Pocket

セフレにハメ撮りを了解させる為のテクニック

あなたはハメ撮りしたいですか?
普通の恋人や奥様などパートナーの女性にハメ撮りをさせてもらうのはかなり困難でしょう。
そこで登場するのがセフレです。
セフレの方が恋人や奥様よりもいろいろなプレイについて寛容ですから、ハメ撮りをさせて貰いやすい存在なのです。
セフレがいない方はまずはセフレをゲットするか、成功率は下がりますがこれから紹介する方法を恋人や奥様に試してみて下さい。

ハメ撮りしたい理由を伝えてみる

ハメ撮りを許可してもらうために、ハメ撮りのお願いをしなくてなりません。
しかし、基本的に誰でもハメ撮りされることには抵抗があるのが普通です。
お願いするときに、普通に「ハメ撮りさせて」と言ったところで、すんなりとOKを貰うことは出来ないでしょう。
そこで少しアレンジを加えます。「思い出にしたいから…」とか「会えないときはこれを見てオナニーしたいから」と。
そんな風に何かしらの理由や想いを添えてお願いすると、「しかたないなぁ」とハメ撮りをOKさせて貰える確率は高くなります。

ネットへ流出の心配を徹底的に解消する

そもそもハメ撮りに女性が抵抗を示すのはネットなどへ流出の心配やリベンジポルノの心配をすることが主な理由です。
もちろん普通に恥ずかしいとか、カメラ映りに自信が無いからという女性も大勢いますが…。
そこで、男性も画面に収まる角度の画像を撮影することを説明します。
「僕も映っているし、ネットに上げたりするわけがないよ」という感じで、画像流出のリスクが無いことを理解してもらうことでハメ撮りOKを貰える可能性も上がります。
また、最近のスマホは、撮影した写真や動画を自動的にiCloudやGoogleフォトなどのクラウドサービスにアップロードする機能があります。
これを逆手に取ります。
ハメ撮り用のカメラにスマホではなくあえてデジカメやビデオカメラを使用するのです。
「スマホは勝手にアップされる危険性もあるし、デジカメやビデオカメラだったらネットにつながっていないから大丈夫だよ」と言っておきます。
そうすることにより、セキュリティ意識が高い印象を与え、ネットにアップしたりすることはないというアピールになります。

ハメ撮りは特別なことじゃないと思わせる

普段からデート場面、キスなど二人で動画撮影を習慣付けることで撮られることの抵抗を無くしていき、段々とステップアップしていけばハメ撮りもスムーズに進めるようになります。
「みんなハメ撮りをしている」「マンネリが解消できてすごく興奮するみたい」など、ハメ撮りは特別なことではないアピールはとても有効的です。

お酒に酔っている時を利用する

ハメ撮りをなかなか承諾してくれないセフレを酔わせて開放的な気分にさせます。
普段はOKしてもいいかなと思っていても、恥ずかしさや警戒心が先立ってしまっている場合があります。
酔っ払っている時は気持ちが大きくなってついOKを出てしまうものです。

顔を映さないところからスタートする

顔を撮られるのが恥ずかしいや、抵抗ある場合が少なくありません。
「下半身だけでいいから。これなら顔も映らないよ」と言って、まずは結合部だけなど、顔が映らないところから撮影します。
顔にタオルなどをかけて絶対に顔が映らないように配慮してあげるなどしましょう。
そんなことを繰り返し「撮られる」ということに慣れさせていき、そのうち何気なくカメラを回せば、そのまますんなりと普通に顔出しでのハメ撮りをしているということもあります。
顔出しに至るまではハメ撮りをしているとき「きれいだよ」「凄く興奮するよ」と、とにかく女性の気持ちを盛り上げてあげましょう。
撮影されることに慣れさせ、ハメ撮りされることが当たり前という状況を作り出すのです。
女性はセックスを快感よりも愛情表現と捉えている人も多いため、ハメ撮りされてネットにアップされる・売買される・悪用される などの不安から、警戒心が強くなってしまいます。不安ではなく、単に恥ずかしいという理由から警戒してしまうこともありますが、少なからずすんなりOK!してくれることは稀なケースだと思われます。それでも女性の本音としては「ホントはちょっとされてみたい」という願望もあったりするものです。いつもと違ったシチュエーションや男性からのお願いのされ方で警戒心が和らいでいくものです。

