【女性が伝授】女をイカせるバックの正しいやり方を大公開!

「バック」
この言葉を聞くだけで、エッチな想像をし股間が熱くなる男性も少なくないはず!

AVではお馴染みのバック(後背位)ですが、実はやり方がよくわかってないという男性が多いのではないでしょうか。

でもむやみやたらに動いていても実は女性は痛いだけ、全然気持ち良くないのです。

そこで今回は「【女性が伝授】女をイカせバックの正しいやり方を大公開!」というテーマで、バックの正しいやり方や腰使いの特徴をご紹介していきたいと思います。

バックで彼女をイカせまくりたい男性は必読です!

バックってどんな体位なの?特徴は?

バックってどんな体位なの?特徴は?
バックは日本語では「後背位」と呼ばれる体位で、基本的には女性が四つん這いになり、後ろから男性がペニスを挿入します。

ここではそんなバックの特徴や基礎知識についておさらいしていこうと思います。

僕もバックは大好きです!
レイプしてるみたいで燃えるんですよね!
管理人
男性は特にバックが好きよね!
でも人気がわるわりには意外にバックの事を知っている男性は少ないのよね。
まずはバックの特徴を説明するわね。

バックはエロくて気持ちいい?!バックの特徴とは?

バックは一言で言えば「エロくて気持ちいい体位」です。
そんなバックの特徴を簡単にまとめてみました。

  • 視覚的にエロい
  • ペニスが奥まで入る
  • 女性を犯しているような気持ちになれる
  • ピストンが楽
  • 女性の体を触りやすい
  • アソコやアナルが丸見え
  • 女性が恥ずかしがる様子に興奮する
  • バリエーションが意外と豊富
  • 女性がイキやすい

どうですか?
バックがいかに魅力的な体位かがわかりますね!
その証拠に、バックは日本だけでなく世界的に人気!

コンドームで有名な米国デュレックス社が全世界の1万人以上の男性を対象として行った調査においても、一番人気なのは「騎乗位」次いで二位が「バックであることがわかっているんですよ!

1つ質問があります!
女性ってバックをどう思っているんですか?
経験があまりなさそうな子だと、バックは引かれないかな?って思って出来ない事があります。
管理人
いい質問ね!
ではこれから女性がバックをどう思っているか紹介していくわね!

女性はバックが好き?嫌い?バックに対する女性の本音!

女性はバックが好き?嫌い?バックに対する女性の本音!
誰でも一度は「女性ってバックが好きなの?それともヤダ?」と考えたことがあると思います。
どんな体位が好きかというのは極めて個人的な問題ですが、女性の多くはバックが好きです!

セックスに関するアンケートの中でもっとも有名な「an・an」が、女性を対象に「好きな体位」についてのアンケートも行った結果がこちら。

  • 第1位:正常位(795人)
  • 第2位:バック(301人)
  • 第3位:騎乗位(286人)
  • 第4位:座位(274人)
  • 第5位:測位(89人)

(引用:an.an No1670「みんなのSEX、わたしのSEX)

どうですか?
バックが堂々の2位にランクイン!
女性の3人に1人は「バックが一番好き」なんですね!

とは言え、中にはバックが苦手な女性も・・・
なぜバックが苦手な女性がいるのでしょうか?

バックが嫌いな女性の本音

女性にも人気ノバックですが、中には苦手という女性も一定数います。
ここではバックが苦手な女性の本音をご紹介したいと思います。

  • 犯されている感じがしてイヤ
  • 彼が狂暴になるので怖い
  • 子宮が痛い
  • 動物みたいで恥ずかしい
  • 彼がすぐイクのでつまらない
なるほど!
確かに僕も犯している感じに興奮していつもより荒々しくしてしまいます。
管理人
それがバックの醍醐味でもあるのだけど、やり方が間違っているとただ痛いだけなのよね。
でも大丈夫!
正しいやり方でやればバックは最強の体位!
これから正しいバックのやり方を説明するわね!

次の項では正しいバックのやり方を女性視点でご紹介していきたいと思います。

【永久保存版】バックの正しいやり方!5つのコツとは?

