石川県のママ活はおすすめ?成功させるコツや情報をまとめました

石川県のママ活相場はどのくらい?後悔のないママ活をするために知っておきたい事

石川線でママ活をしたい男性の多くが気になるもの。
それが「相場」です。
把握をしていないと、男性側が損をしてしまう事もあります。
そこでここでは、石川県のママ活相場についてまとめていきましょう。

カフェデート

ママと一緒にお茶を楽しむママ活方法です。
顔合わせのような意味合いで提案するママも多いようです。
平均相場は3千円~6千円ほど。
平均時間は1~2時間です。
短時間なのがカフェデートの大きな特徴の1つとなっています。

短時間デート

1つのスポットでデートをしたり、買い物や映画などのママ活方法。
短時間ながらも2人の時間を堪能できます。
平均相場は5千円~1万円ほど。
平均時間は2時間~3時間です。
半日などの時間を要することがないために、男性側も行いやすいママ活方法。

食事デート

ママ活方法といえば食事デートと言っても過言ではありません。
ママと美味しいものを食べたりアルコールを楽しむママ活方法。
平均相場は5千円~1万5千円ほど。
平均時間は2時間~4時間です。
ランチ・ディナーさらにはアルコールが入るかなどの要素によって時間は異なってきます。

1日デート

恋人同士のデートを思い浮かべると分かりやすいかもしれません。
お泊りをすることは無いものの、長時間ママとの時間を過ごす方法。
平均相場は1万円~2万円ほど。
平均時間は10時間~12時間です。
時間が長い分、対価も高い傾向にあります。

いくつかのママ活方法によって平均相場を確認していきました。
首都圏と比較をすると少し下がる傾向がある石川県でのママ活相場。
とはいえ、高めの相場ともいえるのです。
条件交渉やママとの関係性さらにはママのリッチさなどでこれ以上の対価になることもあります。

石川県でママ活をするならチェックしたいママの探し方と出会い方

石川県でママ活を行うための最初の行動。
それが「ママを探す」という事です。
出会いのきっかけをつかむことがママ活ではとても大切。
ここでは、石川県でママをゲットするための探し方や出会い方をまとめていきます。

SNS

今ではSNSを利用してママ活をする男性も全国的に増えています。
多くの方が利用しやすく無料で手軽など「始めやすい」魅力があるからです。
SNSでのママの探し方は、検索機能を上手に使用すること。
「石川県 ママ活」と入力するのも良いですし、より細かな地域を指定するとさらにスムーズ。
さらには、ハッシュタグ検索をすればさらに分かりやすくなります。
個人的なやり取りが可能なメッセージ機能もあるので、細かなやり取りはこれを必ず使用してください。

街コン

街コンとは指定された場所に集まってさまざまな男女が出会いのきっかけを作るものです。
1人当たりの会話時間が少ないために、コミュニケーション能力やいいなと思ったら連絡先を聞くなどの積極性が求められるかもしれません。
石川県の場合、金沢市を中心に街コンが開催されていることが多い傾向にあります。
また、それぞれの街コンコンセプトがあるので「ライトな出会い」が作れそうなものに参加をするのも大切なポイントです。

出会い系サイトやマッチングアプリ

手軽で成功確率が高い方法と言えるかもしれません。
多くの男女が出会いのために利用をしているのが出会い系サイトやマッチングアプリ。
真剣な出会いから食事だけなどさまざまな目的で利用をしています。
ママ活に向いているサイトやアプリを利用すれば、スムーズにママを探せますし出会いに繋げることも可能です。

いくつかの方法をご紹介しました。
それぞれに特色があり、魅力もあります。
自分に合ったものを1つ選択するのも良いですし、状況に合わせていくつか取り入れるのも良いでしょう。

石川県で使えるママ活サイトやアプリのおすすめ紹介

石川県内でママ活を行う際に便利なのが出会い系サイトやマッチングアプリです。
自宅や通勤時間などを利用してママと探しやきっかけ作りができます。
ここでは、数あるサイトやアプリの中でもおすすめしたいものをご紹介しましょう。

