福島県でのママ活!出会い方から落とし方まで調査しました

福島県のママ活相場をチェック

磐梯山や猪苗代湖さらには五色沼などさまざまな観光スポットがある福島県。
首都圏から遠い印象もありますが、車を使えばアクセスそのものは悪いとは言えません。
そんな福島県でのママ活相場はどのくらいなのでしょうか。
以下では、平均相場を詳しく見ていきます。

顔合わせやカフェデート

ファーストデートの際にまずは軽い会話でと希望するママもいます。
この場合の平均相場は3千円~5千円ほど。
時間にしたら1~2時間程度ですので、時給と考えると高いと考えられます。
中には、7千円ほど対価をくれるママもいるのです。

日中デート

映画を見たりカラオケ、ショッピングやランチといった日中のデートです。
半日かかることはほとんどありません。
平均相場は5千円~1万円ほど。
時間で考えると2時間~3時間と考えると良いでしょう。
平均相場に幅があるのは、ランチだけかその他の要素があるかによって異なります。
当然ながら、ママと過ごす時間が長いほどその相場は高くなるのです。

ディナーや夜デート

福島県でのママ活の場合、ディナーや夜デートは相場が高くなる傾向にあります。
平均相場は8千円~1万5千円ほど。
時間で考えると3時間~4時間です。
日中と比較をして高くなるのは、アルコールが入る可能性があるために時間が長くなる点。

1日デート

丸1日をかけてママとデートをするスタイルです。
恋人気分を味わいたいママや、少し足を延ばしてお出かけしたい時と考えると分かりやすいかもしれません。
平均相場は1万円~2万円。
時間で考えると10時間~12時間となります。
ママによっては3万円~5万円と高い条件提示をすることもあるのが1日デートの特徴です。

いくつかのスタイルによって福島県でのママ活相場を見ていきました。
首都圏よりはどうしても相場が下がりやすくなるのですが、それでもじゅうぶんな相場だという事が分かります。
月極ママであれば月々5万円~10万円とまとまった対価を受け取ることができるので、ママとの関係性と相場に合わせて検討してみて下さい。

福島県でママ活をする際に利用したいママの探し方と出会い方とは

福島県でママ活を行いたい方は、どうやって出会えば良いのかと疑問に感じる方もいるかもしれません。
ここでは、いくつかママの探し方や出会い方をご紹介します。

SNS

Twitterなどは特に、ママ活時に利用をする方も増えています。
アカウント登録は無料ですし、ハッシュタグや検索機能を利用すればママになりたい女性を簡単に探せるのが魅力です。
すでにアカウントを持っている方はママ活専用のものを別に用意するのがおすすめ。
ダイレクトメッセージという個人的なやり取りができる機能を使用し、条件交渉などを行って下さい。
ただし、中には冷やかしや業者も潜んでいますので、その点は注意しましょう。

ナンパ

福島市内であれば有効的な手段となってくれるのがナンパです。
駅前や飲み屋、日中であれば1人で買い物をしているママを狙ってみて下さい。
デパートやショッピングモールであれば「出てくるところ」を狙うのがポイントです。
1人飲みや女性率の高いBARを事前にリサーチしておくのも良い方法。
あまりしつこくすると関係が成立しなかったり、お店から出禁になる可能性もありますから、この点には注意をしましょう。
また、1人旅がブームになっていますから観光スポットに足を運んで声をかける方法もあります。
この場合、福島県外からきている女性が増えますから「その日限りのママ」ということになるでしょう。

出会い系サイトやマッチングアプリ

ライトな感覚で使用をする方も増えたのが出会い系サイトやマッチングアプリです。
福島県無いの地域を絞って会いやすいママを探すことが可能。
隙間時間を利用してアクセスしたりやり取りできるのも魅力の点といえます。
おすすめしたいのは完全無料ではなく有料のもの。
無料はコストがかからず良いイメージがあるかもしれません。
しかし、サクラや悪徳業者が潜んでいる可能性が高くなってしまいます。
また、個人情報を抜き取られるケースもあるので安心できるサイトやアプリを活用して下さい。
ママ活初心者の方にもおすすめです。

いくつかのママの探し方や出会い方をご紹介しました。
いくつかの方法を併用するのも良いですし、自分に合ったものや効率的だと感じる物1つを選ぶんでも良いでしょう。
コストや時間なども考えて決めるのがおすすめです。

