Pocket

出会い系サイトって使ったことありますか?
10年前は「怪しい!」「危ない!」と言われていましたが、現在では出会い系サイトを使って恋活・婚活するのは
当たり前になってきました。
筆者の女友達も、「昨日出会い系サイトで出会った人と飲みに行った~」「ご飯とかショッピングにいって、全部おごってもらった!」
と、会社後の飲みの席で普通に言っていました。
むしろおすすめのサイトまで教えてもらいました(笑)

友達に教えてもらったものなら信頼ができますが、出会い系サイトを利用している人の目的って様々ですよね。

筆者の友達は本気で恋愛したいというより、彼氏感覚の人といっときだけでも付き合いたい!という目的なので、
本気で恋愛したい人からしたら、そのおすすめはそんなに役に立たないかも…。

それに、そんなに楽しい時間を過ごせるということは、もしかしたらサクラかも!?なんて、思ってしまいますよね。

ここでは、筆者が調べた、サクラがいない本気ユーザーのみが使用している信頼できるアプリをご紹介します。

サクラ無し出会い系サイト【愛カツ】

相手とつながるサイトというよりは、恋愛相談掲示板。恋したい人、セフレが欲しい人は、明確に掲示板に意図を書き込んでいるので
ユーザーの意図がわかりやすく、自分のニーズにあった相手とコンタクトしやすいです。
掲示板なので比較的長文で、サクラかどうか見分けやすいのも使いやすいポイントですね。
掲示板という書き込み式だからか、無料で使えます。

サクラ無し出会い系サイト【pairs(ペアーズ)】

facebook連携があるので、複数アカウントを使いわけるなどの小細工ができず、サクラが入りにくいです。
女性は無料、男性も定額制。1回いくらではないので、ゲームの課金のようにいちいちお金を気にせずに使えます。
法外に高い値段の請求ができないのも、優良サイトといえる理由の一つです。

サクラ無し出会い系サイト【ゼクシィ縁結び】

言わずとしれた大手企業「リクルート」が運営しています。
大手なのでサクラへの厳戒態勢はピカイチ。安心して利用できること間違いなしです。
こちらは出会い系というよりも婚活色が強いので、女性もしっかりプロフィールを書く真面目な人が多く、
いきなり性的なことを書くサクラなどは一発でわかるので、本気ユーザーのみが使用していると見て間違いないでしょう。

もちろんこの他にも沢山優良サイトはありますが、それと同時に、サクラばっかりの悪質なサイトが多いのも事実です。
調べてみると、出会い系サイトの悪質サイトは、他の業界に比べて驚くほど多種多様でリスクが高い!
なぜ出会い系サイトには、こんなにサクラが蔓延しているのでしょうか?

出会い系サイトにはなぜサクラが存在するのか?

「出会い系サイト」で検索すると、すぐに「サクラについて」の記事が沢山でてきます。
街コンなどにもいると言う噂のサクラですが、その数は街コンの比ではありません。
出会い系サイトだと、なぜこんなにサクラの可能性が増えるのでしょうか。
日本の風俗業界の市場はかなり大きいらしいので、広い意味で「出会い」ともなると、
それだけ悪質な人が参入しているということなのでしょうか。
ここまで考えて、筆者はふと思いました。
そもそも、サクラはなぜ存在するのでしょうか?

そもそもサクラって?

当て字で「偽客」とも書き、主催者側の人間でありながら、客を装ってそのイベントや公演が盛況であるように見せかける人のことです。
あまり人気のないイベントやサイトで、あたかもそこが大人気であるかのように見せかけてお客さんを呼び寄せるために「サクラ」という
人たちがいるんですね。
例えば、売出し中のアイドルや駆け出しの経営者の講演会などなら、サクラにつられてフラフラ見に行ったら感動してファンになって
しまった!ということがあっても、それは決して悪質ではないですよね。
不当に金銭を巻き上げられたわけでも、無理やりファンになるように強要されたわけでもない。
ただつられて見ていたら、自分がファンになっただけなので、公演を行っている側はファンを獲得し、
つられた側は好きなものが増えてまさにwin-winです。
このように、サクラ自体が悪いわけではないパターンもあるので、サクラは絶対に根絶しなければならない!という害悪ではないのです。