【永久保存版】バックの正しいやり方!5つのコツとは?
バックは男性だけでなく女性にも人気の体位なんですね!
ただし、正しいやり方でやらないと女性は気持ち良くなれません。

そこでここでは正しいバックのやり方のコツをご紹介していきたいと思います。

どれも女性視点で女性が「して欲しい」ことをベースにしたコツなので、実践すれば女性が喜ぶ事間違いなしですよ!

今回ご紹介するコツは全部で5つ!

  • 挿入する前にしっかり愛撫
  • 挿入は時間をかけて
  • クリ責めをしながら
  • 膣内の性感スポットを意識する
  • 腰使いのバリエーション

挿入する前にしっかり愛撫

バックはペニスが奥まで入るので男性にとってはかなり快感度が高い体位です。
しかしそれゆえ、十分に濡れていないと女性は激痛を感じてしまう事も!

バックで挿入する時は事前にしっかり愛撫をして、膣の中までしっかり潤っている事を確認しましょう。

なかなか濡れない場合は手マンではなくクンニがおすすめ。
それでも濡れない場合はローションを使う事も検討しましょう。

そしてバックでの挿入は男性もある程度慣れていないと挿入しずらい場合があります。

特に女性がいわゆる「前付き」の場合は、膣口が体の前の方にあるため四つん這いになると挿入が難しいんです。

この場合は、女性にお尻を高く上げてもらうとやりやすいはず!
挿入する時は指を膣に入れて押し広げるようにしながらペニスを挿入するとスムーズですよ。

確かに女性によってはバックで挿入しにくい人もいますよね。
お恥ずかしながら間違えてお尻の穴に挿れそうになった事もあります。
管理人
その女性も前付きだったのね。
お尻を高く上げると体の正面に膣口が来るから間違える事もないわよ!

挿入は時間をかけて

挿入は時間をかけて
バックで挿入する時は、正常位や騎乗位と同じように挿れてはいけません!
なぜならペニスの先端が子宮口周辺まで届くので、急いでいれるとかなりの痛みが生じてしまうんです!

AVではバックになったとたん激しくピストンしますがこれは絶対にNG!
まずはペニスの先っぽだけを挿入してゆっくり前後に動かしましょう。

ペニスの先端やカリ部分が膣の入り口に引っかけるようにして最初は最小限の動きで膣を慣らしていきます。
そして膣内にペニスが馴染んだら、少しずつ奥まで挿れていきます。

途中で彼女が焦れて腰を動かしてきたら「奥まで来て」のサイン!
そしたらグッと一気に奥まで挿れてOKです。

バックは時間をかけながら挿入なんですね!
興奮のあまり一気にいっちゃってました・・・。
管理人
彼女、痛がらなかった?
子宮口付近は細かい神経がたくさん走っている敏感な場所なの。
だからいきなり奥に入れられると痛いから気をつけてね!

クリ攻めをしながら

バックでセックスをする時、つい夢中になってピストンに専念してしまう…なんてことありませんか?
しかしこれは「もったいない」の一言。

片手で女性の腰やお尻を支え、もう一方の手でクリトリスを刺激すれば、中と外からの刺激で女性の感度はMAXに!

女性は性的興奮を感じると自然とキュッとアソコ(膣)が締まります。
そうすれば当然あなた自身がもっと気持ち良くなれるんです。

また、一度クリイキをすると、そこから何度も連続してイッたり、中イキしやすくなるとも言われているので、ぜひ腰を動かしながらクリ攻めする事をお忘れなく!

バックで挿入しながらのクリトリス責め、エロいですね!
しかも締まりが良くなるなんて一鳥二石?!
管理人
2人の感度が同時に高まるなんて最高でしょ?!
挿入だけだとイケない女性でもクリトリスならイケる事が多いし、クリと中は連動しているからWイキだって出来ちゃうかも!

膣内の性感スポットを意識する

膣内の性感スポットを意識する
バックで女性がイキやすいのは、女体最大の性感帯であるGスポットやポルチオ性感帯をペニスで刺激することができるからです。

バックはこれらの性感帯を刺激しやすい体位。
でも場所がわからないと意外に届いていないことも多いんですよ!

