テレフォンセックスを行う時には相手はどういう姿でどんなしぐさをして電話をかけているのだろうかということを想像しながら、エッチな通話を楽しむのではないでしょうか。しかし、実際に面等向かってセックスをしているわけではありませんので妄想にならざるを得ません。結果的に自分の王道パターンに落ち着いてしまうということに陥ります。そうすると楽しいはずのものが楽しくなくなったりもします。

自分の決まったパターンで自分の気持ちよさを追求するのもいいのですが、相手とのやり取りを多少変えるだけでもワンパターンにならずに自分でも楽しむことができますし、新たなバリエーションが生まれてきます。

自分の興奮度を増すためには今の状況の詳細を言葉に出していったほうがいいです。普段の会話では言わないようなしぐさであってもそれをすべて言葉にすることによって、やり取りを楽しむことができます。自分が気持ちいいと伝えるだけではなく、相手からのリアクションをもらえるようにしておきましょう。自分だけが発しているという状況は無くしていったほうが良くて、お互いがきちんと状況を事細かに伝えることをお願いするのです。

例えば、チ○コをしごいているよとか、それをしごいていることを音で聴かせる、ものすごくこうふんしておま○こが濡れてきたなど、その時その時でお互いの状況を確かめあうようにします。状況を言葉で報告するのが苦手であれば、息遣いを多用した上で時折言葉を交えてみるのもいいでしょう。例えば、「あっ、そこすごく気持ちいいよ」などのような方法であればしゃべらなくてもリアクションを返すことが可能になります。

テレフォンセックスはお互いのことを想像しながらやっていかなければいけませんので、今やっている状況を伝えるということはとても重要になります。言葉を発することが苦手であれば息遣いを使いながらやっていくことで状況を説明することが可能です。

だんだん慣れてくるのでそういうことができるようになってきます。まずは焦ることがは無いですので、無理なく楽しむように心掛けた方が気持ちよくなりやすいでしょう。自分の状況を事細かく伝えつつ、相手の状況に対してリアクションを取るというようなことが必要です。こういうことをすることによって電話越しでは分からないようなことも想像しやすくなりますし、より一層興奮状態を高めてくれます。シンプルなことですが、楽しむためには必要なことになります。