Pocket


パパ活何歳まで?

女性であるからこそできるのが「パパ活」です。しかし、女性を売りにして稼ごうと思うと、年齢が大きく関係してきますよね。若い子ほど成功しやすく、年を重ねるごとに成功率が下がっていくイメージがあります。

ではパパ活において、年齢とはどのように関係してくるのでしょうか。

読みたい項目をクリック

高校生もパパ活出来る?

パパ活はバイトではなくお金を稼げる手段だと言えます。そのため、大学生よりも、むしろ高校生でやってみたいという人が多いかもしれませんね。
しかし、高校生がパパ活をやるとなると、何か障害があるような気がしませんか。
そこで、高校生がパパ活をしていいのか、調べてみました。

高校生はパパ活出来なくもない

例えば高校生が成年している男性(パパ)と食事をしたリ、デートをしたりすることで、高校生側が何か不利益を被るという事はないでしょう。
強いて言えば、学校にバレると面倒くさいと言ったところでしょうか。
そういった意味で、「高校生」もパパ活が出来ると言えなくもないでしょう。

しかし、パパの目線からだと、未成年とのデートや食事はリスクが高く、現実的にパパが見つからないという事は起こりうると考えられます。
また高校生の問題として、出会い系サイトが使えないという点があげられます。
パパを探すとなると、ほぼ出会い系サイト一択になりますが、18歳未満に加えて、高校生は利用できないというのがほとんどです。

そのため、高校生はパパを探すのが、かなり大変だという側面があるわけです。

女子高生のパパになるリスク

高校生を相手にする場合、パパ側はかなりリスクが高いです。
肉体関係を持たなければ大丈夫と思われるかもしれませんが、場合によっては未成年誘拐罪が成立する恐れがあります。
簡単に言えば、高校生の親の承諾もなく、連れまわしたら例え本人が大丈夫だと言っても、親から訴えられるかもしれません。

社会人になると、そういった事があったというだけでも、キャリアに傷がつく恐れもありますから、高校生を相手にしてまでパパになりたいと思っている人は、少ないでしょう。

事件に巻き込まれる危険性が高い

高校生がパパ活をしていいかですが、絶対にしてはいけないとは言えませんが、しない方が良いです。
というのも、事件に巻き込まれる可能性が高いからですね。
【合わせて読みたい】パパ活の援助は何歳から?何歳まで?年齢と成功率について

パパ活は肉体関係がないものですが、残念ながら言葉巧みに良く対関係を迫る男性もいますから、そんな気はなかったのに、淫行をされたという事もあり得ます。

下手をすると、誘拐されてしまうかもしれませんし、最悪命を落とすことだって考えられるのです。
ですから、パパ活をやるにしても、高校を卒業して大学生になってから、男性との付き合いが分かった後にしておいて方が良いでしょう。

自分の身を守るために我慢すべし

いくらお金がもらえても、命を落としてしまったり、心に癒えない傷を負ってしまったりしては意味がありません。
ですから、高校生のうちは、自分の身を守るためにもパパ活は我慢するようにしてください。

PCMAX《18禁》

PCMAXバナー
出会いやすさ 4.5
サポート 4.5
総合評価 4.5

万全の監視体制や年齢認証などのセキュリティの強化により、安心して出会えると話題のコミュニティサイトと言えばPCMAX。利用者数が多く、目的の出会いが探しやすいのが特徴です。

最も多くの金額を稼ぐことが出来るのは20代

改めて言う必要もないかもしれませんが、男性の多くはより若い子の方を好みます。
未成年だとリスクがありますから、リスクが少ない女性で最も若い20代の女性が一番相手をしてもらえると言えるでしょう。
ただ単に相手をしてもらえるというわけではなく、1回の食事でもらえる金額にも差があり、若い人ほどもらえる金額が多くなる傾向があります。

相手がいれば年齢に上限は存在しませんが覚悟も大事になります

未成年は多くのリスクがあり、18歳というのが1つの下限だと言えますが、上限に関しては決まりもなく、相手さえいれば何歳でパパ活をやっていても問題はありません。
しかし、現実の問題として20代が最も相手をされやすく、年齢が上がるにつれて相手をしてくれる人が減っていきますから、どこかでパパをしてくれる人がいなくなる可能性はかなり高いです。
また交際クラブでは、女性の年齢の上限がおおよそ32歳と定められているようですし、風俗店には40歳の壁があるという話があります。

つまり、この30代半ば~40歳までが現実的な上限だと言えるでしょう。
40歳を超えたら絶対に無理というわけでもありませんが、相応の努力やパパを見つける嗅覚は必要になります。
アラフォーでパパ活を始めようと思った人は、覚悟しておく必要があるでしょう。

アラサーでもパパ活を経験することは可能なの?

