神待ちサイトの出会いについて

有料神待ち・家出サイトランキング


no1

PCMAX《18禁》

サイト評価

ハート

サポート

ハート

出会える事

ハート

若い女の子に非常に人気のあるサイトで、シンプルで使いやすく便利な掲示板やチャット等の機能が豊富に揃っています。出会い率が高いと評判のサイトです。

詳細ページはこちら


no2

Jメール

サイト評価

ハート

サポート

ハート

出会える事

ハート

困っている女の子を助けたい紳士的な男性が多く、ご近所からでも出会いを探す事ができます。会員数が多いので、どなたでも気軽に出会う事ができます。

詳細ページはこちら


無料神待ち・家出サイトランキング

no1

LOVE

サイト評価

ハート

サポート

ハート

出会える事

ハート

多機能掲示板を使って家出少女と気軽に出会う事ができる人気の神待ち掲示板です。目的がはっきりしているので出会い率が高いのも特徴です。

詳細ページはこちら


no2

Love Carry

サイト評価

ハート

サポート

ハート

出会える事

ハート

掲示板にはエッチな写真や動画が投稿されており、見放題なので自分好みの相手が気軽に探せます。積極的な家出少女もおり、非常に楽しめます。

詳細ページはこちら


no3

アプリネット

サイト評価

ハート

サポート

ハート

出会える事

ハート

二人きりで会話を楽しめるほか、大人数でワイワイお喋りを楽しめるグループチャットまで、様々な機能が揃った飽きの来ないオススメのサイトです。

詳細ページはこちら


なぜ少女たちは神待ちと呼ばれるようになったのか、その由来は?

神待ち少女出会い系サイトの一種である「神待ちサイト」。
出会いを提供するサイトとして最近ではすっかり定着してきました。
マッチングサイトなので、直接出会いを紹介しているわけではないため、普通の出会い系サイトでは義務付けられている色々な制約などを受けずにすんでいるようです。
家庭の事情や家族との喧嘩などで家出してきた少女に手を差し伸べる人のことは「神」と呼ばれています。
しかし、食事や宿泊を提供する相手を「神」と呼ぶことは、どんなきっかけではじまったものだったのでしょうか。

目次

きっかけは一つの掲示板から

最初は、ある掲示板に投稿された1つのスレッドから始まったとされています。
投稿したのは、地方から家出してきたある少女でした。
彼女は食事に困るぐらい所持金をもっておらず、安心できる泊まり場所もありませんでした。
支援を求めて掲示板に書き込みをしたわけですね。
スレッドを見ていた人たちの中から1人の男性が、この少女への支援を申し出ました。
結果として彼女はこの男性のおかげで野宿を免れることができたのです。
その様子は掲示板で詳しく中継されることになりました。

「神」の出現するまで

この「成功例」が評判をよび、掲示板は、家出してきた少女やその少女たちへ支援を申し出る大人からの書き込みでいっぱいになりました。
同じような掲示板は他にも作られ、どんどん増えていったのです。
食事だけの支援、宿泊場所のみの支援など「お願い」の内容には色々なパターンがありましたが、身を寄せるところのない、困っている少女たちにとっては、それを与えてくれる人はまるで神様のように見えたのでしょう。
スレッドのタイトルや文章の中で、支援をする人のことを「神」にたとえることが多くなりました。
こうして、支援する側の男性のことを神と呼ぶことが定着していき、同時に、そうした男性を募っている女の子のことは「神待ち」とか、「神待ちをしている」などと言われるようになっていきました。
神待ち出現

神待ちのための専用サイトの登場

こうした掲示板は次第に、「神待ちサイト」と呼ばれるようになりはじめました。
それに着目し、専用のサイトを立ち上げて商用運営をしはじめたのが「神待ちサイト」です。
女の子のほうは自分の写真を載せたり、どんな支援を求めているかを書き込み、「神」が現れるのを待ちます。
大抵の場合、少女たちは無料で利用できます。
そもそも所持金がなく支援を求めているのですから、無料でなければ成立しません。
ですが、「神待ち」の女の子を探す男性側は有料になっています。
なぜかといえば、男性は宿泊の場所として、自分の部屋やホテルを提供することになるので、自然と肉体関係が発生する場合があるからです。
お互いに求めることを与える関係をサイトはマッチングしているわけですが、結果として援助が行われることも多いため、援助サイトの一種だとも言えるのが、こうしたサイトなのですね。

