テレフォンセックスをする女性の気持ち

テレフォンセックスを上達させるためには、そこにいる女性の気持ちを理解することが必要不可欠です。出会いサイトでセックスをする相手を探している人たちとは、若干心持ちが違うところがあるようです。

セフレとは違う テレフォンセックスを楽しむ女性の気持ち

テレフォンセックスをする女性はほとんどが欲求不満です。それでも、彼女たちは実際に男性と会うことはほとんどないようです。この点は、出会い系サイトでセフレを作っている人たちとは違うポイントになります。

その理由として、「主婦をしていてあまり外に出られないから」ということもありますが、意外と多いのが「見た目に自信がないから」というものです。姿を見られてガッカリされてしまうことを怖がる女の子たちが、「声だけならまだマシ」と思ってテレフォンセックスを利用しているようです。

別の理由として、「単にテレフォンセックスが好きだから」というものがあります。電話越しにエッチするという背徳感や自分の好きなように相手やプレイをイメージできるという点が魅力のようです。

また、テレフォンセックスをする女性たちは基本的に「見てもらいたい」という気持ちが強いようです。単純に気持ちよくなるためにはオナニーだけで良いはずですから、この点は明らかな特徴となるでしょう。

女性の心をわしづかみにする テレフォンセックスのテクニック

テレフォンセックスで女性を満足させるためには、上記のような女性の気持ちを踏まえることが重要になるでしょう。

・無理に顔写真を貰わない
テレフォンセックスに臨場感を求めるなら相手の顔を知ることは大切です。しかし、中には自分の姿に自信がないという方もいます。お願いをする時は「もし良かったら」という断りやすい雰囲気で聞き、もしダメだった場合はそれ以上深入りしないようにしましょう。

もし貰えなかった場合は自分の好きなAV女優やグラビアアイドルの写真を使うことがオススメです。しかし、そのことは女性が知っても良い気分にはなりません。口外せず、あくまでもこっそり行うようにしましょう。

・相手を褒める
これは容姿に自信がないためにテレフォンセックスを利用している女性たちにはとくに有効です。写真をもらった時は目や口元などのピンポイントを「あの芸能人に似ている」と褒めても良いですし、エッチの時に「喘ぎ声がかわいい」と言っても良いでしょう。

・話すことはより具体的に
これは相手がよりイメージしやすくなるために大切なことです。単に「胸を触って」ではなく「指先で胸の付け根から先までゆっくり円を描くように」といったようにできるだけ細かく指示を出していくと良いでしょう。

・相手の言葉に合わせたレスポンスをする
これによって、「見てもらってる」ということをしっかり認識させましょう。テレフォンセックス初心者だとどうしても言葉がテンプレートに沿ったものになってしまいます。しかし、多少余裕がでてきたらバリエーションを増やす、アドリブを入れるなどして、相手の言動によりマッチした言葉を返せるようにしましょう。

テレフォンセックスを楽しむ女性は、出会い系サイトを利用していて男性に出会うような人々とは少しばかり心持ちが違うことが多いようです。そのことを踏まえて接すれば、相手からの好感度はぐっとアップするはずです。

【このページも参考にしてみましょう】
女性が男性を楽しませることができるテレフォンセックスのテクニック

テレフォンセックスで女性を興奮させるテクニック

テレフォンセックスは通常の性行為とは勝手が違います。音や声だけでやりとりをするという特性を把握し、電話エッチならではのテクニックを習得していきましょう。

BGMを取り入れてエッチな雰囲気のある空間作り

ムードにマッチした音楽を用意するということはどのような場所でも重要なもの。カフェではゆったりと落ち着けるためにジャズを流しますし、クラブでは元気が出るようなノリの良い曲が流れるものです。

しかし、テレフォンセックスにおいてBGMはエッチへ気分を盛り上げるというほかにも、プレイに対してより鮮明なイメージが持てるという効果があります。

例えば、スローテンポなクラシックやジャズなら高級なホテルを思い浮かべる人が多いでしょう。キャバクラやパブで流すような曲でちょっぴりアングラな雰囲気をかもしても良いかもしれません。

