Pocket

家庭内に居場所がなくて家出を考える人もいますが、簡単な理由でプチ家出をすることが増えているようです。
家出といえば学生のように若い人がするものだと思っていると、大人になってから家出をする人もいるなど状況は変わってきているのです。
■気軽な気持ちで家出をする
昔であれば親と喧嘩をしたなど、子供が家出をする理由はある程度決まっていたものです。
ですが最近は神待ちサイトなどで様々な情報が溢れていますから、ちょっとした冒険心で神待ちを考えて家出をしてしまうことがあります。
楽しそうだったからと繁華街に遊びに行ってしまい、何日か帰らないということもあるのです。
家にいたくない理由もないので、数日すれば自分から帰宅してくることもあります。
本格的に荷物をまとめて家出するのではなく、あくまでも遊びに行く感覚で行うプチ家出なのです。
その際にはネカフェに泊まることもありますし、友だちに泊めて貰うこともあります。
泊まる場所がなければ、神待ちをして泊めて貰うこともあるのです。
■主婦が家出をすることもある
子供が家出をするのは理解できる部分がありますが、大人の家出も最近は増えているのです。
もちろん大人の場合には子供の家出とは違い、繁華街で遊びたかったという理由ではありません。
主婦が家事をやるのが当然だと思われて、家政婦のような扱いをされていると感じればだれでも怒りたくなるでしょう。
他にも姑との確執など根深い問題を抱えている場合もあります。
様々な原因があって家庭での不満をつのらせた主婦が家を出て行ってしまうので、数日で帰ってくるとは限りません。
神待ちサイトを利用して行く場所を見つけているなど、長期間の家出になるケースもあるのです。
我慢できないような理由で家出をする主婦の場合、探しても見つからないように実家に帰るとは限らないのです。
お金をある程度は持って家を出ますから、ネカフェなどで生活をすることもあります。
もちろんお金には限りがありますから、長期間の家出になると神待ちをすることもあるのです。
■家出中は泊まる場所が必要
例え長期間の家出ではなくてプチ家出だとしても、帰らないのですから泊まる場所は必要になります。
食事にもお金はかかりますから、こういった援助をしてくれる人を探している場合が多いのです。
神待ちサイトを利用している時に家出をしている女性がいたら、出会いを見つけやすい相手になります。
大人の女性が家出をしているとは思わないかもしれませんが、様々な問題や不満があるので大人の家出も増えているのです。

【合わせて読みたい記事】
最新情報「神待ち」のいま~本当に出会えるのか?~
長期休暇がある季節は神待ちをする女性が増えるので狙い目

処女の神待ち少女に中出し

今俺の家には家出少女がいる。
彼女とは神待ちサイトを通じて知り合った。
俺はたまに神待ちサイトに出入りするのだが、いつもは神待ちしている女の子たちのプロフィールを見たりするだけだ。
だが、上手く言葉にはできないが、その子になんとなく惹かれるものを感じてコンタクトを取ったのだ。
神待ちサイトで実際に会うためにコンタクトを取ったのははじめてのことである。

「優しそうな人で良かった」
待ち合わせ場所に現れた彼女の第一声。
安堵の表情を見て少し良心がチクリとした。
だって俺の行為は半分以上下心なのだから。
とは言え、俺も獣ではない。
そんなすぐに手を出すつもりは無かったんだ。
神待ちをしているくらいだから、何かしら事情もあるだろうしな。
だがほんのちょっとした偶然によって俺と彼女は出会ったその日に交わることになった。
その偶然というのは、俺の部屋の玄関で靴を脱ごうとした彼女がよろめいたということだ。
倒れそうになる彼女を抱きとめると正面から抱き合うような形になった。
彼女の胸元のやわらかい感触と鼻孔を突くなんとも言えない良い香りに思わず俺のイチモツが反応してしまった。
その膨らみに気づいた彼女が言った。
「私、少しならエッチなことできますよ?」
その言葉で俺のスイッチが入った。

「優しくできる保証はできねえぞ?」
「はい、大丈夫です」
何とも間抜けな会話だが、俺は彼女のTシャツの中へ手を突っ込んで、いきなり乳房をまさぐった。
「あん」
彼女は感度が良いようだ。
乳房を揉みながら今度は唇を奪う。
慣れてないのかぎこちなく舌を這わせてくるが、ここで主導権を渡すわけにはいかない。
流暢にとはいかないが、それなりの滑らかさで彼女の舌を俺の舌で絡めとる。
腕の中で彼女の体から力が抜けていき、膝がガクッとなる。
立っていられないようなので、お姫様抱っこのような形でベッドに運ぶ。
そこからは早かった。
お互いに生まれたままの状態になり、基本的には俺が主導して彼女を愛撫していく。
初々しい彼女の反応を見るだけで俺のイチモツは前戯いらずだ。
反応的に処女かもしれないと思いながら、俺は彼女のワレメにイチモツをあてがった。

「入れるぞ」
「はい」
ためらいなく答える彼女。
俺は頷きゆっくりと腰を落とした。
きつきつの膣内に割って入っていくのはものすごい快感であった。
十分に濡らしてあったし、慣らしながらゆっくりと挿入していったからか大きく痛がっている様子はない。
だがシーツが赤く染まっているところを見ると、やはり処女であったようだ。
処女とセックスしているんだと思うと何とも言えない興奮が全身を駆け巡る。
そしてあろうことか俺は精液を中に大量に放出した。
処女に中出し、しかも今日出会ったばかりの少女に。
背徳的な快感に俺のイチモツは萎えずにそのまま二回戦に突入した。

