これから見ず知らずの人と電話でセックスをしたいというのであれば、○○に載っていた電話番号にかけるといいでしょう。その時にどういうところでやるのかというのが重要になるので、そういうムードになるところを選ぶようにします。また、あらかじめティッシュを用意しておきます。

テレフォンセックスでは特にムード作りのために前儀が必要になります。その時に相手が目の前にいるかのように相手の性感帯を刺激してみてください。想像で行わなければいけないので、思いっきりいやらしい言葉や卑猥な言葉を積極的に使ってみましょう。この時に電話でセックスを行う態勢を作っていきます。この時のムード作りをしっかりとしておかないとやっぱり想像で行う分だけ早めに冷めてしまうので十分に注意してください。

いよいよ電話でのセックスを行っていきます。どんどん卑猥でいやらしい言葉をかけてあげてください。できるだけ具体的に興奮状態を伝えられるようにしてください。電話で行う分だけ大げさにするというのが盛り上がるコツになります。電話口に性器をくっつけてその音を直接聞かせると、リアリティが増していきますのでそういうことも効果的です。

例えば、もっとクリトリスを刺激してよとか、もっとあなたのおち〇ちんで刺激してよ、おま〇こがぐちょぐちょになってきたよ、もっと俺のアソコでお前のアソコを突っついちゃうぞみたいな言葉をかけてあげながらお互いのセックスを高め合っていきます。

男性女性共にだんだん興奮してくるのではないでしょうか。そういう時には大げさに「あああっ、もう逝きそう」などと大げさぐらいで十分ですので声を出してあげて、いよいよフィニッシュを迎えるのです。フィニッシュが近づいてきたいのであれば事前に言葉で伝えて、同時に絶頂に向かうのがベストです。お互いのタイミングがずれてしまったのであれば、演技でも構いませんので相手が絶頂に向かうまでエッチを付き合ってあげることを忘れないようにしましょう。

テレフォンセックスはフィニッシュを迎えたからと言って、それで終わりというわけではない点には注意します。お互いに絶頂に向かった後もたっぷりといろいろと会話を行うことによってその余韻に浸ることによって、満足度が増してきます。こういう余韻によって次もこういうセックスをしたくなるのです。もしかすると、こういう機会から実際にカップルになって、本物のセックスを行うという可能性もあります。