京都府でのママ活事情!実践すれば初心者でもママ活できます

京都府のママ活相場を把握して納得できる関係を作る

京都府でママ活をする時、いきなりママを探して条件交渉をしていませんか。
自分自身が納得できれば良いのですが、やはり平均的な相場を知ることは大切です。
47都道府県によって多少の差がありますから、京都府のママ活相場を確認しておきましょう。

カフェデート

ママとお茶を飲むのがカフェデート。
「顔合わせをしたい」と提案があれば、このカフェデートと認識して良いでしょう。
平均相場は4千円~6千円ほど。
平均時間は1時間~2時間です。
最大平均である6千円は、あまり多いケースではありませんから、もらえればラッキーと考えておいて下さい。
最低相場に注目をしても、京都府は満足できるママ活を行えます。

短時間デート

公園などで散歩をしたりショッピングをするのが短時間デートです。
「1人では行きにくいから」と映画デートの際にママ活パートナーと楽しむママもいます。
平均相場は5千円~1万円ほど。
平均時間は2時間~3時間です。

短時間のママ活スタイルであることから、一見すると対価が良いと感じにくいかもしれません。
しかし、短時間でこの相場は決して安いとは言えないのです。

食事デート

多くのママがデート内容として提案するのがこの食事デートです。
ママと2人で美味しいものを食べて会話を楽しむ食事デートは、まさしく大人の時間を過ごしやすい方法とも言えます。
平均相場は7千円~1万円ほど。
平均時間は1時間~4時間です。
相場と時間の差ですが、ランチかディナーそしてアルコールの要素が関係しています。

1日デート

ママと1日を過ごすママ活方法です。
ドライブや神社仏閣巡りさらには遠出をすることもあるかもしれません。
プランはママが決めたり一緒に考えることが多いでしょう。
平均相場は1万円~3万円ほど。
平均時間は10時間~12時間です。
長時間デートではありますが、その分対価も良いものとなっているのが1日デートの特徴です。

京都府のママ活相場を確認していきました。
全国的に見ても、高い傾向にあるのが大きな魅力です。
効率的なママ活から、ママとじっくり関係を作りながら対価を得たい方まで満足できるハズです。
これを把握した上で、条件交渉などに挑みましょう。

京都府でママ活をする時に利用したいママの探し方と出会い方とは?

京都府でこれからママ活をしたいと考えている方はいませんか。
その一歩がなかなか踏み出せないものですが、ママの探し方や出会い方はさまざまあります。
自分に合ったものを取り入れればスムーズな関係も可能です。
以下では、京都府でママ活をする時に利用したい探し方と出会い方をまとめいきます。

知人からの紹介を受ける

最も手軽な方法かもしれません。
知人にもし、ママ活をしている男性がいれば紹介を頼むのも1つの方法。
会うまでの流れがスムーズで、コストもほとんどかかりません。
まずはみんなで食事などに行ってより深い関係なるなどの流れも作りやすいでしょう。
ただ、ママとトラブルになってしまった場合には知人に迷惑をかける可能性もあるので注意は必要です。

ナンパ

ナンパは人と人との出会いの方法として有名です。
京都府の場合、高所得者が集まりそうな地域に絞ってナンパをするのがおすすめ。
千斗町や木屋町のBARで1人飲みをしている女性はその可能性が高く、ママ活を行いたいと考える年齢層とも合致します。
しかし、店によっては注意を受けることもありますから「程よい距離」から声をかけるよう意識をして下さい。

出会い系サイトやマッチングアプリ

インターネットを利用した方法です。
サイトやアプリに登録をし、京都府さらには府内各地域・女性の年齢層などを検索機能を用いて絞り込みます。
そして、利害が合致しそうであればメッセージのやり取りをしてみて下さい。
登録そのものは無料ですし、自宅にいても少しの時間でもママ探しができるので、初心者の方はもちろん忙しい方でも取り入れやすい方法と言えます。

京都府でのママ探しの方法をご紹介しました。
どの方法がベストかは個々によって異なります。
いくつかを同時進行するのも良いですし、始めやすい1つを選択するのもまたおすすめです。

京都府で使えるママ活サイトやアプリのおすすめはこれ

京都府でママ活をするなら出会い系サイトやマッチングアプリがおすすめです。
サイトやアプリも需要とともに数が多く、どれがママ活に向いているのか分からない方もいるでしょう。
ここでは、京都府で使えるママ活サイトやアプリのおすすめをまとめていきます。