しかし、こと出会い系サイトになってくると、話は別です。
出会い系サイトのサクラは、明らかに「騙す」目的でいます。
これにつかまってしまうと、お金と時間の無駄になるだけではなく、最悪法的に悪者になってしまう可能性があり、リスクがとても
高いのです。
悪質なサイトには、サクラが蔓延しているので、悪質サイトを利用しないのがとても大事です。
では出会い系サイトのサクラは、そのサイトに雇われた人間なのでしょうか?
どうやらそうとも言い切れないようです。
調べてみたら、出会い系サイトのサクラは、とっても複雑で、ものすごく種類が豊富でした。

出会い系サイトのサクラの種類(業者)

その出会い系サイトの運営でも会員でもないのに、会員情報や金銭を得るためになりすました全くの第三者です。
そもそもの目的が「だましとる」ことなので、かなり悪質ですね。
しかも運営側でも会員側でもない。これにひっかかってしまったら、出会い系サイト側も「悪質サイト」のレッテルをはられ、
会員側はお金や時間を失ってしまいます。
要注意ですね。

出会い系サイトのサクラの種類(ネカマ)

ネカマとは、「ネットおかま」の略です。
男性なのに、女性のふりをしてユーザーとやりとりをする人のことをこう言います。
これはおそらく、広い意味で一番多いサクラと言えるのではないでしょうか。
業者でも悪質出会い系サイトでも、最初は女性のフリをした男性がユーザーとメールなどの連絡を取り合うことから始まります。
サクラではなく、いたずら目的でこういうことをする一般ユーザーもいるので、非常に数が多いです。

ネカマを見分ける方法は、「女の子なら知っていそうな話題をふること」
有名な服のブランド、下着のブランドや、コスメ、人気のカフェなどの話題を振ってみて、反応を見てみましょう。
もしそこで、「そんなことよりエッチしましょう」のように性急に話を進めようとしてきたら、まず間違いなく
悪質なネカマです。
もし返信がなかったら、答えられなくて飽きてしまったいたずらのネカマでしょう。

また、ネカマは男性が女性のフリをしているので、「言葉遣いが古臭い」ことが多いです。
女性の流行はコロコロかわるので、男性はついてこれていないんでしょう。
コスメを化粧品、デニムをズボン、クローゼットをタンスなど。これらは、若い女性ならまず使わない単語です。
ちょっと言い回しが古いな?と思ったら、ネカマを疑ったほうがいいですね。
もちろん、言い回しが古い女性も存在しますが、わざわざリスクをとらずに、明らかに女性とわかる言葉遣いをしている
女性とやりとりしたほうが、リスクも少なくて安心だと思います。

出会い系サイトのサクラの種類(美人局)

美人局とかいて「つつもたせ」。いつも思うのですが、ものすごい当て字ですよね。
これは上記2つよりもかなり危ないです。
出会い系サイトで知り合った女性とエッチをした後に、突然強面の男性がでてきて、「われ、俺の女になにしとじゃあ!」と
しめあげられる。
美人局のイメージってこんな感じだと思います。
そんなの今どきあるの?と思われるかもしれませんが、ここまで極端ではないにしろ、実在するのです。
実際に美人局にあった方の体験談をきくと、暴力に訴えるというよりは、脅迫してくる場合が多いようですね。

これは、上記2つと違って、直接メールのやりとりをするのが本当に女性である場合が多いので、メールでの
連絡の段界で見分けることが少しむずかしいです。

美人局の見分け方

メールのやりとりの段階での見かけ方としては、「元カレ」「親」の話をちらつかせてくることがあることです。
「元カレが暴力的だった」と言って、脅迫したときの信憑性をもたせたり、
「親が病気で」と言って同情を誘っておいて、いざ脅迫するときにお金をださせやすくするのです。
しかしもちろん、元カレや親の話題を出すのは、普通のユーザーでも十分ありえるので、決定的ではありませんが、
ちょっとその頻度が多いかも?と思ったら、美人局だと思ったほうがいいかもしれません。
そして美人局の見分け方は、実は、実際に会ってからが勝負なのです。