Jメール

会員数600万人で、ログインユーザーも多いのがJメールの魅力です。
掲示板の書き込み数が多いので、石川県内のママ探しがスムーズにできます。
これがおすすめの大きな理由です。
また、ライトな感覚でメッセージを送ったり書き込みが可能な「誘い飯」掲示板は活用したい機能。
さらには、利用者年齢層も30代以降の女性が多いのでママ探しが行いやすい環境となっています。

ワクワクメール

前払いポイント制を導入しているために、使い過ぎを防止したり気軽に利用がしやすいのがワクワクメールの特徴です。
検索機能が充実していて、趣味や何と悩み事などからでもママを探すことができます。
共通の話題が作りやすいために、スムーズなやり取りもしやすいのです。
また、「いっしょにごはん」という掲示板ジャンルもおすすめ。
やり取りを重ねたり面倒なステップを省いで即ママ活ができる可能性も高いのです。
さらに嬉しいのが、メッセージ送信には5ポイント消費しますが、書き込みは無料という点。
気軽にママ探しもしやすいのです。

PCMAX

1千万人以上の会員数を誇るPCMAX。
2002年に運営をスタートした老舗の出会い系サイトでもあります。
老舗で信頼度も高いサイトですから、長期間に渡り利用をしているアクティブユーザーも多く、年齢層も高めなのでママ探しにピッタリです。
「初めてのママ活だから不安が強い」方にもPCMAXなら安心。
24時間365日体制で監視をしているので、トラブルに見舞われる可能性がほとんどありません。

ハッピーメール

「ライトな出会いを」そんな目的で利用する女性が多いのがハッピーメールです。
まさしく、ママ活にピッタリのサイトともいえるでしょう。
ライトな出会いを求める女性が多い理由は、広告効果が1つの理由。
女性の目に留まりやすい所へ広告をしているのです。
これは、女性会員数の多さからでも見て取れます。
検索機能は、詳細に項目が用意されているので石川県内の「理想のママ」を探し出せるハズ。
また、登録が無料で新規会員であれば登録後に無料ポイントも付与されるのでコスパも抜群です。

以上、4つのおすすめのサイトをご紹介しました。
いずれもアプリ展開をしていますのでスマートフォンからでも使いやすいものばかりです。
それぞれに魅力がありますので、自分に合ったものを選んで活用してみて下さい。

石川県でのママ活はおすすめできる!その理由をご紹介

石川県でママ活をしたいけれど、ママと本当に出会えるのか・環境として適しているのかと考えている方はいませんか。
そのような方は安心して下さい。
石川県はママ活におすすめ出来る県なのです。
以下では、なぜおすすめできるのかについてまとめていきます。

車所有率が高い

石川県は1人1台車を所有していることが大半。
石川県での移動に最も便利なのが車なのです。
また、石川県の年間降水量は47都道府県内で4位と非常に高いものになっています。
「弁当を忘れても傘を忘れるな」と言われるほど。
こうした天候の特徴も所有率の高さかもしれません。
ママ活において、車が使えるのは有利。
デートがしやすいですし、地域を広げてママ探しもしやすくなります。

大盤振る舞いをしてくれる

これもまた、石川県の県民性といえるかもしれません。
日常生活の中では無駄な浪費をすることは無いのが県民性の1つ。
しかし「ここぞ」という時には贅沢をしたり大盤振る舞いする傾向にあるのです。
ママにとって男性と過ごす時間はまさしくこの時。
対価が高めに受け取れたり、より満足度の高いママ活ができるのです。

疲れにくいママ活環境がある

石川県でのママ活は疲れにくいのでおすすめ。
特に女性は空気を読む県民性を持っていると言われています。
わがまま放題・自分の気持ちばかりだなどという事がありません。
お互いに心地よい関係が作りやすいのが石川県でのママ活です。

いくつかおすすめの理由をまとめていきました。
県民性を考えていくと、なぜ石川県が良いのかが見えてきます。
利便性そして実際にママとやり取りをする際にもスムーズに進みやすいでしょう。

