特に無料出会い系サイトを利用していると気がつかないうちにトラブルに巻き込まれていることがあります。大量の迷惑メールが届いたり、架空請求が来たり、個人情報が抜き取られることもあります。クレジットカードが不正に利用されてしまったということも過去にはありました。適切な対処をし、できるだけ被害を小さく収めるようにしなければなりません。

メールアドレスを抜き取られ、大量の迷惑メールが届くようになった場合、は無視するようにしましょう。フィルターを指定のドメインやパソコンからのメールは受信しないよう設定するようにします。最悪の場合、「指定のメールアドレスからのメール以外は受信しない」というふうにすると、かなり効果があります。

一度メールアドレスを抜き取られると、悪徳業者間で共有されているリストに載せられます。あちこちから大量のメールが届くようになり、かなりのストレスになることでしょう。出会い系を利用する際には、フリーメールなどの捨てアドレスを作っておくようにした方がいいかもしれません。

身に覚えのない請求が来た場合は無視するようにしましょう。あたかも「あなたのIPアドレスは〇〇です」といって個人情報を抜き取ったかのように見せてくることもありますが、そういった情報は緊急時以外警察でも簡単に知ることはできません。入力した情報以外のことが相手に知られることはほとんどないので、気にしないようにしましょう。

ただしクレジットカード情報などを書き込んだ場合は要注意です。勝手にカードから利用料金を引き落とされます。その場合は速やかにカード会社に連絡し「不正利用された」という旨を報告し、利用を止めてもらうようにしましょう。

悪質な業者のサイトにクレジットカード情報を教えてしまった場合、そのサイトに限らず、他の場所でも悪用されてしまう可能性があります。最悪の場合カードを無効にしなければならないので、出会い系サイトの登録時にカードナンバーを入力する必要がある際には本当に安心できるサイトなのかどうか確認してからにしましょう。

簡易裁判所から支払い督促状が届いた場合、には消費者センターや公的機関に相談するようにします。絶対に無視してはいけません。素早い対応が被害を最小限に食い止めることにつながります。

請求書に関しては無視できるものと無視できないものがあるということを覚えておいてください。メールアドレスだけだった場合は大丈夫である可能性が高いかもしれませんが、お金に関する情報を運営に伝えてしまったという時は要注意です。早い段階で対処するようにしましょう。

退会できないという場合には運営にメールを入れてみましょう。それでも連絡がなく退会できない場合は消費者センターなどに相談しに行きましょう。メールを送る際には必ず捨てアドレスを使ってください。悪徳業者は「退会したい」というメールを送らせることでメールアドレスを抜き取ろうとしていることもあるからです。

出会い系サイトを利用する際にはどうしてもトラブルに巻き込まれるリスクがあります。十分に気をつけましょう。万が一被害にあった場合も冷静に対処し、早めに食い止めるようにしてください。