Pocket

テレクラは誕生した当初から比較して、様々な機能を有している状況になっています。
当初は、ただただ異性と電話でのコミュニケーションを取れることくらいしかありませんでした。

現在では、様々な機能を持っており、それらを上手に利用することで、電話が掛かって来る量が増えたり、実際に出会いに繋げることが出来るようになるのです。
その機能の一つがプロフィールダイヤルです。

■自分のプロフィールを残しておく

出会い系サイトの攻略コンテンツなどでも書かれていますが、やはりプロフィールの重要性は、どんな出会いの場において高いです。
テレクラしかり、婚活パーティーや街コンなんかでもそうですね。

プロフィールである程度に簡潔に自分という人間を相手に伝え、いいなと魅力的に感じてもらうまではいかなくても、ちょっと興味があるかもだとか、自分に合いそうかも。
少なくても危険な人じゃないといった程度の印象を与えることが重要です。

文章では、真面目に書けば書くほどに窮屈そうなイメージを与えてしまうこともあり、なかなか万人受けするプロフ作成となると難しいですが、プロフィールダイヤルの場合には、実際の声で録音することが出来るというメリットがあります。
喋るスピードや声のトーン、テンポといったものを意識するだけで、イケメンの雰囲気を感じさせたりすることは可能なのです。

■嘘はなるべくつかないほうが良い

イメケン雰囲気をまとうことも出来ると言いましたが、それでも実際に会うことを前提にしているのであれば、職業や容姿などの面で嘘はつかないほうが無難です。

最初は会うつもりなどサラサラないといった場合でも、テレフォンセックスなどをしている内に、実際に会いたいという気持ちが高ぶってしまうケースだってあるのです。
いざ、こうなった場合、嘘八百をプロフィールにしている場合には、出会いが上手くいかないパターンになるのは当然のことでしょう。
リセットして本当のプロフィールを書く手間も出てきてしまうので、最初から嘘はつかないように気をつけましょう。

【このページも参考にしてみましょう】
女性をデートに誘うのに良いタイミングとは?
相手に良い印象を与えるコツ

アヘっちゃう漫画のようなエロ過ぎる子と出会えたのはテレクラのお陰

テレフォンセックスも慣れて来ると、毎回同じような感じで飽きて来ることもあるものでちょっとマンネリ化してきてたんですね。
「刺激がほしいなぁ」とちょっと淡い期待をしながら、いつもと違うテレクラを使ってみたときに紹介された「多分この先一生忘れないだろうなぁ」と思わされるような出会いがあったのを紹介させてください。

■マンガのようなテレフォンセックスをする子
私が、今まで使っていなかったテレクラサイトで出会った相手は、普通に話しているときは静か。だけど、通る声でききやすいけとうい「まあいつも通りの感じの子かな?」とあまり期待はしていませんでした。
しかし、○○に紹介された相手というのが、今まで私が知り合ったなかでも特に夢中になった相手が、エロマンガのような喘ぎ方をするような子だったんです。
もちろん、半分は演出のようなものなのですが、そこからやってるうちに自然に出てくるようになってしまったんだとか。
ただ、その喘ぎ方がものすごくエロくておまけに私の好みだったので、彼女とのテレフォンセックスは初回からハマってしまう程に魅力的でしたね。

■リアルアヘ喘ぎをする女
その、○○で知り合ったテレフォンセックスの相手、というのが本当にアヘっている声を出すんです。
具体的には、「んほおおぉっぎもぢいぃっ!」なんて声をあげたり「んへぇっ、ちんぽっちんぽいいの!ちんぽしゅきぃ!」というような感じでスケベな声をあげてくれたんです。
初めて聞いたときはかなり衝撃だったのですが、それでチンポがビンビンになってしまい、こっちもかなりエロいセリフをぽんぽんするようになりましたね。
「チンポでアヘっちゃうくらい気持ちよくなってるの?」「なりゅぅ、アヘアヘしちゃうぅ…!」とマンガに出てくるようなことを本当に臨場感たっぷりに言ってくれるものですから、今までのテレフォンセックスの思い出が本当にぶっ飛んでしまうくらい興奮しっぱなしでした。
こういう、男のツボを心得ているようなマニアックな音声演出が出来る女の子は、テレクラのなかでも少ないのでかなり貴重な相手でしたね。

■リアルなアヘアヘ声
その後も、テレフォンセックスをその子とは何度もしてるのですが、毎回かなりリアルなアヘ声を出してくれる上にバリエーションもたくさnあって全然飽きないんですね。
好みがこんなに合う相手とのテレフォンセックスが出来るのも、○○を使ったからだな、と実感しています。