Gスポットは、女性が仰向けの状態で寝ている時の方が確認しやすいので、手マンやクンニをする時にさりげなく確認しましょう。

指を膣に第二関節まで挿入します。
その状態で「く」の字に指を折り曲げてみてください。
その時に指の腹が当たる場所がGスポットです。

一般的には他の場所に比べザラザラしていることが多いと言われていますが、女性によっては他の部分よりツルツルしていることも。

ポルチオ性感帯はこのGスポットから更に子宮寄りの部分にあります。

開発済みの女性はピストンでイケますが、そうでないと激しく突かれると痛い場合が多いのでまずはGスポットを責めるのがおすすめです!

バックってそんなメリットもあったんですね。
でも僕はGスポットもポルチオも場所がわかってなかったかもです・・・。
管理人
前戯の時に手マンするでしょ?
その時によく場所を覚えておくと挿入した時にピンポイントで刺激しやすいわよ!

腰使いのバリエーション

バックでの挿入はパンパン!という肉と肉がぶつかりあういやらしい音も魅力の1つ。
しかしそれゆえ「後背位=ピストン」とイメージしがち。

でもピストンはあくまで前後運動なのでピストンだけだと単調になってしまうんです。
バックは男性が腰を動かしやすい体位の1つ。

だから色んなバリエーションで責めちゃいましょう。
これは次の項で詳しく説明しますね!

僕、ピストンしかしていなかったです・・・。
管理人
大抵の男性がバック=ピストンなのよね。
でもいろんな腰使いを駆使する事で女性のイク率は大幅にアップするから試してみて!

以上5つが正しいバックのやり方ノコツです。

バックは慣れるまでは難しいこともありますがコツさえ掴めば男性にとっては動きやい、イキやすい、そしてイカせやすい理想的な体位と言えるでしょう。

しかしそのためには「腰使い」を駆使するのはマスト!
次の項で詳しく説明していきますね!

これで即イキ?!女性をイカせるバックの腰使い

これで即イキ?!女性をイカせるバックの腰使い
お待たせしました!
ここでは女性をイカせるバックの腰使いを4つご紹介します。

ピストン

バックは男性がピストンしやすい体位!

なのでつい激しく腰を振っちゃいますが、ずっと激しいピストンは女性にとってはあまり気持ち良いものではありません。

緩急をつけて、時に激しく、時に優しくやってみましょう。
早さや強さだけではなく挿入の深さも変化させると更に感度がアップ!

膣口周辺を小刻みに責めたかと思ったらグッと奥に挿入し大きくピストン・・・
こんな「乱れ打ち」に女性はメロメロに!

「の」の字

ピストンで女性が高まってきたなと思ったら、あえて動きを緩やかにして腰を「の」の字を描くように動いてみましょう。

この腰使いは焦らし効果がある上に、膣の中が掻きまわされる感覚がして女性はすごく興奮するんですよ!

思わず彼女の腰が動いてしまう、なんてことも。
その場合は彼女に動いてもらいましょう。

いやらしくお尻が動く様子は非常にエロティックで興奮度満点!
腰使いに自信がある方は、円を描きつつピストンなんていうワザに挑戦してみてもよいでしょう。

左右に動く

前後にピストン、そして「の」の字の後は左右に動くのもおすすめ!
と言っても膣内はペニスで満たされているため実際にはスペースはありません。

でも彼女の腰を持って左右に動かすだけ、いつもとはまったく違う気持ち良さを女性は感じる事が出来るんです。

男性は快感度はそれほどでもありませんが、早漏気味の人はここでスローダウンする事で小休止に!
結果、長く挿入を楽しめるのでぜひ試してみてくださいね!

押し当て

先ほど「Gスポット」と「ポルチオ性感帯」をご紹介しましたが、この2つの性感帯には押し当てが非常に有効です!

ペニスの先端を当てたら、決して先端を離さないようにして細かく腰を動かしましょう。

まるでバイブレーションのような刺激で性感帯の感度が高まりそのままイッてしまう女性が多いんですよ!

激しく突きまくっているのに彼女がイカないという場合はぜひ試してみてくださいね!

以上4つがバックでおすすめの腰使いです。
これまでただピストンしていた男性は、この4つを駆使する事できっと女性をイカせる事ができますよ!

