長続きするセフレを狙って落とす!セフレの攻略法

「長続きするセフレが欲しい…」

やっと探したセフレも、何回かセックスしたら関係を切られて音信不通になってしまう。
この繰り返しに疲れた…と思う男性諸君も多いのではないでしょうか。

  1. 探す
  2. 落とす
  3. セックスする

全ての手順に、時間とお金がかかります。
セフレと長続きすれば、1と2の手順は要らなくなりますよね。
でもどうやったら、セフレと長続きするのでしょうか。

それは、長続きすると最初から分かっている女性を狙ってセフレにすることです。
やみくもに捕まえたセフレを長続きさせようと思っても、無理な話です。

では、どんな女性が長続きするセフレになりえるのでしょうか?
今からお話ししていきます。

長続きするセフレにしやすい女性

まずは、性格面からセフレにしやすい女性をご紹介していきます。

自己承認欲求が強い女性

いわゆる「かまってちゃん」ですね。
SNSで自撮りが多かったり、話題の場所やスイーツを載せまくって「いいね」をたくさんもらっているような女性です。

このような女性は、誰かに認めてほしいという欲求が強いです。
ですが、1人の人間として深く信頼関係を結べない、または結ぶことに抵抗を感じているので、人付き合いが刹那的になりがちなのも特徴です。

多少面倒ですがそこを利用して、一緒にいるときだけは女性をお姫様のように扱うことで、こういった女性の承認欲求を満たして気分よくさせてあげれば、セフレにすることはカンタンですし、男性から求められていないと生きていけないので、必然的に長続きすることになります。

露出の多い女性

このタイプは開放的な性格の女性が多いですし、自分を見る男性の目を自覚しています。
単純にセックスだけを楽しめる女性が多く、正直エロいので、「長続きなんてゼイタク言わないので、1回で良いからエッチしたい!」と思わず言ってしまいそうになります。

この手のタイプは先天的にエロいのではなく、それなりに男性経験が豊富で、誰か良いオトコが見つかればいつでも試したい…と思っているのでエロいのです。
気に入られれば、即セフレのお許しが出るでしょう。

付き合い方のコツとしては「この手の女性はみんなのもの」という事を認識することです。

束縛なんてもってのほか。
連絡もしつこくせず、あちらの気の向いたときにお相手できるセフレとしてキープされておけば、長続きできます。

押しに弱い女性

押しに弱い女性の多くは、あまり自分というものを出さず、他人にリードしてほしいという気持ちでいます。

この女性の怖いところは、天然で押しに弱いのではなく、無自覚に狙ってやっているところです。
「押しに弱い私」を演じている…つまり、口説かれるのを待っているのです。

女性らしいルックスとファッション、甘い雰囲気で男性を誘い、口説かせています。

セックスに関しても、断れないシチュエーションまで持っていき、相手に誘わせる。
それを断れないフリして受けている女性が多いのです。

この手の女性もある意味ハンターなので、セフレにした段階で気を抜くと、すぐに関係を切られますから注意と気遣いが必要です。

優柔不断な女性

こちらは押しに弱い女性とはちょっと違います。
優柔不断な女性は自分自身に興味がないことが多いです。

つまり、あまり自分を大事にしていません。
ですから20代の人生で一番きれいな自分を「単なるセフレ」として男性に捧げても、あまり疑いを持たない傾向にあります。

損得勘定が出来ないことが多いので、長くつきあうセフレとしては一番向いているかも知れませんね。

このタイプは自分が結婚しても、相手が結婚しても、そのままズルズルとセフレ関係を維持しやすいです。

最高に楽しい禁断の関係。旧知の仲の女性をセフレ化

「身近にいる女性をセフレにしない」
トラブルを避けるためによく言われていることですが、最高にスリリングで楽しくつきあえるセフレは、身近にいる旧知の女性ではないでしょうか。

  • 職場の同僚
  • 上司や友達の奥さん
  • 趣味のサークル内の知り合い

代表的なのがこの3つです。

「秘密の関係」というのが最高にお互いを興奮させ、燃えるようなセックスが楽しめます。
また、この3つの関係は日常的に顔を合わせるので、関係が解消しづらく長続きします。

