男なら誰しも願望があるはずです。

都合のいい時にヤレて、いろんな事ができるセフレという存在を持つことを。
イケメンやお金持ちじゃないとセフレなんてゲットできないと思っていませんか?

願望をかなえるための方法を、こっそり教えちゃいます。

セフレとセックスとテクニック

セックスのテクニックに磨きかけてますか?
この答えに「はい」と答えられる方は、すでにセフレやそれに近い存在がいるのではないでしょうか。
そうです。男性はセフレをゲットすることには必死に頑張るのですが、セックスで女性を満足させることに関しては案外意識が向いていない場合が多いのです。

セフレとの関係性を見直してみましょう

セックスで女性を満足させてあげることについては、力を入れていない男性は意外と多いと言われます。
セックスでは自分が楽しむこと、自分が気持ちよくなることだけを目的にしてしまう場合が多く見受けられます。
でも、セフレをセックスで満足させることは、とても大事なことなんです。

『セフレ』と一言で言っても、人それぞれ関係は色々あります。

完全に体だけの関係と割りきって、セックスを満たすパートナーとなっている場合もあるし、友達付き合いの延長線上で体の関係も楽しんでいる場合もあります。
ただし、どういう付き合い方であっても共通しているのは、「セックスを楽しみたい」という事です。
セックスをするからには、気持ち良くなりたいという願望は必ずありますし、満足できるセックスをしたいと必ず思います。
相手がどんなセックスをしてくれるだろうか、どれくらい気持ち良くしてくれるのだろうといった期待も絶対します。
男性とセックスする時は、女性はその男性のセックスに期待しているのです。

その期待に応えられているでしょうか?もしくは応えられるテクニックを持っているでしょうか?
そこを見直すことから始めましょう。

だからセックスのテクニックがセフレには必要なんです

残念ながら、女性の期待に応え十分な満足感を与えられる男性って決して多くはありません。
セックスするまでは力を使うのですが、その先まで見ていない人が多いのです。
しかし、セフレには大前提があります。それは…
『気持ちいい満足できるセックスのできる相手である事』です。
セックスを楽しむためのパートナーがセフレですよね。
一番大事なセックスが気持ち良くなかったらセフレでいる意味なんてありません。

逆にセックスのテクニックがあればセフレがついてくる!?

セックス上手な男性って魅力的です。
女性も気持ちいいセックスを求めていますから、当然セックス上手な男性の方が魅力的に感じます。

ですから、セックスが上手だとそれだけセフレも作りやすくなります。

友達でもいいですし、ナンパや合コンや会社の飲み会でもなんでもいいです。
ふとしたきっかけでセックスしてしまうことってゼロではありませんよね?
そういう時に、男性がセックスが上手だったら、女性も後から「またしたい」って思う事があります。
大半がそうかもしれませんが、セフレに対して否定的な女性であっても、セックスが上手だったら「セフレでもいいかな」と思うことだってあるでしょう。
そもそもそこまでセックスで満足させてくれる男性って、ほとんどいません。
だからセックスのテクニックがある男性って貴重な存在なのです。

そもそもセックスが上手な男性って、自分に自信を持っていてそれが本人の意思と関係なく滲んできます。
自信がある人はモテる人が多いですし、自信は女性を惹きつける力があります。
結果的に、セフレも作りやすくなります。

本当にセックスが上手な人のセックスは忘れられないくらいに記憶に残ります。
そうなれば、必ず女性の方からあなたを求めてくるようになります。

見た目やお金だけでセフレを作っている人とは訳が違います。

セフレを満足させるセックスのテクニック

セフレをつくる方法を模索するより、セックスのテクニックを磨いていくことがセフレゲットの近道です。
それではその具体的なテクニックについてセックスの流れに沿って紹介していきます。

見落としがち!?ホテルについてからの行動

まだセフレになっていない女性とホテルに着いて、セックスをすぐに始めるのは得策ではありません。1回だけで関係でいいのなら好きにしても良いでしょう。

セフレにするには最初のセックスで、こちらのことを信頼できる男性と思わせた方が長続きしたすいからです。
だからと言ってダラダラといつまでもおしゃべりを続けるのはNGです。
目安として30分以内と考えて下さい。
おしゃべりをしながら、頃合いをみて、隣に座ったり抱きよせたりしましょう。
上手にセックスを始める必要はありませんのでご安心を。
処女でもない限りセックスが始まるという空気は伝わります。

包み込むようなキスをマスターし、トロトロにさせる

キスは女性を虜にするためにとても効果的です。
キスをすると気持ちが高揚しドキドキします。
女性によってはキスだけでアソコが濡れてしまいます。
キスは気を許した男性としかしたくないという女性が多い為、キスのテクニックをマスターすればその分女性を虜にでき、セフレになれる可能性が上がります。
風俗女の中には、フェラや全身舐めはOKでも、キスはNG(なるべく避けたい)という子が多く存在します。
テクニックはずばり、「男性が包み込むようにキスをしてあげる。」です。
舌先のテクニックなどもあると思いますが、一番のポイントは「この人に体を委ねても大丈夫」と思わせることです。
女性の腰や肩、頭などを腕で包むような形でのキスが有効です。ベッドでキスする場合は、女性の横に寄り添い、包み込むような体勢でキスすると良いです。
優しく抱きしめてあげるという事ですね。
キスをしながら、身体のいろんな場所を触ってあげるのも効果的です。
より女性を感じさせることができ、性感帯を探すことができます。
このとき、あえてアソコを触らないか、軽く触れる程度にしておくのも良いです。
身体の反応を見つつ、太ももや二の腕など敏感そうな場所を触りながら包み込むようにキスをしてあげましょう。
そこまでやれば必ずと言っていいほどアソコはトロトロになっています。

