北海道でママ活をしたい方必見!ママの特徴からおすすめスポットや落とし方まで大公開

北海道でママ活をしたいと考えている方もいるハズ。
日常生活の中ではママを探すことは難しいかもしれません。
しかし、出会い系サイトを利用すればその希望を叶えやすくしてくれます。
ここでは、北海道でママ活をするおすすめの理由から特徴さらには狙い目の職業や年収まで細かくチェックしていきますので、参考にして下さい。

北海道のママ活相場について

やはり気になるのが北海道でのママ活相場です。
ここでは、相場について詳しく見ていきます。

買い物やデートなど

買い物やデートなど比較的に短時間でかつライトなママ活内容です。
相場平均は1万円~3万円ほど。
高収入のママであれば5万円以上という場合もあるのです。
時間に関しては2~3時間ほどの相場と考えて下さい。

食事デート

食事代金はもちろんママが負担します。
それを除いた対価は1万円~5万円ほど。
中には食事が対価のメインとなるために5千円を提示するママもいるようです。
時間にしたら1時間~3時間。
自身の納得度や対価に合わせて判断するのが良いでしょう。

1日デート

1日まるごと使ったデートです。
1泊旅行などを行う事もあるでしょう。
相場平均は5万円~10万円といわれていますが、高収入のママですと30万円と多額の対価を渡してくれることもあるのです。

おおよその相場だけでも把握しておくと、条件交渉の際に便利ですのでぜひとも参考にして下さい。

北海道でのママ活の探し方やママとの出会い方

北海道でママ活をする方の中にはその方法が分からない方もいるかもしれません。
ここでは、そんな探し方・出会い方をいくつかご紹介します。

ナンパ

以前からある方法ともいえるのがナンパです。
札幌駅や夜であればすすき野エリアは人通りも多いのでナンパはしやすいです。
日中は買い物途中の主婦層が多く、夜は飲みに足を運ぶ女性が多いのが特徴。
1人で歩いているかや、待ち合わせではないかを確認したうえで声をかけて下さい。

サークルやスクール

サークルやスクールに通う女性も増えています。
札幌市内などであれば教室も多いために、女性人気の高い所に参加をしてママとの出会いが探せます。
函館や網走、十勝などの地域はどうしてもスクール数が少なくなりがち。
その代わりに個人もしくは自治体などでサークルを立ち上げているところもあるので参加してみるのもおすすめです。

インターネットを利用する

出会い系サイトやマッチングアプリです。
北海道といっても土地面積は相当なもの。
サイトやアプリを活用することによって、希望の地域を絞り込めたり逆に広げたりと自由自在。
お仕事が不定期でな方や忙しい方でも、少しの時間でアクセスし出会いが探せるのが利点です。

代表的なものをいくつかピックアップしました。
いくつかの方法を取り入れるのも良いですし、利用しやすいなと感じたものを試してみるのも良い方法です。

北海道のママ活で使える!サイトやアプリ

コストやリスクを少なくママ活をしたいと考えている方はいませんか。
そのような場合には、出会い系サイトやマッチングアプリがおすすめです。
サイトやアプリの数も今ではたくさんありますが、ここでは4つをご紹介します。

Jメール

若い世代が多い印象もあるサイトやアプリですが、Jメールは50代の女性も多く利用しています。
年齢層が幅広いためにママ活もしやすいサイトといえるのです。
また、コミュニティ機能なども用意されています。
これを上手に活用することで、自然な流れでママとのきっかけを掴むことができます。

ワクワクメール

登録者数は950万人ほど。
アクティブユーザーも多いのがワクワクメールの魅力です。
アプリ版もあり、さらにはママ活が公認されているので不安感無く利用できるのが大きなメリット。
プロフィール欄がしっかりと作られているために、充実させてママへアピールしてみて下さい。

PCMAX

PCMAXは出会い系サイトやマッチングアプリの中でも人気の高いサイトの1つです。
メディアなどでも紹介されることが増えて、さらにアクティブユーザーも多くなりました。
掲示板の種類も豊富でアダルト専用の掲示板も存在。
これを活用してママ活をする方が多い傾向にあります。

