「お酒が飲めない・弱い」男がセフレを作るためのテクニックとは?

「お酒が飲めない・弱い」男がセフレを作るためのテクニックとは?

もしあなたに落としたいと狙っている女性がいる場合、お酒は大きな武器になりますよね。

飲むと楽しい気分になりますし、理性も通常より働かなくなってくるので、女性とのデートには欠かせません。

そんなお酒ですが、体質的に飲めない方も多いのではないでしょうか。

『もし飲まなきゃいけなくても、酔わずにいれる方法はないかな』
『なかなか飲んでくれない女性に、もっと飲んでもらえるようなテクニックが欲しい』
『女性がお酒飲めなくても、上手に口説けるようになりたい』

など、お酒に頼らずに女性とセックスしたいと考えている男性もいるはず。

そこで今回、この記事に縁あってたどり着いていただいたあなたに、

  • お酒の飲めない男のデート処世術
  • 喜んで女性に飲んでもらえるテクニック
  • お互いお酒を飲めない時の口説き方
  • などについて、惜しみなく紹介していきます。
    セックスを狙っている女性とのデート前に読んで、無事にホテルインできるお手伝いができたら嬉しいです。

    最後までじっくりとお読みください。

    お酒が飲めなくても、女性に楽しんでもらうには?

    お酒が飲めなくても、女性に楽しんでもらうには?
    女性を口説き落とすのに大きな効果を発揮する、お酒。
    飲める人にとって大いに活用したいお酒ですが、飲めない男性にとっては扱いずらいですよね。

    でもお酒がなくとも、女性を落とすことはできます。
    まずは、「どのように飲みの場を乗り切るか」を紹介していきましょう。

    飲めない男のデート処世術

    飲めない男のデート処世術
    あなたがお酒を飲めなくても、デートの雰囲気を壊さずに過ごせる3つの処世術をお伝えしていきます。

    ①乾杯だけ付き合う

    初めて夜のデートをする場合、相手の女性はあなたがお酒を飲めると思っている可能性が高いです。

    しかも女性側が飲む気満々だったら、きっと一緒に飲めるのを楽しみにしていますよね。

    そんな時、乾杯をソフトドリンクでしようとしたら、盛り上がっていた女性のテンションが下がってしまうでしょう。
    また飲めないあなたに気づかって、その場を心から楽しめなくなってしまいます。

    乾杯の1杯目は、とりあえずアルコール低めのビールなどを注文しましょう。
    あなたのこの行動で、女性が飲みやすい雰囲気をきっと作ることができるはず。

    お酒好きな女性の友人から聞いた話だと、例え相手が飲めなくても、乾杯を一緒にしてくれる気持ち自体がとても嬉しいと言ってました。
    やはりデートは最初が肝心ですよね。

    最終的な目標達成のためにも、最初の一杯に付き合ってみることをオススメします。

    もちろん全部飲まなくても大丈夫ですし、タイミングを見ていつも通りのドリンクを注文して下さい。

    ②ノンアルコールドリンクを注文する

    最近はノンアルコールドリンクが充実しているお店も多いですし、何よりネーミングもまさにお酒のですよね。

    実はこのネーミングが大切で…相手の女性も、続けてお酒を注文しやすくなる効果があります。

    さらにはプラシーボ効果のように、ノンアルコールドリンクを飲むことで、あなた自身のテンションも上がってくるでしょう。

    そんなあなたを見て女性もまたお酒を飲みたくなる。
    こうした好循環を作り出すことができるのです。

    ③どうしても飲めない理由を伝える

    全く飲みたくない人が「車で来た」ことを理由にするのを、見聞きしたことがある方もいるのではないでしょうか。

    しかし、この理由はやめておくのが無難。
    むしろ絶対に言わないことをオススメします。
    それはなぜか?