しっかりとした準備があれば安心して神待ちサイトを利用出来る

神待ちをしようと思った場合には、後から焦らずにすむようにしっかりと準備してから相手を探すようにした方がいいのです。
神待ちサイトを利用しても相手が見つかるとは限りませんが、そういった気持ちで油断していると相手を見つけた時に焦ってしまうことになります。

しっかりと準備をしてから相手を探す

神待ちサイトを利用したからといって、いきなり相手を見つけられるとは限りません。
ですが、運がいいといきなり話がまとまっていくこともあるのです。
自分の部屋に呼ぼうと思っていても、部屋が散らかっていると呼ぶわけにいかず、ホテルを利用することになるかもしれません。
部屋に泊める分には必要のなかったお金が、ホテルを利用すると必要になってしまいます。
せっかくのチャンスを逃すのか出費を覚悟するのかで迷うことが無いように、部屋の準備をしておくようにしましょう。
ホテルを利用するつもりの場合は、場所や普段の空き部屋の状況を調べておくことも大切です。

食事の対応策も考えておく

相手が見つかるとまずは泊めることを考えると思いますが、その前に何か食べたいと言い出す場合も多いのです。
食費も削っているような状況だからこそ、泊めてくれる相手を探しているのです。
神待ちをしている女性が贅沢を言うことはあまりないので、自炊が出来るのであればそれでもいいと言う場合もあります。
ですが食べたいものをご馳走できるように、ファミレスなどの場所や営業時間を調べておくと焦らずにすみます。

貴重品の隠し場所をしっかりと決めておく

神待ちサイトで見つけた女性は、当然ですがよく知らない相手になります。
油断しているとお金を盗まれる危険があるので、貴重品をしまっておく場所についてもしっかりと用意しておきましょう。
場合によっては最初から盗みに入る計画を持っていて、寝ている間に盗んで逃げてしまう可能性もあるのです。。
相手の本名すら知らない可能性もあるのですから、貴重品が盗まれる心配がないようにしておきましょう。

準備をしておくことですぐに対応できる

相手はいつ見つかるか分からないのですから、普段から神待ちに対応できる準備をしておくようにしましょう。
すぐには見つからないと思っていても、結局見つかった時には準備をしなければならないのです。
自宅周辺のお店などは自然と覚えているかもしれませんが、貴重品などは急に隠そうと思うとどこに隠せばいいのか分からない場合もあります。
盗まれる心配をしながら泊めたのでは、安心して眠ることも出来なくなってしまうのです。

本物の神待ちの特徴を知っていれば効率良く相手を探せる

出会い系サイトなどで本物の神待ちを見つけたいと思っても、違う目的だったということがあります。
せっかく泊める準備をしているにも関わらず、関係のない人間が神待ちサイトなどを利用していることもあるのです。
こういった利用者を避けるためにも、本当に神待ちをしている女性の特徴をいくつか知っておいた方がいいでしょう。

【合わせて読みたい記事】
最新情報「神待ち」のいま~本当に出会えるのか?~
長期休暇がある季節は神待ちをする女性が増えるので狙い目

荷物が多くて移動が大変

神待ちサイトを利用していると、お互いにどの辺にいるのかという話題が出ることがあります。
この時に離れた場所にいると、どちらかが移動しなければなりません。
近くまで女性が移動してくることもあるのですが、その際に荷物が多いから迎えに来て欲しいと言われることがあります。
こういった話になった場合には、本当に神待ちをしている可能性が高くなります。

泊まるための荷物を持ち歩いているわけですから、キャリーバッグなどの大きめの荷物を持っていることが多いのです。
手ぶらのような場合には、移動は楽かもしれませんが目的が違う可能性があります。

