Pocket

出会い系サイトで考えられるトラブル~サイト利用編~

出会い系サイトを利用していると、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
今回はそんな出会い系サイトを利用する時に起こりうるトラブルについてご紹介していきます。

まず代表的なものはサクラです。
サクラとは、出会い系サイトが用意した賑やかしの為に存在する登録者のことです。
サイト運営者と密接な関係性があるので、サイトが賑わっていることを演出する為の偽登録者ですね。
サクラと連絡を取っていても、最終的に実際に会える事は皆無に等しいです。
男性は連絡を取る為に有料ポイントを使わせられるので、金銭的な被害に遭います。

次にネカマのトラブルもあります。
ネカマとはネットオカマのことで、男性が女性としてサイト登録をして男性を騙すことです。
メッセージのやり取りだけでは性別の判断が付かないのを良いことに、男性を待ち合わせの約束をしてはすっぽかします。
悪質なのは、待ち合わせに来た男性にいたずらをしかけたり、動画や画像を撮って拡散することです。

出会い系サイトに登録すると、やたらと迷惑メールが来ることもあります。
その中には架空請求業者やワンクリック詐欺も混ざっています。
もしも身内や友人、職場にバレたら大変ですよね。

最後に出会い系サイト専門のトラブルとしてキャッシュバッカーがあげられます。
出会い系サイトは、サイトに対して男性がお金を払い、女性は男性からメッセージやメールを受け取ることでポイントが付与されることが多いのです。
キャッシュバッカーとは、わざと男性からメッセージやメールをしてもらうように誘惑してポイントを集める女性の事を指します。
サクラ同様、有料ポイントを使わせられる為に金銭的被害になりますね。

以上に紹介したトラブルが出会い系サイト利用時によく起きうるトラブルです。
それでは、このようなトラブルに出遭わないようにする為にはどうすればいいか?

トラブルが起きにくいサイトを利用すればいいですよね?

出会い系サイトでトラブルが起きにくいサイトは?

トラブルが起きにくいサイトの特徴をご紹介しましょう。

まずはひとつめのポイント。
運営会社の名前と営業年数を調べましょう。

もしも出会い系サイトの運営会社が、他にもたくさんの事業を展開する超大手一流企業の場合。
トラブルが起こる可能性は極めて低いです。

その理由は、会社のネームバリューに関わってくるからですね。
誠実なイメージを持つ一流企業が運営する出会い系サイトが、犯罪の温床となっているという事態は絶対に避けたい。
その為に一流企業はサイト内パトロールを行い、企業の信頼を失うような犯罪を未然に防ごうとします。

出会い系サイト一本でやっているような運営会社の場合は、営業年数を調べることをオススメします。
ワクワクメールのような古くから出会い系を運営している会社には、ノウハウもプライドもあります。
街中の大きな広告や雑誌の広告で大々的に告知しているようなサイトでは、特に治安維持を重視します。
そうしないと登録者が減ってしまっては商売になりませんからね。

次のポイントは出会い系サイト事業の届出がなされているかです。

実は出会い系サイトを運営する場合は、事業所がある都道府県の警察署に届出を提出しないといけません。
警察に届出を提出するような運営会社だったら、犯罪行為を見逃したくはありませんよね。
届出を提出している出会い系サイト運営会社は、サイト内パトロールをしっかりと行う優良な企業なのです。

そしてもうひとつのポイントは、有料か無料かです。

先程も記述しましたが、出会い系サイトは基本男性が有料で女性は無料のところはほとんどです。
しかし完全無料の出会い系サイトというのも存在します。
よく考えてみてください、完全無料の出会い系サイトを運営して何の得があると思いますか?

答えは…違法なことをして儲けるからです。
無料の出会い系サイトでは、会員から直接お金をもらわないですが、提携先からお金をもらうようにしているところが多いのです。

例えば、完全無料の出会い系サイトに登録すると、同時に他のサイトにも自動登録されてしまったり、個人情報を売られたりするのですね。
そこから迷惑メールや架空請求、ワンクリック詐欺の被害に遭うということなのです。

その点有料の出会い系サイトは会員からお金を直接もらう分、サイト内の秩序維持に努める必要があります。
そうしないと、収入源である会員が減ってしまいますからね。

まずは以上3つのポイントをおさえている出会い系サイトを利用するようにすれば、トラブルに遭う可能性も低くなりますよね。

それからキャッシュバッカー排除に特化した出会い系サイトも存在します。
イククルという出会い系サイトでは、女性が男性からメッセージやメールを受け取った際に付与されるポイントが少ないのです。
1ヶ月頑張っても1万円いけば良いくらいのポイントしか貯まらない仕様になっているので、キャッシュバッカーはほとんどいません。
これは男性には嬉しい仕様ですよね。
上記に関して出会い系サイトを徹底的に検証して比較したサイトがこちらになります!参考になります

出会い系サイトでトラブルに遭ってしまったときの解決策は?