ハッピーメール

日本最大級の出会い系サイトと言っても過言ではないのがハッピーメールです。
男女比率のバランスも整っているために、スムーズなママ活が実現しやすい利点があります。
ライトな感覚で利用をしているユーザーが多いので、ママ活や割り切り関係を求める女性も多数。
理想のママが探しやすい環境があるとも考えられます。

4つの出会い系サイトやマッチングアプリをご紹介しました。
それぞれの特徴を把握して自分に合ったものを選んでみて下さい。

ママ活をするなら北海道!その理由とは

「出会いやすさ」という点を考えると、東京や大阪など多くの人が密集している場所が良いイメージが強いものです。
確かに、チャンスは高い地域でもあります。
しかし、北海道をおすすめしたい理由もいくつかあるのです。
以下、おすすめの理由をいくつかに分けてご紹介します。

交通費がかかりにくい

まずは交通費です。
ママ活をするなら出来るだけコストは抑えて実現させたいもの。
食事やデート代金などは基本的にママ側が持つのがママ活のルール。
しかし、会うまでの交通費や交通手段は自ら支払う事も少なくありません。
北海道ともなると、電車やバスなどの交通代金が高くなる傾向があります。
しかし、北海道でのママ活はこの交通費がかかりにくいのです。
その理由ですが、ママ達は「足」を持っていることが大半。
簡単に言えば、自家用車を持っていることが多いのです。
一家に一台というイメージも多い車ですが、北海道の場合は生活必需品と言っても過言ではないために「1人1台」も珍しくありません。
特に、ママ活希望の女性であれば経済的な余裕がありますから、車が自由に使える環境にあることが多いのです。
北海道と一言で言っても場所によっては、かなりの距離や時間がかかることもあります。
しかし、車があれば「少しくらい離れた場所でも会いに行く」という女性も少なくありません。

範囲を広くママを探せる

札幌エリアや釧路エリアなど地域を絞ってママを探すのももちろん良い事です。
しかし、地域を絞り過ぎてしまうと理想のママに出会えなかったり、せっかく出会い系サイトを利用してもぴったりの女性に巡り合えなかったという事もあるかもしれません。
しかし、先にも触れたように車を所有しているママであればある程度の距離は気にしないとの声が大半です。
このことから、範囲を広くママを探すことができるのです。
多少の距離があっても、気になるママがいればアプローチをしてみて下さい。

人目を避けやすい

ママ活をしている事を周りの人には知られたくない方も少なくありません。
日常生活に支障をきたすことなくママ活ができるのが理想でもあります。
そんな理想を北海道であれば叶えやすいのです。
北海道と一言でいっても、そのエリアはかなり広いもの。
自分自身の生活エリアから少し外れた場所でママ活がしやすいのです。
友達や家族さらには職場の友人や恋人、配偶者に知られたくない方は北海道でのママ活がオススメ。

ムード作りやデートがしやすい

国内外から人気の観光スポットでもあるのが北海道です。
見どころから美味しいお店などもたくさんあります。
せっかくならムードがあるそして楽しいママ活がしたい方や、継続的な関係を希望しているから「1回を大切にしていきたい」と考えている方にとってもおすすめです。
例えば、旭山動物園や赤レンガでお散歩デートもできますし、小樽運河や美瑛など景色が美しくムードある時間を演出することもできます。
こうしたスポット周辺には、飲食店や宿泊施設も充実しています。
これもまた、おすすめポイントの1つです。
いずれの施設や飲食店さらには宿泊施設は必ずと言って良いほど駐車場が完備されています。
周りの目を気にすることなく動くこともできます。

北海道で生活をしているママ達は、その県民性から大らか。
男性側の申し出を快く受け入れてくれることも多いのです。
住民の方はもちろんですが、出張や観光ついでにママ活をしたい方にも北海道はおすすめの地域でもあります。
「広い分、出会いにくい」といったイメージもあるようですが、決してそのようなことは無いのです。

北海道のママの特徴をチェックして希望の関係になろう

「ママとなって楽しい時間を過ごしたい」と考えるのはママ活希望女性の願いです。
この点においては全国共通ではありますが、北海道のママだからこその特徴もいくつかあります。
ここでは、そんな北海道のままの特徴をいくつかに分けて確認していきましょう。