都市部に遊びに来た場合

地方に住んでいる女性の場合、都市部に遊びに来ることがあります。
その時に泊まることよりも遊ぶ方にお金を使いたいと思っている女性もいるのです。
こういった女性は宿泊費を少しでも節約するために、神待ちサイトを利用することがあるのです。
歌手などのコンサートに行って、その日だけ泊めて欲しいという女性は本当の可能性
が高くなります。
もちろん話題になっているスポットに行く場合もありますから、地方から出てきているという話題が出たら本物かもしれません。

終電が過ぎて帰れない

遊ぶことに夢中になっていた場合など、終電が過ぎてしまうこともあります。
そんな状況になった場合も泊まる場所を探しますから、本物の可能性が高い
のです。
遊ぶためにお金は使ってしまっているので、電車代は残っていても宿泊費はないという場合もあります。
深夜に泊まる場所を探している女性がいたら、こういった理由で家に帰れない可能性があるので話もまとまりやすいでしょう。

本当に泊めて欲しい女性を狙う

荷物の多さは見た目でも分かるので、ナンパのように街中で声を掛けて相手を見つけられる可能性もあります。
コンサートなどは日程が決まっていますから、日時を決めて泊めてくれる相手を探している場合もあるのです。
こういった特徴をしっかりと理解しておくことで、本当に泊めて欲しいと思っている女性を狙う事が出来るようになります。
そうすれば効率良く相手を見つけられるようになるのです。

ネカフェ難民の女性が神待ちをすることは多く誘いやすい

神待ちをしている女性は常に色々な場所を泊まり歩いているようですが、だからといっていつも知らない男性に泊めて貰っているとは限りません。
お金に余裕がある時にはネットカフェを利用する場合もあり、ネカフェ難民として過ごしていることもあります。

ネカフェの利用にもお金はかかる

ネカフェの利用にはお金がかかりますから、ずっと泊まり続けるのも難しいのです。
ホテルよりも安いので泊まるために利用する人が増えているので、シャワーや簡単な食事なども用意されているお店が多くなりました。
ですがシャワーの利用は別料金になっているなど、お金がなければ快適に過ごせているとは限らないのです。
ですから神待ちサイトを利用して、泊めてくれそうな相手を探すようになっていくのです。
ネット環境もありますから神待ちサイトで相手を探すことも出来ますが、のんびりしているとお金の問題が出てきてしまいます。
ですから相手がネカフェ難民の場合、時間を掛けなくても話を進めやすい場合が多いのです。

場所が近いと上手くいきやすい

神待ちサイトなどの掲示板では地域などの指定が出来ますが、場所が近いと話がうまくいきやすいようです。
やはり遠くに移動するのは大変ですから、近場で探すとすぐに見つかることもあります。
泊めてあげたり食事をご馳走するという条件のやり取りすることもありますが、それほど難しい条件はないまま泊めて欲しいという流れになることも多いのです。
やはりいつまでもネットカフェに泊まるのは難しいようです。

しっかりとした食事なら喜んでくれる

食事もそれまでは軽食のようなものが多いのか、ファミレスやコンビニ弁当でも喜んでくれる場合が多いのです。
もちろんご馳走する約束をしているわけですが、それほど大きな出費にならないですむのです。
こういった部分はデートをするのとは違い、どの男性にとっても嬉しいことかもしれません。

エッチな見返りは相手も知っている

神待ちをしている女性の場合、泊めてくれる男性がエッチな見返りを期待していることは最初から分かっています。
ですから条件を決める時に、ゴムありならいいなどの細かい条件を女性側から言われることもあるぐらいです。
ネカフェ難民の女性はあくまでも神待ちで泊めて貰う代わりという気持ちが強いので、一緒にエッチを楽しもうという気持ちになっていない場合もあります。
話はまとまりやすいものの、エッチに関しては自分は楽しみたいと思ってもあまり楽しくないまま終わる場合もあります。

神待ちサイト以外にも出会いを探せるサイトがあるので利用する

神待ちサイトのように、利用者の目的が最初から絞られているサイトもあります。
そういったサイトでは同じ目的を持った人たちの競争も激しくなりますから、出会いを見つけられない場合も出てくることになります。
ですが出会いを見つける方法は、専門サイトの他にもあるのです。