今も昔も若いというのは、それだけで価値があるもので、パパ活においても年齢における優位性は否定できません。そのせいか、30代前後になると、パパ活はあきらめた方が良いのではないのか、と考える人も多いようです。ですが、本当にそうなのでしょうか。アラサーでもパパ活はできるのではないでしょうか。

アラサーの女性でもパパ活動できる希望はあります!

出来るかできないかという話だと、アラサーでもパパ活をすることはできます。パパ活にルールが存在するわけではないですから、何歳であっても肉体関係を持たずに援助してくれる男性を見つけることが出来れば、良いわけです。

女性であっても、若い子が好きという人もいれば、うんと年上の人が良いという人もいますよね。男性でも同じことで、とにかく若ければいいという人もいれば、ある程度社会にもまれて経験をつんだくらいの人の方が好きだという人もいます。

パパとなる男性の多くは40~50代の男性と言われていますから、20歳になったばかりの子よりも、アラサーくらいの方が話があって好きだという人も珍しくありません。ただし、ネガティブな内容の会話は厳禁です。

そういった男性を見つけることが出来れば、充分にパパ活はできます。ただし、若い子の方が好きという男性の方が多いため、簡単にはいかないかもしれません。パパ活動は年齢で大きく左右されてしまいますが、男性の好みは千差万別です。男性の登録者数が多いサイトを選べば、チャンスは多くなります。ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

複数のサイトに登録してとにかく出会いの場を広げる

コネクションでもない限りは、出会い系サイトを使ってパパを探すことになると思います。ネットで調べてみると、おすすめサイトがいくつも紹介されています。どれにしようかではなくて、どのサイトも使ってみるくらいの気概がアラサーでのパパ活には必要です。

ですが、闇雲に登録すればいいわけではなく、有名な有料サイトを選ぶようにしましょう。有料と言っても男性の話で、ほとんどの場合女性は無料ですから、安心して登録してください。複数のサイトを使うというだけでも、パパに立候補する男性と連絡が取れる可能性が高くなります。

分母が増えれば、自分にあった人と出会える可能性も高くなるわけです。逆に1つのサイトにしか登録していないと、そのサイトとは別のところにしか登録していない男性と出会える可能性はゼロになってしまいます。

ネガティブな内容の会話は厳禁

パパ活をしている男性は、女性とのやり取りの中で癒しを求めている人が多いです。その中で、もうアラサーだからとネガティブな発言をしていると、相手も楽しくなくなってしまいます。いくらお金を持っていても、一緒にいてメリットがない人に、お金を渡すことはありません。

むしろアラサーであることを前向きとらえて、明るくふるまうことが大切です。それと同時に、大人の女性としての落ち着きも求められるでしょう。パパと上手く付き合うポイントを参考にしてみるのもいいかもしれません。

同じ生活が苦しいでも、今の生活で諦めてしまっている人よりも、5年後はこうなりたい10年後はこうなりたいと夢を持っている人の方が応援のし甲斐があり、男性側も楽しむことが出来ます。

男性に需要があれば何歳からでも活動できる

年齢が上がるとパパ活をするハードルは確かに高くなりますが、男性の需要がある限り、できなくなることはありません。

むしろ、同年代がパパ活をしていないのであれば、その年代の供給は自分1人になりますから、需要が少なくても相手が見つかるはずです。

既婚者である主婦でもパパ活をやっている?!パパ活ブームはなぜ起こったの?