Jメール

Jメールは国内の出会い系サイトの中でもトップクラスの会員数を誇ります。
その数は何と600万人。
掲示板機能が充実しているのもおすすめ理由の1つなのですが、特にアダルト系掲示板が充実していることもあり、利用者層は「真剣な交際よりもライトな関係を求めている」傾向にあるのです。
これがママ活にピッタリなポイント。
また、会員登録女性の年齢層は30代~50代のいわゆるママ活層の女性もたくさんアクティブにログインしています。
スムーズなママ活をしやすい環境がJメールには整ってるのです。

ワクワクメール

出会い系サイトやアプリを利用した経験がなくてもその名前を知っているという方もいるほど有名なサイトがワクワクメールです。
プロフィール機能が細かく設定できるので、理想のママ探しをしやすいのが大きな特徴です。
さらには、検索機能も京都府全域から各地域そしてママのタイプまで絞って検索ができます。
掲示板機能も、さまざまなカテゴリが用意されているため、ママ活に向いているものを利用して下さい。
特にチェックしたいのは「一緒にごはん」です。
コミュニティ機能も用意されているので、自然な流れでママと出会いたい方も実現可能。

PCMAX

累計会員数が1500万人を超えるというPCMAX。
アクティブユーザーも1日50万人ほどと常に盛り上がっているサイトです。
アクティブユーザーが多いのはママ活をしたい男性にとって有利に働きます。
アプローチもしやすいですし、メッセージのやり取りもしやすくなるので、効率的なママ活が実現可能です。
掲示板機能や検索機能もじゅじつしていて、気軽にお茶でもと誘いやすい環境が整っています。

ハッピーメール

女性が使いやすいサイトを目指しているハッピーメール。
もちろん、男性も利便性の良い活用が可能です。
女性に焦点をあてることにより、多数の女性会員を獲得。
年齢層も20代~50代と幅広い女性が日々、出会いを求めています。
真面目な出会いや婚活目的ではなく、一緒に趣味が楽しめる・お茶や食事を楽しみたい・飲んで盛り上がりたいといったライトな異性関係を求めているのもハッピーメールの特徴。
これもまた、ママ探しがしやすく成功確率アップのポイントです。

ここでは4つのおすすめサイトをご紹介しました。
いずれもアプリも用意されているので、スマートフォンからでも快適に利用ができます。
新規登録者に無料ポイントが付与されたり、無料機能が用意されているなどまだまだたくさんの魅力があるので、使いやすいと感じたものを選んでママ探しに役立てて下さい。

京都府でのママ活はおすすめ!その理由をご紹介

京都府は「観光の町」というイメージがあるかもしれません。
田原町方面であれば、学校も多くあるための大学生が多く暮らしていますし、その周辺には住宅街も立ち並んでいます。
そんな京都府ですが、ママ活知識としてみた時「おすすめ」できるのです。
以下では、なぜ京都府でのママ活がおすすめできるのかについてご紹介します。

普段いけない店でママ活ができることが多い

ママ活時に欠かせない要素が「飲食」です。
実際にデート食事をしたいと考える京都府のママも少なくありません。
京都府は、グルメ雑誌からミシュランに登録されている店さらには、テレビなどで取り上げられるような高級店や人気店がたくさんあります。
全てのママとは言えませんが、こうした店でママ活ができることもあるのです。
普段、自らではいけないお店で美味しいものを食べた上に対価がもらえるのですから魅力時。
京都だからこその「一言さん禁止」の店へママと一緒ならいけることもありますので。
こうした体験ができるのもおすすめポイントです。

バイトやパートよりも対価が良い

京都府のママは仕事をバリバリとこなす女性が多い傾向にあります。
こうした要因もあり、京都府のママ活相場は高くなっているのです。
数時間のママ活で、1日のバイト代やパート代よりも多くもらえることも。
効率的に報酬を得られるのは大きな魅力でありおすすめしたい点でもあります。

効率的なデートがしやすい

ママ活をしても、会うのが面倒であったりデート移動が長いともなると効率的に進まないもの。
特に継続的にママ活を希望する方にとってはあまり良い環境とは言えません。
一方、京都府は交通網も発達していて、各地域にショッピングモールから観光スポットそして飲食店が多く存在しています。
ですから、どの地域のママでも効率的なデートが行いやすいのです。
これも、京都府をおすすめしたい理由の1つ。

