Pocket

出会い系サイトに季節は関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、場合によっては季節が関係してくるものもあるのです。
長期休暇のある夏や冬になってくると神待ちをする女性が増え始めるので、季節は無関係とは言えないのです。
■長期休暇で利用者も増える
出会い系サイトなどを利用していると、夏休みや冬休みの時期になると利用者が増えていると感じるのではないでしょうか。
利用者が増えればそれだけ相手を見つけるチャンスも増えることになるので、この時期は狙い目なのです。
特に夏休みの時期に関しては気候的にもオープンな気持ちになりやすく、出会いを探す人が増えていきます。
ですからお盆休みに旅行に行ったり帰省するのもいいのですが、出会いを探すのにもピッタリの時期なのです。
冬場も寒くなっていますから、人恋しく思うことが増えていきます。
そうなると冬休みの時期に関しても出会いを見つけやすくなるので、長期休暇のある季節は常に狙い目になるのです。
■地方から都市部に遊びに来ている
普段は旅行に行ったり遊びに行くことがない人も、せっかくの長期休暇となれば考えも変わることがあります。
周囲の友だちも遊びに出掛けているのですから、気持ちが浮かれてくることがあるのです。
ですがそう思っても遊ぶお金に余裕があるとは限りません。
友だちが楽しそうにしているのを見ていると、自分も楽しみたいと思うものの金銭的な余裕がないのです。
そうなると神待ちをすることで、宿泊費を掛けずに遊びに行くことを考えたりします。
神待ちサイトで泊めてくれる相手を見つけていなかった場合は、繁華街をうろつきながらナンパされるのを待っている場合もあるのです。
ですから掲示板などを利用する以外にも、街中で見つけやすくなっている季節でもあるのです。
■長期休暇は他にもある
夏休みや冬休み以外にも、ゴールデンウィークなどの大型連休も狙い目になります。
やはり休みが続くといつもとは違った気持ちになりますから、同じように出会いを見つけやすくなるのです。
お盆休みには実家に帰省している人も、大型連休は遊びに出掛けることが増えます。
ですから大型連休には神待ちサイトを利用して、社会人が神待ちをするケースも多くなるのです。
■旅行に行かずに出会いを探す
他の人たちが遊びに行っている季節こそ、神待ちサイトを利用するのに向いているのです。
長期休暇を利用することで、都市部や観光地では出会いを見つけやすくなります。
季節によってお金を節約したい女性が見つけやすくなるのです。

【合わせて読みたい記事】
LINEで神待ちを探すって、実際のところどうなの? 出会えるの?
最新情報「神待ち」のいま~本当に出会えるのか?~

エロすぎる女子大生が神待ちサイトで待っていた

神待ちサイトでは、色んなタイプの女性が神待ちをしています。

中には、成人済みの人もいたりしますので若い子ばかりというわけではありません。

私が神待ちサイトで知り合った女性は、大学生の子だったのですがかなり遊んでる系の派手なイケイケのお姉ちゃんでした。

その神待ちで知り合った子は金髪に露出の高い服装で、如何にもという感じのエロ系な子だったんですね。

神待ちをしている子はスタイルもよく巨乳でくびれ腰もエロく目つきも肉食系な女子という感じがありありと出ていました。

「飯奢ってくれる人中出しまでOK」

という、かなり魅力的な募集なのもあり即効で神待ちサイトを通してメールを送ってみました。

10分くらいしてメールが来たので、その子の学校の近くの居酒屋で待ち合わせをして、そこでご飯&お酒飲みをしながら軽く打ちとけ合い。

「ファミレスとかでもよかったのに」

と遊んでそうな見た目の割に、結構控え目というか大人の遠慮をちゃんとしている子だったのも好感触でした。

いい感じにお酒も入って、相手のノリの良さと明るさもあってかなり気に入り、そのまま自宅に泊めてあげることに。

移動中も腕を組みながら「ご飯サービスしてくれたからセックスの方もサービスしちゃうから楽しみにしてて」とおっぱいを押し付けて来るのに否が応にも期待が高まるという感じでした。

自宅では二人とも結構酔ってるのもあって、そのままシャワーも浴びずにベッドになだれこんで服の脱がしあい。

「あたしの体どう?エロい?」

と見せつけるように服を脱いで下着を脱いでいくところがたまらなくて、思い切りビンビンになってしまいました。

むっちりした形のいい巨乳にしゃぶりついて乳首を舐めまわすと「んんっ!あぁっ、イイッ!」と大袈裟な感じ喘ぐところも二重丸です。

しかも、おっぱいを吸っている時に両腕で抱き込むようにしてしがみついてくるのがめちゃくちゃ興奮して、腰が自然に動いてマンコの割れ目に素股でくちゅくちゅこすりまくってしまいました。

そのまま、濡れ濡れのマンコに生挿入をしておっぱい吸いながらお酒で火照った体を汗だくにしての密着生セックスで最後は約束通り生中出しまでさせてもらった。

エロすぎるリアクションと体に一回では満足出来ず、そのあとでバックに騎乗位にと体位を変えて全部中出しして4回も一夜で中に出してしまいました。

こんなエロくて可愛い女子大生に中出しできる、というセックスには非常に満足しましたし、何より気が合って結局次の日も飲みに行ってその流れでセックスと二日連続で楽しめました。