違うサイトを利用してみる

出会い系サイトのように様々な目的を持った人たちが集まっていれば、神待ちサイトとは違い同じ目的の人だけではなくなります。
違う目的の人でも気が変わることもあり出会いに繋がる事がありますから、気長に利用するといい結果が出るかもしれません。
ですがカカオトーク掲示板のように、より積極的に出会いを探すことが出来るサイトもあるのです。
カカオトークというスマホアプリのIDを交換するのが目的になっている掲示板なのですが、IDを交換することでアプリを使って直接連絡が出来るようになります。
教えるのはIDだけであり本名などは教える必要がないので、神待ちをしている人も便利に利用出来るのです。

【この記事も参考にしてください】
いきなりIDを交換できると思っていると業者の場合が多いので注意

掲示板の中で相手の目的を探る

出会い系サイトと同じように、カカオトーク掲示板も利用者の目的は様々なものがあります。
ですから自分の目的と合っている相手を探さなければならないのですが、書き込みを見ていれば何となく分かるようになっています。

友だちを欲しがっている人もいれば、割り切った関係で遊びたいと思っている人もいます。
アプリで会話を楽しみたいだけの人もいますから、目的の合う相手だけを狙うと効率が良くなります。

もちろん書き込みを見ながら相手を探すだけではなく、自分から書き込みをして募集をすることもできます。
書き込みをして積極的に出会いを探すと、すぐに相手を見つけられる場合もあるのです。

やり取りはスムーズに展開していく

本当に神待ちをしている女性の場合、掲示板には頻繁に書き込みをしているケースも多くなります。
すぐにでも泊まる場所を見つけたいと思っているので、書き込みが多いだけではなくIDを交換してからの連絡もスムーズにとれるのです。
もしスムーズな連絡が出来なくて変な感じがした場合は、アダルトサイトなどの業者の可能性もあります。
こういった業者は神待ちサイトや出会い系サイト以外にもいるので、怪しいと感じたら連絡を止めるようにしましょう。
カカオトーク掲示板は様々な目的で出会いを探せる場所になっているため、利用者も多くて誰に連絡をしようか迷うかもしれません。
ですが特徴を知っていれば神待ちをしている相手も見つけやすいのです。

友人の紹介で出会った神待ち女性はド淫乱でした

「なあお前性欲には自信あるか?」
とある日、友人と食事をしていると突然そんなことを聞いてきた。
「は?まあ休みの日とか4、5回オナニーするけど。平日でも1回はするかな」
「そっか。そっか。だったらちょっと俺を助けてくれないか?」
「俺はノンケだぞ」
「違うわ!実はな・・・」
友人はホモではなかった。
事情はこうだ。
友人は普通の出会い系に飽き、神待ちサイトに赴いたそうだ。
その神待ちサイトで一人の神待ちしている子といきあった。
神待ちをしている子というのは、食事や宿泊場所を求めてきて時には要求がエスカレートしていく。
しかし友人が出会った神待ちをしている子は、食事や宿泊場所について多くは求めなかったそうだ。
その代わり、日に何度もセックスを求めてくるそうだ。
とても嬉しい話に聞こえるが、元々そこまで性欲の強くない友人にとってはだんだんと苦痛になってきたそうだ。
そこで俺にお鉢が回ってきたというわけだ。