石川県のママの特徴を調査

石川県でママ活をする際、共通の趣味や話のきっかけを掴むのは大切な事です。
しかし、そればかりではなく「石川県のママ」だからこその特徴を知っておくのもおすすめ。
それを把握しておけば、ママとの関係が進みやすくなるはず。
以下では、そんな石川県のママの特徴をまとめていきます。

素朴で働き者

特に能登地方のママに多い傾向があります。
風土も大きく影響しているようで、素朴で働き者のママが多い傾向にあります。
アピールをそのまま受けることも多いので、ママが喜ぶ言葉を意識すれば関係成立も夢ではありません。

好奇心が旺盛

好奇心旺盛なのも石川県のママの特徴。
特に金沢市のママはこのような傾向にあります。
伝統を重んじつつも新しいものやオシャレなものさらにはブランド物などその好奇心は幅広いのです。
ママ活に対して積極的な女性も多い傾向にあります。

働くことが好き

石川県のママは働き者で、結婚後も兼業主婦になる人が多いのです。
47都道府県の中で失業率が40位と職環境が整っている背景も要因の1つ。
また、伝統工芸品も多くこれらは昔から女性が担い手だったという事も働くことが好きな事に繋がっているとも考えられています。

石川県のママの特徴をいくつか見ていきました。
素朴で真面目そして好奇心が旺盛なママが多いのは、ママ活シーンでも有利に働きやすい要素です。
ママとのやり取りの中で特徴を掴んで良好な関係を築きましょう。

石川県おすすめのママの職業と年収について

石川県でママ活をする方の中で対価に重きを置きたいと考えている場合、ママの職業や年収を把握しておくのも良い方法です。
サイトやアプリであれば、プロフィールから確認可能ですから比較的に知りやすい要素でもあります。
ここでは、石川県でおすすめしたいママの職業と年収をまとめていきましょう。

経営者や個人事業主

伝統工芸を作ってる会社を家族から受け継いだママ。
金沢市など商業施設が多く立ち並ぶ中で店舗などを経営しているママ。
さらにはクリエーターなど個人事業主として働くママが石川県にはたくさんいます。
平均年収は1千万円~8千万円ほど。
それ以上の億収入を誇るママもいます。
経済的な余裕があるために、対価も高く提案してくれたりデートをするにしても高級店へ連れて行ってくれるかもしれません。

薬剤師

薬と言えば富山県をイメージするかもしれません。
富山県と近い石川県には、製薬会社や薬局さらにはドラッグストアが数多く存在しています。
ですから、薬剤師需要が高いとも考えられるのです。
平均年収は500万円~650万円ほど。
会社員年収よりも高めになっている事や、比較的時間を確保しやすい職種でもあるためにおすすめしたいママともいえます。

夜の仕事

金沢市の片町は石川県内でも歓楽街として有名。
多くの飲み屋や男性が訪れる店があります。
そこで働くママは年収も高い傾向にあるのでおすすめ。
平均年収は400万円~2千万円ほど。
職種や人気度などによって差があります。
夜の仕事ですからデートは日中もしくはママが休みの日が中心。
これに合わせられるのであれば狙い目ママです。

いくつかおすすめしたいママの職業と年収をまとめていきました。
判断材料や探し方の1つにすれば、より満足度の高いママ活が実現できる事でしょう。

石川県ママとデートをするなら使いたいスポット

石川県でママとデートが決まった。
そのような時、ママの希望があればそれを最優先させましょう。
しかし、一緒に決めたり決めてほしいと言われた際には、提案をスマートに行うのが印象アップにも繋がります。
ここでは、石川県でママとデートをする際に使いたいスポットをご紹介しましょう。

兼六園

金沢市丸の内にあるのが兼六園です。
石川県外の方でも知っている有名スポットの1つ。
日本三大名園の1つである兼六園は、四季折々の素敵な風景を眺めることができます。
入れや山がある「回遊式」の庭園ですから散歩がしやすいのもおすすめポイント。
ノンビリを過ごしたい・癒されたいママも満足してくれるでしょう。
観光客は多いものの、地元の人はそう頻繁に足を運ばないので「身バレ」がしにくいのもおすすめしたい点です。