直接会っているときに、やたらと誰かにメールをしていたり、急に攻撃的な元カレからの電話がかかってきたりしたら、
美人局を疑いましょう。あなたを脅迫するための下準備をしています。
また、やたらとあなたの自宅に行きたがる女性も要注意です。
美人局は、自宅がわかっていると後々請求がしやすいので、自宅に行きたがります。
しかし考えてみてください。
普通の女性なら、初めて会った男性の家にお邪魔したいと思うでしょうか。おそらくほとんどの女性は、セックスするとしても
ラブホテルの方を選ぶと思います。
あなたが、「自宅ではなくホテルにしよう」と断ったときの反応にも注目です。
「そのホテルは嫌だからこっちのホテルにいこう」とホテルを指定してきたら、ほぼ美人局確定です。
すぐに割り切って帰りましょう。
なぜかというと、美人局は後から合流する脅迫役の男性と連携しなければならないので、会っている間もその脅迫役の人と
やりとりをしています。
まず、自宅に来たがるのは、住所を知っていれば後で何度でも脅迫しに行けるからです。
そして特定のホテルに誘導するのは、男性と連携しているホテルにあなたを誘導したいから、また、もしセキュリティの高いホテルに
入ってしまったら、脅迫が成功する可能性が低くなってしまうからです。

美人局は、出会ってからが勝負!

会っている間の電話の多さと誘導に違和感を感じたら、その人がどんなにいい女だったとしても帰るのが吉です。
美人局は、本当の夫婦でやっていることもあるので、既婚の女性とセックスした場面やホテルからでてくる場面を
写真に撮られたら裁判になってもおかしくない上、圧倒的に不利なのです。
美人局にあったら、スッパリと割り切りましょう。

出会い系サイトのサクラの種類(偽会員)

これは①とは逆で、出会い系サイトの運営側の人間です。
出会い系サイトの運営側が会員を装って、男性と無駄なやりとりや会話を引き伸ばして、ポイントを多く使わせているのです。
この見分け方は簡単で、「やたらと細かい質問をしてくる」「答えがちぐはぐ」なこと。
こういう人にあったら、「気が合わない人」とすっぱり諦めて、新たな出会いを探しに行きましょう。
そしてこの場合は明らかに出会い系サイト自体が悪質なので、さっさと退会してしまいましょう。

そのほか、サクラと呼ぶのも生ぬるいような「詐欺師」、サクラではないのですが、恋愛する気もないのに
出会い系サイトが女性優遇の特性をもっているのを利用して小遣い稼ぎのためだけに利用している
「キャッシュバッカー」、運営に雇われたアルバイトで、キャバ嬢の営業メールよりもビジネスライクな「メールレディ」
など、出会い系サイトには、真剣に利用する気のない人や、真面目に利用しているユーザーをだまそうとする悪質な人が
はびこっています。
この人たちとやりとりをしていても、相手は真剣に恋愛をする気も出会いを求めてもいないので、相手にするだけ無駄、
時間の無駄です。
こういう人にあたったら、すっぱりと連絡を絶ちましょう。

こんな人は怪しい!

サクラは、特に業者については、そのサイトがどれだけ優良でしっかりパトロールしていても、なりすました
第三者である限り完全に根絶できるとは言いにくいです。
そのため、自分自身で怪しいユーザーを見極める必要があるのですが、ポイントは「とにかく冷静でいること」です。
そんなの当たり前じゃん!と思われるかもしれませんが、こういうサクラに引っかかるのは、衝動に任せてしまっている
ときが多いのです。
筆者も、あるとき、18禁サイトをみていて、クリックしただけで突然高額請求のページに飛ばされたことがあります。
普通に考えれば詐欺だとすぐにわかるのですが、気を急くようなカウントダウン表示と、時間が深夜だったこともあり、
深夜テンションと孤独感から、なんとかしなければ!とテンパってしまって、「支払えない方はこちら」といった
明らかに怪しい電話番号にかけてしまったことがあります。
冷静になって考えてみると、なぜあんなバカなことをしたのか今でも謎なのです。