神待ちサイトにあるその子の写真を見せてもらい、俺の合格点を上回っていたのでOKした。
神待ちをしている理由などを友人は語ろうとしたが、そこには興味が無かったので早速彼女を紹介してもらった。
「あなたが性欲強いって人?」
やってきた彼女は高圧的な口調で俺を品定めするように全身にするどい視線を向けてきた。
前置きはそう長くなく、出会って数分で俺と彼女は唇を重ねた。
お互いシャワーは浴びていない。
腋の舌に顔を埋めると、汗と女性特有の言語化できない強烈な香りが俺を刺激する。
俺はわりと匂いフェチなのだ。
風呂に何日も入ってないだとか、うんこの匂いなんかはごめんだが、シャワーを浴びずにセックスをするのは大好きだった。
彼女も同じような癖らしく、一日革靴を履いていた俺の足の指の間を丹念に舐め回した。
さらにもちろん洗ってない俺の息子をなんのためらいもなく咥えこんで、いきなりフルスロットルでしゃぶった。
一見大雑把なフェラなのだが、その実舌の動きを含め計算されつくしているのではないかという気持ちよさであった。
「あ、出そう」
「良いわよ、口の中にぶちまけて!」
「あ!イク!」
たぶんいつもより量が多かったと思う。
彼女が口を開いてみせるとそこには大量の白濁液が湖のようになっていた。
彼女はそれを恍惚とした表情で飲み込むと、休む間もなく俺をベッドに押し倒し、息子を自分の秘部にあてがった。
極度な興奮で俺の息子もすぐに回復している。
そして彼女がフェラとは打って変わってゆっくりと腰を下ろし、その後のピストンも丹念な動きだった。
じれったくもあるが、それ以上にゆっくりと高まっていく快感は、その後に大爆発の予兆を含んでいた。
いきなり激しい動きになったかと思うとまたゆっくりと焦らされる。
やがて俺はこれまで感じたこともないような強烈な射精感と快感の中、彼女の膣内へと白濁液をぶちまけた。
「今日会ったばかりの人に中出しされちゃった」
彼女は一人でぶつぶつと言いながら余韻に浸っている。
高圧的な印象ながら、Mっ気もあるようだ。

その日は5回。次の日も休みだったので5回。
さすがに仕事があって次の日も仕事の時は1,2回に収まったり、しない日もあった。
そういった日は普通のカップルのように食事をしたり、映画をみたり、遊びに出かけたりした。
だが、一度火が付くと5回以上することもざらであった。
結局は彼女は俺の家に居付き、彼女のようなセフレのような感覚で俺は彼女との日々を楽しんだ。

声優を目指すお金に困った子の同棲のきっかけは神待ち

最近ネットでは、本当にバイト感覚で神待ちをしている女の子が増えましたね。

神待ちサイトを調べてみると、若い子が簡単に泊めてあげてご飯を食べさせてもらうという神待ちの子が沢山います。

男にとっては、一食程度で女の子とヤれるわけですからこんなに嬉しい事はないですね。

特に、控え目な子なんかはヤるときが楽しくて仕方ないです。

私が、神待ちサイトの中で知り合った子が声優を目指して専門学校に通っているけど授業料でバイト代が殆ど飛んでしまい、食事も出来ないという子がいたんです。

すぐに神待ちしてるその子に声をかけてあげ、いわゆるちょっとした普通の弁当屋でご飯を買ってあげて家に連れて行ってあげた。

「ごちそうになっていいんですか?」「お家にお邪魔させてもらうのに手土産もなくてごめんなさい」

こんな風に、1000円もしない弁当に家に泊めてあげる程度で下手に下手に出てくるのがかわいくて仕方ないですね。

手土産なんかいらないよ、と言ってあげると嬉しそうにはにかんで笑うのが可愛いです。

家ではベッドで一緒に寝転がり、服を脱がせてあげると「いっぽい気持ちよくさせてもらいますね」と自分から恥ずかしそうにしながらも体を見せてくれるのがよりそそりました。

フェラチオをお願いすると、丁寧に根元から亀頭、玉舐めまでしてくれて奉仕という言葉が似合うしゃぶり方な上にこちらの顔を上目づかいで伺いながら媚びるような眼で見てくるのが優越感を刺激されてビンビンです。

顔に出すからね、というと「どうぞ…」と舌を出して口をあけながら目を瞑って顔射待機のポーズをとる敬虔っぷりが非常に興奮しましたね。

挿入のときも、自分から足を開いてマンコを広げるように言うと素直に言うとおりにするところがまた男心を刺激します。

もちろん、セックスは生でと要求すると断りもしませんでした。

中出しセックスが当たり前、しかもセックスの最中は女の子のほうから積極的にディープキスをしてくるところが可愛くて射精する時はぎゅっと抱きしめて密着するのが恋人のようでかなり気持ちよかったです。