それからというもの俺は彼女の性感を開発しながら日に何度も交わるような関係になった。
これで彼女がもう神待ちをしなくて済むと良いのだが。

泊まる場所に困ってる子は寛容

ガチでお金に困っている人は、とにかく色んな事に寛容というか受け入れやすくなります。

だから、神待ちサイトで神待ちをしている女の子たちは普通の出会い系よりもチョロい子が多いですね。

こんな可愛い子なら、普通に出会い系でも引く手数多だろうという子が出会い系よりも男にとっていい条件で神待ちをしているので狙い目です。

「ヤバい!今ライフラインが全部止まってる!誰か泊めてー!」

神待ちサイトでこんな書き込みがあったので、神待ちサイトのメッセージ機能を使ってコンタクト。

「家に泊まりに来る?」

あまりがっつかないように、シンプルな感じのメッセージとこちらの最寄り駅を添えてメッセージを送ると、すぐにその神待ちの女の子から返事が返ってきました。

待ち合わせの約束をして、最寄り駅で合流して自宅にそのまま連れていくことに成功。

途中でスーパーで買い物をして、自宅で簡単な男の料理をふるまってあげると、それでかなり心を開いてくれました。

女は料理好きな男に弱いというのは割と本当で、特に甘えん坊な女性はかなり効果覿面です。

手料理を振る舞い、心の距離もグッと縮めたところでベッドで一緒にくつろぎながらセクハラスキンシップをはかると抵抗なし。

「やぁだ、くすぐったい」

と悶えながらも、拒否する感じはなかったのでそのまま服の中に手を入れるともう乳首がビンビンに勃起してかなりエロ買ったです。

「あっ…そこ、感じちゃう…」

すぐに声がエロモードに入ったので、顔の前でチンポを晒してフェラを頼むとそのままぱっくん。

「んっ、…きもひい?」

と上目使いでこちらの様子をうかがいながらしゃぶってくるところがまたエロくてかなり興奮しました。

しかも、最初はしゃぶるだけだったのが、段々口の中でチンポを吸い上げるようにじゅぽじゅぽしゃぶって頭を激しく振るようなフェラに代わっていったのがかなり気持ちよかったです。

お金に困っているからか、泊めてくれるためにもサービスは自分から積極的にしてくれやすく、フェラもただフェラをしてといっただけなのにバキュームまでしてくれるというのも止まる場所に困っている女性だからでしょうね。

もちろん、そのまま口の中に出してちゃんと飲んでねというと頷いてそのまま激しくしゃぶって口の中にフィニッシュ。

ちゃんと言われた通りに呑み込んで口の中まであーんと開けて見せるというところも見られました。

こんなエロプレイができるのも、泊まる場所を提供してあげる強みですね。

神待ちで出会った家出娘が何でもさせてくれるスケベ娘だった

神待ちサイトを使って、この間何をしても嫌がらないような使える女の子と出会えました。

神待ちを使う女の子は、とにかく男のやることを受け入れてくれやすいから即ハメも受け入れてくれやすいので、かなり好き勝手に楽しめました。

神待ちサイトの書き込みの中で、写メが黒髪系のおとなしそうな感じで好み的にはビンゴ。

神待ちサイトの中では「今ネカフェに泊まってるけど、お金がなくて今晩行くところがないです、優しい人泊めてください」

こんな風に書いてありました。

まあよくある神待ちの悪戯釣り書き込みかな?と最初は思ったのですが、そのネカフェが結構近所だったので怖いもの見たさで行ってみました。

ご丁寧に、その神待ちの掲示板にはメールフォームつきだったのでメール送信して連絡したらすぐに入口まで写メの子が来て驚きました。
とりあえず、カップル席に受付で移動して何でお金がないのかを聞いたら。

「漫画とゲームとアニメのDVDでいつも使っちゃう」

だとか。
結構可愛い顔して実はオタク娘というのが余計にそそった。

「泊るとこないなら家来る?」

と誘うと。

「行く!」

と二つ返事でにっこり笑顔を見せてくれました。

とりあえず、ネカフェにいた時間分も奢ってあげて2000円くらいでしたか、大した金額でもなかったので本気でお金がなかったんだな、とわかりましたね。

後は自宅へ連れ込みがてら、当然のようにヤっちゃいました。

家につくなりシャワーも浴びずに玄関でお尻をさわさわ。

「んっ、もうするの?」

向こうもやる気満々みたいで、軽くお尻をふりふりして誘ってくるのがたまりません。

そのままベッドに連れて行き、ちょっと小さめだけど綺麗な形のお尻をもみもみしてパンツの上からチンポを擦りつけて尻コキを堪能しました。

「何か変態っぽくて、興奮する…かも」

自分からお尻を突き出してチンポに押し付けてくる動きがエロくて、おまけにパンツがもうマン汁でびちょびちょ状態なのが上からでもわかって、そのままパンツをズラしてバックから挿入。

「あっ…!んっ、久しぶりだから、イイ…!」

そのままバックから濡れ濡れのマンコを激しくめちゃくちゃにピストンしてから最後はお尻に思いっきりぶっかけまでキメちゃいました。

「また泊めてね?」

と次の日に帰っていくときに連絡先を交換しながら言ってくれた言葉に期待するなというのが無理でしょう。

ホテル代わりに家を使わせてあげる代わりに、今も自分の言うことを何でも聞くセフレとして付き合っています。