    『飲みがあるって知ってるのに車で来るってどういうこと!?』って思われる可能性が高いからです。

    どうしても飲めない時は、「この後仕事に戻らなくてはいけない」「明日は早朝から大切な予定が入っている」など、仕事関係を理由に断るのが良いでしょう。
    女性にも納得してもらえる可能性が高まります。

    あなたがセフレにしたい女性を落とすために、①または②がオススメですが、今後の参考にしてもらえたら幸いです。

    飲めなくても女性に付き合える男性ってカッコいいですね。
    今までの僕には、こんな考え方はありませんでした…。
    管理人
    だからあなたはモテないのよ!
    例え飲めなかったとしても、女性に寄り添う気持ちがあれば問題ないってことよ。

    どうしても飲まないといけない時に、酔わない方法

    どうしても飲まないといけない時に、酔わない方法
    それでもやっぱり、雰囲気的にどうしても飲んだほうが良さそうだと感じる時もあるでしょう。
    そんな時に使える、なるべく酔わないテクニックをお伝えしていきます。

    ①事前対策を行う

    早く酔いたい人にはオススメの飲み方ですが、飲めない人は「空きっ腹で飲む」ことは絶対に避けましょう。

  • 飲む前に「ウコンの力」などアルコール分解を助けてくれるドリンクを飲む。
  • 飲む前に「ヨーグルト」など、軽い食事を摂っておく。
  • 乾杯直後に飲み干さず、食事を食べてから飲むようにする。
  • ②アルコール度数の低いお酒を飲む

    好き嫌いを除けば、一般的に「ビール」「カクテル系」はアルコール度数が低いです。
    そうは言っても、飲み続けているとどうしても酔ってきてしまうでしょう。

    オススメの飲み方は、アルコールとノンアルコールドリンクを交互に注文すること。
    先述の通り、ノンアルコールのカクテルは「飲めない人の大きな味方」です。

    ③お店に「薄めで」と頼んでみる

    濃いめのお酒を作ってくれるお店があるように、逆に薄めのお酒を提供してくれるところもあります。

    『割る水を多めにしてもらえませんか』
    『氷を多めにして欲しいです』

    など、薄めのお酒を作ってもらえないか聞いてみるのも手です。

    どうしても飲めない時や飲みたくない時、今までずっと断っていた自分が情けない。。。
    管理人
    例え飲めない、飲みたくない場合でも、なんとかして対応していくのが本物の男よね。
    こうゆう男はきっと、薄めで注文する時も女性にはわからないところで店員さんに伝えるはずよ。

    頑なに飲まない姿勢を続けるのが厳しい場面も出てくるはず。
    紹介した方法を取り入れて、好みの女性を落とすのに役立てて下さい。

    飲み始めたら楽しくなって酔ってしまったということがないように、自分のペースで飲むこともお忘れなく。

    自分はお酒は飲めないけど…女性に酔って欲しい時はどうする?

    自分はお酒は飲めないけど…女性に酔って欲しい時はどうする?
    あなたはお酒が飲めなくても、最終的にセックスに持ち込むためには、女性に酔ってもらうのがベストですよね。

    下心を感じさせずに、女性に気持ちよく飲んでもらえるテクニックを紹介していきます。

    女性特有の特徴を利用する

    一般的に、女性は「言い訳をしたい生き物」と言われています。
    別の言い方をすれば、自分(女性)に責任があることを避けたがる傾向があるのです。

    自分が行ったことに対して、言い訳や理屈を求めてしまう。
    なので、「仕方がなかったのよ」と、納得できるような状況を作ってあげれば良いのです。

    『私は本当はそんな飲みたくなかったんだけど、彼が飲みなよって言ってくれたから…』
    『私の大好きな梅酒の種類がすごい豊富で、つい飲みすぎちゃった。』

    など、狙っている女性が言い訳しやすい状況を作ってあげて下さい。

    上記の例で言うと、事前に相手が好きなお酒を聞いておくのも良いでしょう。

    そしてお店をリサーチして、好きなお酒の種類がバラエティに富んでいるところにする。
    こうした手も考えられるわけです。

    楽しい時間を過ごした後…
    終電を逃してしまった暁には「だって終電なくなって帰れなくなっちゃたから」という言い訳をさせてあげて、ホテルに向かいましょう。

    同じようなケースで終電無くした時に、女性に「どうします?」って聞いたら「帰る」って言われた苦い経験を思い出しました。
    管理人
    あなたさ、それ一番やっちゃいけない質問よ!
    そう聞かれて「ホテル行きましょう」なんて女性から言えると思う?
    見つめ合えばどうしたいかわかるでしょ…男なら黙って手を握ってホテルに向かいなさい。