まだまだ焦らし?次は首や耳を攻めて気持ちまでトロトロに

次にやることは、キスからの流れで、他のところを舐めることです。
女性の性感帯はおっぱいやアソコ以外にもたくさんあります。耳や首、首元が弱い女性が多いので、キスの流れから自然に舐めてあげましょう。甘噛みするのも効果的です。
このときも、キス同様、抱きしめながら舐めるということと同時に、身体のいろんなところを触ってあげると良いでしょう。
触り方はあくまでソフトに、肌に触れるか触れないかくらいが女性をトロトロにさせます。

ここからいよいよおっぱい攻めに入ります

おっぱいの感じ方は人それぞれ違いますので、どんなふうに攻められるのが好きなのかを探っていくことが必要です。
乳首を回すように舐めてみたり、甘噛みしてみたり、吸ってみたり、大胆に全体を揉みまわしたりなど、いろいろ試して相手の反応から、どうされるのが気持ちいのか探っていきましょう。
もしくはどうされるのが気持ちいいか聞いてみても構いません。
また、女性の後ろ側に回り、おっぱいを鷲掴みにしたり、指で乳首を攻めたりしつつ、耳や首元を舐めてあげるなどのテクニックもあります。
これはMな女性が好むテクニックです。強引にされている感で感じてしまいます。
相手が痛がっていないか注意してください。
必死になって乳首を引っ張り回していたり、自分が優しく噛んだり吸ったりしてるつもりでも、女の子は痛がっている場合があります。

そしておっぱい攻めながらアソコも攻める

おっぱいを舐めているときに、手でアソコやクリトリスを触ってあげると良いでしょう。
手マンだけするより、同時に攻めてあげたほうが効果的だからです。
おっぱいを舐めたあとはもう一度キスをしたり、耳や首元を攻めてあげたりしてもOKです。
同時にアソコも手でたっぷり攻めるのを忘れずに。

セックスのテクニック裏ワザ!?その気にさせる言葉の使い方

言葉の使い方には、言葉攻めというものもありますが、緊張をほぐしてあげる言葉も有効です。
「大丈夫?」「痛くない?」など相手を気遣う優しさを見せたり、「いっぱい気持ちよくなってね」など、自分の前ではもっと感じてしまってもいいんだ、ということを伝えてあげる事が大切です。
女性の中には、快感に身を任せることに恐怖心を感じ「無意識のうちに抵抗」してしまう方がいます。
そんなときも、言葉で「今日はおかしくなってもいいよ」と伝えてあげれば、これまで感じたことが無い快感を与えることができるかもしれません。
男性が「自分も気持ちいい」ということを伝えてあげる事も大事です。
女性は身体の反応をみれば感じているか感じていないかはある程度分かりますが、男性は分かりづらいので女性は不安になります。
時々「気持ちい」と伝えたり、「うっ」などとわざと声を漏らして、気持ちいことを伝えてあげましょう。そうすると女性も嬉しくなり、より積極的になるでしょう。

相手が断固拒否しない限りクンニはするべきです

「クンニは嫌だ」という男性も少なからずいるでしょう。
人によっては臭いが強かったり、独特な味があったりするので抵抗があるのは分かります。
ですが、セフレにするという目的がある限り、女性を気持ちよくさせ「またセックスしたい」と思わせる必要があります。
クンニを求める女性は多いのですが、してくれる男性がそんなに多くないため、クンニをすることはセフレへの一歩に繋がります。
クンニをするときは、おっぱいを舐めた後、徐々に下腹部に下がっていくのが良いでしょう。
下腹部まで下がったらパンティーを脱がせてクンニするのもありです。
又、女性の太ももの付け根を舐められるところに移動して太ももを舐めてあげるのも良いでしょう。
クンニは最初、クリトリスだけを攻めるのではなく、アソコの周りを舐めたり、穴に舌をいれたりなど単調にならないよう心がけます。
その後、クリトリスを重点的に攻めてあげるとよいでしょう。
しばらく舐めで攻めた後、クリトリスを舐めながら、指をアソコにいれてGスポットを同時に攻めるのは、かなり有効です。
これでイク女性も多いのですが、指入れはゆっくりまずは1本ずつ挿入します。
あわてて指入れし、女性が痛がったらこれまでの努力は水の泡です。

ギブアンドテイク、クンニの後はフェラチオ

フェラをしてもらうタイミングは、たっぷりクンニをしてあげたあとが最適です。
クンニをしてあげた後フェラを断られることはまずないですし、自分だけしないなんて事はなかなか出来ません。
ここまで来たら女性のアソコはペニスを受け入れる準備はできています。
当たり前ですが、フェラでイクのは避けてください。いままでの努力が台無しになってしまいます。
適当なところで「もう入れたい」と我慢できない気持ち(のフリでもいいです)を込めて言ってみましょう。
女性は必ずキュンとなります。

セフレにするにはとにかく前戯が大切なんです

ここまで女性をトロトロにする前戯の方法をご紹介しました。
たっぷりと前戯をして感じさせてあげれば、アソコは濡れて、そのあとの挿入もスムーズに入れることができますし、「またセックスしたい」と必ず思わせることができます。
逆に、前戯を疎かにすると、独りよがりのセックスをする男性と思われて、1回のみで終わってしまう可能性があります。
ペニスが大きかろうと小さかろうと早漏であろうと遅漏であろうと関係ありません。
とにかく前戯でどれだけ女性を満足させるテクニックがあるかが重要なんです。
前戯でイカセまくれば、必ず女性はその人とまたセックスしたいと思います。
前戯マスターとなって、セフレを大量にゲットして下さい。