金沢21世紀美術館

金沢市広坂にあるのが金沢21世紀美術館です。
美術やアートが好きなママであれば必ず満足してくれるスポット。
一般的な美術核とは異なり、自分自身も作品の一部に参加できるようなものがたくさん。
子供のような気持ちになりママもリフレッシュしてくれることでしょう。

ひがし茶屋街

ゆったりとした大人の時間を過ごしたい際にお勧めしたいのが、金沢市東山にあるひがし茶屋街です。
もともと、石川県金沢市には3つの茶屋街があったのですが、ひがし茶屋街は「保存区域」となっているスポット。
まるでタイムスリップしたような気持になれる街並みです。
人力車に乗ることもできますので、デートの思い出作りにもおすすめ。

千里浜なぎさドライブウェイ

羽咋郡宝達志水町にあるのが千里浜なぎさドライブウェイ。
ドライブデートをするならぜひとも足を運んでほしいスポットです。
8キロほどの砂浜を何と車で走ることができる魅力的な場所。
まっすぐに伸びる海岸線をママと2人で車を走らせれば、ストレス解消や非日常的なデートを楽しむことができます。

ゆのくにの森

小松市栗津温泉にあるのがゆのくにの森。
少し遠出のデートをという際にもおすすめしたいスポットです。
自然豊かな敷地の中で、あらゆる体験娯楽施設があります。
散策だけでもじゅうぶんに楽しめるのですが、一緒に「体験」をするのも良いかもしれません。

石川県の各地域にあるおすすめスポットをまとめていきました。
どのスポットも魅力的ですので、ママの好みや天候そして時間などに合わせてチョイスして下さい。

石川県のママとデート食事するなら使いたい店

石川県のママ活で多いのが「デート食事」です。
ママも気軽に会いやすいので特に初めてのデートの際には食事からという事も多いでしょう。
ここでは、石川県のママとのデート食事に使いたい店をまとめていきます。

ラ・プラージュ

金沢市本町にあるラ・プラージュは本格派のフレンチレストランです。
金沢駅からすぐの場所にあるものの、ホテル日航金沢の中にあるために人目に付きにもいのもおすすめポイント。
地上30階から眺める金沢市の街並みが楽しめます。
地元石川県の食材や各県の選りすぐりを使った料理はどれも絶品。
特別な時間を過ごせる事でしょう。

吟秋の響

金沢市片町にあるのが吟秋の響 です。
石川県内の海鮮を味わうことができる居酒屋、
毎日入荷される新鮮な魚介類は絶品です。
また、曜日限定コースがある珍しい居酒屋でもあります。
居酒屋というと、人目に付きやすかったりゆったりムードで話ができないイメージがあるかもしれません。
しかし、吟秋の響は全室個室。
人目が全く気になりません。

くすの樹

金沢市武蔵町にある創作和食のお店。
寿司も提供されていて、石川県や北陸の美味しい海鮮が堪能できます。
価格もリーズナブルですので、ママに負担もかけにくいのもおすすめ理由です。
ひがし茶屋街にあるので、お散歩の後に立ち寄りやすいお店でもあります。

ロベール デュマ

金沢市東山にあるフレンチビストロです。
ムーディーな照明と落ち着いた店内はまさしく大人の空間。
オシャレなママも満足してくれます。
地元の食材を活かした料理はどれも美味しく、リピーターも数多い人気店です。
また、食事に合ったアルコール類の提供もあるのでお酒好きなママも喜んでくれるハズ。

むささび亭

白山市中奥町にあるフレンチとイタリアンの融合の料理を楽しめるのがむささび亭です。
最先端の調理機器を常にそろえていて、エンターテイメントとしても楽しむことができる料理がコンセプト。
グルメなママも新鮮な気持ちになってくれます。
また、料理と会話に集中できる店内となっているので、ママ活時にもおすすめです。

石川県でのデート食事におすすめしたい店をご紹介しました。
いずれも地元の味を楽しめたり新しい味覚を堪能できる店ばかりです。
ママに素敵な時間を過ごしてもらうために参考にして下さい。