前の日の夜、お互い狂ったように求め合ったのに、翌朝になれば他人として振る舞う…
こういったセフレを持つと、毎日の生活に程よいスパイスになり、ハリが出てきますね。

この関係を維持するためには、お互いに多少の品格が必要になってきます。
浮かれて、あからさまに親しい雰囲気を出してしまうと女性が必ず離れていきます。
逆もしかりですね。

また、人の気持ちは変わるものですから、いくら最初に「体だけの関係を楽しもう」という合意ができていたとしても、そのうち片方が恋愛感情を持つようになる、というのは想定内の出来事です。

この関係は、バレてしまったら人生を潰しかねないリスクをはらんでいます。
そうならないよう、お互いをけん制しながら、秘密の関係を楽しんでいきましょう。

狙った女性をセフレするために

「狙った女性をセフレにできるだろうか」ではなく、「狙った女性をセフレにするために自分ができる事は何か」という思考で行動するべきです。

ちょっと断られたくらいで諦めて引いているようでは、あなたにセフレは1人もできないでしょう。
断られても、どんどんアタックし続けてください。

「この人、ここまで私のことを好きなんだ…」と分かれば、徐々に女性は心を開いてくれます。
「1回だけなら、食事でも…」と言わせたらしめたものですよ。

「それって彼女を落とすのと同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、彼女だから、セフレだからとアプローチを変える事自体が間違いです。

食事して、ホテルに行ってセックスする。
ここまでは彼女もセフレもやることは変わらないはずです。

何か違いがあるとすれば、彼女は生涯を共にするパートナーになりえる可能性があるという、将来があるかないかだけです。

目の前にいる女性に対して、「今晩ヤレたらセフレにしよう…」と思いつつ口説いていても、女性はそこらへん敏感なので、すぐにバレてしまいます。

女性はどんなにヤリマンだとしても、自分が軽い女だと思われたくないという、矛盾した生き物なのです。

長続きのコツ①:セフレを「都合のいい女」として扱わない事

セフレというと、好きな時に、彼女にするようなケアなしでもセックスできる「都合のいい女」と思いがちです。
それはある意味正解なのですが、不正解でもあります。

ほとんどの女性は「自分がセフレ(セカンド)という立場に置かれている」という事に納得していません。

いくら気持ちの上で、「これは割り切った付き合いである」と開き直っていても、心の中ではウスウス「私って本命じゃなくて所詮セフレなんだな…」と思い、その事実に目を背けながらあなたと会っているわけです。

それでも女性はその点には目をつぶって、カラダをゆだねてきてくれます。
これを理解して、セフレと過ごさなくてはいけません。

二人でいるときだけは、唯一無二の相手として接してください。

女性はあなたを「私が体を許した相手なのだから、それに相応しい男だった」と思い込むことで、自我を保とうとしています。

その心理を利用して、心地よい気分にさせてあげることが、長い関係に発展していくコツなのです。

長続きのコツ②:セフレとは「彼女や奥さんとはできないセックス」を

せっかく「セックスフレンド」なのですから、セフレとの毎回のセックスは、ちょっとシチュエーションやプレイ内容に凝りたいものです。

性欲のままにお互いを貪りあうだけの日もあって良いし、ある日は大人のおもちゃを使ってみたり、新しい性感帯の開発をしてみたりなど、遊びの要素を持たせてください。

「彼女や奥さんとはとてもできないことを、私とやっている」
これを示すことで、セフレに特別感をあたえる事が、長続きのために必要です。

マンネリはセフレとの関係においても大敵ですよ。

誰かのセフレになるような女性は、これまでのセックスで満足したことがなかったり、現在のパートナーとのセックスに不満がある、またはもっとたくさんの男性とセックスしたい女性が多いです。

その点を踏まえて、濃厚な前戯とセックスで女性を喜ばせてあげてください。

こちらの欲求のままに、フェラチオを無理やりやらせる、前戯なしで無理やり挿入することだけは避けてください。

これらは女性にとってとても屈辱的な事です。
セフレとはいえ、感情面を満たすセックスを心がけてください。

長続きのコツ③:セフレとセックスをした後の行動

女性と別れた後も、安心させるために「ちゃんと家に着いた?おやすみ」など、必要最低限の連絡はしましょう。
ただ、あまりしつこくならないようにしてください。

セックス後の余韻を感じさせるのが大事です。
いったんカラダが離れたら、彼氏ヅラせずほどよい距離を保つようにしましょう。

力関係的には、セフレにちょっとだけ、あなたを追わせるように仕向けることが、その後のリピート率やお付き合いの長さに影響してきます。

逆に、数日連絡が空きすぎると、「私、良くなかったのかな?」「なんで何にも言ってこないんだろう」と女性もモヤモヤしてきます。
そのまま放置すると連絡を絶たれ、関係解消にもなりかねませんから注意が必要です。

