私は20代のキャバ嬢なのですが、最近彼氏と別れてしまって寂しい気持ちがあります。最近は○○の紹介を受けてテレフォンセックスをしています。キャバ嬢は夜から出勤するので、出勤する前にやることになります。何気に楽しいので遅刻するのが怖いです。

昼間っから電話でエッチをしようとしているので、なかなか男性とつながることは少ないわけですけど、たまたま主夫をやっている男性と知り合うことができて、お互いのエッチ事情について告白することになりました。男性が「奥さんが仕事に就かれてなかなかセックスをしてもらえないんだよ」と言うと、私は「かわいそうだから私とエッチしてみる?」と尋ねたので、彼は「とても溜まっているのでぜひともやってみたい」と言い、やってみることにしました。

そしたら彼のチ〇コが欲しくなったので、思わず叫んでみると、彼の指がパンティの上からマ〇コをさするのです。彼女はくすぐったい感じでありますし、もっと優しくさすってよと言うようにお願いしたので、そうしたら彼女のマ〇コがだんだん濡れてくるのです。濡れてくるにしたがって気持ちよくなってきます。

男性はさする時にゆっくりしたり力を入れたり交互にするので、彼女はだんだんたまらなくなっていきます。「あっああああっ、やめて」という風に彼女が行ったとしても、彼女はだんだん気持ちよくなってくるのは当然のことです。彼女はやめてといっても、そういうことをされるのが好きなのです。だんだん濡れていくに従って気持ちよくなってきます。

彼女は「もっとクリトリスを擦り付けてほしいよ」というので、男性もそれに応えていくと、彼女は「うああああっ、本当にもうダメだって、ダメだよ、あああっ」と叫んでしまいます。もう彼女のマ〇コは濡れ濡れになってしまっていますので、あそこはもうべっちょべちょで、ぐっちょぐちょになってきてしまいました。

彼女が「もう逝っちゃうよ」という感じで言うので、彼も「俺ももう逝っちゃうよ」という風に言ってきたので、そこで完全にフィニッシュを迎えることになって、出し切りました。電話でエッチをするのは想像力を掻き立てられるので何よりも気持ちいのです。そういう行為をしてから出勤する時間を迎えるとすごく残念な気持ちになってしまいます。それでも出勤しないといけないので、我慢していくのです。欲求不満を解消するのにも役に立ちそうです。彼氏がいないならば毎日でもテレフォンセックスをやりたいです。