それから、彼女とは半分同棲のような生活が続き結構長いこと家に入り浸っていたんですね。

もちろん、こちらはセックスをしたいときは彼女は絶対断らないしいつもこちらを媚びるような眼で見てくるのが非常に気持ち良かったです。

学校を卒業してからは、関係も解消したのですが2年近く家に住まわせてあげてヤリ放題の子との生活は夢のようで神待ちサイトに感謝です。

淫乱オタク娘とのコスプレセックスができたのは神待ちサイトのお陰

神待ちサイトにいるのは、安上がりでそしてエッチ大好きな子が多く容姿のレベルも結構いい子が多いんですね。

私が神待ちサイトで知り合った神待ちをしている子にも、結構そういう子たちがいて、特にお気に入りの神待ちの子がちょっとオタク系の神待ちの女子です。

知り合った当時は、神待ちサイトでイベントで「遠征したいけどホテルが取れないから泊めてくれる人探してます」という風な書き込みをしている子でした。

私も結構オタクというか、アニメマンガ大好きだったので話も盛り上がると思って連絡を入れて、イベント会場への電車が通るところだったので自宅に招くことにしました。

スーツケースを持った、黒髪に眼鏡に大人しめな服装の子と合流し、家に案内してあげると出前でピザをとって軽くご飯をした後でコスプレ衣装を持って来ているということで目の前で着て見せてもらいました。

「どう?興奮するかな?」

大人気のソシャゲ美少女のコスプレは、かなり際どくお尻をプリッと突き出して超ミニスカからパンツが見えるポーズをとってくれたり、セクシーな衣装でM字開脚してくれたりしてビンビンに勃起しっぱなし。

「あ、勃起してる…えへ、オカズになってあげるからオナニーしてもいいよ?」

と、衣装のまま腰を振り服をたくしあげおっぱいを見せながら自分からおかずになってくれたので、こちらもチンポを出して全力でシコシコ。

「あっ、あっ…んっ…男の人のオナニー目の前で見るのやばい…」

そういいながらその子は足の間に顔を寄せてシコシコ中のチンポの亀頭をぺろぺろして来て我慢汁をぴゅっぴゅと噴き出してしまいました。

「んっ、くさぁ…興奮しちゃう…」

そのまま亀頭にしゃぶりつかれ、思わず口の中に思いっきり射精してしまったのですが、衣装にこぼれないように全部飲みほしてくれました。

「エッチ、しよっか…衣装汚さないようにしてね?」

とそのまま自分からスカートを持ち上げ、パンツを横にずらしてマンコをくぱぁと開いてくれたので、そのまま腰をつかんでチンポをずっぽり挿入。

コスプレセックスは、普通のセックスより興奮するのはもちろん黒髪で、しかも眼鏡という地味な格好からエロくて可愛い際どい格好というギャップもあってめちゃくちゃ興奮しましたね。

もちろん、最後は衣装を汚さない約束のためにとばかりに思い切り一番奥で中出しまでキメちゃいました。

向こうも、満更ではないという感じで初対面の男と中出しセックスしちゃうオタク娘は最高です。

神待ちで素人童貞を卒業させてくれたエロギャル娘

生まれてこの方彼女などできたことのない私は、ソープでしかセックスを経験したことがない素人童貞でした。

しかも、年齢も29と三十路の一歩手前。

一応セックスの経験はあるものの、あくまでお店のサービスだけなので殆ど童貞のようなものです。

やっぱり、三十路になる前に一回くらいは素人の女の子とセックスしたいという風に思っていました。

そんな私に最高のチャンスを与えてくれたのが、神待ちサイトでした。

神待ちサイトは、お金もかからないし援交のように大金を払わなければいけないわけでもなくて泊めてあげるのとご飯を奢ってあげるくらいでいいとの事だったので使ってみることにしたんです。

神待ちで募集する時は、やっぱりリードしてほしかったのでセックスの経験が豊富そうな女の子を相手に選ぶことにしました。

20歳の子で、茶髪のちょっとギャル系な感じの相手で「全然ご飯食べられてないからご飯食べさせてほしいな」というおねだりのメッセージが返ってきたので、OKを出して合流。

