私は21歳の大学生で、セックスがしたくてしたくてたまらないというような女性です。現在彼氏はいなくていつもオナニーばかりをしてしまいます。街中に出た時もいい男を見つけたらその夜にその人のことを想像しながらオナニーをやりまくっています。

だんだんそういうことをしているだけでは物足りなくなるので、雑誌に載っている○○というテレフォンセックスのサイトに電話をしてみようではないかということで、実際にかけてみました。そうしたら、40代の会社役員の男性とつながることができました。そのおじさんは私のお父さんと同じような年齢なのですが、うまく私のことをリードしてくれるのではないかということで期待してみることにします。

彼の方からいきなり、服を脱いでくれと言う風に言われたので、私は来ているワンピースを脱いでブラを外して、パンストも脱いでパンティだけを履いている状態になったのです。それでは彼が「おっぱいを揉みながら、パンティの上から擦ってよ」と言ってきたので、私は言われるがごとくおっぱいを揉みながらパンツの上からアソコをすりすりしました。そうしてくると、だんだん気持ちよくなってくるのです。

私は「あーん、ああって!」ということでだんだんマ○コが濡れてくるのが分かってくるので、パンツまでも脱ぎ捨てて真っ裸の状態でやっているのです。じかに指をマ○コに入れるとさらに体温が熱くなってくることが分かってくるのです。

彼から続いての指令として「つぎはおま○こにバイブを入れてみてよ」という要求が来たので、その指示に従うためにベッド元にあるバイブにスイッチを入れておま○こに突き刺したのです。そうしたら全身に電流が走るかのごとく感じていくのです。「あんあんあんあんあーん!」というように感じてくるのです。彼もそういう声を聞いて、アソコをどんどん突き上げていくような感じでやっているのが分かりました。バイブと同期を取るかのように彼も必死でピストン運動をしてくれているのです。

彼はおじさんなのに私のために一生懸命電話でのセックスをしてくれているのはとてもうれしいものです。だんだん私も気持ちよくなってフィニッシュを迎えたいという気持ちになってきたので、もう一声感じることにしました。そうしたら最終的には逝ってしまったのです。ああ気持ちよかったなあという印象です。たまにはこういうおじさんと電話でのセックスをするのもいいなあという風に感じました。積極的にリードをしてくれないとダメですけどね。