つかず離れずのちょうど良いタイミングで連絡を取り合えるようになれば、その後長い間お付き合いができるようになりますよ。

覚えておかないといつまでも関係がキープできない?セフレとして認められない共通点

セフレ掲示板でセフレ募集をしたはいいけれど、どうしてもセフレとの関係が単発で終わる。
こういった悩みを抱えている方は多いもの。

たった一回で音信不通。
またセフレ掲示板でセフレ募集をし、違う異性とセックス。

そしてまた音信不通。
いつまでこの無駄なルーティンを繰り返すのかと感じるのは、当然です。

セフレに気に入られ、関係が長続きするポイントを覚えておきましょう。

連絡頻度は邪魔にならない程度で

一人の時間があるとセフレ掲示板でセフレ募集をし、関係を持ったセフレにメールや無料通話アプリでコンタクト。
はっきり言ってウザいです。

これでは、恋人と何も変わりませんね。
むしろ、本命だと思っていないので、恋人以上のウザさに感じることでしょう。

邪魔にならない程度の連絡頻度を心がけましょう。
あくまでも秘密の関係なのですから、頻度が多ければ、関係がバレるリスクも高まるのです。

相手に依存しすぎない

これも少々前述のものと似ていますが、常にセフレのことを考えてしまい、相手に頼りきってしまうような行動を起こすと、関係は切られます。

それまでのコミュニケーションやセックス前、セックス後の態度の変化などで、ある程度に判断することが出来ますから、粘着アクションは、しないように注意が必要です。

なんでもセフレに補完してもらうのはやめる

セックスをすれば、もっと会いたいと思うのは当然。
それが気持ちよければ、満足できるほどに強くなるのは、分からんでもありません。

パートナーの代役として、何でもかんでも求め、過去の恋人の変わりなどに仕立てるのはやめましょう。

束縛はご法度

束縛は、セフレ関係において、関係を漏らすことと同様に守らなければならないご法度です。

セフレはパートナーではありません。
そういうことが面倒だからこそ、セフレになっているのですから。

もしも、相手の行動を制限したい。
もしくはされたいと思うなら、感情移入が始まっているので、相手の前から姿を消すことがオススメです。

自分一人の時間を作ること

相手に依存したり、セフレのことを考える時間を減らすには、自分だけの時間をしっかりと確保することが大事です。

料理教室に通ったり、フラダンスを始める。
他にも、スポーツジムなどで汗を流したり、エステや脱毛サロンなどに行っても良いでしょう。

何かに没頭する時間を作りましょう。
仕事を始めるというのも、良いかもしれません。

もちろん、状況が許せばの話ですが。
既に仕事がある独身の方などは、仕事に使える資格取得など、向上心を持って自分のために時間を使いましょう。

そうすることで、セフレのことを忘れることが出来る上、自分を魅力的に磨いていくことも可能ですし、お小遣いまで増えるのですから、一石二鳥にも三鳥にもなるのです。

相手にも自分にも染まらない

相手が満足出来る環境を作る。
好みの男性像にキャラを似せる。

こういった努力は、セフレ作りには必要かもしれません。

しかしながら、相手を満足させたいという気持ちが強くなりすぎると、どんどんと相手に合わせ、いつの間にか都合の良い存在や、言いなりになってしまっているケースも珍しくありません。

そうなる前に、ある程度まで相手に合わせたら、それ以上は、自分の個性を大事にするようにしましょう。

特に起こりやすいのは、セフレと出会う日時の設定です。

最初の内はセックスがしたいからという一心で相手に合わせて都合をつけていたものの、いつの間にかそれが当たり前になり、こちらの都合は一切考慮されなくなった。

これではセフレの関係は長続きしません。
これは逆もまた然りなのです。

相手が人妻だったりして、完全にどっぷりと自分に惚れ込んだことを良いことに、自分の都合にばかり合わせ、ぞんざいに扱うと、パートナーの扱いと変わらないわけですから、関係は当然に切られます。