マニアックなところを挙げると、雨の音や風の音を流して野外プレイをしているような気分が味わえます。ヘビーメタルやパンクでSM、電車の音を取り入れて痴漢といったシチュエーションも演出できます。

このように、BGMによってさまざまなイメージができる点がテレフォンセックスの面白いところでもあります。あらかじめ女の子と打ち合わせをして準備をしても良いですし、半ばサプライズのように流して相手を引き込んでも良いでしょう。

オーバーで具体的な言葉攻めで女性のイメージをかきたてる

声や音で盛り上げていくテレフォンセックスにおいて、これはかなり重要なテクニックです。普段のエッチでは、無言でもこまめにキスをして愛撫にもテクニックがあればそれでゆるされます。しかし、この時ばかりはNGのため注意しておきましょう。

言葉攻めは基本的に少しオーバーなくらいがちょうど良くなります。人は会話をする時に相手の声だけでなく表情や身振り手振りからも情報を読み取っています。そのため、それらの多くがなくなる電話越しで話す場合、いつも通りの話し方では少しばかり不足です。

声だけで演出をする喋り方としてはラジオを参考にすることがもっともオススメでしょう。テンポや抑揚の差をいつもより少し大げさにするつもりで話すと、女の子たちからのウケも良いはずです。

また、同じような理由から、セリフの内容はできるだけ具体的にすることが大切です。例えば、ただ単に「胸を触る」だけでは、どの辺りを、何で、どのように触るのかが相手に伝わりません。相手の姿が見える場合は、これだけの言葉でも身振りや手振りで「先っぽを人差し指でなんだな」ということが分かります。

このように、相手には音しか伝わらないということを念頭に置いて、普段の喋り方にもう1アクセント加えることが成功の秘訣となるでしょう。最初は恥ずかしいと思うかもしれませんが、女性により満足してもらうためにもチャレンジしてみましょう。。

効果音(擬音プレイ)→エロい具体例をいれる

これも上記のように声と音で盛り上げていくという面でとても重要なテクニックです。最初は指や口を使うと良いでしょう。例えば、手の甲にキスをすると、相手にリップサービスしている音が伝えられます。舌や唾液を使ってジュルジュルと音を立てれば、クンニも再現できるはずです。

ほかにも、女性が通話でヘッドホンやイヤホンをしている時にフーとマイクに息を吹きかけると耳を責められます。あまり強く吹くと音が割れてしまうし相手にとっても耳障りなため、あくまでも優しく吹きかけることがコツです。

バリエーションを増やすためには道具を使うことが重要です。例えば、簡単に取り入れられるものはローターや電マ、ローションなどでしょう。ブブブという振動音やグチュグチュという粘液の音を相手に聞かせるだけでなく、自分が使うためにも有効です。

そのような準備ができず音を立てるのが難しい場合は口で言っても構いません。「ブルブル」や「クチュクチュ」といった擬音をセリフの中に含めていき、言葉責めのバリエーションを増やしていきましょう。

アイテムを用意してよりバリエーションある演出

バイブやローター、ローションなどの大人のおもちゃはテレフォンセックスをさらに楽しくしてくれます。自分に使って満足度を上げていくのも良いですが、それらで音を立てて聴覚を刺激することでさらにイメージが鮮明になります。

使うおすすめアイテムは必ずしも「これでなきゃダメ」という決まりはありません。先入観を持たずにさまざまな道具を用いて相手を満足させましょう。

初心者必見 相手と会話をしないテレフォンセックス「キキニー」

テレフォンセックスをする上でお互いに満足するためのテクニックはたくさんありますが、それでも上手くいかないという男性はたくさんいるでしょう。そのような方は、ぜひとも「キキニー」にチャレンジしてみましょう。

これは女性の喘ぎ声を黙って聞きながらオナニーすることです。テレフォンセックスを楽しむ女の子の中には、相手と楽しく会話をしながらエッチしたいのではなく、声をただただ聞いてほしいという女性もいます。

通常の電話エッチと違って異なることは会話しないことだけでなく、通話のタイミングが自由ということもあります。普通は相手がイクまで自分も付き合ってあげることがマナーですが、キキニーでは女性がオナニーしているところに勝手に入り、自分が満足したらすぐに出てしまってOKのようです。

