私はOLをやっているのですが、テレフォンセックスをやるとなると男性に気持ちよくなってもらいたいという気持ちがあってこそ女性の私も感じてくるわけです。自分だけが気持ちよくなったとしても相手がそうでないのであれば、だんだん冷めていくということがあり得るからです。

それは電話でのセックスだけでなく、実際のセックスにおいても同様のことが言えて、自分だけが気持ちよくなったとしても何ら面白くないです。相手の反応を見ながらエッチなことをやっていくからこそ面白くもなるのです。今回は○○で紹介されたサイトで行ったテクニックについて紹介していきますので、女性の皆さんはぜひとも参考にしてみてください。

電話でのセックスの場合は相手に対して自分の姿が見えることはありません。事前に自分の画像を送るということはありますが、実際にしている姿を見ることはできませんので、相手のことを想像しながら自分がエッチなことをしていく必要が出てくるのです。

そこでテクニックとして自分がエッチをしている音を男性に聞かせるということです。具体的にやったことがあるものとして、自分の性器をしごいている音というのは受話器越しで聞いてみたとしても生々しさが出てきます。オナニーをしている音でも全然構いません。ちょっと音を聞かせるという観点も考えていくといいでしょう。

続いてはセックスをしている時の息遣いを男性に聞かせるということです。セックスをしている時にそれだけに夢中になっているのではもったいないことです。それだけに夢中していたら会話をすることができなくなります。会話ができないというのであれば、せめて息遣いだけでも聞かせてあげると、男性としては興奮してくるのです。それだけでどういうことをしているのかなという妄想を膨らませることができたりします。

出来る限りリアクションを返すということです。せっかく2人でやっているわけですから、リアクションが返ってこないと面白くなくなります。お互い自分の言葉に反応する姿というのを想像したいわけですので、そこできちんとしたリアクションを返してあげるとさらに興奮状態に向かいます。

テレフォンセックスは2人の共同作業になりますので、相手が気持ちいいという風に思うポイントを突いていくべきです。そうすると相手の反応を見ながら自分がどう立ち回るのかを決めればよくなります。それによって自分も興奮していけば最高ですし、欲求不満が解消されます。