基本的なママの特徴

これは、北海道の県民性と言っても良いでしょう。
北海道は広大な土地を誇る地域でもあります。
それと同様に、暮らす女性たちはまるでその土地を投影しているかのように大らかな人が多いのです。
母性的で受け入れてくれる優しいという特徴があります。
「大らか」「母性的」と聞くと、どこか受動的に感じるかもしれません。
しかし、決してそうではないのです。
意外だと思われる方も多いかもしれませんが、新しいものが好きで流行を取り入れた時間を過ごしたいなどいわゆる「ミーハー気質」であることもまた特徴の1つ。
北海道は港町としても栄えてきた背景があります。
海外の文化が入ってくる土地でもあることから、目新しいものや最先端と呼ばれるものを好む傾向もあるのです。
これが、ママ活においてもアクティブさにつながっています。

明るく話しやすい人柄

北海道の女性とやり取りをしてみると分かるかもしれません。
話しやすく、まるで以前からの知り合いや友達であるかのような感覚で接することができます。
北海道のママは明るくフレンドリーに接してくれることが多いのです。
出会い系サイトでやり取りをする上でも、これは嬉しいポイントといえます。
会うまでの流れも作りやすくなりますし、楽しいやり取りから希望の関係へと進展させることができるのです。

我慢強い

北海道のママは我慢強いとも言われています。
厳しい寒さの中で生活をしている北海道の女性。
この背景から我慢をする性質を持っているのです。
ある意味、強さと称することができるかも知れません。
持ち前の明るさとこの我慢強さで、困難を乗り越えてきた女性も少なくないのです。
また、我慢強さはほかの角度から見れば「進む力がある」ともいうことができます。
時に大胆に行動することもできるために、ママ活においても二の足を踏んだりすることはありません。
自分自身が望むのであれば、積極的に進んでいく傾向にあります。

信頼関係を大切にする

積極的な県民性は恋愛観にも反映されています。
オープンで大胆。
さらには自らの希望に忠実に突き進む力を持っている北海道のママ。
しかし「誰でもOK」というわけではありません。
スピーディーな展開よりも、どちらかというと人と人との関係性を大切にするのです。
ある程度の時間がかかっても、互いを知りそして信頼を高めることを好みます。

優しさや誠実さを求める気持ちが強い

例えママ活といった割り切った関係性であっても、適当な関係であることは嫌います。
相手の男性には優しさや誠実さを求める気持ちが強いのです。
ママ活は、あくまで「楽しい時間を共有すること」「女性としての価値や幸せを感じること」を求める女性が行います。
このことでも分かるように、同じ時間を過ごす上で優しく誠実な対応をしてくれる男性を好むのです。

娯楽に関してはケチになることが少ない

厳しい寒さの中で暮らしてきた北海道の女性。
金銭感覚においては、倹約家が多いとも言われています。
全体的に見れば確かに倹約気質ではあるかもしれません。
しかし、それに関しては「無駄なことにお金をかけたくない」という気持ちの表れです。
娯楽や趣味には惜しみなくお金を使うという特徴もあります。
そうしてストレスを発散させバランスを取っていると考えると分かりやすいかもしれません。
結果としてバランスの良い金銭感覚を持っているとも言えます。
ママ活をする上において「無駄だ」と感じさせないようにふるまうことが大切。
継続的なママを探している男性は「自分にハマってもらう」ことによって、満足できる対価を受け取ることがしやすいのです。

北海道のママの特徴をチェックしてみると、出会い系サイト内でどのように接したら良いのかが見えてきます。
また、事前にこの特徴を把握しておくことでスムーズな関係を作れるのです。
出会い系サイトでは掲示板機能ばかりではなく、個人的にやり取りができるメッセージ機能も用意されていますので、話をしながら各ママ候補の特徴をおさえていくのがおすすめ。

北海道でママ活するならオススメしたいママの職業や年収を大公開

恋愛関係とはまた違うのがママ活における女性との関わり方です。
これからママ活をしたいという方は、ママの職業や年収を把握しておくのも満足できるママ活のポイントになります。
ここでは、ママの職業と年収といった部分に焦点をあてて考えていきましょう。