サクラにひっかからないためには、とにかく1分でも30秒でもいいので、冷静になる時間をもつことが大事。
一回深呼吸するだけでもだいぶ違いますよ。

また、怪しい利用者の見分け方としては、

業者はいきなり体の関係をほのめかす人
全くいないとはいいませんが、常識的に考えて、いきなり体の関係を迫る女性は普通に怪しいです。
もし本当にユーザーで、ものすごくオープンで性的な人だったとしたら、おそらく出会い系サイトで会員登録をして…なんて
面倒な手順を踏まずに路上で適当な男性を引っ掛けると思います。
恋愛よりも体目的の方は、素直にそういうサービスを受けられるお店に行ったほうがよっぽどリスクが低いので、
そちらのほうがおすすめです。

ネカマは写真がやけにクオリティが高い人
容姿に自信のない女性はやりがち?ですが、普通のユーザーだったらプリクラとか、盛れるアプリを使用するはず。
モデル並!芸能人並!の写りの女性は、サクラと考えたほうがリスクは低いです。
こんなかわいい子と出会える!と舞い上がる気持ちは十分わかりますが、まず「怪しくないか?」冷静に考えてみましょう。
写真のどこかに違和感を感じたら、それはおそらくサクラで間違いありません。
美しい女性と出会う機会は減りますが、また新たに美しい女性と出会う確率とその写真の女性が待ち合わせ場所にくる確率は、
おそらく前者のほうが高いのです。

美人局はやけに守備範囲の広いプロフィール
希望の相手の年齢が「20代~30代」なら普通ですよね。
「40代~50代」もありえます。
しかし、相手の年齢は「20代~50代OKです!」というプロフィールはどうですか?
一見、「なんて懐の広い女性なんだ!」と思ってしまうかもしれませんが、よく考えてみてください。
真剣にお付き合いする人を求めているひと、あわよくば結婚をしたいと思っている人が、こんなにひろい守備範囲をもっているって
おかしくないですか?
その女性が妙齢の方ならともかく、写真は明らかに若くてかわいい女性だったら、そもそも20代は恋愛マーケットで一番需要が
あるので、わざわざ守備範囲を広げる必要はありません。
つまり、真面目なユーザーがこういうことを書くのはありえないんです。
「希望の年齢20代~50代」と広範囲な女性を見つけたら、決してコンタクトをとらないようにしましょう。

さて、サクラについて長々と書いてきましたが、ならサクラがいないサイトはないのではないか?と思ってしまいますよね。
というよりも、「逆にサクラなしって言っているサイトって怪しい」と思うのではないでしょうか。
サクラなしをうたっているサイトは、なぜそう言い切れるのか?
調べてみました。

サクラ無し出会い系サイトはなぜサクラ無しと言えるのか?

「サクラなし」をうたっている出会い系サイトもあります。
そこは本当にサクラなしなのか?すごく怪しんじゃいますよね。

結論からいうと、まともな経営をしている優良サイトは、「サクラ撃退」に並々ならぬ努力しているので、「サクラなし」をうたえるのです。

例えば、そのサイトにいるサクラはサイトの運営と全く関係がないにもかかわらず、
「このサイトはサクラばっかりだ」という悪評が広まったら、そのサイトはどうなるでしょう?
そのサイトは何も悪いことをしていないのに、ユーザーが減り、売上が減ってしまって踏んだり蹴ったりになりますよね。
なので優良サイトは、サクラ撃退にものすごく努力しているんです。
つなり、サクラなしサイト=ものすごく企業努力をしているサイトということになります。

ではそのサイトは具体的に何を行っているのでしょうか?