それでもトラブルに遭ってしまうことはあります。
サクラやキャッシュバッカー等とは必ず会う約束を取り付けましょう。
メッセージやメールに対しての返事をはぐらかしてきたりする場合は、関わらないほうが良いかもしれません。

どちらにしろ会いたいと思ったら会う詳細な約束を取ってから、そのメッセージ等を証拠として残しておきましょう。
実際に待ち合わせ場所に来なかった場合は、運営にも報告をしておきましょう。
サクラやキャッシュバッカーと判明した場合にはポイントを返還してもらうよう交渉することも良いですね。

個人情報を売られてしまい、大量の迷惑メールや架空請求、ワンクリック詐欺が来るようになった場合は、警察に相談するべき案件です。
組織的な詐欺事件になるので、泣き寝入りしない場合は全面的に戦うことになりますよ。

出会い系サイトでトラブルに遭わないために事前に対策をしておこう

サクラやキャッシュバッカーといった、ポイントを使わせくる女性は全く会う素振りすら見せません。
会う約束を早い段階で打診して、受け入れられなかった場合はサッと離れたほうが賢明です。

ネカマの見破り方としては、時間帯や日によって性格や文章が違うこと。
それから、女性誌や香水などの情報を仕入れておいて質問してみるのも効果的です。

ネカマは女性になりきりたいのではく、男性を引っ掛けて面白がるために存在しています。
その為、細かな設定はあまり用意していません。
回答に困るような質問をされたらすぐに話題を変えるか、女性の下着姿の写真等を送ってきます。

写真が送られてきたら一言こう言ってみましょう。
「自分宛てに分かるように、自分の名前入りのメモを持って撮影して送って欲しい。」と。

これで送ってこなければネカマの可能性は高いです。
なにしろ下着姿の写真を躊躇せずに送ってくるような相手です。
今更、連絡を取り合っている相手の名前入りメモとの撮影くらいは朝飯前なはずですよね?

仮に送ってきたとしても、その写真に違和感が無いか注意しましょう。
両手が写っていたら、誰かが撮影しているわけですよね?
もしかしたらネカマの男の関係者かもしれません。

ネカマ対策は、相手の細かな挙動を注視することで防ぐことは可能ですよ。

出会い系サイトでのやり取りはメッセージやメールといった文書がメインとなります。
普段から違和感に気付けるよう、冷静に文書を読むように心掛けると良いでしょう。

出会い系サイトで考えられるトラブル~出会い編~

出会い系サイトを利用して、実際に出会うところまで進んだ方。
第一関門突破、おめでとうございます!

しかし、ここからが本番ですよ?
出会い系のトラブルに関してはサイト上のやり取りより、実際に出会ってからが多いのです。

うまく利用すれば簡単にH出来たり彼氏彼女が出来てしまう出会い系サイト。
その反面、悪意に満ちた一部の人間によって、危険な犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

そんな出会い系サイトで起こりうるトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか?
トラブルの種類とその解決策についてご紹介していきますね!

トラブルに遭ってしまったときの解決策は?

勧誘や押し売り

出会い系サイトでメッセージが来た人と気が合ったので、会って話でもしてみようと思ったら怪しい宗教やセミナーに勧誘された。
もしくは高額な商品や不動産を買わされたなどの被害は実際にあります。
そんなの週刊誌やドラマだけの話だと思っていませんか?

「自分は絶対に騙されない!」と思っている人でも要注意ですよ。
例えば、相手が見た目も綺麗で、あなたのタイプど真ん中だとしましょう。
そんな相手にオススメされたら、あなただったら断れますか?

目の前には、超美形でどうしてもお付き合いしたい異性がいるのです。
どうですか?すぐに断れますか?

特に騙されやすい人は、その時点でなんらかの別の真剣な悩みをかかえています。
それを加害者に相談することで、つけいる隙を与えてしまっているのですよ。

このタイプのトラブルは、勧誘や押し売りの話を少しでも出してきた時点でスパッと関係を切りましょう。
相手の事をすぐに信じてしまうことだけは絶対にやめましょうね。

とても悪質で断れないようなら、後日契約の話を聞きたいと前向きな意見を伝えてその場から離れましょう。
警察や弁護士、出会い系サイトの運営側にも連絡を入れて、未然に犯罪を防ぐようにします。
絶対に二つ返事で契約等は交わさないこと!
必ず日を空けて、対策を練りましょうね。

美人局や援助交際

やけに簡単にHまで持っていけるなぁと思ったら気を付けて下さい。
美人局(つつもたせ)は、Hした後に怖いお兄さんが出てきて金を取られる犯罪のこと。
現代では少なくなってきた手口ですが、僅かに存在もしています。

最近の出会い系サイトのトラブルで多い手口としては、美人局よりも援助交際や援デリです。
援助交際は相手が未成年というのを隠してHしてしまい、警察にバラすと脅されて多額の金を要求されます。