一定の距離を保つことが大事

このようにセフレを作り、その関係を継続させていくためには、恋愛関係や夫婦生活とは違うつきあい方をしていく必要があるのです。

気持ちの面に関しても、肉体的な面に関しても、一線を引き、ある程度の距離を超えてはいけません。

だからこそ、人妻などの中には、敢えてセフレではなく、お金を取る割り切りの関係を希望する方もいるくらいです。

こういった選択をするのは、感情移入をした時に、終わった後や、セックスをする前に支払われるお金を見て、これはビジネスであり、感情的になってはいけないという、一定の距離感を保つためなのです。

相手を理解してあげることが大事

セフレというと、気持ち良いセックスを提供できればいい。
だからテクニックを磨き、倦怠感を感じさせないセックスが提供出来れば、関係は継続できると思っていたら、大間違いです。

特にあなたが男性で、相手が女性であれば、気持ちを重要視されていることが多いもの。
ですから、まずは相手の気持ちをしっかりと受け止めてあげることが大事なのです。

そもそも、セフレ掲示板などで、セフレ募集をしている女性の多くは、パートナーが話を聞いてくれないだとか、自分の気持ちをないがしろにし、理解してくれないという不満があって、利用をしていることがほとんど。

相手の魅力的なところはもちろん、ダメなところも全て理解してあげることが大事です。

そしてアドバイスなどをするのではなく、ただただ同調や共感をしてあげることがセフレの関係を続けていくためのコツと言えるでしょう。

プライベートの話はタブーだけれど

プライベートに干渉し合うのは、セフレの関係を壊し、感情移入をしてしまう要因を作ってしまうとして、タブー視されている行為になります。

でも、住所や現在の仕事先の話などではなく、学生時代の思い出話くらいは、コミュニケーションの一つのツールとして利用をしても良いのではないでしょうか。

住所や仕事先などを明かしてしまうと、それこそ後々にトラブルに巻き込まれる可能性が高くなりますから、注意するべきではあります。

ただし、過去に犯してしまった失敗談をネガティブに話し、落ち込むのではなく、面白おかしく提供する。
こういったことをするくらいなら、許されるのではないでしょうか。

セックスだけではなく、こういった話をすることで、セフレの知らない部分を共有できる、その結果、親近感が湧くことになるのです。

感情移入されたりしてしまうギリギリのラインといえるかもしれませんが、セフレというのは、セックスのパートナーにプラスして、フレンドという言葉が入っています。

友達とどういった会話をしますか?
一切プライベートや過去の出来事をひた隠しにして付き合っていきますか。

そんなことはないでしょう。
知り合いではなく、友達なのですから。
異性の友人として付き合う。

それにプラスして、セックスのパートナーとしての役割も任される。
ですから、ちょっとした昔話をしたくらいでは、感情移入され、しつこく干渉されることにはなりません。

セックス以外の面を小出しにアピール

セフレというと、セックスをしたいだけのただのヤリチンと思われているイメージも少なくありません。

こういったイメージ通りの男性であれば、二人の間のセックスに刺激が足りなくなってきたり、ちょっとした倦怠感を感じられたりすれば、あっさりと関係を解消されてしまうもの。

セフレの関係を長続きさせたいのであれば、セックス以外の部分でも利用価値があると思わせることが大事です。

セフレは、干渉を過度にせず、感情移入もしないドライな関係というイメージを持っている男女が多いです。
ですから、重たすぎないくらいのメリットがあると、セフレにアピールするのです。

例えば、一緒にいる時に困ったようなことがあれば、相談に乗ってあげたり、解決に導くように手配してあげるようにするといったものです。
例えば、有益になるような情報提供をするなんてことも、一つの方法です。

世間に疎い女性が多いですから、引っ越しを考えているセフレに家賃相場が安い上にアクセスが良い穴場のエリアの情報を提供したり、使える不動産屋を紹介したりといったものです。

このような二人で会い、セックスをするといった行為以外にも、言い方は悪いですが、利用価値があると感じられる男性こそ、セフレとしての関係に飽きがきていたとしても、関係を継続させようと思われるものです。

