「オエッ」となるのは、女性に慣れてもらうしかありません。
奥まで咥えさせようとはせず、「できるとこまででいいから」などの優しい言葉で、なるべく女性の好きなようにさせましょう。まずはフェラに慣れさせるのです。
そのうちに奥まで咥えてくれるようになります。

セフレをフェラ好きにさせる方法④フェラされるのが好きだと素直に言う

フェラをされるのが好きだと素直に宣言するのも一つの手でしょう。

フェラが好きだと宣言することで、「気持ち良いなら、フェラしてあげたいな」と思わせるのです。

フェラに限らず、お互いに何をして欲しいかを話すことは性生活を充実させるためにも必要なことです。セフレだったら尚更素直が一番です。

セフレをフェラ好きにさせる方法⑤要望を少しずつ伝える

セフレのフェラテクニックに自信をつけてもらうには、褒めて伸ばすしかありません。
「今の気持ちよかった」とか、「それ気持ちいかも」とか、積極的に伝えてあげるようにしましょう。
もし、セフレがいつもと違うテクニックに挑戦していたら、「それもいいね」と、細やかに反応していきましょう。
「もっとこうしてほしい」と言ったようなお願いもちょっとずつ小出しにして伝えていきましょう。
気持ちよかったら良かったと伝えることが大事です。
時々「前よりうまくなったね」と言って成長も評価します。
そうしてセフレはフェラのテクニックの自信がつき、フェラで男性を感じさせることが嬉しく思うようになるでしょう。

セフレをフェラ好きにさせる方法⑥フェラチオだけで終わらせない

フェラでイってしまって挿入できなくなるのはわかります。
セフレをフェラ好きにさせたいなら、セフレにしてもらう量の倍は奉仕してあげるようにしましょう。
そうすればフェラをして疲れても、あなたがちゃんとセックスしてくれるとセフレは思ってくれるので、彼女も奉仕をする甲斐があります。
また、フェラをセックスのメインにするのではなく、あくまでスパイスとして考えます。
セフレがセックスに求めているのは、快感もありますが、あなたとの一体感を求めている場合も多いいです。
女性はセックスで愛情を感じるので、なおさら一体感を大事にしたいと思っています。

セフレをフェラ好きにさせる方法⑦心をこめてクンニする

セフレにフェラしてほしいなら、クンニは必須です。
してあげている感が出ないように、心を込めてクンニしましょう。
どうしてもクンニがしたくないなら、フェラは諦めなければなりません。
嫌だと思っているのは女性も同じです。

フェラ嫌いなセフレに舐めさせ好きにさせるまでがプレイの一環と考えてみては

ここまでのあらゆるテクニックを駆使して、フェラ嫌いなセフレに舐めてもらえるよう頑張ってみてください。

基本的にはフェラしたくない理由をつぶしていけば良いでしょう。

そしてさらにフェラ好きセフレに仕立て上げるまでもプレイと考え、楽しみながらやっていく気持ちの余裕を持ってみたら、意外に早く実現するかもしれません。

もしそれでもフェラしてくれないなら、それはそれで希少な女性です。

そんなセフレも珍しい存在と考え、フェラなしセックスライフを過ごしていくのも一興かも。

なにか変わった性癖探しも面白いですね。