Pocket

セフレ掲示板でセフレ募集をしても、なかなかパートナーとして選んでくれない。
メールテクニックがないからなのか。
それともプロフィール写真がダメなのか。

やっぱり経済力がある程度にないと、セフレにすらなれないのかなんて思っていませんか。
どれもアタリのようで、結局は、ハズレです。

そもそも女性の視点というものを理解出来ていません。
これでは、いくらセフレ掲示板でセフレ募集と叫んでも、相手にはしてもらえないでしょう。

ここでは、女性がこちらからお願いしてでもエッチしたいと思える男性の特徴を紹介していきましょう。

■どんな女性も口を揃えていう条件

前述にもある通り、セフレ掲示板などでセフレ募集をし、返事をもらい、実際にセフレの関係を築くためには、あなたが女性からみて、セックスしても良い。
セックスしたいかもと思えるような条件を揃えておく必要があります。

これだけは絶対に持っていなければならない条件。
どんな女性でも、口を揃えていう条件とは、ズバリ「清潔感」です。
不潔な男性は、はっきり言って、セックスの対象にはされません。
友人でもお断りという女性が多いのです。

これは女性である以前に、生物として子孫を反映させるための繁殖行為という本能からしても、ごく自然な感情なのです。
不衛生な場所。
不衛生な相手でセックスをし、子供が出来てしまった場合、その子が健康である可能性は少ない。
長生きできないかもしれない。

こんな風に女性の本能はリアクションするのです。
もちろん、実際に頭の中で考えているわけではありません。
本能がそう叫ぶのです。
これが、よく多くの女性達が口にする「生理的に無理」という状態。

生理的に無理だと思われた男性が、セックスのパートナーに指名されることは、絶対にありえません。
この条件だけは、絶対に意識をするようにして下さい。

■女性扱いしてあげること

セフレ掲示板にセフレ募集しているんだから、誰でもいいんだろう。
俺が相手にしてやるから、早くセックスさせろ。
こんなニュアンスでは、残念ながらセフレにはしてもらえません。

セフレを探している多くの女性が、現在のパートナーの扱いに不満を持ち、それを満たしてくれる相手を探して、こういったアクションを起こしていることをご存知でしょうか。

確かに中には、単純にセックスをしたいという女性もいるでしょう。
しかしながら、ほとんどの女性は、パートナーがいて、セックスがぞんざいになった。
会えばデートもせずに、セックスをして寝て終わり。

セックスレスの状態が長く続き、もう女性としては見てくれず、もはや家政婦や母親といった存在価値しか自分にはないのではと、自信喪失をしている。
こんな状態の女性が、まだ自分には価値があるのか。
女性としてしっかりと扱ってくれる男性はいないかとインターネット上のコミュニケーションツールを使い、出会いを求めるのです。

ですから、しっかりと、一人の異性として、セックスの対象として魅力があるということを伝えること。
そして、軽くでも良いので、恋愛気分を感じさせるようなデートを提供する。
そしてレディファーストなどの基本的なエスコートをしてあげる。

こういったことに注意をしてセフレとの時間を共有しましょう。

■おしゃべりじゃない男性

そして何と言っても、おしゃべりではなく、口が硬い男性であるかどうかです。
掲示板や裏アカなどを使い、セフレと今日は、セックスしてきたなんてことを自慢気に語っていたり、周囲の男友達や会社の同僚にも、セフレが存在していることを武勇伝のように語っている。

こういったおしゃべりな男性は、残念ながらセックスの対象としては、認めてもらえません。
セックスというのは、男女の秘め事です。
特にセフレという関係は、恋愛関係や夫婦関係のように公に出来るものではありませんよね。

それを軽々しく口にし、誰にでも語ってしまうような男性は、セフレにはされないものです。
むしろ、セックスをしてしまったことを人生の汚点として感じさせ、恨みしか抱かせないようになりますから、気をつけましょう。

決して、過去にセフレがいたことを誘っている相手に語り、だから安心して欲しいなんて口説き方はやめましょうね。

■女性好みの会話が出来る男

更に大事なのは、コミュニケーション能力。
もっと詳しくいうなら、相手に合わせた会話が出来るかどうか。
女性は自分のことを喋っている時に最高に楽しいと感じます。

相手に話をさせず、自分のことばかりを語る男。
上から目線で、いちいち話に割り込み、余計なアドバイスや説教をする男。

こういった男性は、友達にはなりたくないと思われますから、セフレ以前の問題です。
友達以前に、知人としてもお断りパターンになります。

男性の多くは、とにかくこちらが喋って、笑いの一つや二つとって、ギャグの一発でも決めなければならないなんて思ってしまうもの。
しかしながら、それは大きな間違いといえるのです。

■いかにもな男はダメ

色黒でチャラチャラしていて、言葉使いもいきなりタメ口。
これはいかにもヤリチンだと思えるような条件を全て満たした男性は敬遠されます。

外見はそうでも、言葉使いがしっかりとしているなど、ギャップがある男性が好かれるのです。

■決してハードルは高くない

ざっとセフレにされやすい男性の条件を挙げましたが、決して努力の量としては多くはありません。
低いハードルですから、このくらいは、意識して改善するようにするべきでしょう。