テレフォンセックスよりもかなり簡単なため、初心者の方にもオススメでしょう。基本的に相手と会話をしないため、女性の記憶にも残ることはほとんどないはず。それでも相手を喜ばせたいなら、程よく吐息を漏らして「しっかり見ているよ」ということを伝えてあげることが良いと言われています。

テレフォンセックスではいかに声や音で盛り上げていくことかがとても大切です言葉だけでなく、BGMや効果音をフル活用して、女性が興奮できるシチュエーションを演出していきましょう。

女性はテレフォンセックスのサイトで十分暇つぶしができる

女性にとって暇な時間の潰し方というのはただテレビを眺めているだけだったり、習い事をやるなど自分磨きに費やすなどいろいろなことがあるでしょう。私は25歳のOLをやっているわけですが、普段はテレビを見ることが好きなのでテレビを見ている干物女です。インドア生活を満喫していて仕事に行く以外で外に行くということはほとんどありません。会社の帰りに居酒屋等に飲みに行く友達はいますが、プライベートで付き合いがある友人が少ないです。

私も暇つぶしのための時間が必要になることが多いです。ずっとテレビを見ているだけでは全然面白くないのです。そういう時に一回○○の雑誌を見た時に気になっていたテレフォンセックスのサイトにアクセスしてみようという風になりました。女性であれば電話を使ったセックスをやるのもいいでしょうし、フリートークで時間を潰しても全然構いません。

一回試しにかけてみた時に私は暇つぶしのためにトークをしようとしたんですが、彼の方はテレフォンセックスのほうを希望していたので、私も一回そういうことをやってみようという風に思いました。抵抗しようと思えばできたのですが、そういう刺激的なことをやってみたいという欲望も少しはありましたので、電話でのセックスをすることにしました。

そういうセックスをやるというのであれば、私はそれまでそういうことをやったことが無いので彼の方からリードをしてくださいとお願いしてやってみます。そうしたら彼の方から「パンツの上からおま○こをさすってみてよ」と言ったので、私はとにかく彼の顔を想像しながらパンツの上からオナニーをやるような感じで、さすってみました。私はなかなかエッチな世界に入り込めずに困ってしまいます。彼もそういう姿を察してか、私がどういう風な感じでオナニーをするのかを尋ねました。

私はオナニーはジャニーズ系の俳優を想像しながらアソコを見せておま○こを触るんだよと言う風に答えたら、彼は私をジャニーズのアイドルだと思って、オナニーをしている感じでやってみてよと言ってきました。実際に写真を持ってきて雰囲気だけでも作ろうと思い、とにかくやってみました。

最初はなかなかエッチな世界に入り込むのは難しかったのですが、もっと積極的にやっていけば暇つぶしにはなるなあという感じはします。もっと頭の中でイメージしていたような感じでやってみるようにすればもっとエクスタシーに非たることができるのではないかと思っています。

テレフォンセックスでのおすすめアイテム

テレフォンセックスを楽しむ際はある程度のアイテムを準備しておきたいものです。もちろんなくても大丈夫ですが、準備しておけばより濃厚なエッチが楽しめるはずです。

ティッシュ、コンドーム

これらは心置きなく射精するために必要なものです。手軽に準備できるものとしてはティッシュだけでも良いでしょう。近くにゴミ箱も置いておくと安心できるはずです。

同じ目的のものとしてコンドームもオススメです。こちらはティッシュに比べると精液をこぼしてしまう恐れがありません。また、あらかじめ付けておけば射精時に慌てることなくいつでもフィニッシュできます。ただし、ローションやオナホールを使う場合には使用感が変わってしまうため、お好みの方を使うと良いでしょう。

本来、コンドームは妊娠や性病を防ぐために取扱には十分注意しなければならないもの。しかし、テレフォンセックスに限れば単に片付けを楽にするためのものですので、付け方は多少アバウトでも問題ありません。ただし、本番のエッチで適当に付けるクセが出てしまわないよう気をつけましょう。

イヤホン、マイク

テレフォンセックスは基本的に電話で行います。この時、片手が塞がっているとオナニーしにくいですし、ほかのアイテムを使って女性を責める時もやりにくいです。また、スピーカーからでは相手の声をしっかり聞けないということもあるでしょう。

