Pocket

いまどき、LINEを使っていないほうが珍しいというくらいにLINEは浸透してきているアプリです。
それこそ、メールや電話以上に連絡ツールとして主流になりつつあるものなのですが、そのLINEにはブロックという機能があります。
要は、嫌いになった人や今後連絡を取りたくない人からのメッセージおよびアクセスなどが一切できなくできる、という機能です。
これのおかげで、面倒な人やもめたことがあっても即座にそれをシャットアウトできる便利な機能ですが、自分がやられると中々にショックなものです。
LINEID掲示板での出会いを使っていると、しばしばブロックされることも珍しくはありません。
そして、みそなのがこのブロック機能は基本的にされているかわからない、ということなんですね。
もしかして自分はブロックされているのでは、そんな風に思ったときに確認する手段をお教えします。
ブロックされてるかの確認方法、というものがあります。
line掲示板で女と知り合いやり取りをしていたけど、突然此方からのメッセージに既読がつかなくなり、連絡がつかなくなってしまった。
もしやブロックされているのでは?そんな風に思ったらスタンプのプレゼント画面を開いてみましょう。
LINEのプレゼント機能で相手を選択すると、ブロックされている場合エラー表示が起こるんですね。
もしもスタンププレゼントができないでエラーが出たら、それはブロックされていると思っていいでしょう。
ちなみに、この方法はIphone版では使うことができないアンドロイド版限定の確認方法になります。
ただ、LINESTOREにアクセスして、そこからプレゼントをしようとすれば確認だけはすることができますので、同様にチェックができます。
そして、この手段のいいところは此方がその方法でブロックをしているか確認をしていることを相手に知られない、ということです。
もしも、ブロックされていたら此方からもブロックして相手の友達を解除しておきましょう。
そして、次の出会いを遠慮せずに探しに行くことができるようになります。
LINEはブロックされてもいちいち落ち込んだりせずに、次の出会いを探しに行くほうがよっぽど建設的なやり方なので、一喜一憂しないことです。
LINEを通じた出会いなんて、最初は軽いものですし相手もあまり好きではないという程度で普通にブロックをしたりするような感覚なので、此方も仮にされていたとしてもあまり気にやまないようにすることがうまく使うコツです。