なるほど!
腰使いって奥が深いですね。
管理人
どれも決して難しいものではないからぜひ試してみてね!
慣れてきたら「変形バック」にもトライしてみて!

【バックの種類】こんなにあった変形後背位!色んなバックで更に気持ちよくなろう!

【バックの種類】こんなにあった変形後背位!色んなバックで更に気持ちよくなろう!
ここまではバックの正しいやり方や腰使いについてお話してきました。
でも、バックって意外とバリエーションが豊富な事をご存じですか?

スタンダードなバックはいわゆる「ワンワンスタイル

しかし少し体勢を変えるだけで、微妙にペニスが当たる場所が変わり、男性も女性も感じ方が変わるんです。
ここでは色んな変形バックをご紹介していきます!

立ちバック

彼女を立たせて、後ろから男性が挿入するやり方です。
彼女を壁に押し当てて、女性の腰を引き寄せて前に突き出すようにピストンします。

下から斜め上に突き上げるような感じでピストンするとより深い挿入を楽しめます。

映画の中でもよく見られる変形後背位です。
野外セックスにもおすすめですよ!

寝バック

寝バックは、女性がうつ伏せに寝ている上に覆いかぶさるようにして挿入する変形後背位です。
実はこの体位は普通のバックより更にイキやすいと言われています。

寝バックでピストンすると、女性のクリトリスがこすられそれだけでイッてしまう人も。
しかも女性の脚は閉じている時の方が膣の中の圧力が高まるので締め付け感もアップ!

男性も女性も最高に気持ちいい超おすすめの変形バックです。

仏壇返し

聞き慣れない名前ですが実はこれは立ちバックの一種。

普通の立ちバックは女性が壁やベッドなどにつかまりますが、この体位では女性が床に手をついて背後から男性が挿入します。

ちょっとアクロバティックな体位ではありますが、男性の征服欲を刺激し、アソコの締まりもさらに良くなるというメリットが。

体が柔らかい彼女とのエッチにおすすめです。

つばめ返し

こちらは寝バックの変形です。
女性は脚のどちらか片方を持ち上げ、その状態でもう片方の脚の上に跨るようにして挿入します。

身体を少し斜めにずらすため、ペニスが当たる場所も微妙に変わり人によってはえも言われぬ快感!
普通のバックに飽きてきたらオススメです。

羽交い締めバック(ロールスロイス)

数ある体位の中で「最もイキやすい」と言われている究極の体位です。
男女共に膝立ちになった状態で挿入し、男性は後ろから女性の両腕を羽交い絞めにします。

女性をいったん四つん這いにさせて挿入してから、上体を起こしていくようにするとやりやすいですよ。

女性を犯しているような、疑似レイプ願望を満たすこともできるため、Sな男性とMの女性の組み合わせには最適なバックと言えるでしょう。

どうですか?

普通のバック以外にもこんなにたくさんバリエーションがあったんですね。
バックに慣れてきたらぜひトライしてみましょう!

なるほど!
勉強になりました。
でも彼女と別れちゃってエッチできる相手がいません・・・。
すぐエッチ出来るセフレがいればなあ・・・。
管理人
それなら出会い系で探したら?
出会い系なら今日すぐにエッチ出来る相手を探している肉食女子がたくさん集まっているからおすすめよ!
本当にそんな簡単に出会えちゃうんですか?
管理人
本当よ。
最近は草食男子が増えてきているから、出会い系を使う女性が増えてきているの。
○○(誘導サイトの名前)は女性登録者も多くて即アポ、即ハメが出来ると評判なのよ?
実は私も・・・

バックの正しいやり方をマスターさせて女性をイカせまくろう!

バックの正しいやり方をマスターさせて女性をイカせまくろう!
いかがでしたか?
今回は女性視点でバックの正しいやり方や腰使いをご紹介しました。

バックは正しいやり方でやれば女性はイキまくる事間違いなし!
アナタもバックをマスターすればテクニシャンの仲間入り。

今回ご紹介したのはどれも簡単なものばかりなので、テクニックに自信がない人でもすぐにマスターできますよ。

ぜひ次のエッチで試してみてくださいね。
驚くほど乱れる彼女にびっくりするはず!