福島県で使えるママ活サイトやアプリのおすすめ

福島県の面積と全国3くらいの広さ。
浜通り・中通り・会津の3つに大きく分けることができます。
面積が大きいので、福島県でのママ活を行うならよりピンポイントに地域を絞れるサイトやアプリを活用するのがおすすめです。
数あるサイトやアプリの中から4つご紹介します。

Jメール

登録するだけで無料ポイントや特典が受けられるのでコスパの良いママ活ができるJメール

メッセージで考えると14通ほどであれば無料でやり取りができます。
また、登録している年齢層もママ活おすすめポイント。
年齢層が30代以降の女性が多いため、ママを探しやすいのが大きな魅力です。
さらには、年齢・伸長・スタイル・性格・趣味とかなり詳しい項目まで検索できるプロフィール検索機能も理想のママ探しにピッタリ。
掲示板ジャンルも多数ありますから、ママ活目的の利用がしやすいのです。

ワクワクメール

検索機能が充実しているのがワクワクメールの特徴です。
居住地・年齢・趣味・相手の希望タイプ・職業から暇な時間などさまざまな検索ができます。
さらには、写真検索もありますので「好みのママと」と考えている方にもピッタリです。
掲示板のカテゴリはピュアとアダルトで大きく分かれていますから、どんな掲示板を利用したら良いのか分からない初心者でも利便性も抜群。
クラブやサークル活動のインターネット版といっても過言ではないのが「コミュニティ」機能です。
ワクワクメールにはコミュニティ機能があるので参加をしてきっかけを掴むのもおすすめ
「年の差恋愛」「既婚者OK」などさまざまなコミュニティがありますので、ママが参加していそうなものをチェックしてみて下さい。

PCMAX

老舗の出会い系サイトともいえるのがPCMAXです。
各サイトやアプリの中でもPCMAXを利用している女性の特徴は比較的、経済的な余裕あることが多いのです。
ですから、ママ探しにもおすすめできます。
写真投稿数は1日3万件以上。
アクティブユーザーは60万人以上と常に多くの人たちが出会いを探しているのです。
アクティブユーザーが多いほどにそのチャンスは広がりますので、出会いやすい環境があるサイトともいえます。
アプリもリリースされていますから、スマートフォンから気軽に利用も可能です。

ハッピーメール

ライトな感覚で利用ができるのがハッピーメールの大きな特徴です。
真面目な恋愛や婚活目的の女性が多いサイトやアプリですと、ママを募集したり出会うのは難しい傾向にあります。
その点、ライトに利用可能なハッピーメールはママ探しにもピッタリ。
会員やサイトの雰囲気がノリが良い傾向にありますので、自然な流れでママとの出会いが果たしやすいのです。
さらには、ノリが良いのは「会うまでの時間がテンポよく進む」可能性も高いために、即日ママとの出会いも夢ではありません。

以上4つのサイト・アプリをご紹介しました。
いずれも安全性や信頼度のあるものばかりです。
無料サービスポイントがそれぞれに用意はされているものの、ポイント制を導入しているので、この中から1つお気に入りを探すのが良いでしょう。

福島県でのママ活はおすすめ!その理由をご紹介

福島県でのママ活はおすすめです。
とは言っても、なぜおすすめなのか分からないという声もあるかもしれません。
ここでは、より具体的に「なぜ福島県でのママ活がおすすめなのか」をまとめていきます。

効率的に高収入が目指せる

福島県は福島市など栄えている地域もあります。
また、農産物から漁業なども盛んです。
とはいえ、バイトとして考えてみると最低時給が47都道府県の中では低めとなっています。
バイトを頑張っていても、なかなか余裕が生まれない方も少なくありません。
これが、ママ活をおすすめしたい理由です。
ママ活は短時間で効率的な対価を受け取ることができるために高収入も夢ではありません。
上に深い県民性を持つ福島県の女性。
関係が深まればさらに高い対価を望めるかもしれません。

