Pocket

LINEは、現代におけるメインコミュニケーションツールの一種になっています。
手紙、Eメール、メッセンジャーと進化してきた現代の形がLINEのメッセージ機能なのですが、実はこのLINEというのは告白をする場としても最適なものなのです。
むしろ、場合によってはLINEで告白したほうが上手くいくということもあるんです。
実際、LINEID掲示板のようにLINEだけの関係から恋愛に発展するケースも珍しくはありませんからね。
LINEID掲示板も含め、LINEで異性に思いを告げるメリットを紹介しましょう。

■思いをしっかりと伝えることができる
特に、これは日本人の男女に言えることですね。
告白というのは緊張するものですが、特に日本人というのはシャイな民族ですので、直接告白をしようとすると、どもってしまったり目を合わせられなかったり、緊張しすぎでそもそも言葉が出なくなってしまう人もいます。
こうなると、ちゃんと思いを伝えることができません。
しかし、LINEならばじっくり告白の文章を推敲できるし、時間をかけることができるので自分の思いのたけをストレートに伝えやすいんです。
LINEID掲示板での告白が上手くいくのも、思いを練ることができるからなんです。

■告白が形に残る
LINEでの告白、というのは一昔前で言うラブレターを贈るようなものです。
文字にすることで思いを伝えやすい、というのもあるのですが何より自分の思いが形としてそのまま残る、というところが素晴らしいですね。
後で読み返したりすることもできるので、結構大切な思い出として残るという意味でもお勧めです。

■気まずくならない
告白、というのは上手く行くだけとは限りません。
場合によっては失敗することもあるでしょうが、目の前でフラれるとそのショックで泣いてしまったりすることもあるでしょう。
そんな姿を見られたら最悪に気まずいと思いませんか?LINEならば、此方の顔は見えませんから、最悪フラれても、みっともない姿を見せる心配はなく、強がってさわやかなフリで返すこともできます。
line掲示板で女を誘うときも、断られてもさっぱりできるというメリットがあります。
line掲示板で女を探して、気軽に声をかけられるのも此方の姿が見えないというところも理由の一つですね。

■そもそもLINEの告白にデメリットはなし
逆に、LINEで告白することで何かしら不利になることはあるのでしょうか。
答えはNOです、そもそもLINEで告白してダメという人は仮に面と向かって告白してもダメなものです。
断られる時は、どんな風に告白しようが断られるもの。
逆に、ちゃんと脈がある人であれば直接告白しようがLINEで告白しようがOKされるものです。
line掲示板の女も、むしろ直接誘われるよりLINEで誘われたほうがこたえやすいからいい、というくらいなのです。
結局のところ、LINEで告白したから失敗したなんて言っている人はそれはLINEで告白したことが失敗の原因になったのではなく、そもそもが相手に受け入れられていなかった、というだけの話なわけですね。
なので、LINEで告白ということに対して特に恐れを感じてしまったり、これが原因でフラれてしまったらどうしよう、なんてことを考える必要はないわけです。

■直接会うことができない相手にも告白ができる
これは、特に社会人になってしまったり遠距離になってしまったりしたことで、中々直接会うだけの時間を作ることができないという場合もあるでしょう。
それこそ、忙しいときなんか告白する前は恋人ではないわけですから何の用事かもわからないうえに恋人でもない相手のために忙しい中に時間を作ってあげるというのは結構煩わしいものですからね。
その点、LINEならばいつでも告白してもいいし相手もそれを落ち着いたタイミングで見ることができますので、時間に追われたりする必要もなくじっくりと考えることができます。
告白しようと意気込むあまり、忙しい相手に自分にあって、用事はその時に話すから、なんて言ってしまうとそれで引かれてしまうこともありますので、最初からLINEで告白するほうがずっといいでしょう。