いくつか京都府でのママ活がおすすめの理由を見ていきました。
確認をしてみると、どれほど魅力的かが分かります。
観光地ばかりではなく、ママ活を行うにも楽しくそして快適で時には特別な体験をすることもできるので、興味がある方は積極的にママか探しをしてみましょう。

京都府のママの特徴を知るとママ活もしやすくなる

京都府でママ活をしたい方は、ママの特徴について考えたことがあるでしょうか。
恐らく、考えることは少ないかもしれません。
しかし、京都府のママの特徴を知ることは大切なのです。
どうアプローチをすれば良いのかや、サイトやアプリからであればファーストメッセージの文章作成にも役立ちます。
ここでは、京都府のママの特徴をまとめいてきましょう。

損得を考える

京都府のママの大きな特徴として損得を考える傾向があります。
しっかり者が多い傾向にある京都府の人々。
「都」として栄えてきた背景があるので、意識や認識がしっかりしていると言われています。
その特徴は現代でも生きていて、損得を考えて動くママが多いのです。
ママ活を行うなら、損をしない相手になる必要があります。

流行と今までのものバランスよく好む

ハイブランドや最先端のものが好きというママもいれば、保守的でそれら一切に興味がないママもいます。
しかし京都府のママの特徴は「双方ミックス」と考えると分かりやすいかもしれません。
流行に疎いわけでは決してなく、かといってそれを追いかけるミーハーな気持ちは少ないのです。
自分自身にとって見合っているものかどうか・今必要であるかどうかを考えたうえで判断する冷静さを持ち合わせています。

本音と建て前を持っている

「ぶぶ漬け文化」という言葉があるようにストレートな表現をあまり用いることはありません。
本音と建て前をうまく使い分けるのが京都府のママの特徴の1つです。
そう聞くと、少し怖いようなイメージを持つ事でしょう。
決してそうではなく、違う角度から見れば「人間関係で角が立たないような配慮ができる」という特徴とも言えます。

京都府のママの特徴を確認していきました。
割り切り関係を持ちやすいタイプでもあるために、ママ活相手としてもピッタリなのが京都府のママの特徴です。

京都府おすすめのママの職業と年収をチェックして満足できるママ活を

京都府でママ活をする際、対価に注目をする方も多いハズ。
全国的に見て、平均相場が高い傾向にあるのですがより効率的にという際には、ママの職業と年収に注目してください。
ここでは、京都府でおすすめしたいママの職業と年収をご紹介します。

経営者

特に、先祖代々続く店を受け継いだママが多い地域が京都府。
さらには、飲食店や観光客向けのサービス提供をする会社を経営しているママも多いのが京都府の特徴です。
平均年収は1千万円~1億円ほど。
かなりの高所得ママと言えます。
日頃から忙しく、なかなか本音を見せることができなかったり癒されるタイミングがない女性も多いため、ママ活を希望することも少なくありません。

医師

医師として活躍するママも多い地域。
医療施設も各地域にありますし、医学部がある大学も多いために女医として働くママも少なくありません。
平均年収は900万円~1500万円ほど。
勤務医か開業医で収入が異なります。
また、当直を積極的に行うママであればこれ以上の年収がある可能性も考えられるのです。

ショップ店員

住民に密着した店舗から観光客向けの店舗まで京都府には個人もしくはテナントで入っている店が多い地域。
ですから、ショップ店員をしているママは探しやすい傾向にあります。
平均年収は300万円~450万円ほど。
年収だけ見れば高いものではありませんが、ママ活を行う際にはじゅうぶんな対価を渡してくれる年収は貰っているので狙い目です。

いくつか京都府のママの職業と年収を見ていきました。
高級住宅街に暮らすママも、経済的な余裕があるために狙いやすい存在。
ママ活をどの時間帯に行いたいかなどとあわせて選んでみて下さい。

京都府ママとデートをするなら行きたいおすすめスポット

京都府ママとデートが決まった。
そんな時、ママ任せにしておけば良いと思っていませんか。
ママに希望があればそれでもかまわないのですが、デートスポットを提案するとママも喜んでくれますし印象もアップしやすくなります。
以下では、京都府ママと行きたいデートに使えるおすすめスポットをご紹介しましょう。

