私はオナニーがしたくなった時は決まってエロ漫画を使ってイマジネーションを掻き立てながらやっていました。なんかむしゃくしゃしてきたときに決まって自分の部屋でオナニーをやっていくわけです。私は女子大生で現在彼氏はいないのですが、エロいことについてはとても興味があったのです。

しかし、ある時オナニーでは物足りないなあということで○○で紹介を受けたテレフォンセックスのサイトに電話をしてしまいました。最初の数回はなかなかエッチのムードにならずに絶頂を迎えることなく終わってしまったのですが、エッチなことには興味があったので何度か電話をして相手を見つけていたのです。

実際に電話をかけて4回目の時にとうとう絶頂を迎えることができました。私は彼の言われるままずっとリードをしてもらって、想像力を掻き立てることができたおかげでマンガでのオナニーよりも何倍も気持ちよかったです。私は視覚的な情報よりも相手の声から聞こえてくる情報によってどんどんエロさが増してきてどんどん自分の中でストーリーを作り上げながら、さらに興奮することができます。興奮度が増して来たら、男性からアソコをどんどん突っついてもらいながらおま○こがどんどん濡れてきてしまいます。

おま○こがだんだん濡れてくるに従って自分の中でのエロティズムが掻き立てられて、男性に対してエロを求めてくるのです。彼から言われるがまま胸を触ったり、乳首をピーチクパーチクしたり、アソコを指で触ったり、というような指示に従って自分でもやっていくとエロに目覚めていきます。

そういうことを彼から聞くだけで恥ずかしいなあという感じがするのですが、今はそういう感じは全くしなくなりました。声を出して感じることは我慢してしまうのですが、この時ばかりは思わずに喘いでしまいました。「ああん、もっとアソコが欲しい」とか「とても気持ちいいよ、もっと欲しいよ」などの言葉が私から出すことになるとは思わなかったです。

こういうテレフォンセックスの方法であれば、相手に顔を見られることなる日頃から抑えていたエロについて爆発をさせることが可能です。私でもこういうことができたのですから、うまい具合に男性にリードしてもらえばいつの間にか私のような人でも大胆に喘ぎ声を上げることができます。こういう風にエロを爆発することができるのは男性の声によって想像力を掻き立てられるからではないでしょうか。また暇ができたらやってみようと思っています。