いよいよハメ撮り開始!上手に撮影する方法とは

いざハメ撮りをしたけれど、とても見れたもんじゃない画像だったらがっかりしますよね。
そういう生々しさも含めてハメ撮り動画の魅力があるかもしれませんが、せっかく自分のセックスをハメ撮りするなら、少しでも綺麗に撮れていたほうがいいと思うはずです。
あくまで素人がお金をあまりかけずにできる範囲でという感じで紹介しておきます。

照明はできるだけ明るくする

動画を撮影するのであれば、当然のことながら部屋はできるだけ明るくしておいたほうが確実です。
部屋が暗いと、カメラの感度調整が必要であったり、オートモードだとうまく調整されず見づらい映像になってしまう場合があります。
ラブホテルでのハメ撮り撮影するのであれば、部屋のライトを全部灯せば明るくはなりますが、どうしても間接照明などが多いため、薄暗い場合が多いです。
そこであらかじめ部屋の壁が白色で、なおかつ暖色ではなく白色の明るい照明があるラブホテルを調べてそこへ行くようにしましょう。
又、動画を撮影するときは自然光で撮るのが一番綺麗な映像に仕上がります。
出来れば昼間にラブホテルを利用し、窓を空けて自然光を取り入れるというのもおすすめです。

メガネ型カメラを使用する

ハメ撮りをするにしても、手にスマホやカメラを持ったままであると、どうしても普通にセックスをやりづらいという難点があります。
そこでハンズフリーでハメ撮り動画が撮影できるメガネ型カメラを使用します。
元々隠しカメラ的に使用するものなので、画質の方はあまり良くありませんが、ありのままのセックスを自分の視点で撮影することができるアイテムです。

複数のカメラを用意する

複数のカメラがある方が、様々なアングルからも撮影することが出来ますので、3台位はカメラを用意してもいいでしょう。
1台が失敗しても他がうまく撮れればよしとします。
1台はメガネ型、1台は横からのアングル、もう1台は斜め上から
といった感じです。

さらに上手にハメ撮りする為には体位を考慮する

ハメ撮りOKとなったら、綺麗にエロく撮りたいものです。
結合部分のアップや遠めでの撮影でも体位は重要です。

女性の抵抗感が少ないバックスタイル

顔を見られないから気を使わずに感じられる、バックスタイルがまずはおすすめです。
確かに表情は男性側から見えないので、ハメ撮りする時の女性心理としてはハードルが下がります。
ハメ撮りで最も警戒する顔の写り込みを防ぐことができ、女性が安心してセックスを楽しめるでしょう。
撮る側も両手が自由なので、初めてでも比較的失敗なく撮影できます。

意外と難易度の高い正常位

正常位は顔が写り込みやすかったり、綺麗に撮りたいという前提からするとハメ撮りには難しい体位です。
手持ちで男性が主体で動く場合は、画像がブレやすく難易度は高めですが、背中に枕やクッションなどを入れて少し体を反らせることで顔は上向きになり見えにくくなりああ、胸も突き出るので綺麗に撮ることが出来ます。

体のラインを楽しみたいなら騎乗位

女性が男性の上に乗る騎乗位は、女性がいやらしく動いている様子を撮影でき、身体のラインが興奮度を高める体位です。
女性主体で動いてくれるので撮影もしやすく、大きくM字開脚すれば結合部の撮影も楽しめます。

スムーズにハメ撮りできる目隠しプレイ

プレイの一環として撮影までの流れがスムーズにいくアイテムが目隠しです。
ハメ撮りOKとは言ってもカメラを目の当たりにすると、恥ずかしさを感じて気持ちよくセックスできない女性がいます。
ソフトSMなどのプレイ中に目隠しをすれば、抵抗も薄くなり自然にプレイを楽しむことが出来るのに加え、アイマスクを付けているから顔の露出も防ぐことが出来ます。
男性はその際の配慮として、事前にスマホへ無音で動画や写メが取れるアプリを入れておく、撮影する時の音をサイレントにするなどの準備をしておけばばっちりです。

ハメ撮りはプレイの一環として楽しみましょう

セックスのプレイの一つでもあるハメ撮りは、男性女性ともに性的興奮度が高まるのは事実です。相手がセフレとはいえ、男性は女性がハメ撮りを警戒しないよう安心させることが大切です。
そうすることにより、気持ちよくセックスを楽しむことが出来ます。
ハメ撮りをするならセフレなど割り切った関係の方が大胆になれます。
しかし流出は自身の為にもやってはいけません。個人的な楽しみにとどめておきましょう。