メールのやり取りをしていると、「この人は本当に出会いを探しているのだろうか」と疑いたくなるような子もいます。サクラである可能性も大きいですが、なかには本当に警戒心の強いウブな女の子である可能性もあります。

けれども直接「サクラ?」と聞いてはいけません。女性は疑われることに強い不快感を抱くものです。本物の女の子出会った場合せっかくのやりとりが水の泡になります。最初から疑ってかかるのはやめておきましょう。

本物のサクラでも、直接聞くと怒ってきます。そうなるととても面倒な上に、利用料金がさらにかかってしまうので相手の思う壺です。とにかくサクラかどうかを尋ねるのはやめておくことをおすすめします。無料出会い系サイトでもトラブルに巻き込まれないようにするためにも注意しましょう。

きちんとした理由もなく、直アドレスやLINEのIDがなかなか聞き出せない場合はサクラです。「教えてあげる」と言いながらもやり取りを不自然に引き延ばそうとしてくるような場合は無視するようにしてください。

本物の女性であっても、出会える望みがないなと思ったら切り捨てて次に行くようにしましょう。あまりそこに時間とお金をかけるのも無駄です。どんなに気に入った子でも、新しく探せばまた似たような人に出会えます。

例え怪しいと思っても疑ってかかるのはやめておきましょう。あくまでもフレンドリーな空気を保ち、「もっと仲良くなりたいから」という言い回しで連絡先を聞き出すようにしてください。なかなか教えてくれない場合はきれいに諦めるようにすると、効率よく出会えます。