【サクラなしサイトが行っている努力】

会員からサクラ被害を受けたという連絡があったら、まずそのサクラ行為を行ったとされるユーザーを特定します。
そして、被害を届けた会員とのやりとりを検証して、利用規約違反や悪質性が認められたら、そのユーザーを強制退会させるのです。

なんだ簡単じゃん!と思いますか?
しかし、これはかなりの手間と時間がかかるんです。
なぜなら、サイトへの信頼回復を人ユーザーごとにしなければいけないからです。
サクラ行為を受けたユーザーも、しっかり自分を守ってくれた!ということで、そこまでそのサイトに否定的なことを
ネット掲示板などに書き込まないでしょうし、早期に悪い芽をつむことで、第二2第3の被害者がでることを防いでいるんですね。
これは大きな出会い系サイトであればあるほど大変な作業です。
なぜなら、サクラが100人いたら、単純計算で100会員に対してこの作業をしなければならないのです。
しかも信用問題なので、スピード勝負!サイト側のプレッシャーはかなり大きいですよね。
日本は風俗業界がかなり大きいと言われているので、性的な出会いを求める人は後をたちません。
そこにつけこんだ詐欺や悪質なサクラはもっと多いです。
だからこそ、有料サイトはこのように並々ならない企業努力と時間と労力を使っているでしょうね。
ユーザーからしたら、ただ恋愛したい、好きになれる相手と出会いたい、あわよくばセックスしたい。そんなシンプルな気持ちですが、
その気持につけこむ人が後を絶たないので、出会い系サイトの優良サイトは、その人たちを守るために、
企業努力を怠らず、ユーザーが安心してつかえるように「サクラなし」をうたっているのでしょう。

また、ひとつ。サクラなしサイトとして優良なのが、「そもそも集まっているユーザーの真剣度が高いサイト」です。
真剣なお付き合いを求めている人が多いサイトでは、サクラがするような性急な会話はかなり浮くのですぐにわかりますし、
ユーザーはみんな真剣に相手を探しているので、それに食いつく人がそもそもいません。
また、そういうところは、プロフィール公開もしっかりしている人が多いので、なんとなく適当に書いている人はすぐに
わかります。
真剣な交際を求めている人は、「ちょっとガチすぎるかも?」というくらい真剣な人が集まるサイトを利用した方が
結果的に素敵な人に出会えるかもしれませんね。

また、facebookアカウント登録が必須のサイトも安全性が高いです。
facebookは本人でないと登録できないので、捨てアドレスや複数アカウントをとることができません。
ほぼ100%本人といえるでしょう。
こういった地味なことをしっかり導入しているサイトは、「サクラなし」とみて間違いはないのではないでしょうか。

悪質な出会い系サイトと優良サイトの見分け方

「サクラなし」についてはわかったけど、悪質なサイトと優良サイトはどうやったらみわけることができるの?という方。
悪質サイトは、実はとても簡単に見分けることができます。
ただ、ちょっとだけ手間がかかるので、そのひと手間を忘れないことがポイントかもしれません。

【悪質な出会い系サイトの特徴】

1.単価が高い
これはいうまでもありません。
単価が高いサイトは、明らかに悪質ですね。
そもそも相場よりも高い金額を要求していること自体が悪質なので、こちらは悪質サイトの言及の余地なしといえるでしょう。

2.完全無料 
完全無料というのは一見嬉しいサービスに思えますが、それだけにどんな人でも登録できてしまうので、質の悪いユーザーも
どんどん使うことができます。
また、こういった完全無料のサイトは年齢確認や電話番号確認をされないケースが多いです。
年齢確認がないのでいくらでもごまかせますし、未成年も登録できてしまうので、20代だと思ってあってみたら
高校生だった!なんてことにもなりかねません。
高校生に手を出すとどうなるのかは、某有名芸能事務所のとあるメンバーの末路をみていただければわかるかと思います。

電話番号も同じく、いくらでもごまかせるので、当日現地にいったら電話がつながらない!
なんてこともありえます。
そしてこういった確認がされないサイトは、サクラも使いやすいので、サクラが蔓延している可能性が非常に高いです。
まさに「タダより高いものはない」ですね。