いまやパパ活はメディアに取り上げられるほどのブームになっていますが、なぜ流行しているのか、知っていますか。
20代前半の女性が主だとは言いますが、中には高校生や主婦層であっても、パパ活をしていると言います。
パパ活ブームの理由について、考えてみましょう。

パパ活がブームになったわけ

理由としては様々な要因があったのかもしれませんし、今はパパ活と呼ばれているだけで、昔から似たようなことは行われていたのかもしれません。
しかし、ブームの背景として、格差があるだろうと考えられます。
パパ活をしているのは、主に20代前半くらいの女性です。ちょうど大学生くらいになるでしょう。

近頃の不況も相まって、貧困層はとことんお金が無くなっていますから、大学に通うお金すらなくなってきていると言えます。
事実として、数十年前と比べて、大学の学費特に国公立の学費は高くなり、親の収入は少なくなっています。
貧困層の女子大学生が、お金を稼ぐ手段として、パパ活をやるようになり、それが広まったと考えられるのではないでしょうか。

主婦層がパパ活をする理由はまた違う

主婦層でもパパ活をすると言いましたが、この場合お金以外の問題もあるようです。
そもそも、お金に余裕がなければ、専業主婦にはなれないでしょうし、専業主婦でないとパパ活をしている時間も取れないのではないでしょうか。
お金に困っているわけでもない主婦層が、パパ活をするのは、話し相手が欲しいからという話があります。

夫が出張が多いなどで、家を空けがちになると、妻としては寂しさを感じますよね。
その寂しさを紛らわせるための話し相手として、パパ活をしている人もいるようです。

パパ活のブームに乗っかっても良い物なの?

パパ活は上手くいった人の話ばかりが取り上げられますから、簡単と感じる方もいるでしょう。しかし、実際は長期的に安定した収入を得るためには、相応の努力をしないといけません。
ですから、軽い気持ちで、パパ活をしたら働かなくていいと考えているのであれば、乗らない方が良いです。

逆に短期でお小遣いを稼ぐ程度で良いのであれば、それほど難しくはないでしょうから、試してみても良いかもしれません。
ただし、知らない男性に会う事には変わりありませんから、そのリスクを分かったうえでパパ活は行う必要があるでしょう。

パパ活を始めることを機に楽しいと感じる事や興味がある事に挑戦してみては?

嘘をついてはいけませんから、嘘にならないように何かを始めてみても、面白いかもしれません。そこから、夢が見つかるかもしれませんよ。

パパ活をするのに学歴は影響があるの?

女子大生、短大生、専門学校生、高校生と年齢層に関係なく広まっているパパ活。自分に適した高収入の裕福な男性(パパ)をサイトなどで探して、体の関係を持たずに、デートをすることで金銭をもらったり、食事をおごってもらったりすることをパパ活といいます。

倫理面から見ると、好ましい行為ではないというのが一般的です。援助交際は犯罪に至る場合が多いですが、パパ活も一歩間違えば自分の身を危険にさらすことになります。

それでも、パパ活をしようとする女性が減らないのはなぜでしょうか。それは「楽をしてお小遣いがもらえること」が一番の目的だからです。そのためには、パパになりえる男性を見極め、自分が好かれるように自分の内面を磨くという努力が女性に必要です。

そこに年齢制限はありません。ただ、パパになるのは男性ですから、より若い子を求めるのは男として当然です。熟女がいいという人もいるかもしれませんので一概には言えませんが。では、学歴はどうでしょうか。

パパ活に学歴は影響するのでしょうか?

男性は年齢には多少こだわりますが、学歴に関してはさほど重きを置いていないといえます。それはなぜでしょうか?これも個人差はあるかもしれませんが、一般常識をわきまえていて、頭脳明晰、かわいらしさ、美しさなど心身ともに兼ね備えた女性であれば、どんな男性も放っておかないはずです。

ただ、男性から見て、どんな女性がパパ活で男性から選ばれるかといえば、頭が良い子より少し天然で抜けている子のほうがかわいく見えて好まれます。

パパになりえる男性は中高年で経済的に裕福なので、女性には事欠きません。女性に求めるものは癒しです。学歴ではなく、何かに一生懸命な女性、頑張っている姿を見て助けてあげたいと思える女性です。

【Check!!】

  • 学歴はパパ活では気にすることはない。
  • 人間関係を通して他人との付き合い方を覚えることがパパになりうる男性かどうかを見極めることにつながる。
  • 女性に求めるものは学歴ではなく癒しであり、何かに一生懸命な女性、頑張っている姿を見て助けてあげたいと思える女性。

学歴に自信がないけど、パパ活をやりたい!どうしたらいいの?

