Pocket

てれくらに参加するのにあたって、まず興味が湧いてくるのが参加している女性の年齢層ではないでしょうか?
バブル期から続いてきたサービスなので、中心になっているそうは30代~40代の女性と比較的高めの傾向があります。

若い女の子と電話エッチを楽しみたい男性にとっては相手が見つかりにくく不便な思いをするかもしれません。
しかし、20代くらいの若い女性も一定数は新規参加者として増え続けているので、全く見込みが無いわけではありません。

てれくらに参加している女性の実態は、大きく分けると性欲を持て余し気味の熟年女性と、風俗上がりで電話エッチを商売につなげているセミプロの女性が大半を占めています。

電話エッチで出会う女性に初々しさを求めるとがっかりすることが多くなってしまうでしょう。しかし、テクニックや性欲では若い女性を上回っているという良さにも目を向けると、案外捨てたものでもありません。

若い女の子とすぐには出会えなくても、電話は時間の許す限りかけ放題なので、諦めずに続けてみる姿勢も大切です。
実際に電話をして見るとあまり年齢の差は気にならないもので、むしろ熟年女性のセクシーさや情熱のとりこになってもおかしくありません。

電話エッチに興味を持つ女性のきっかけとしては、最初は「暇なので話せる人がほしい」「テレフォンエッチがどんなものかちょっとだけ覗いてみたい」といった様々なものがあります。
そんななかで、「付き合っている相手はいないけどエッチをする人はほしい」「上京したばかりで不安なので力になってほしい」と、出会いや親密な関係前提で利用している女性も一定数います。

リアルでのデートやセックスを求めているなら、こういった本音を抱えている女性がいないか目を光らせていましょう。
女性の場合、あからさまに「セフレ募集」「割り切りで会いましょう」と言ってくる人は少ないですが、不満や悩みが多そうな女性ほど会える確率も高いです。

たとえば、彼氏と別れたばかりなことをほのめかしている女性だったり、旦那とのセックスレスを愚痴っている主婦などは、強気で誘ってみると落ちやすいです。
女性は心を開ける男性としか基本的には会いたがらないので、親身に話を聞いてあげたり、励ましてあげるといったこまめな心のケアは効果的です。
電話で仲良くなった時点ですでにある程度信頼感は芽生えているので、会ってからホテルに誘うまでの流れもスムーズでしょう。