Pocket

テレフォンセックスを楽しむ際はある程度のアイテムを準備しておきたいものです。もちろんなくても大丈夫ですが、準備しておけばより濃厚なエッチが楽しめるはずです。

ティッシュ、コンドーム

これらは心置きなく射精するために必要なものです。手軽に準備できるものとしてはティッシュだけでも良いでしょう。近くにゴミ箱も置いておくと安心できるはずです。

同じ目的のものとしてコンドームもオススメです。こちらはティッシュに比べると精液をこぼしてしまう恐れがありません。また、あらかじめ付けておけば射精時に慌てることなくいつでもフィニッシュできます。ただし、ローションやオナホールを使う場合には使用感が変わってしまうため、お好みの方を使うと良いでしょう。

本来、コンドームは妊娠や性病を防ぐために取扱には十分注意しなければならないもの。しかし、テレフォンセックスに限れば単に片付けを楽にするためのものですので、付け方は多少アバウトでも問題ありません。ただし、本番のエッチで適当に付けるクセが出てしまわないよう気をつけましょう。

イヤホン、マイク

テレフォンセックスは基本的に電話で行います。この時、片手が塞がっているとオナニーしにくいですし、ほかのアイテムを使って女性を責める時もやりにくいです。また、スピーカーからでは相手の声をしっかり聞けないということもあるでしょう。

そこで、上記のようなアイテムが役に立ちます。安いものでも良いので、1つ持っておくとかなり便利になるはずです。

相手の写真

ライブチャットなら必要ありませんが、お互いの顔が見えない電話エッチならあらかじめ交換しておくと良いでしょう。プレイの様子をイメージ出来ると興奮度も違います。裸を写したエッチな写メがあればより良いでしょう。

裏技として、自分好みのグラビアやAVアイドルの写真を見ながらテレフォンセックスを行うという手があります。ただし、これは女性に知られたら嫌われてしまうかも。くれぐれも相手に正直に言わないようにしましょう。

エッチの道具

以下のようなアイテムを使って臨場感を出すのも良し、より過激なプレイを楽しむのも良しです。さまざまなグッズを活用して、新しいプレイを開拓していきましょう。

・オナホール
女性に手コキやフェラをお願いして、相手の声に合わせて動かせばオナニーとは違った感覚が楽しめるはずです。

・電マ、ローター
自分で気持ちの良いところに当てるということもありますが、それよりも女性を楽しませるために使いたいグッズです。相手に振動の音を聞かせることで、臨場感を与えることができるでしょう。

・ローション
自分でオナニーをするために使っても良いですし、グチュグチュという音を聞かせて相手を興奮させても良い、オールマイティーなアイテムです。椅子や机が汚れてしまうため、バスタオルを敷いておくと後片付けも簡単で良いでしょう。

テレフォンセックスの時はさまざまなグッズを準備して、より楽しくプレイを楽しみましょう。自分や相手の性癖に合わせてさまざまなアイテムを持っておけば、お互い満足感があり、女性からの好感度もアップするはずです。

挿入されたい願望を持つ女性なら道具を用いてテレフォンセックスをすればいい

テレフォンセックスとは一人だけで行うオナニーとどう違うのか気になるところです。オナニーでもバイブなど何らかの道具を使いながらエクスタシーを感じるもので、それは電話を使ったセックスでも同様のことが言えます。

私は24歳のOLで電話を使ったセックスは数回経験をしたことがあります。今までは自分の指を使って相手の男性が触っているかのように振る舞っていたわけですが、それだけでは飽き足らずに今度からは何らかの道具を使ってやってみようかなと思っています。

電話を使ったセックスを助ける道具としてバイブや電マ、ローターなどがありますが、どれを使ったら気持ちよくなれるのかというのが分からないので、インターネットでこういう道具を実際に見てみてどういうものがいいのかを探しています。やっと踏ん切りがついてオナニーに使える道具を購入する事が出来ました。私はとりあえずバイブを購入してみたので、電話を使ったセックスをする前に一回、オナニーをしてみて、実際にアソコを突き刺すような感じでバイブを使ってみたところ、相手に入れられているかのような感じになり、いつも以上に興奮した状態が続きました。

オナニーをしてみてこんなに使えると感じたので、いよいよ実戦で使ってみることにしました。事前準備としてすぐそこにバイブが用意してあります。それでは○○から紹介されたテレフォンセックスのサイトにアクセスしてみます。

電話に出た男性は21歳の男子大学生です。あまりこういう経験がないみたいなので多少不安なのですが、自分が試したいところで試して見ることにします。いろいろと話をしながらもだんだん燃え上ってきたので、私はオナニーをするかのようにまずは指でアソコを触り始めます。触り始めた時に、ああっ気持ちいいよと言うことを発したら、彼の方もだんだん気持ちよくなってきました。彼の方が積極的に「俺の肉棒でお前のあそこを突いてやるよ」という風に出てくれたので、彼女の方は満を持してバイブを用意して、バイブを彼の肉棒だと見立てて突っついてみました。

肉棒が彼のものであるかのようにバイブを使って、アソコに入れられるかのような錯覚を起こして、いつも以上に興奮するようになりました。オナニーの道具としてバイブを使うのも全然いいのですが、せっかくであればもっとセックスの時に有効活用をしてみたいものです。電話でのセックスにおいても道具を使ってやることはリアリティを増すために必要なことではないでしょうか。