会社員

札幌や帯広、旭川など企業が集まる地域に多いママが会社員です。
年収平均は業種や企業によって異なりますが、平均すると200万円~400万円ほど。

経営者

北海道は経営者女性も多い地域でもあります。
規模はさまざまですが、観光関係から酪農や農業施設などを経営しているママも少なくありません。
函館や札幌さらには網走など観光客が集う地域でそれらに携わる経営をしているママであれば高収入のことも多いのです。
年収は1000万円が相場。
多いママともなると1億円を超える人もいます。

医師や看護師

医療に携わるママです。
人口密度が比較的に高い地域は医療施設も充実していますので、こうしたママを狙うのもおすすめ。
また、それ以外でも診療所を経営している場合もある程度の収入があります。
医師の場合の平均年収は900万円~1500万円ほど。
看護師の場合は250万円~350万円です。
全国相場と比較をすると少なく感じるかもしれません。
しかし、医師や看護師をしているママは夜勤や人間関係などでストレスを感じることも多いため「ママ活で癒されたい」と相応の対価を払う事も多いのです。

公務員

北海道庁は札幌市にあります。
その他いわゆる役場と呼ばれるところは各地域にありますから、北海道全土にわたって出会いやすい職業ともいえるのです。
イメージとしてお堅いと思うかもしれません。
閉鎖的な環境でコツコツと業務に携わっているために、女性性を認めてほしい気持ちやそのストレスを発散させたいとママ活をする女性も多数です。
年収平均は300万円~400万円ほどとなります。

夜のお仕事

有名なのは北海道の札幌市にある「すすき野」です。
キャバクラから風俗店さらにはパブやスナックまであらゆる夜のお店がある地域です。
それ以外の地域にももちろんありますが、この周辺であれば狙いたいママの職業でもあります。
年収は平均800万円~2000万円ほど。
この金額以上を稼いでいるママもいます。
「誰かの話を聞き接待する」「サービスをする」のが夜のお仕事です。
それだけにストレスも大きくなりますので、ママ活で施される側になりたいと希望する女性も少なくありません。

主婦

兼業主婦であればパート代という事になります。
専業主婦であれば配偶者の収入でママ活を行うこととなりますから、配偶者の収入に依存するのです。
年収は0~200万円ほど。
配偶者が高収入の場合でかつ、家計を女性が管理しているのであればある程度の自由が利きます。
このことから、ママ活を思い切り楽しんで、妻や母親という役割から「女」の時間を過ごしたい方も多いのです。

おすすめしたい代表的な職業並びに年収を紹介していきました。
観光施設が多い北海道ですから、ショップ店員(年収250万円~400万円ほど)や、高齢者が多く暮らす地域だからこそ需要も高い介護職(250万円~350万円)などもまたおすすめのママ候補です。

北海道のママとデートスポット

北海道のママとデートや食事をすることを考えておくのも効率的なママ活のコツです。
ママの希望を聞いて選ぶのも良いのですが、ここではいくつかのおすすめスポットから選び方についてまとめていきます。

旭山動物園

旭川市東旭川町倉沼にある動物園です。
ホッキョクグマやペンギンなど土地柄を活かした寒冷地域の動物を飼育展示しているのが旭山動物園です。
童心に戻って楽しいデートをしたい女性と足を運びたいスポット。
人気の観光スポットでもありますが、人々に紛れることがしやすいために人目につきにくいのもポイントです。

赤レンガテラス

札幌市の中央区という都会にあるのが赤レンガテラスです。
交通アクセスも抜群ですし、駐車場からカフェなどもありますのでムードある時間を過ごすことができます。
デートプランを考えるのが苦手だという方はもちろん、1つの場所で楽しいデートをしたい際にもピッタリ。
また、中央区からであればホテル街があるすすき野地区にも比較的に足を延ばしやすいのでスムーズな流れも作りやすいでしょう。

小樽運河

小樽市港町周辺にあるのが小樽運河。
ドラマの撮影から観光まで人気の場所でもあります。
特に日が暮れてからは、ガス灯が柔らかで優しい雰囲気を醸し出してくれるのでおすすめです。
どこかノスタルジックでただ歩いているだけでも自然と距離が近くなるハズ。
近くには有名な寿司店や飲食店、カフェなどもありますから小樽エリアでママ活をする場合にはぜひとも足を運んでみて下さい。