暇な時間に稼ぐことができる

バイトの合間や仕事が休みの時など、自分自身のタイミングに合わせてママ活がしやすい地域でもあります。
もちろん、ママ活の時間帯は男性側の希望ばかりではなく「ママの都合」を考えて相談することが必要です。
しかし、基本的には時間に縛られることがありません。
既婚者ママは特に時間に対する自由度が高い傾向にあります。
自家用車も1人1台所有していることが多い福島県ですから、男性側に合わせてくれる・足を運んでくれるママも意外と多いのです。

デートがしやすい

ママ活のスタイルはさまざまです。
しかし、基本的には「一緒に楽しい時間を過ごす事」があります。
短時間でもデートを楽しみたいと考えているママが福島県には多いのです。
福島県は、福島駅周辺と飲み屋や商業施設など歩いてでも十分にデートが楽しめる環境があります。
一方、足を延ばせば観光やデートスポットも多数。
あらゆるデートスタイルが取り入れられるので、ママ活もしやすくなります。

ママ希望の女性が多い

福島県はママ希望の女性が多いのです。
あまり知られていない点でもあるのですが、リスクをリスクと感じにくい県民性があります。
それを表す指標として「ギャンブルが好き」な傾向があるのです。
47都道府県の中でギャンブルが好きな人が多い県で第3位となったのが福島県。
ギャンブルが好きな人はリスクをあまり気にしません。
ママ活は時として女性側にとってリスクとなりうる事ではありますが、このような気質があることから積極的にママ活希望女性が増えるのです。

福島県でママ活をおすすめしたい理由をご紹介しました。
県民性や環境を知ると、納得できる部分も多いのではないでしょうか。
「田舎」イメージがある方も多い福島県ではありますが、だからといってママ活がしにくかったりおすすめできない理由にはならないのです。

福島県のママの特徴を確認し出会いに活かす

福島県でママ活を行う際には「ママの特徴」をチェックしておくのも大切なポイント。
特徴を把握していれば、どのように振る舞えばよいのかや、サイトやアプリを通しての探し方にも役立つことでしょう。
ここでは、そんな福島県でのママの特徴を確認していきましょう。

人思いのママが多い

特に会津地域のママに多い特徴です。
人思いで条深い傾向にあります。
ママ活という比較的に割り切った関係であっても「男性の夢」や「対応」といった点に条を抱くママも多いのです。
継続的な関係を続けたい場合や、月極ママを探している方にも嬉しい特徴と言えます。

柔軟性がある

特に浜通地区のママに多い特徴です。
浜通り地区はいわゆる漁師町。
人々との接触が盛んで開放的な地域ともいえます。
このことから、自然と柔軟性や臨機応変に対応できるママが多くいる傾向にあるのです。
物事を広く見る傾向もあるので、やり取りがしやすくママ活でありながらも「楽しい時間」を共に過ごしやすいでしょう。

新しいものが好き

福島県を3つに分けると真ん中に位置するのが中通り地区。
この地区は特に、昔から領主が変わることも多かったため柔軟性ばかりではなく対応力や新しいものが好きという特徴があります。
福島県民は口数が多くないともされていますが、やり取りを重ねていくことでこのような側面を見ることもできるでしょう。
これまで知らない分野や新鮮だと感じるスポットを好む傾向があります。

福島県と言っても地区によって多少は県民性が異なってくるのです。
これと同時に、ママの特徴もまた変化していきます。
ママが福島県のどの地域で生活をしているのかが分かればよりそれに沿ったやり取りもしやすくなるでしょう。
また、特徴を取り入れながら合わせていくことにより、良好な関係が築きやすくなります。

福島県おすすめのママの職業と年収とは?

福島県でママ活をする上で、ママとの条件や相性はとても大切です。
とはいえ、やはりママ活をするのであれば対価も気になるところ。
ここでは福島県でおすすめしたい職業と年収をチェックしていきます。

介護職

福島県は各地域において高齢者が多く暮らしています。
このことから、介護職はとても需要ある職業でもあるのです。
忙しく出会いのきっかけも無いことから、ママ活で癒されたいと考える女性も少なくありません。
年収は250万円~400万円ほど。
そう高いものではありませんが、普段は倹約気質の福島県の女性。
しかし、情が深い県民性ももっているので「この人」と思ったらじゅうぶんな対価を与えてくれます。