そこで、上記のようなアイテムが役に立ちます。安いものでも良いので、1つ持っておくとかなり便利になるはずです。

相手の写真

ライブチャットなら必要ありませんが、お互いの顔が見えない電話エッチならあらかじめ交換しておくと良いでしょう。プレイの様子をイメージ出来ると興奮度も違います。裸を写したエッチな写メがあればより良いでしょう。

裏技として、自分好みのグラビアやAVアイドルの写真を見ながらテレフォンセックスを行うという手があります。ただし、これは女性に知られたら嫌われてしまうかも。くれぐれも相手に正直に言わないようにしましょう。

エッチの道具

以下のようなアイテムを使って臨場感を出すのも良し、より過激なプレイを楽しむのも良しです。さまざまなグッズを活用して、新しいプレイを開拓していきましょう。

・オナホール
女性に手コキやフェラをお願いして、相手の声に合わせて動かせばオナニーとは違った感覚が楽しめるはずです。

・電マ、ローター
自分で気持ちの良いところに当てるということもありますが、それよりも女性を楽しませるために使いたいグッズです。相手に振動の音を聞かせることで、臨場感を与えることができるでしょう。

・ローション
自分でオナニーをするために使っても良いですし、グチュグチュという音を聞かせて相手を興奮させても良い、オールマイティーなアイテムです。椅子や机が汚れてしまうため、バスタオルを敷いておくと後片付けも簡単で良いでしょう。

テレフォンセックスの時はさまざまなグッズを準備して、より楽しくプレイを楽しみましょう。自分や相手の性癖に合わせてさまざまなアイテムを持っておけば、お互い満足感があり、女性からの好感度もアップするはずです。

挿入されたい願望を持つ女性なら道具を用いてテレフォンセックスをすればいい

テレフォンセックスとは一人だけで行うオナニーとどう違うのか気になるところです。オナニーでもバイブなど何らかの道具を使いながらエクスタシーを感じるもので、それは電話を使ったセックスでも同様のことが言えます。

私は24歳のOLで電話を使ったセックスは数回経験をしたことがあります。今までは自分の指を使って相手の男性が触っているかのように振る舞っていたわけですが、それだけでは飽き足らずに今度からは何らかの道具を使ってやってみようかなと思っています。

電話を使ったセックスを助ける道具としてバイブや電マ、ローターなどがありますが、どれを使ったら気持ちよくなれるのかというのが分からないので、インターネットでこういう道具を実際に見てみてどういうものがいいのかを探しています。やっと踏ん切りがついてオナニーに使える道具を購入する事が出来ました。私はとりあえずバイブを購入してみたので、電話を使ったセックスをする前に一回、オナニーをしてみて、実際にアソコを突き刺すような感じでバイブを使ってみたところ、相手に入れられているかのような感じになり、いつも以上に興奮した状態が続きました。

オナニーをしてみてこんなに使えると感じたので、いよいよ実戦で使ってみることにしました。事前準備としてすぐそこにバイブが用意してあります。それでは○○から紹介されたテレフォンセックスのサイトにアクセスしてみます。

電話に出た男性は21歳の男子大学生です。あまりこういう経験がないみたいなので多少不安なのですが、自分が試したいところで試して見ることにします。いろいろと話をしながらもだんだん燃え上ってきたので、私はオナニーをするかのようにまずは指でアソコを触り始めます。触り始めた時に、ああっ気持ちいいよと言うことを発したら、彼の方もだんだん気持ちよくなってきました。彼の方が積極的に「俺の肉棒でお前のあそこを突いてやるよ」という風に出てくれたので、彼女の方は満を持してバイブを用意して、バイブを彼の肉棒だと見立てて突っついてみました。

肉棒が彼のものであるかのようにバイブを使って、アソコに入れられるかのような錯覚を起こして、いつも以上に興奮するようになりました。オナニーの道具としてバイブを使うのも全然いいのですが、せっかくであればもっとセックスの時に有効活用をしてみたいものです。電話でのセックスにおいても道具を使ってやることはリアリティを増すために必要なことではないでしょうか。