高学歴じゃないと、パパ活ができないんじゃない?なんて思わないでください。パパ活に選ばれる男性はそんな女性を選びません。

パパ活は援助交際とは違います。パパになる男性にはその違いをわきまえている男性を選ぶことです。つまり、女性はパパ活と援助交際の違いの分かる高収入で、常識をわきまえた男性をパパにすることが大切です。

男性を見極める目を養い、自分を磨くこと、豹変するかもしれない男性の心の変化を素早く察知する洞察力もパパ活には必要です。それが自分の身を守るのです。

パパ活は、もはや低年齢化しています。初めは女子大生や20代から30代の女性がお小遣い稼ぎという軽い気持ちで始めたものが、その後、ドラマや映画でパパ活が流行り出したことで、高校生にも浸透し、今後、さらに若い年齢層にまで達することが考えられます。

インターネットの普及によって、スマホ、タブレットからも気軽に自分で情報発信ができる時代。求めようと思えば、いくらでも手段があります。手軽さゆえに甘い誘惑や危険な罠が待ち構えています。

目に見えない不特定多数の真実らしき文字の情報から取捨選択して安全で確実な情報を得るための知恵が必要です。学歴よりも、危険から自分の身を守るための知恵として一般常識を身につける必要があります。

学校で教えられる試験のための勉強ではありません。高学歴だからよいということではなく、生きていくために必要なことを知っているかどうかです。

人間関係、他人との付き合い方をどれだけ身につけるか、それを学ぶ場が若い頃は学校だということだけです。これは何もパパ活に限ったことではなく、生きていくうえで必要なことですが、友達付き合いや恋愛を通して、他人との付き合い方を覚えることが「パパになりうる男性かどうかを見極める」ことにつながります。

【Check!!】

  • パパ活と援助交際の違いの分かる高収入で、常識をわきまえた男性を選ぶこと
  • 男性に選ばれるような女性になるように自分を磨くこと
  • 自分の身を守るため、豹変するかもしれない男性の心の変化を素早く察知する洞察力を養うこと
  • 大量の情報から取捨選択して安全で確実な情報を得るための知恵が必要
  • 友達付き合いや恋愛を通して、他人との付き合い方を覚えることがパパになりうる男性かどうかを見極めることにつながる

無職で始めるパパ活のススメ

働きたくはないけれど、お金は欲しいというのが、多くの人の本音ではないでしょうか。夢みたいな話ですが、パパ活をすることによって、叶えられる可能性もあります。
ですが、無職の女性は、パパたちからの需要はあるのでしょうか。

無職だからこそ出来るパパ活

無職というのは、一般的にはマイナスのステータスかもしれませんが、パパ活という点だけで見ると、意外と悪い事ばかりではありません。
パパ活をするうえで、いつ会えるのかというのは、決して無視できる条件ではありませんよね。
他の条件がいくら良くても、会えないのであれば、お金を払う人はいません。

ですが、無職で時間があれば、そういった時間の制約がないわけです。
会いたい言われたときに、すぐに会えるというのは、大きな利点だと言えるでしょう。

パパ活だけで生活できるものなのか

自由な時間を生かして、会うのが不定期ながらも、羽振りがいいパパを見つけることが出来たら、それだけで1か月生活できるだけのお金をもらえるでしょう。
そうでなかったとしても、パパ活だけで生活するのは、不可能ではありません。
週に1回あったとして、その相場は月5~10万と言われています。

1人10万もらえると仮定すれば、3人のパパを見つけるだけで、充分生活できますし、1人5万だとしても、4~5人見つければそれなりの生活はおくれるでしょう。
全ては交渉次第ですが、会うと言っても、1日2~3時間ほどですし、パパ活が上手くいけば働くよりも、かなり楽には違いありません。

パパ活を期に無職脱却を目指してみる

多くのパパは応援することが好きな人間です。ですから、パパ活でお金をもらいながら、無職脱却を目指すこともできるでしょう。
例えば、「無職にはなってしまったけれど、昔から夢だった美容師になるために、専門学校に行きたい、でも生活費も授業料も払えない」となれば、何もない人よりもお金を出してくれる可能性は高くなります。

パパと会うたびに、夢に向かっている自分の事を話せば、応援も、励ましもしてくれるでしょう。
パパ活だけでも、充分に暮らしていけるという人もいるかもしれませんが、いつまでも続けられるものでもありませんから、無職でパパ活をしているという人は、何か目標を決めて行動してみてはどうでしょうか。

無職だから出来るパパ活がある

そもそも、パパ活において、自分の職業を話さないという事もあります。
ですから、無職というだけでマイナスにはならないでしょう。むしろ、他に何かしら時間的制約がある人よりも、自由にパパを探せますから、やり方次第では月100万円も見えてくるかもしれませんね。

体型は関係ない!ぽっちゃりな女性でもパパ活を成功させる方法とは?