経営者

家族で営んできた会社や工場などを受け継いで経営者になったり、老舗のお店を任されるようになったというママも多いのが福島県です。
商業・工業さらには観光地であることもその大きな背景の要素。
年収は1000万円~1億円が平均です。
それ以上だというママもいます。
経済的に余裕はあるものの、さまざまなストレスを抱えていることも多いためにママ活で癒されたい女性も多いのです。

主婦

先にも触れたように、時給は全国から見れば高くないので兼業主婦でも多くの収入があるとは言えません。
高くても130万円前後となります。
専業主婦であれば、当然ながら収入はありません。
しかし、配偶者の収入が高かったりママ自身が家計管理をしていればママ活にも満足できるだけの対価を払ってくれるのです。
時間に対する自由度も高いのでおすすめの職業ともいえます。

いくつかの職業をご紹介していきました。
公務員や薬剤師さらには夜勤などで収入が高くなりやすい看護師など福島県のママはさまざまな職に就いています。
年収がすべてとは言えませんが、判断材料の1つにしてみて下さい。

福島県ママとデートをする際におすすめしたいスポット

福島県ママと会う際には「デート」という形で時間を共有します。
やり取りをしながらママと一緒に決めるのも良いですし、ママの提案に従うのももちろん良い方法です。
しかし、男性側から提案をするのもまた大切。
ここでは、ママとのデートに使いたいおすすめスポットをご紹介します。

郡山温泉

小槍山氏大槻町にあるのが郡山温泉です。
郡山中心部から車で10分ほどと意外と気軽に行ける温泉。
日帰り温泉もあるので、お泊りデートでなくても満足してくれるスポットです。
また、豊かな自然に囲まれている場所なので、その周辺を散策するだけでも非日常感を味わえます。
周辺には、福島県の旬の味覚を楽しめる食事処も多数あるのもおすすめポイントです。

磐梯吾妻スカイライン

福島市士湯温泉町にあるのが磐梯吾妻スカイラインです。
絶景スポットの1つで、ドライブデートにピッタリ。
雄大な福島県の山々の風景と楽しい会話でデートは盛り上がることでしょう。
人目に付きにくいスポットでもあるので、周りにバレたくないママや既婚者ママとのデートにもおすすめ。
季節や時間問わずにその時々の美しさが堪能できます。

スパリゾートハワイアンズ

いわき市にあるスパリゾートハワイアンズはプールや温泉などさまざまな娯楽が集まっているスポット。
映画の舞台になったりと有名な場所でもあります。
「子供が行く場所では」と思うかもしれませんが、開放的な気持にもなれますし施設内にはグルメを堪能できるお店もありますので、ママのストレス解消にもピッタリ。
施設内だけで1日楽しめることや、天候に左右されないのもおすすめできる点です。

アクアマリンふくしま

いわき市小名浜にある水族館です。
オシャレな「映えスポット」が多く、さまざまな水の中の生物を見ることができます。
天候を気にしなくて良いですし、アクセスも抜群。
アクアマリンふくしまだからこそ食べられるスイーツやお土産もありますのでチェックしてみて下さい。
また、おすすめしたいのが「金魚館」です。
さまざまな金魚が泳ぐめずらしい金魚館。
美しく楽しくそしてどこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

大内宿

南会津郡にある宿場町です。
約500mほどの長さで江戸風情を楽しむことができるスポット。
距離も大きすぎないのでお散歩やドライブデートにピッタリ。
福島県名物の蕎麦や餅なども販売されていますので、ランチにも困ることはありません。
駐車場も完備されています。

いくつかのデートスポットをご紹介しました。
思う存分、ママが楽しんでもらえる場所ばかりですので是非とも参考にして下さい。
天候や時間に合わせてチョイスすることが大切です。

福島県のママとデート食事する際におすすめしたいスポット

福島県でのママ活において「食事デート」は鉄板と言っても過言ではありません。
ママの好みを事前にリサーチしてスマートに誘えば、好感度もぐっとアップするハズ。
ここでは、ママとデート食事をする際に利用したいおすすめスポットをご紹介します。

楽蔵‐RAKUZO‐

小槍山氏の駅前にあるのが楽蔵‐RAKUZO‐です。
駅前ながらも大人の隠れ家的な雰囲気がたっぷりのお店で、完全個室なのもママとの食事デートにもおすすめ。
日本料理を中心に提供しているのですが、その時々の福島県を中心とした旬の食材を使っていますので「地元の味覚」を楽しむこともできるのです。
さまざまなメニューが用意されているため、ママの好みが分からない際にも利用できるお店となっています。