    女性に飲んでもらうテクニック5選

    女性に飲んでもらうテクニック5選
    女性が酔えば100%セックスできるわけではありませんが、可能性を高めてくれる常套手段ではありますよね。

    しかも酔うことで理性が吹っ飛びやすくもなるので、できるだけ気持ちよく飲んでもらえる手法は必須。
    そこで女性に飲んでもらうためのテクニックを5つ紹介します。

    ①飲みやすいお酒をススメる

    飲みやすいお酒は、字の如く飲みやすいのでドンドン飲んでしまいます。
    飲みやすいからこそ量もいけてしまうので、酔わせるためには最高。

    そしてもう1つは、相手の女性が普段から飲み慣れているお酒。
    これも飲みやすいお酒と言えるでしょう。

    まず飲みやすいお酒をススメることで、女性の心的ガードが段々と下がってくるのも狙えます。

    ②アルコール度数の高いお酒をススメる

    飲みやすいお酒を飲んで彼女のガードが下がってきたら、次は本命のアルコール度数の高いお酒をススメていきましょう。

    珍しいお酒があれば注文しやすいですし、今まで飲んだことがないお酒に挑戦してもらうのも良いです。

    「初めてだから」「ずっと飲んでみたかったから」という言い訳を作ってあげることにもなるので。

    またボトルを注文して、一緒に飲むのも手です。
    なぜかって?彼女のグラスが空いたら、すぐに注ぐことができるからです。

    ③各種さまざまなお酒をススメる

    各種さまざまなお酒をススメる
    いわゆる「ちゃんぽん」ですね。
    特に飲めるお酒の幅が広い女性に対して有効です。

    事前に色々リサーチして、お酒の種類が豊富なお店を選べばさらに活用しやすくなるでしょう。

    ④お酒と合う料理を注文する

    塩分の高い料理は、お酒を飲むスピードを上げさせるにはもってこいです。
    女性の料理の好みを聞きつつ、さりげなく塩分の高い料理を中心に注文してみましょう。

    また好き嫌いは分かれますが、辛い料理もお酒が進むので、お互い好きだったらセレクトしてみるのがオススメです。

    ⑤雰囲気の良い店を予約する

    これは高級店にするという意味ではなく、綺麗で清潔感のある店にするということ。
    また現在のコロナ禍では、個室にすると他者を気にしなくて良いので、2人だけの時間をじっくり過ごせて良いですね。

    ただワイワイした居酒屋が好きな女性もいるはずなので、相手の好みを優先してお店選びは行っていきましょう。

    姑息な手だなと思われる方もいるでしょう。
    しかし女性にお酒をどんどん飲んでもらうのは、セックスまで持っていくのに有効な手段です。

    ぜひ紹介したテクニックを活用して女性を酔わせ、「酔っ払ってたから仕方なかったの」という既成事実を作ってあげましょう。

    ただし、飲ませすぎて女性が潰れてしまい、結局セックスできなかった…なんてことにならないように注意して下さいね。

    相手もお酒を飲めなそう…それでも口説きたい時のテクニック

    相手もお酒を飲めなそう…それでも口説きたい時のテクニック
    女性を落とすのに効果的なお酒の力ですが、なくても口説ける男になれたら最強ですよね。
    お酒の力に頼らない口説きテクニックを紹介していきます。

    お互い飲めないときにできること

    事前にお互い飲めないことがわかっているのであれば、お酒ではなくて食事メインでお店を探しておくのも良いでしょう。

    美味しい食事を楽しんだ後に、狙った女性もいただく…そんな流れになれたら最高ですよね。

    またノンアルコールのカクテルなどを一緒に楽しむのも、飲んでいる雰囲気が出せますしオススメです。
    最初の乾杯を行うことで、2人の距離も縮まるはず。

    別の手としては、最初の一杯だけお酒を飲んでみるという方法もあります。

    『お互い緊張をほぐすためにも、最初の一杯だけ乾杯しない?』
    『最初の乾杯だけ付き合ってもらえないかな?』

    と聞いてみるのはどうでしょうか。

    確かに初めて会う女性と飲む時は緊張しちゃうな。
    管理人
    こうしたさりげない一言を添えられると、飲めない女性でも「一杯だけなら良いかな」って思えるわよね。
    お酒弱いもの同士だったら、この一杯だけでもほろ酔いになって、最初から良い感じで会話もできそうね。