ドキドキしながら待ち合わせ場所に行くと、服装はちょっと大人っぽい感じの遊んでいそうな女子大生な子と遭遇しました。

「さっそくご飯いこ?」

とよっぽどおなかが減ってるみたいなので、まずはファミレスに連れて行ってあげると、結構女子ながらにがっつりと食べてもらいました。

お腹もいっぱいになったとこで自宅に連れて行ってあげると、ロクにお風呂も入れてなかったみたいなのでお風呂に入れてあげることにしました。

「一緒にはいろ?」と誘ってくれたので、ちょっと狭い風呂ですが一緒に入らせてもらった。

小麦色の肌というのがまた魅力的でおっぱいも形がよく、素人の体を見られたというのがまずかなり興奮しましたね。

「チンポ立ってる、エローい」

裸を見るだけで勃起してしまった私はちょっとからかわれたのですが、お風呂の中でサービスしてくれてお風呂の縁に腰をかけたままフェラチオをしてくれるという経験もさせてくれました。

しかも、キンタマまでねちゃねちゃ舐めまわしてくれて思わず顔にぶっかけてしまいました。

「んっ、濃いねぇ…」

と顔についたのも全部舐めてくれるところも神待ちならではのエロさという感じでした。

そして、おまんこもじっくり見せてくれたりと神待ちサイトで出会った神待ちの女の子相手は、風俗なんか目じゃないくらいの過激なことがいっぱいできました。

素人童貞にはとても刺激が強く夢中でつながってるところを丸見えにしながらのセックスは大興奮でしたね。

神待ちの女の子の子宮に出しまくる

神待ちをしている女の子っていうのは未成年ばかりだと思っていた。
ところが最近そうでもないということが分かった。
というのも、ある日ネットサーフィンしていた辿り着いた神待ちサイトに成人している女の子がいたのだ。
神待ちサイトのプロフィールに書いてある年齢は自称かもと思ったが、初めて会った時に免許証を見せてもらうと確かに成人済みだった。

さて、何故神待ちなんてしていたのかはあえて聞かなかった。
神待ちサイトにも書いてなかったし、デリケートな問題かもしれなかったからだ。
それはさておき、何も俺は神待ちをしていたその女の子を援助するためだけに会ったわけではない。
寝床と食事を提供する代わりに、きちんと体で払ってもらうことが目的だ。
相手もそれは十分承知していたらしく、交渉はスムーズに終了し、いざベッドイン。

場所は俺の部屋だ。
「シャワー借りるね?」
そう愛らしい声で言って彼女が先にシャワーを浴びた。
俺も後に続き、ベッドの上で互いの裸体を眺めあう。
しばらくちゃんと食事をしていなかったからか多少痩せすぎの感はあったが、出るとこは出ていてそそる体ではあった。
加えて顔も俺の合格点を大幅に上回る端正なものだった。
シャワーを浴びたばかりで上気した頬にそっと触れ、唇と唇を触れさせる。
柔らかい感触を味わった後は、舌を彼女を口内へ侵入させる。
舌を絡ませるうちに彼女の息遣いは荒くなり、乳房に手を這わせ先端をコリコリしてやると悩ましく喘いだ。
その喘ぎに誘われるように俺の手は乳房から腹部、一度ふとももまで降下して、そこから折り返しついに秘部へと至った。
もう愛撫に必要が無いくらいに湿り気を帯びた秘部は俺の指三本をすんなりと受け入れた。
これならすぐにでも俺の息子を挿入できそうだ。

