セフレの作り方

セフレは継続してこそのセフレ!セフレの関係を長続きさせるには?

投稿日:

セフレ掲示板を使い、セフレ募集をして、見事にセフレをゲット出来た。
こういった方でも、その関係を継続させることに苦労をしているという意見は聞かれます。
セフレに前向きで、一線を引いた関係がとにかく心地よいという方もいれば、都合の良い時に呼び出され、セックスだけをしている関係が嫌になっているものの、寂しさを紛らわせる相手がいなくなるのが怖くて、いやいやながら関係を継続させている方もいるということです。
ここでは、セフレ掲示板などでセフレ募集をし、せっかく手に入れたセフレを逃がさないための付き合い方について、掘り下げていきましょう。

相手を理解してあげることが大事

セフレというと、気持ち良いセックスを提供できればいい。
だからテクニックを磨き、倦怠感を感じさせないセックスが提供出来れば、関係は継続できると思っていたら、大間違いです。
特にあなたが男性で、相手が女性であれば、気持ちを重要視されていることが多いもの。
ですから、まずは相手の気持ちをしっかりと受け止めてあげることが大事なのです。
そもそも、セフレ掲示板などで、セフレ募集をしている女性の多くは、パートナーが話を聞いてくれないだとか、自分の気持ちをないがしろにし、理解してくれないという不満があって、利用をしていることがほとんど。
相手の魅力的なところはもちろん、ダメなところも全て理解してあげることが大事です。
そしてアドバイスなどをするのではなく、ただただ同調や共感をしてあげることがセフレの関係を続けていくためのコツと言えるでしょう。

プライベートの話はタブーだけれど

プライベートに干渉し合うのは、セフレの関係を壊し、感情移入をしてしまう要因を作ってしまうとして、タブー視されている行為になります。
でも、住所や現在の仕事先の話などではなく、学生時代の思い出話くらいは、コミュニケーションの一つのツールとして利用をしても良いのではないでしょうか。
住所や仕事先などを明かしてしまうと、それこそ後々にトラブルに巻き込まれる可能性が高くなりますから、注意するべきではあります。
ただし、過去に犯してしまった失敗談をネガティブに話し、落ち込むのではなく、面白おかしく提供する。
こういったことをするくらいなら、許されるのではないでしょうか。
セックスだけではなく、こういった話をすることで、セフレの知らない部分を共有できる、
その結果、親近感が湧くことになるのです。
感情移入されたりしてしまうギリギリのラインといえるかもしれませんが、セフレというのは、セックスのパートナーにプラスして、フレンドという言葉が入っています。
友達とどういった会話をしますか?
一切プライベートや過去の出来事をひた隠しにして付き合っていきますか。
そんなことはないでしょう。
知り合いではなく、友達なのですから。
異性の友人として付き合う。
それにプラスして、セックスのパートナーとしての役割も任される。
ですから、ちょっとした昔話をしたくらいでは、感情移入され、しつこく干渉されることにはなりません。

セックス以外の面を小出しにアピール

セフレというと、セックスをしたいだけのただのヤリチンと思われているイメージも少なくありません。
こういったイメージ通りの男性であれば、二人の間のセックスに刺激が足りなくなってきたり、ちょっとした倦怠感を感じられたりすれば、あっさりと関係を解消されてしまうもの。
セフレの関係を長続きさせたいのであれば、セックス以外の部分でも利用価値があると思わせることが大事です。
セフレは、干渉を過度にせず、感情移入もしないドライな関係というイメージを持っている男女が多いです。
ですから、重たすぎないくらいのメリットがあると、セフレにアピールするのです。
例えば、一緒にいる時に困ったようなことがあれば、相談に乗ってあげたり、解決に導くように手配してあげるようにするといったものです。
例えば、有益になるような情報提供をするなんてことも、一つの方法です。
世間に疎い女性が多いですから、引っ越しを考えているセフレに家賃相場が安い上にアクセスが良い穴場のエリアの情報を提供したり、使える不動産屋を紹介したりといったものです。
このような二人で会い、セックスをするといった行為以外にも、言い方は悪いですが、利用価値があると感じられる男性こそ、セフレとしての関係に飽きがきていたとしても、関係を継続させようと思われるものです。