円山公園

札幌市中央区にある公園です。
中心部から少し離れた場所にあるために人目を気にするママとのデートにはぴったりの場所ともいえます。
特に春先には花々が綺麗で穏やかな時間を過ごすことができます。

観光施設が多く自然やムード満点の北海道。
ママの希望なども加味してチョイスして下さい。

北海道のママと食事デートスポット

ママ活では食事デートが多いものです。
ここでは、北海道のママ活で使える食事スポットをご紹介します。

ルジャンティオム

すすき野から少し離れた場所にあるフランス料理店です。
居酒屋のようにわいわいとした雰囲気ではなく、ゆったりとした大人の時間を過ごすことができます。
人目を避けつつも、少し足を延ばせばホテル街もあるために利便性も抜群です。
料理はお墨付きで、北海道産の食材を使用した季節の料理をシェフが提供してくれます。
さらには、ワインの種類にも自信があると言うお店ですから、ワイン好きのママであれば喜んでくれるでしょう。

MINAMI

赤レンガテラス内にあるイタリアンです。
大きく開放的な窓が目印。
北海道産でかつこだわった食材で作られるコースを食べることができます。
旧北海道庁舎を望みながら食べるイタリアンはムードも満点。
また、ショッピングモール内にあるお店ですから足を運びやすいのもおすすめポイントです。

カノフィーロ

「大人の隠れ家」をコンセプトとした札幌市中央区南2条にあるイタリアンです。
その名前の通り、ゆったりとした雰囲気が特徴的で個人個人の空間をしっかりと保つことができます。
決まったメニューがないのが大きな特徴。
その日に市場で仕入れてきた「その時1番美味しい食材」がお任せコースに並びます。

デッラアモーレ

円山公園から近い札幌市中央区宮の森にあります。
デートからそのまま食事へと自然な流れを作ることがしやすいイタリアンレストラン。
背筋を伸ばしていただく高級店というよりも、ライトな感覚で楽しむことができるためにランチとして利用をするのもおすすめです。
ライトと言ってもその味は抜群。
デッラアモーレでしか味わえない生パスタを作って提供しているために「特別な時間」を過ごすこともできます。
食材においては、北海道産のものが中心。
パスタ以外にも季節感あるメニューも展開されていますので、ママの好みに合わせやすいのも嬉しいポイントです。
ドルチェ(デザート)の種類もありますから、甘いものが好きなママも大満足してくれます。

交通手段と待ち合わせ場所さらには時間帯などに合わせて、レストラン選びをしてみて下さい。
また、それぞれの場所が遠すぎないように意識をするのも大切です。
出会い系サイト内でのやり取りの中で、さりげなくママの好みをリサーチしておくのも良い方法と言えます。

北海道のママの落とし方をチェックして効率の良いママ活をしよう

ナンパをしたりママ活をしている知人の紹介を受けるなどそのきっかけはさまざまあります。
しかし、効率的かつリスクが低いのは「出会系サイト」を利用する方法です。
会員数さらには各地域のユーザーが多いワクワクメールやPCMAX、ハッピーメールは機能性にも富んでいておすすめ。
新規登録車無料ポイントなど嬉しいサービスも充実しています。
そんな出会い系サイトを利用してママ活をする上で、大切なのは「落とし方」です。
落とし方と聞くと、初心者には難しいのではと思うかもしれません。
ここでは、初めてのママ活でも参考にできる北海道のままの落とし方をいくつかご紹介します。

交通や土地に対する配慮を見せる

北海道も場所によっては、それぞれの場所が数百キロ離れていることも珍しくありません。
出会い系サイトにて近くのママを探すのも1つの方法ですが、どんな時でも意識しておきたいのが「交通や土地に対する配慮」です。
自分が会いやすい場所を指定するのではなく、まずはママが会いやすい場所を聞いてみて下さい。
また、やり取りの中でママが「車を出せる」と言ってもそれに甘えてはいけません。
もし、自分自身の車があるのでしたら「自分が行くよ」と提案するのも優しさです。
どちらか一方の近くではなく、中間地点を提案するのも良い方法。
ママ活の場合、ママ側が近くに来てくれたり車を準備してくれることが多いかもしれません。
その時は必ず「ありがとう」など感謝の気持ちを言葉にして伝えるようにしましょう。