石川県のママの落とし方を伝授します

石川県でママ活をするなら知っておきたいポイントとして「落とし方」があります。
ママとの縁を確実なものにするために実践するのがおすすめ。
ここでは、石川県のママの落とし方を確認していきます。

癒し系男子を目指す

石川県の女性は真面目で働き者。
それに対して日常生活では文句を言うことも少ない県民性があります。
しかし、ストレスが溜まっていないわけではありません。
ママは「癒しが欲しい」「安心できる時間を過ごしたい」とママ活を行う事も多いのです。
このことから、癒し系男子を目指すのが落とし方のコツ。
ママの頑張りを尊敬する言葉や、ねぎらいの言葉そしてピュアな会話がママの心を掴みます。

頑張っていることをアピールする

頑張っている人を見ると応援したくなるというのが石川県のママ。
そして、それを叶えてほしいという気持ちが話を聞くことで強くなるのです。
これはママ活にとって大切なこと。
応援したい・サポートしてあげたいという気持ちがママ活や対価に大きく影響します。
夢や目標についてママに話してみて下さい。
日々の頑張りやそこからどのような野望を持っているかなどでも構いません。
「何もない」という方は、創作しても良いのですが設定がぶれないように心掛けましょう。

ママを気持ちよくさせる会話を意識する

気持ちよくさせる会話と聞くと難しい落とし方のコツと思うかもしれません。
しかし、とてもシンプルな古都なのです。
話をすることが好きなママが多いのが石川県。
まずはその話にじっくりと耳を傾けて下さい。
そして、決して否定をするのでは無く同調するよう心掛けましょう。
と同時に、自らに合った楽しい話や笑える話さらには共通趣味があればそのことを会話の中に盛り込んで下さい。
ポジティブなコミュニケーションを取ることが、ママの心を掴みます。

いくつかの落とし方をまとめていきました。
ママ活という割り切った関係ではあるものの、真摯で誠実な対応こそが大切と分かります。
サイトやアプリを利用する際にも、送るメッセージを一度自ら読み直しをしてチェックすることも忘れないようにしてください。
また、上記のポイントを文字として送るなら「少しオーバー??」を意識するのもおすすめです。

石川県のママ活体験談

これから石川県でママ活をしたい方もいるでしょう。
この時、実際にママ活をした男性の体験談をチェックするのも良い方法。
どんな方法を利用したのかやどんなママなのかを知ることができます。
以下では、石川県でのママ活体験談をご紹介しましょう。

趣味がより楽しくなりました

金沢大学に通いそのまま市内で就職をしました。
アウトドアが大好きなのですが、揃えたり追加するのもお金がかかるんです。
趣味にお金を使える経済状況でもなかったのがママ活理由。

ハッピーメールを使ってみようかなと思ったのもその頃でした。
リアルのつながりでママ探しは難しいし、簡単に探せたらという事で出会い系サイトにしたんです。
登録をして1ヶ月も経たない頃「こんな人がママだったら」という人がいました。
既婚者で40歳の女性。
やり取りをしてみると世話を焼いてくれるのが心地よく感じました。
「とりあえず食事に行ってみよう」とママから提案してくれたのはやり取りをしてから1週間ほどの事でした。

その日は片町にある個室の肉バル「Rossi」に行きました。
3時間くらいでしたが、色々な話ができましたしママも楽しそうにしてくれたんです。
お酒も飲みつつだったので、打ち解けやすいのも良かったかもしれませんね。
ママは、帰る際に1万円をくれました。
平均的な相場だったので、決してたくさんとは言えないかもしれませんが自分的には満足。

そして何より満足できた点があります。
「ランチやカフェデート含め週2階くらい会いたい」と言ってくれたこと。
短時間で相場相当の対価がもらえれば趣味にも投資がしやすくなるのでありがたいです。

それからというものの、短時間から長くて4時間ほどの食事デートをするようになりました。
遠出や1日デートは未体験ですが、もし関係が続けばこちらから誘ってみようかなと思っています。