Pocket

セフレ掲示板でセフレ募集をして、うまく実際に会うところまでこぎつけることはできたけど、ご飯だけ奢ったらセックスする前に帰られてしまった、こんな経験がある人はおそらく出会い系サイトなどを利用している人であれば多いはずです。
上手くいく人は少ない回数でゲットできますが、ダメな人は何度やってもダメという人もいます。
一体その違いはどこにあるのでしょうか?口説き上手と下手の違いについてを紹介しましょう。

■女性慣れしていない人の特徴
口説き下手な人、というのはその多くが女性慣れしていない人です。
しかし、問題なのは女性慣れしていないことを隠そうとするところなんですね。
で、どういう行動を取るかというと如何にも女性慣れしていますよとアピールするように一気に距離を詰めようとしたりするんですね。
精神的にも物理的にも、すぐに触れる距離に行こうとしたり相手のプライベートなところまで突っ込んだり、わかりやすく言うと馴れ馴れしいんです。

■雰囲気の作り方
割と上記で紹介したところに近い部分はあるのですが、必死過ぎて今日は絶対に口説き落とすぞ、というような決意のようなものがわかりやすくにじみ出ていると警戒されやすいです。
一生懸命になられることはうれしいことである半面、あまりにもそれが露骨になりすぎると女性からすればそれは恐怖の対象でしかありません。
少なくとも外見では、余裕を持って穏やかに接するように心がけることで相手の女性も気持ちをリラックスできますし、自然体で接しやすいので警戒心も緩むんですね。
やさしく、一緒にいて楽しく、適度に距離感を保って自分のことを尊重してくれる男性、こういう人がやはり口説くのも上手な人だと言えるでしょう。

■まとめ
基本的には男性のほうに問題があるように書いてきましたが、必ずしも男性側だけに問題があるわけではありません。
場合によっては女性が最初からタダ飯目的で来る場合もありますし、ワガママで自分勝手な女性の場合は最初からご飯だけ奢らせてやろうというような気持ちで誘いに乗ってくることもあります。
なので、はなからセフレになる気がなさそうな思わせぶりな女性は避けたほうが無難だと言っていいでしょう。