継続こそが難しい

セフレの関係は、コツさえ抑えてしまえば、セフレ掲示板でセフレ募集を掛ける程度でも、簡単に作ることが出来るものです。

ただ、本来の意味でのセフレとなれるかどうかは、前述で紹介したようなさまざまな努力が必要になります。

ただセックスをしたい時に相手を呼び出し、相手に合わせているつもりのセックスを提供したところで、相手の心は満たされません。

ですから、一回のセックスは出来ても、次からのお呼びが掛からないといった状態になってしまう。
それで今度は、また新しい女性にアプローチをかけ、繰り返す。

これはヤリチンとヤリマンがとっかえひっかえセックスをしているだけです。
本当の意味でのセフレになるためのコツを覚えておきましょう。

セフレを長くキープするには女性の心の隙間に潜り込むべし

セフレ募集をセフレ掲示板でかけ、セフレを折角作ってもあまり長続きしないという悩みを持っている人は多いです。

セフレを長くキープするには、セフレを作ること以上に気を遣わなくてはいけないことが沢山あるのです。

自分なりの武器を磨き続けること

セフレも一度セックスしたら次に行きたい、そういう風な人ならいいかもしれませんがセフレ募集をセフレ掲示板でかけ、セフレを作っていくうちに段々とその中でお気に入りと言えるような子とも出会うでしょう。

そんな子を手放さないためには、まずは自分の武器を磨くことです。
トーク、セックス、気遣い、何でもいいのでまずは自分だけの武器を見つけそれを錆びつかせないようにすることが大事なんですね。

例えば、セフレを作ったはいいけど男性によくありがちな釣った魚に餌をやらないという感じでいったん所有してしまったことで安心し、段々自分の持ち味をおざなりにしやりたいことばかりやっているとセフレが離れて行ってしまいます。

常に初めて出会ったときのやさしさや振る舞いを忘れないということがとても大事なんです。

キープするには駆け引きが大事

セフレの数が増えていくと、自分の体は一つなわけですからどうしても意識も行動も分散してしまいます。
となると、一人当たりに向けられるマメさというのはどうしても失いがちです。

そうならないようにするためには、一回一回の邂逅をより濃密で刺激的なものにしましょう。

セフレだからと言ってセックスだけをしていればいいのではないのです、デートなどに時折連れ出しサプライズやちょっとしたぜいたくなどをすることができるように非日常を演出してあげる。

女性というのはどこかしらに飽きっぽさや新しい刺激を求める傾向にあり、特にセフレという関係を望む人はその傾向が顕著ですからね。

なので、回数を多くすることができないのであれば、その1回1回をより記憶に残るような鮮烈なものにしてあげるというのがキープを続けるコツです。

さりげなく助け船を出してあげる

そして、セフレという関係は勿論自分のためなのですが相手だって出来るならば頼りになる、自分に得のある関係を求めるのが普通です。

なので、相手が困っているときはさりげなく助けてあげることができるようになりましょう。

セフレだから知らない、というように冷たく突き放す人はやっぱり印象が良くないですし、それをきっかけにして一気にセフレ関係を解消されてしまうということも大いにあり得ることです。

困っているといってもそんなに大袈裟なことではなく、例えばちょっとお金がピンチな時は食事代やホテル代は自分が持ってあげるだとか、何かいやなことがあったときは相談に乗ってあげたり愚痴を聞いてあげたりなんてその程度でいいのです。

要は自分に不利益のない範囲で相手を精神的に支えてあげるだけでいいのです。

最後に。それでも来るセフレとの別れ

どんなにカラダの相性が良く、長い間にわたって何度も肌を重ねたセフレでも、お互いの環境の変化などで、いつか別れは来るものです。

お互いに感謝して後腐れなく別れるためには、これまでに相手とどんなセフレ関係を築けたかにかかってきます。

別れるときにこじれるのは最悪です。
彼女や奥さんにセフレ関係をチクられたりなど復讐もされかねませんから、注意しましょう。

そして、一旦セフレとお別れをしたら、ズルズルと連絡をしてしまわないように、また逆もしかりで、ズルズルと女性から絡まれないように、きっちりと連絡の手段は絶ちましょう。

そして、そこからまた新たな出会いを求めて、羽ばたいて行きましょう。