湖南亭

いわき市鹿島町にあるのが湖南亭。
ランチでもディナーにも利用ができる焼き肉レストラン。
駐車場もありますので、ドライブデートと合わせて利用も可能です。
ラフな感覚で入ることができるお店でもあり、肉を焼きながら楽しく会話も弾むことでしょう。
人目が気になる方は個室がおすすめ。

隠れ菴 忍家

いわき市平字にあるのが隠れ菴 忍家です。
夕方から深夜にかけての営業ですから、夜の食事デートにおすすめできます。
完全個室のお店で、人目が気になるママも安心。
少し変わったメニューが展開されていて、牛タンメニューやしゃぶしゃぶなど福島県を中心とした東北の味覚が楽しめます。

リストランテ マルテッロ

郡山市富田東にあるイタリアンレストランです。
富田駅から徒歩10分ほどの場所にありますので、この地域で待ち合わせをして電車を利用する場合にもおすすめ。
日本人に合わせた味付けを意識しているレストランですから、好みが別れることが少ないでしょう。
また、食材は郡山の名産を主として使用。
「ここでしか味わえない美味しさ」が堪能できます。
ランチタイム営業もありますから、お昼も夜も足を運びやすいお店です。

いなびかり

いわき市小浜寺廻町にあるお店。
泉駅から車で10分ほどの場所にあり、港が近く美味しい和食が食べられます。
厳選素材で調理された和食は、これまで美味しいものをたくさん食べてきたママも満足してくれるはず。

ママとの食事デートに使いたいお店をピックアップしていきました。
個室が用意されていたり、落ち着いた空間でママとの時間が過ごせるお店ばかりですので「どこか良いお店を知らない?」などと聞かれた時にはぜひとも提案してみて下さい。

福島県のママの落とし方テクニックを大公開

福島県のママを落とすことでその関係は始まります。
落とすと聞くと難しく感じるかもしれませんが、小さなポイントを意識することでスムーズに関係も進むものです。
ここではそんな、福島県のママを落とすテクニックをご紹介します。

夢や希望をアピールする

県民性として情に厚い点があります。
夢や希望にあふれている男性に対しては特に思いを強くしますので、アピールしていきましょう。
夢や現在頑張っていることを話すよう心掛けて下さい。

聞き上手

ストレスから解放されたいママは「聞いて欲しい」気持ちが強いもの。
自分自身の話をして楽しませる意識も大切ではありますが、基本的には聞く姿勢を持っておきましょう。
否定したりアドバイスをするのでは無く受け止め肯定や共鳴する気持ちが大切です。

時には甘える

母性的な女性が多い福島県のママ。
甘え過ぎはいけませんが、教えてもらう・頼ってみるのも有効的です。
1女性として扱うことを忘れずに、時には母性を刺激してみましょう。

このほか大前提として清潔感を忘れないことも大切。
写真を撮る際には服がよれよれではないかや写り込む部屋が汚くないかなどを確認して下さい。

福島県のママ活体験談

福島県でママ活をするなら参考にしたいのが体験談です。
ここでは、実際に福島県でママ活を成功させた方の声を聞いてみましょう。

友達の影響でママ活を始めてみました

ママ活を使用と思ったのは、友達がしていたからでした。
もともと、ヒマつぶしのためにハッピーメールには登録をしていたので何となくメッセージを送ったり書き込んだりしてみたんです。
3日ほどしてから、1人のママが見つかりました。

看護師をしているというママは、癒しが欲しいとのこと。
それを意識して話を聞いたり、日々の頑張り褒めるようにしていました。
すると気に入ってくれて「会ってみない?」と言われママ活することになったんです。

お互いいわき市に住んでいたので、食事はいわき市で食べました。
「ラスタンツァ」というイタリアンバーがおすすめだという事で一緒に行ってきました。
お酒を飲んだりピザやショートパスタさらにはサラダなどを食べながらワインを飲みながらたくさんの話をしました。
時間にしてみたら2時間程度ではありましたが、対価は1万円と交通費。
初めてのママ活としてはじゅうぶんかなと思います。