「入れるぞ」
俺は早速そう言って、彼女の返事もきかずにワレメに息子をあてがった。
ワレメに沿って息子を這わせるとくちゅくちゅと卑猥な音が響く。
「お願い焦らさないで」
「まあ焦るなって」
などと言いながらも俺は不意をついて息子を一気に奥まで押し入れた。
「が!は!んんんん!」
彼女の中は温かいというよりは熱いくらいで、締まりも最高だった。
最近溜まっていたものだからすぐに射精感がこみ上げてくる。
そこで生で挿入していることに気付いたが、快感には勝てず俺はそのまま膣内に射精した。
「あ!ううん。な、中に出したの?」
「ああ、ごめん。気持ち良すぎて。一回出したら一緒だよな?だから今日はお前の膣内に出しまくるぞ」
「良いよ。中出しが一番気持ち良いもん。子宮が満タンになるくらい出してくれる?」
「溜まってたからな、そんくらい楽勝」
意気込んだ俺は再び彼女の膣内に息子を挿入した。
今度はバックでだ。
彼女のキュッと締まったくびれと、髪が垂れて露わになったうなじを眺めながら俺は壊す勢いで激しく突いた。
そして一番奥に突き入れた瞬間に二度目の射精。
さらに体位を変えたり、休憩を挟みながら俺は五発の精液を彼女の子宮に注ぎ込んだ。
それから数日、彼女が居る間俺は時間のゆるす限り彼女の子宮へ出しまくった。

神待ち人妻を失神させるほどイかせてやった話

「神待ち」と聞くと家出少女、つまりは未成年のイメージがある。
だが神待ちサイトを見てみると、最近では少女に限らず、大学生やOL、人妻なども神待ちをしているのだ。
さすがに未成年に手を出す気にはなれず、俺は人妻系の神待ちサイトを訪れた。
そうしたらいるわいるわ、家出人妻が大量に。
今まで神待ちサイトにはあまりいったことが無かったのでこんなに大量だとは思わなかった。
俺はそんな神待ちをしている人妻の中から比較的に近所で募集しているA子に目をつけた。

A子は義母との関係が上手くいかず旦那も味方にはなってくいれず衝動的に家を飛び出したということだった。
実の両親はすでに他界しており、親戚はいるがあまり親しくなく頼れないから神待ちをすることになったそうだ。
しかし旦那もアホだね、こんなにそそる体をしている嫁を逃がすなんて。
A子は艶めかしい体を俺にくっつけてきた。
「旦那とはずっとご無沙汰だったの」
本当はエッチが目的の家出なんじゃないかと思うくらいA子は積極的だった。
こちらが何もいわなくても俺のイチモツに夢中でむしゃぶりついた。
そして口内に出された精液を味わって味わって飲み込んだ。
瞬間A子の体はビクッと震え、その顔は恍惚の表情を浮かべていた。
なんと精液を飲みながら軽くイッたのだ。
そして四つん這いになったかと思うと、
「お願い、遠慮なんていらないから思いっきりぶち込んで!」
とお尻を突き出してきた。
俺はわざと焦らすようにしてから、タイミングを外して一気に奥まで挿入した。
今度は大きく体を震わせ、潮を吹きながらA子は絶頂を迎えた。
俺は休ませずにピストン運動をはじめた。それも激しくだ。
「あ!あ!ダメぇ!壊れちゃう!」
「じゃあ辞めて良いのか」
動きを止めると「辞めないで!」と懇願された。
ここでまた激しく動くと思わせてあえてゆっくりとピストンをする。
すると彼女の方から動いてくる。それを押さえつけて焦らしに焦らす。
そして焦らし切ったところで一気に激しい動きに切り替える。
連続で絶頂を迎える彼女は、最早声に鳴らぬ絶叫を上げていた。
そうこうするうちに俺も射精間を覚え、一番奥で、子宮の中に出すイメージで精液をぶちまけた。
さすがに中出しは予想してなかったようで、彼女は講義の声を上げた。
「中で出すなんて!」
「でも気持ち良かっただろ?」
彼女は何も言い返せず、全身の力が抜けたようにベッドの上に体を横たえた。
そこで容赦する俺ではない。無理矢理彼女の体を仰向けにし、今度は正上位で挿入する。
「あ!また!ダメぇ!」
おかまいなく激しく動く。
彼女は口では抵抗しながらもビクッっと体は震え、何度も絶頂を迎えているようだ。
やがて喘ぐことすらできないほど絶頂を迎え、彼女は気を失ってしまった。
それでも俺は意識のない彼女の膣内へ精液を何度も注ぎ込んでやった。

【神待ちサイトの感想を送信】

1
2
3
4
5

神待ちサイトの感想をおきかせください

送信する

評価の平均:

0 レビュー

[記事公開日]2016/10/20
[最終更新日]2018/07/05

ページの先頭へ