Pocket

テレクラを使っても、異性と出会うところまでこぎつけることが出来ないという方もいらっしゃることでしょう。
こういった方の多くは、コミュニケーションを取っている異性から、あまり良い印象を抱かれていないケースが考えられます。

人間というのは、ほとんどが見た目やしゃべり方といったものから、印象を受け、そこからこんな人なんだろうと想像や固定観念を抱き、相手の人格を決めつけてしまう傾向があるのです。
印象を良くする印象操作のコツさえ掴んでいれば、テレクラで初対面の異性とコミュニケーションを取っても、気に入ってもらい実際に出会うまでにこぎつけることが出来るのです。

■人間が抱く印象のスピード

まず覚えていて欲しいことは、テレクラでも、普段の生活の中で起こりえる出会いでも、初対面の人間に抱く印象のスピードです。
人間が初めて他人と出会い抱く印象のスピードは、なんとたったの5秒と言われているのです。

ですから、最初の5秒から少なくても10秒間、印象操作を行い、安全な人であるとか、面白い人。
優しそうな人といったような良い印象を抱かせる必要があるのです。

テレクラをして電話をし、最初の5秒間、暗いトーンでモゴモゴと喋ってしまうと、完全に暗くてオタク体質。
アブノーマルな性癖を持っている人間と思われる可能性が高く、実際の出会いには結びつかないことになるのです。

■自己紹介はしておくべき

まずは明るくハキハキと挨拶をしましょう。
電話をくれたことに感謝を述べるのも印象が良くなります。
その上で、ダラダラと自分のことを語るような自己紹介はダメですが、軽い自己紹介などをしていきましょう。

これはある種の自己開示となり、最初の話題に繋がりますし、安心感を抱かせる効果があります。
「趣味は○○なんですけど、○○さんは?」といったように、いきなり相手に「趣味はなんですか?」と聞くよりも、相手が尋問をされているような錯覚にはならず印象がよくなります。

【合わせて読みたい記事】
テレクラで女性を魅了しデートに誘える効果的なテクニック
簡単にできる女性と出会う方法