無料出会い系サイトの中には悪質なものもあります。「タダ」という言葉につられてユーザーがたくさんいる反面、トラブルも多発しています。無料サイトは有料サイトよりもそういった問題が多いので、利用する際には注意が必要です。悪質サイトに引っかかった場合のトラブルの例を挙げていきます。

まずは大量のサクラがいるということです。メールのやり取りをしても実際に出会えることはありません。登録と同時に都合のいい内容ですメールが送られてきたら、ほぼサクラと疑ってもいいでしょう。「寂しくて相手をしてくれる人を探している21歳です」「逆援助しませんか?」などの上手い話には要注意です。

スパムメールが送られてくることもあります。「私は宇宙人です」といったような、ありえない内容で届きます。あまりにも量が来るのでメールボックスがいっぱいになりストレスの原因にもなります。

出会い系を利用する際にはフリーメールなどで捨てアドレスを作ることをおすすめします。個人情報を抜き取られ、悪用される恐れもあるためです。

後払い制や自動課金のサイトにも要注意です。気がついたらかなりの金額を使っていたということになりかねません。しかもそういったサイトのユーザーのほとんどはサクラなので、お金を損しただけで、実際に女の子には出会えません。

後で高額請求が届き、びっくりしてしまうことも考えられます。中には職場にまで電話をかけてくる悪徳業者もいるので、サイト選びの際には口コミなどを確認して安心して使えるのかを確認するようにしましょう。

悪徳サイトの中には「完全無料」とうたっておきながらも、同時に有料サイトにも登録してしまうというものもあります。利用規約には見にくいところに書いてあるので、逃げられない可能性もあります。身に覚えのない請求書が届くかもしれないので、気をつけてください。

悪質な出会い系に引っかかるとものすごいストレスにさらされます。個人情報を抜き取られ悪用されるのではないか、メールボックスがパンクしそうだ……そういったトラブルを避けるためにも、事前にどんなサイトなのかをチェックするようにしましょう。