Pocket

テレクラを使い、電話エッチを楽しみたいという方も多いことでしょう。
しかしながら、何でもコツがあるように、してはいけないことというものが存在しているのです。
電話エッチでもそれは同様。

ライブチャットのチャットレディなどの掲示板を見ても、こんなことをしてくる男性ユーザーは最悪と酷評されている状況です。
プロからしてみても、うんざりとするようなアクションを起こしていれば、当然に素人女性が多いテレクラでは嫌われるのは当然ですし、その噂が広がることも考えられます。

■相手のことを全く考えていない

電話エッチでしてはいけないこと。
それはズバリ、自己中心的すぎる電話エッチをしてしまうことでしょう。
相手の容姿を確認できず、どこでどのような状況であるのかも確認出来ませんから、想像力が欠如してしまいがちです。

シチュエーションなども決めず、電話が繋がった瞬間から、ハァハァとエロモードになっていて、早く挿れさせてだとか、さっさと咥えろよなんて乱暴な扱いをするようなことは、ドン引きされるだけです。

責めて乱暴に扱われたいという願望の女性や、シチュエーションを事前に話し合って決めて行うのであれば話は分かりますが、そういったこともせず、勝手に始めるのは普通のセックスと同様に女性に嫌われるだけなのです。

■途中で電話を切ったりする

あくまでも電話エッチは、通常のセックス同様にお互いに気持よくなる行為です。
電話代などが掛かるからといって、自分が発射したことをいいことに、いきなり電話を一方的に切るといったようなことをするのは、絶対にしてはならないことです。

通常のセックスでも、発射したのをいいことに、ピロートークもせず、さっさと服を来て部屋を出て行けば、当然に恨みを買うのは当然でしょう。
それと同様のことをしているのです。
あくまでも姿形が見えないだけで、電話口の向こうには、生身の女性が存在していることを忘れてはいけないのです。

電話エッチを楽しみたいなら、このような基本を覚えておきましょう。