三上家路地

京都市上京区にあるのが三上家路地です。
古くから残る建物と町ナビが並ぶ素敵なスポット。
まるでタイムスリップしたかのような非日常的な体験ができます。
お散歩デートにもピッタリで、ママとの大人のデートが実現できる場所です。
フォトジェニックなスポットが好きなママも喜んでくれるでしょう。

伏見稲荷大社

京都市伏見区にあるのが伏見稲荷大社です。
国内外から足を運ぶ方もいる大人気のスポット。
1300年以上の歴史深い伏見稲荷大社は、パワースポットとしても有名。
癒されたいママも大満足してくれるでしょう。
千本鳥居は必見です。
人が多い場所ではあるものの、地元の人は頻繁に行く場所でない事や、人が多いからこそ紛れて歩けるのもママとのデートにおすすめな理由。

正寿院

綴喜郡宇治田原町にあるのが正寿院です。
客殿にある窓はハートの形をしていて、その窓を通して四季折々の景色を楽しむことができます。
幸せを運んでくれるとも言われていて、特に女性の人気が高いスポットでもありますから、ママも満足してくれるハズです。
さらには、天井を160もの絵が埋め尽くしているのであわせて楽しんでみて下さい。
夏季には「風鈴祭り」が開催されているので、このタイミングで足を運ぶのも良いでしょう。

天橋立

宮津市文珠にあるのが天橋立。
ドライブデートはもちろんですし、電車でも天橋立駅から徒歩7分とアクセス抜群の絶景ポイントです。
駐車場もありますから安心。
日本三景の1つとしても有名で、句碑や松が点在しています。
お散歩デートにもピッタリで、海と緑のコントラストが美しく癒される事でしょう。
周辺にはいくつか神社がありますし、ワイナリーな公園などもありますので、それらとあわせて楽しむのもおすすめです。

京都タワー

京都府下京区にあるのが京都タワー。
京都駅の目の前にあるシンボルタワーです。
灯台をイメージした京都タワーは、展望室があります。
地上100mからの景色を楽しめて、360度のパノラマビューは市街全体が見渡せるスポット。
中には、レストランや土産店さらには大浴場までありますのでママの希望に合わせて利用するのも良いでしょう。
京都駅から近いので、アクセスも抜群です。

いくつかのおすすめしたいママとのデートに使えるデートスポットをご紹介しました。
少し足を延ばすことも多い1日デートから短時間デートにまで使える場所がありますので、ママ活内容やママの好みなどに合わせて選んでみて下さい。

京都府のママとデート食事する時に使えるおすすめ店

京都府のママとのママ活内容の王道ともいえるのがデート食事です。
食事代はママか支払うために、ママから提案をすることもあります。
しかし、聞かれた時にママが好みそうな店を知っていれば好感度もアップ。
ここでは、そんな京都府のママとのデート食事に使えるおすすめ店をご紹介します。

ステーキ・鉄板焼き みくら

京都市中京区にあるのがステーキ・鉄板焼き みくらです。
ランチからディナーまで対応可能な店。
京都府で美味しい鉄板焼きを食べたいならおすすめしたい店でもあります。
最高級の黒毛和牛からオマールエビなどの海鮮類も充実。
特別な時間をママと大人の空間で過ごすことができます。
カウンター席でママと並んで、シェフの手さばきを楽しめば会話に困ることもありません。

大渡

京都府東山区にあるのが大渡。
祇園四条駅から徒歩10分のところにある和食店。
吉良びゃきな花街という印象がある祇園地区にある店ではありますが、少し外れた裏路地にあるのでママとのデート食事も人目を気にすることなく楽しめます。
古民家を改造した雰囲気満点の空間で、季節感を取り入れた京料理が楽しめます。
もちろん、京野菜など京都府ならではの食材も堪能できますし、アルコールメニューも充実。
ゆったりとした時間をママと過ごせる店です。

ラ・ヴォーチェ

京都市中京区にあるのがラ・ヴォーチェ。
京都府と言えば和食のイメージがあるかもしれません。
このラ・ヴォーチェは、本格的なイタリアンが楽しめる隠れ家的なお店となっています。
店内はシックでモダン。
優雅な雰囲気も漂っているので、大人のママと素敵な時間が過ごせます。
食材にもこだわりがあるので、前菜でもレベルが高くグルメなママも大満足。
ランチ・ディナーどちらの利用も可能です。