    相手の女性が本当にお酒に弱い人だったら、ちょっと飲んだだけでも酔いが回る可能性もあります。

    もし途中から飲めなくなっても、代わりに飲んであげることがコミュニケーションになるので、是非お試しを。

    コミュニケーションの基本に立ち返る

    コミュニケーションの基本に立ち返る

    ①共通点の発見→プライベートな話へ持っていく

    初デートでなかなか女性との距離が縮まっていない場合は、まずはさまざまな話題を振って「共通点」を探すところから始めてみましょう。
    血液型、出身地、好きなスポーツなどの趣味、何でもOK。

    共通点を見つけるだけで、2人の心の距離はグッと接近していくから不思議なものです。

    そこからは仕事や友人との話など、普通の世間話でも盛り上がれるようになるはず。
    最終的には一歩進んで「過去の恋愛話」や「下ネタ」など、男女関係を連想させる話に持っていけると最高。

    特に下ネタトークは女性の頭の中でセックスをイメージさせることになるので、お持ち帰りの可能性をグッと高められるようになります。

    プライベートな話ができるようになると、女性はあなたに対して安心感を覚え始めます。
    心を開いてもらった上で、恋愛話や下ネタなどのディープな話に持っていけるように心がけていきましょう。

    ②女性の名前を呼ぶ

    女性の名前を呼ぶ
    心理学的に「一番心地のいい言葉は自分の名前」であると言われています。
    女性を落とすテクニックとして使わない手はないですよね。

    とは言え、自分からいきなり名前で呼ぶのは恥ずかしい気もしますし、ハードルが高い。

    そこで飲みの席で最初に行って欲しいのが、「まず女性に聞いてみる」ことです。

    『〇〇(下の名前)で呼んでも大丈夫かな?』
    『なんて呼ばれることが多いの?』
    『なんて呼んだら良い?』

    と聞いてみましょう。

    下の名前や、もしかしたらあだ名で呼んで欲しいと言われる可能性もありますが、これで気兼ねなく女性を呼びながら話を進めていけますよね。
    心の距離を一気に縮めるためにも、ぜひ名前で呼ぶことを意識してみて下さい。

    管理人
    あなたは今までどうしてた?
    何も聞かずに苗字でさん付けして呼んでました。
    管理人
    やっぱり!
    想像通りよ。
    何もなく急に下の名前で呼ばれても驚いちゃうけど、こうして質問されて一緒に考えるのは楽しいし、その後も呼びやすくて良いわよね。
    飲みながら名前呼ぶのに慣れておけば、いざセックスの時も…なんて想像しちゃいそう。

    ③共感する

    会話をしていると色々な話が出てきますが、必ず女性が話した内容について「共感」するようにして下さい。

    言葉で伝えることもできますし、話している彼女の目を見つめながら頷くことでも共感を示すことはできます。

    共感することで、女性はあなたのことを「私と気が合うかも」と感じてくれるようになりますし、なにより優しい男性である印象を植え付けることができます。

    話していて居心地の良さを感じてもらえれば、それが彼女のリラックスに繋がり、短時間で深い関係に持っていきやすくなります。

    もちろん100%ではありませんが、話をするのが好きな女性のほうが多いのは間違いありません。
    楽しそうに話す彼女の顔を愛おしそうに見つめながら、共感しましょう。

    決して「そんなふうには思わない」「おれはこう思う」などと、反論や説教っぽいことは言わないように気をつけて下さいね。

    男はカッコつけたい生き物なので、つい反論めいたことを言ってしまいがちですが、女性は全くそんな回答を求めていません。

    欲しいのは「共感」なのです。
    温かい目で見守りつつ、言葉と表情で彼女に対して共感してあげて下さい。

    ④褒める・認める

    褒める・認める
    とにかく女性を褒めて、女性に喜んでもらうこと。
    きっとあなたもそうだと思いますが、人間やはり褒められたら嬉しいですよね。

    しかも婚活サービスを提供する会社の調査で、「褒められたことがキッカケで恋に落ちたことがある」と回答した女性が80%もいたというデータまであるのです。

    とことん褒めるしかありません。
    そして親近感を抱いてもらいましょう。

    『なにを褒めたら良いのか、よくわからない』
    そんなあなたに褒める際のテクニックをお伝えします。

  • 人柄(内面)を褒める
  • 例えば性格の明るい楽しい女性であれば
    『その明るさに、話をしているとすごい元気をもらえる気がする』

    逆に物静かな女性であれば
    『〇〇さんが落ち着いてるから、一緒にいてすごい居心地がいいよ』

  • センスを褒める
  • 『今日の服、コーディネートが最高だよね。センスいいなって最初から思ってた。』
    『いい趣味持ってるね。センスいいなぁ。』

  • 努力を褒める
  • 『資格の勉強しているの!?仕事も大変だろうに、努力家なんだね。』
    『スポーツジムに通ってるなんて偉い!おれも運動しなきゃと思いつつできてないから見習わなきゃ。』