援デリは売春組織のことで、違法風俗の代表格ですね。
援デリにはヤクザが絡んでいることも多いので、絶対に近づかないようにしましょう。

とは言っても出会い系サイトでのメッセージのやり取りだけで判断するのは非常に困難です。
そこで援助交際や援デリを見分けるポイントをまとめましたのでご紹介しましょう。

出会い系で出会う時の基本ですが、待ち合わせ場所に指定された時間と指定した服装で行きますよね?
本当の基本は、先に相手の顔やスタイルを確認して、こちらの情報は教えないというテクニックです。

例えば、双方ともに赤い服を着て会おうという約束をした場合は、ギリギリまで赤い服を見せないようにします。
待ち合わせ場所で相手に連絡を取り、来ていたら顔やスタイルを確認します。
確認して会おうという気になれば、隠れて上着を脱いで赤い服になって近付けば良いのです。

もし、プロフィール画像と全く違う見た目だった場合は、上着を脱がずにその場を離れて連絡を絶ちましょう。
こうすることで出会う前に不安要素を安全に取り除けますよね。

相手の見た目を確認してからも油断は禁物ですよ。
すぐにHに持ち込むような女性は、援助交際や援デリの可能性もあります。
ホテルに入る前に必ず確認しましょう。

見た目が若いと思ったら必ず年齢確認をしましょう。
自分の年齢が表示されているものを提示してもらわなければ、Hしてはいけません。
条例違反になり、逮捕されてしまいます。

援デリの場合は、金額を要求してきます。
しかも値下げ交渉に一切応じない強硬姿勢。

このような援デリ業者は警察に介入されることを非常に嫌います。
なにしろ違法風俗なので摘発されてしまうからですね。
援デリだと分かった時は、警察に連絡をするほうが良いでしょう。

待ち合わせ時間になっても来ない!

これも結構多いトラブル…と言いたいところですが、正直トラブルとも思えない程度のトラブルです。
おそらくは相手があなたの姿を先に確認して、会う気を無くして帰ってしまった。
もしくは最初からからかう為だけに会う約束をしてきたかのどちらかですね。

出会い系サイトを利用するなら、これくらいの出来事はトラブルと考える必要はありません。
したがって長時間待ち続ける必要も無いので、相手が遅れているので帰る旨のメッセージを送り、さっさと帰りましょう。

体目当てのヤリモク

これは女性が被害に遭うことが多いのですが、ヤリモクという体目当ての男性に無理矢理Hされることですね。
女性の皆さんの対処方法としては、初めて会う異性に対しては警戒心を保ち続けることです。
逃げられないような場所や、人目の少ない場所に行くことはHしてと言わんばかりの行動です。

そして男性の皆さんは、H目的の場合でも必ず女性の同意を得てから行為に及ぶようにしましょう。
半ば強引にHするということは、レイプ犯と同じです。
絶対にしてはいけないことですので必ず女性の同意を得て、優しく悦ばせてあげましょうね。

トラブルに遭わないために事前に対策をしておこう

いろんなタイプのトラブルとその解決方法を記してきましたが、トラブルに遭わない為の対策はあるのでしょうか?
これはどのタイプのトラブルでも共通して言えることですが、絶対に相手を信用しきらないこと。

出会い系サイトでは、真面目に出会いを探している人だってもちろんいます。
しかし、そんな人達を騙して金銭を要求する犯罪者がいることも事実です。

やはり犯罪者かどうかを見抜く為にも、出会い系で出会った人を全面的に信用するのは絶対にNGですよ!

一見誠実そうな見た目でも、いきなり態度を急変させたりしてくる場合だってあります。
相手が詐欺集団の場合は、違法なお金稼ぎの為に全力で騙してきます。
なので、騙す騙されないの前に「最初から信用しない。」ことを前提にお付き合いしましょう。

出会い系で勧誘をしてくる人は、楽に儲けるための良い話を携えてきます。
普通だったら怪しむような内容でも気分が高まっていたりすると、鵜呑みにしてしまうのですね。
これも出会い系で出会った相手に対して、最初から信用しないスタンスを貫けばトラブルを防ぐことが出来ます。

援助交際での脅迫や援デリの被害にも遭わないためには、相手の言うことを「最初から信用しない。」こと。
年齢を偽ってくる未成年であっても、相手が提示してきた年齢は信じないこと。

それでもHしたいと思った時は、必ず年齢確認をした証拠と提示してもらった証明書の写真を撮影しましょう。
更に同意のうえでのHだということを証拠に残せたら、後で未成年だったと言われても捕まることはないのです。
むしろ、未成年であることを偽られた被害者になるので、相手に脅迫されても問題ありません。

このように出会い系を利用する時は、自分の身の安全を第一に考えて利用するようにしましょう。