条件交渉のタイミングを考える

北海道のママは積極的で、自分の希望に対しての対価などを惜しむことはありません。
とはいえ、出会い系サイトでメッセージのやり取りが始まってすぐに条件交渉を始めることはおすすめできません。
県民性として優しく誠実な男性を好みますから、まずは趣味や好きなことさらにはママの愚痴などの「聞き役」に徹して下さい。
今すぐにママ活を始めたいと考えるとついつい見切り発車をしやすくなります。
しかし、これが結果として失敗の原因となってしまうのです。

周りの目を気にすること

札幌市などは比較的、さまざまな人が行きかう地域。
ですから、ママ活もしやすいと考えられています。
しかし、釧路や厚岸などであれば少し注意をして下さい。
ママ活をする女性の中には既婚者もいます。
その時は特に、周りの目を気にする提案を心がけるようにしましょう。
例えば、さりげなくやり取りの中で既婚者かどうか確認すること。
もし、周りの目を気にするようであればデートも個室のお店を選んだりドライブデートを中心に考える。
ママ活の場合、ママが主導権を持つことが多いものの、こうした心配りは誠実さをアピールするポイントにもなります。
このポイントが結果として「会ってみたい」と思わせるのです。

時間を考える

出来れば自分自身とって負担のない時間帯にママ活を行いたいものです。
それを条件交渉時に切り出すのも悪くはありません。
しかし、まずはママに時間についての配慮を見せてください。
例えば、小樽市や函館市など観光地として栄えている地域であっても、居住エリアは夜ともなると街灯が少なくなったり、夜間に動くことで人目についてしまう事もあるのです。
ママがどの地域にいるのかを把握して、それに対する配慮ある時間を提案してください。
こうした心配りはママの心を掴みやすくしてくれますし、「会っても優しくしてくれそう」「素敵な時間が共有できそう」と思ってくれる可能性が高くなるのです。

基本的なポイントだけでもおさえておけば、印象も変わりますしママ候補がママになる流れを作りやすくしてくれます。
広大な地域だからこそ出会いやすい環境でもありますが、だからこそその部分に配慮を見せることが大切です。

北海道のママ活体験談をご紹介

いくつかのポイントを確認していきましたが、実際に北海道でママ活を成功させた方の声を聞くととても参考になります。
以下では、そんな体験談をご紹介しましょう。

函館でママ活大成功!

転勤となり函館で暮らすことになりました。
生活で手一杯で、趣味に投資することができず思い立ったのがママ活。
とはいえ、友人もいないので出会うキッカケもありません。
そこで利用をしてみたのが「ワクワクメール」でした。
登録はとても簡単で、有料ではありますがポイントも良心的な価格帯でした。
検索機能を利用して、函館でママ活希望女性を探してみるとたくさんの人がヒット。
その中でも、旦那さんが九州に単身赴任をしているという同じく函館住みの40代女性が気になりました。

メッセージを送って2時間ほどで返事がきました。
最初は他愛ないやり取りをして、趣味で音楽をしていることを話をすると「私も昔バンドをやっていたんだ」と意気投合。
ぜひともその趣味を伸ばしてほしいとママ活を申し出てくれたんです。

わいわい飲むのが好きというママのために提案したのが函館本町にある「Hakodate Dining 備後屋」と言うお店。
居酒屋でありながらも個室があるので、人目を気にすることもありませんでした。
リーズナブルな価格のお店を選んだのも、ママからしてみるとやさしさに感じたようで選んで正解だったようです。
お酒と土地の魚や料理を食べながら楽しく話をしました。
いくら旦那さんが単身赴任中とはいえ、遅くまでとは行かないので2時間ほどでお店を出ました。
その後、定番ではありますが函館山へ。
観光客が大半なので、逆に地元の人と会うことが少ないのも良かったなと感じています。

トータルして3時間と少しでしたが、とても楽しい時間だったと条件時よりも少し多めにお小遣いをもらいました。
ママとはその後もたまに会っています。
今度は「立待岬へ行きたい」というので、一緒に出掛ける予定です。