  • ギャップを褒める
  • あなたも経験があるかもしれませんが、ギャップを褒められると自分を理解してもらえた気がして嬉しいですよね。

    『正直、最初はきつい性格なのかなって想像してたけど…話をして本当はとっても優しい子なんだなってわかったよ』などと、最初の印象とは異なる一面を感じたらぜひ伝えてみて下さい。

    最後にやってはいけないことを紹介します。
    それは、容姿やスタイルを褒めること。

    『外見しか見てないのね』とガッカリされてしまう危険性をはらんでいるからです。
    もちろん外見が好きだから落としたいと思うのですが、その思いは心の中にグッとしまい込んでおきましょう。

    また褒める以外に、認めることも効果的です。

    相手の女性がもし自分に自信がなくてネガティブなことを言ってきたら、「そんなことないよ」と認めてあげましょう。
    人間誰しも、他人から認められたいのです。

    この承認欲求を満たしてあげることで、普段なかなか認められることがない女性であればコロッと簡単に落とせてしまいます。

    ⑤スキンシップ

    最終的に落とすための前準備として、スキンシップは重要です。
    触れ合うことで少なからずセックスを連想してしまうでしょうし、何よりスキンシップに対して拒否がなければ、触れても大丈夫な関係まできていることの証明にもなります。

    そこからイチャつくこともできてしまえば、後はホテルに誘うだけ…というゴールもすぐそこに。

    ネイルをしている女性であれば、ネイルを褒めて見せてもらう際に手に触れてみたり。
    『手、小さいね』なんて言いながらあなたが手のひらを目の前に出せば、きっと彼女もすんなりと手を合わせてくれるはず。

    ぜひスキンシップを取るように仕向けて、後は誘えばやれちゃうところまで持っていけるように頑張ってみましょう。

    「お酒が飲めない・弱い」男でもセフレは作れる

    「お酒が飲めない・弱い」男でもセフレは作れる
    お酒を飲めない、または弱いあなたにとって、今までお酒に強い男性が羨ましく見えたことがあったでしょう。
    女性と一緒に飲んで、酔わせて、お持ち帰りしてセックス。

    お酒の力を借りることで、女性の本来は淫らな欲求を顕在化させるのに役立つことは間違いありません。

    しかし、お酒がなくとも女性を落とすことは全然できます。
    むしろお酒の力を使わなくともセックスまで持っていけるのが、「本物の口説ける男」と言えるでしょう。

  • 最初の乾杯だけ付き合ったり、ノンアルコールドリンクを飲むことで一緒に楽しめる。
    特に最初の一杯を一緒にしてくれるだけでありがたいという女性の声は、飲めない男性にも勇気を与えてくれますよね。
  • 飲めなくても、酔わないように飲む戦い方は存在します。
  • 酔ってしまったこと、セックスをしてしまったことに対して「仕方がなかった」と言い訳させてあげられる理由を作ること。
    それこそが男の優しさであり、気遣いです。
  • 女性にドンドン飲んでもらうには、事前に相手の好みを知っておくなどの準備が役立つ。
     ここにも「女性にいかに楽しんでもらうか」という心遣いが必要になってきます。
  • 女性を口説くのに必要なのはお酒でなく、コミュニケーション力。
    特に共感力を養い、女性を褒めることに慣れるのが大切になってきます。

    ここを鍛えることで女性に「私のことをよく理解してくれる人だ」と思ってもらえるようになります。

    心の距離を縮めることで、それがスキンシップになり、セックスへと繋がっていくのです。

  • お酒が飲めないことを逆にうまく活用して、今回の記事を参考に「女性を口説ける男」になってもらえたら、これほど嬉しいことはありません。
    ぜひ「お酒が飲めない・弱い」男でもセフレは作れることを実証して下さい。