神待ちサイトで意外な大当たりな子との一夜限りのラブラブ

神待ちサイトを使って女の子あさりをしていると、たまにとんでもないあたりの子に出会うことができます。

「親と喧嘩して家出中、泊めてくれる人募集」

こんなつっけんどんというか、雑な募集を神待ちサイトで見つけた時は釣る気のない釣りか?と思ったものですが、逆にそれがリアルな感じがしてとりあえずダメ元でメッセージを送ってみました。

案外すんなりとことは運び、最寄り駅で待ち合わせをして実際に遭遇した子は、明るい茶髪の不良っぽい子でした。

「来てくれたんだぁ〜ありがとぉ〜」

喋りかたも気だるげな感じではありましたが、表情は結構コロコロ変わる笑顔の可愛い子、で、神待ちサイトでの文章や言葉なんかは単純にこれが素なのかと認識を改めました。

人懐こい感じの子で、割と印象もよくそのまま泊めてあげるラブホに二人で移動して、ご飯を食べながらのんびりいちゃいちゃ。

「これ美味しいよぉ、こっちも食べてみるぅ?はい、あーん」

神待ちでの印象と違い、人懐こいというか無邪気という感じの言葉がよく似合い、フレンドリーというか親密に接してくれるのがより好印象です。

そして、ご飯を食べ終わったら向こうの方から抱きついて甘えてくるなど、積極的なところもかなりあたりの予感。

「エッチしよっかぁ…優しくしてくれるからシたくなっちゃったぁ」

にこにこした笑顔が不良っぽい神待ちでの文章と見た目とのギャップにもなってかなり可愛くて思わず手を出してしまいました。

「んっ、お尻弱いのぉ…」

スカートの中に手を入れてお尻を堪能すると、自分からお尻を振り振りと振って手に押し付けてくる動きがたまりませんでした。

「ちゅうしてぇ…」

お尻をもみほぐしてあげるだけで自分からキスまでねだってくるという非常にエロい甘えん坊っぷりが余計にチンポを撫でて来るところがまた興奮しました。

お望み通りキスをすると自分から舌を入れてきて、ディープキスをしながらチンポをシコシコこすって来るのにもう勃起が止まりませんでした。

そのままキスしっぱなしでセックスまでして、抱きしめあいながら密着してのラブラブセックスで2発抜かずの中出しまでさせてもらえました。

腰が抜けるほど気持ちよかった上に、セックスの後も自分から甘えて来るいちゃいちゃっぷりがまた余計にかなり興奮しましたね。

最初は全然期待していなかったのもあって、大当たりだったことが余計に私として、非常に満足出来ました。

家出は頻繁だったわけではないので、それ以来見ることはできませんでしたが思い出に残る神待ちの少女でしたね。

神待ち女子大生と種付けセックス

その日出会った神待ちをしている子は大学生だった。
とある神待ちサイトで見つけた子なのだが、暴力を振るう彼氏から逃げるために飛び出してきたとのことだった。
これまで何度も神待ちサイトは利用していたが、どの神待ちをしている子も小遣い稼ぎが目的でここまで深刻なケースははじめてであった。
神待ちサイトをよく利用する身としては今まで深刻そうなケースは回避してきたのだが、何となく会ってみる気になったのだ。

神待ちをする理由が理由だけにはじめは深刻な暗い感じだった彼女。
さすがにガッツクわけにもいかず、精一杯優しくしてやった。
そうすると彼女はコロッと体を許してきた。
そんなことだからつけあがって彼氏も暴力を振るうようになるんじゃと思ったが、ここは黙って彼女の体を堪能することにした。
いわゆるぼっちゃり体型の彼女は体型のことを気にしていたが、はっきりいってぽにぽにで超気持ち良い。
ギュッと抱きしめると甘い匂いと混じり合って何とも言えぬ気分になってきた。
俺はたまらず彼女の全身をくまなく舌で愛撫した。
シャワーを浴びておらず、汗の味がする腋の下、一日靴に包まれていた足の指と指の間、ほのかに大便の香りが残るアナル。
俺って匂いフェチだったんだ、と噛みしめながら嫌がる彼女の意思は無視した。
次第に彼女の羞恥は快感に変わっていく、しまいには「こんなに感じたのははじめて」と言いだす始末である。
同じ無理矢理でも暴力に訴えない俺のやり方は彼女のMの方向性に合致したようだ。
一度俺の舌で彼女を絶頂させ、次は仰向けにテーブルの上に寝かせた。
そして頭だけをテーブルから下へ垂らさせ、俺は口をマンコに見立てて一気にイチモツを喉奥へ突っ込んだ。
当然オエッとなる彼女であったが、俺はかまわず腰を動かした。
そして喉奥へドロドロの精液を流し込む。
彼女は少し嘔吐したが、嫌がる様子もなく、それどころか秘部はしたたかに湿り気を帯びていた。

ゴム無しで挿入することにやや抵抗を示した彼女であったが、有無をいわせず挿入すると以後は何も言わなかった。
罪悪感が無かったわけでもないが、孕んだのなら責任を取る覚悟で俺は彼女の中へと生で分け入っていった。
数の子天井というのだろうか、彼女の中は絶妙な凹凸で俺のイチモツを締め付けてきた。
一度出しているにも関わらず、俺はいつもより早く絶頂を迎えた。
彼女の「中はダメ!お願い!」という懇願を無視し、俺は「孕め!」と意思を込め奥の奥で精液を吐き出した。
「今日危険日なのに」
と嘆く彼女であったが、俺はその危険日子宮にさらに三発の精液を流し込んだ。

やがて彼女は孕み、俺は彼女の暴力彼氏に変わって彼女と結婚した。