パパ活に決まりはないとは言っても、自分には無理だと初めから諦めている人もいるのではないでしょうか。例えば自分はぽっちゃりだからと自覚している人などでしょうか。
ですが、ぽっちゃりだからと言って、本当に成功しないものなのでしょうか。

ここでは、ぽっちゃりの子でも、パパ活を成功させる方法を考えていきます。

男性の性癖の数だけ成功する可能性がある

多くの男性が、テレビで見るアイドルのように、ほっそりとして可愛い子の方が良いというのは事実でしょう。むしろこういった体系の人が人気だから、アイドルが成り立っていると言えます。
パパ活の成功率で見ても、テレビに出るような可愛い子の方が高いというのは、疑う余地はないです。

しかしパパが援助するのは、上記のような可愛い子ではなくて、自分の好みの子ですよね。
世の中には、デブ専やブス専と言った人もいますし、若い子よりも40代くらいの女性の方が好きだという人もいます。
つまりパパとなる男性の好みの数だけ、可能性があるわけです。

成功する可能性はありますが、大勢に人気が出るような人よりは、成功率が低いことも頭に入れておきましょう。

ワクワクメール《18禁》

ワクワクメールバナー
出会いやすさ 4.5
サポート 4.5
総合評価 5.0

会員数が650万人を突破したワクワクメールは、出会うための様々な便利機能が満載です。マッチング実績1000万組を誇るおすすめコミュニティサイトなら成功率が高い出会いを満喫できます。

たくさんのサイトに登録するなど、出会いの幅を広げる事を意識しましょう

日本人男性でぽっちゃりが好きだという人は一握りです。その中で、パパになろうと考えている人となると、さらに数は減ってしまいます。
数少ないぽっちゃり好きなパパ候補と出会うためには、とにかく出会いの幅を広げておく必要があります。
例えば登録する出会い系サイトは複数にするというのも大事ですし、ダメもとでも交際クラブの面接に行ってみるのもいいかもしれません。

それから、自分から能動的にパパを探すために、アルバイトをしてみるといいでしょう。
チャットレディや、お金持ちが集まるような高級な居酒屋あたりが、お勧めです。
正攻法ではありませんが、パパ活を本気でしたいなら、試す価値はあります。

それに厳しい家庭で育ったお金持ちは、ぽっちゃり好きがそうじゃない人に比べて多いという話があります。
というのも、子供のころ母親に甘えられなかったため、ぽっちゃりした人に母性を感じるのだそうです。
これが事実であれば、ぽっちゃりはマイナス要因とは言えません。

Jメール

Jメールバナー
出会いやすさ 4.5
サポート 4.0
総合評価 4.5

17年の運営実績を誇る老舗サイトなので、会員数は600万人を超えました。様々なタイプの方が利用しているので、自分を好きになってくれる人がきっと見つかりますよ。

ぽっちゃりをデメリットだと捉えないで楽しい会話を意識しよう

パパやパパ候補とは、2人で話をすることになると思いますが、「ぽっちゃりだから彼氏が出来ないんです」とか「こんな私なんかが」といったネガティブな発言は厳禁です。
男性側から見ると、お金を払ってまでこういった話を聞きたいとは思えないかもしれませんし、楽しい会話を望んでいます。
それに好きでぽっちゃりな人と食事をしているのに、それを否定するという事は、相手の好きなものを否定することになりますから、印象が悪くなるかもしれません。

むしろ、ぽっちゃりであることをポジティブにとらえて、「抱き心地いいんですよ」と言ったプラスのようなキーワードを使うようにするといいでしょう。パパと上手く付き合うポイントを熟知する事が大切なんですね。

パパになる相手にはぽっちゃりであることを武器にする事も可能

ぽっちゃり好きなパパ候補は少ないかもしれませんが、ぽっちゃりでパパ活をしている人も多くはないでしょう。つまり、需要も供給も少ないため、そこまでハンデにならない可能性があります。
多くのぽっちゃり系女子が、パパ活に対してしり込みしている間に、パパを見つけてしまうのもいいのではないでしょうか。