3.住所がちゃんと書いていない
サイトがあるということは、運営している会社があるということです。
一度その会社の企業概要を見てみてください。
企業概要があるから安心…とおもったら大間違いです!
住所がそれっぽく書いてあるけど、よく見ると◯丁目までしか書いていない!なんて信じられないこともざらにあります。
◯番地まであるから大丈夫!と思っても、ストリートビューしてみると明らかに怪しげな雑居ビル…なんてことも。
この住所、最後まで書いてあるの?と疑問に思ったら、少し面倒ですが、ストリートビューしてみることをおすすめします。
そのひと手間で、サクラ被害にあう確率がぐんと減りますよ。

4.インターネット異性紹介事業の届け出を出していない 認可を受けていることを書いていない、公表していないサイトは怪しい
不動産会社や派遣会社と同じように、出会い系サイトにも事業の届けが必要です。
ちゃんとしたサイトなら、「インターネット異性紹介事業」の届けをだして認可されていることを公表するはずなので、
これがなかったら怪しい!と思って、別のサイトに登録を切り替えましょう。

5.退会することができない
そんなバカな…と思うかもしれませんが、実際に退会することができないサイトもあります。
一般的な会社でも退職トラブルはおきがちですよね。そういった会社はブラック企業と呼ばれます。
つまり悪質企業という意味ですね。
悪質な出会い系サイトでも同じことがおきるのです。
退会しようとすると、あの手この手で退会を引き伸ばしてきたり、明らかに違法なことをいって退会できない旨をこんこんと
伝えてきたりします。
この場合は、悪質サイトとして届けをだすか、そのサイトからのメールをまるっきり無視する方法しかありません。
なので、悪質サイトは登録する前にしっかり見定めるのが重要です。

簡単だけど手間がかかる悪質サイトの見分け方ですが、そのひと手間で、法外な金額を請求される可能性が減るので、
面倒がらずに、登録前にぜひ確かめてみてください。

6.トップページが無駄に露出が高い
端的にいうと、トップページがエロいサイトは悪質サイトだと思ってまずまちがいありません。

【優良な出会い系サイトの見分け方】

では、逆に、優良な出会い系サイトの見分け方はというと、上記の悪質サイトの特徴にあてはまっていなければ、
基本的には優良サイトとみて間違いはありません。
また、質の高い異性と出会いたければ、「これは本気すぎるんじゃないか?」というくらい真剣に相手を求めている人が
集まるサイトを利用するのがおすすめです。
真剣な相手を求めているひとは、文面からも真剣さが伝わってくるので、サクラのようないい加減なユーザーは近づきません。
ちょっと自分にはハードルが高いかも?というくらいのサイトに登録するのが実は一番無難なのかもしれませんね。
もし見つけるのが面倒!などであればこのサイトのTOPには
優良の出会い系サイトを比較しているので参考にしてもいいです
下記がTOPのサイトになります
おすすめな出会い系サイトを徹底比較しています
出会い系サイトと一口にいっても、検索しただけでかなりの数のサイトがでてきますよね。
しかも、上述したように、これだけの種類の「サクラ」がいて、ユーザーをあの手この手で騙そうとしている人が沢山います。

しかし、怖がることはありません。
ポイントは、出会い系サイトを使うときは、自分が「本当に恋愛したいと思っていること」が大事なのではないかと
思います。
軽はずみにセックスをしたいわけではなく、真剣にお付き合いをする相手を探していれば、上述したような悪質サイトには
自然と目を向けないはずです。

悪質サイトと優良出会い系サイトの見分け方は、便利でお手軽な会員登録が多い現代では少し手間かもしれませんが、
本当に真剣交際を考えている女性がいるサイトをみつけるためと思えば、手間に感じなくなるのではないでしょうか。

本当に恋愛したい人と出会いたければ、自分が真剣になることが大事。
自分が真剣だったら、軽はずみにエッチを求めてくる相手なんて相手にしようと思いますか?

サクラを個人のちからで根絶するのは難しいので、自分がサクラに見向きもしない気持ちで使用することが大事だと思います。
真剣に出会いを求めている女性も、きっとあなたのような誠実で真剣な方に惹かれますよ。

ぜひこちらで調べた優良出会い系サイトで、本当に出会いたい人と、いいご縁を紡いでください。