ともえ

京都市北区にあるのがともえです。
京都府内で新鮮なフグ料理が堪能できる店。
そう聞くと、敷居が高いように感じるかもしれません。
しかし、ともえはリラックスして美味しいフグ料理が楽しめます。
ママとのデート食事におすすめしたい理由の1つに「予約制」という点があるのです。
人数が限られているために、人目につきにくくママと2人きりの時間を安心して過ごせます。

CAMERON

下京区橘町にあるのがCAMERONです。
週末はランチ対応を行っていて、平日は夕方以降の利用となります。
フレンチをはじめとする洋食を楽しめるお店で、150年の京町家をリフォームしたという一軒家レストラン。
京都府らしさを残しつつ、新しい感覚のフレンチや洋食を楽しめます。
京都の肉と京野菜を扱っているので、京都の味も堪能できるのがおすすめポイント。
開放感のある店内ではありますが、個室も用意されているので、絶対にバレたくないママであれば個室利用が良いでしょう。

京都府内にもさまざまな隠れた名店が存在しています。
ママが喜んでくれる店ばかりですから、食の好み足の運びやすさなどから選んでみて下さい。

京都府のママの落とし方とは?そのコツを調査しました

京都府のママと縁が生まれたらママ活ができるわけではありません。
また、一度会えば継続的なママになってくれるとも限らないのです。
大切なのはママを「落とす」意識。
以下では、京都府のママの落とし方をまとめていきます。

癒しを意識する

京都府は、自立し仕事熱心なママが多い地域です。
弱音を吐くことは少ないのですが、やはり疲れていたりストレスを抱え込んでいたり時には孤独を感じているママもいます。
このことから「癒し」を意識するのが落とすコツになるのです。
優しくねぎらう言葉をかけたり、プライドが高いママも少なくないので「敬う」気持ちもあわせて伝えていきましょう。
「この人といると安心できる」と思ってもらえるような男性像をイメージすると分かりやすくなります。

どんな時も礼儀を忘れない

サイトやアプリ内でのやり取りでは特に、長くなるとついつい馴れ馴れしくなるもの。
これは厳禁です。
京都府のママはマナーや礼儀に厳しい傾向にあります。
これも県民性の1つなのですが、最初の挨拶から感謝の気持ちは必ず伝えるようにしてください。
まだ関係が出来上がってなくても「出会ってくれたことに感謝」といいう姿勢を見せることがママに好印象を与えます。

地道に努力をしていることをアピールする

「ビッグになる」「大金持ちになる」などアバウトなものではなく、地道に努力をしていることをアピールして下さい。
現実的な京都府のママは、現実的な男性を好む傾向があります。
一言で言えば「しっかりしたタイプ」に心惹かれやすいのです。
日々の生活の中で頑張っていることを考えて、さりげなくアピールポイントとして話をして下さい。

いくつかの落とし方のコツをまとめていきましたが、今からでも実践しやすいものばかりだった事でしょう。
ママの心を掴んで、満足度の高いママ活をして下さい。

京都府のママ活体験談

京都府のママとママ活をする際にチェックしたいのが体験談です。
リアルな声を聞く事で、参考にできる要素もたくさんあります。
ここでは、京都府のママ活体験談をご紹介しましょう。

友達が羨ましくて始めたママ活

自分がママ活を始めたのは「友達がしていたから」です。
余裕があって服など自分では買えないようなものを着ていて羨ましく感じたんです。
そんな気軽なキッカケではありましたが、ママ探しをしてみることに。

PCMAXに登録をしたのはそれからすぐの事。
ネットサーフィン感覚でストレスなくママを探すことが゛出来ました。
30代後半で、美容師をしているママにメッセージを送ったのは登録後2週間ほどしてからです。
最初は何気ない話ばかりだったのですが、自身の話をしたり話を聞くうちに「一度ごはんに行こう」と誘ってくれました。

中京区にある居様というおばんざいのランチを食べに行きました。
女性受けしそうな見た目で、何でも人気店とのこと。
ママが予約をしておいてくれたんです。
至れり尽くせりの2時間で1万円ゲット。

まだ友達ほど稼げてはいませんが、そのままとは時々ランチやディナーデートをするようになりました。