継続こそが難しい

セフレの関係は、コツさえ抑えてしまえば、セフレ掲示板でセフレ募集を掛ける程度でも、簡単に作ることが出来るものです。
ただ、本来の意味でのセフレとなれるかどうかは、前述で紹介したようなさまざまな努力が必要になります。
ただセックスをしたい時に相手を呼び出し、相手に合わせているつもりのセックスを提供したところで、相手の心は満たされません。
ですから、一回のセックスは出来ても、次からのお呼びが掛からないといった状態になってしまう。
それで今度は、また新しい女性にアプローチをかけ、繰り返す。
これはヤリチンとヤリマンがとっかえひっかえセックスをしているだけです。
本当の意味でのセフレになるためのコツを覚えておきましょう。

セフレを長くキープするには女性の心の隙間に潜り込むべし

セフレ募集をセフレ掲示板でかけ、セフレを折角作ってもあまり長続きしないという悩みを持っている人は多いです。
セフレを長くキープするには、セフレを作ること以上に気を遣わなくてはいけないことが沢山あるのです。

自分なりの武器を磨き続けること

セフレも一度セックスしたら次に行きたい、そういう風な人ならいいかもしれませんがセフレ募集をセフレ掲示板でかけ、セフレを作っていくうちに段々とその中でお気に入りと言えるような子とも出会うでしょう。
そんな子を手放さないためには、まずは自分の武器を磨くことです。
トーク、セックス、気遣い、何でもいいのでまずは自分だけの武器を見つけそれを錆びつかせないようにすることが大事なんですね。
例えば、セフレを作ったはいいけど男性によくありがちな釣った魚に餌をやらないという感じでいったん所有してしまったことで安心し、段々自分の持ち味をおざなりにしやりたいことばかりやっているとセフレが離れて行ってしまいます。
常に初めて出会ったときのやさしさや振る舞いを忘れないということがとても大事なんです。

キープするには駆け引きが大事

セフレの数が増えていくと、自分の体は一つなわけですからどうしても意識も行動も分散してしまいます。
となると、一人当たりに向けられるマメさというのはどうしても失いがちです。
そうならないようにするためには、一回一回の邂逅をより濃密で刺激的なものにしましょう。
セフレだからと言ってセックスだけをしていればいいのではないのです、デートなどに時折連れ出しサプライズやちょっとしたぜいたくなどをすることができるように非日常を演出してあげる。
女性というのはどこかしらに飽きっぽさや新しい刺激を求める傾向にあり、特にセフレという関係を望む人はその傾向が顕著ですからね。
なので、回数を多くすることができないのであれば、その1回1回をより記憶に残るような鮮烈なものにしてあげるというのがキープを続けるコツです。

さりげなく助け船を出してあげる

そして、セフレという関係は勿論自分のためなのですが相手だって出来るならば頼りになる、自分に得のある関係を求めるのが普通です。
なので、相手が困っているときはさりげなく助けてあげることができるようになりましょう。
セフレだから知らない、というように冷たく突き放す人はやっぱり印象が良くないですし、それをきっかけにして一気にセフレ関係を解消されてしまうということも大いにあり得ることです。
困っているといってもそんなに大袈裟なことではなく、例えばちょっとお金がピンチな時は食事代やホテル代は自分が持ってあげるだとか、何かいやなことがあったときは相談に乗ってあげたり愚痴を聞いてあげたりなんてその程度でいいのです。
要は自分に不利益のない範囲で相手を精神的に支えてあげるだけでいいのです。

まとめ

女性をキープするには、セックスだけではだめです。
何だかんだ言って女性というのは、精神的に癒しをくれる男性や安心感をくれる男性のほうにひかれるものなのです。
だから、セフレとしての関係を長く続けたいのであればセックスの腕を磨くだとか、自分をかっこよくするだとかそういうことをする前に、如何に相手の女性の心の隙間に潜り込むことができるかということを意識することです。
ふとした時に一緒にいる、ふとした時に会いたくなる、何だか相手と話していないと日常が物足りない、そんな風に女性に思わせることができるようになれば、セフレとして長くキープすることができるでしょう。
そのためには、とにかく男性の感覚とは違う女性の心理というものを学んでいく必要があるのだと覚えておきましょう。

-セフレの作り方

Copyright© セフレサイトランキング!~セフレ募集に役立つセックステクニックを公開~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ハッピーメール